「さち 色のワンルーム ドラマ」の検索結果

「さち 色のワンルーム ドラマ」に関する情報は見つかりませんでした。
「さち」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

海上釣堀での釣り
無料
LOVEキュンFISHING 海上釣堀での釣り でんぱ組.incの「えいたそ(成瀬瑛美)」と「りさちー(相沢梨紗)」が、みっちぃ先生(石崎理絵)の指導のもと海上釣堀に挑戦!高級食材のシマアジGETなるか!りさちーは狙い通りマダイをゲットなるか!?えいたそは大物ゲットで大絶叫!?みっちぃ先生が遂に特大ブリをGET!?
#03 「赤鼻のトナカイ」
ソードアート・オンライン #03 「赤鼻のトナカイ」 モンスターに襲われていたギルド≪月夜の黒猫団≫を救ったキリト。現実世界でも友人同士だという黒猫団の暖かな雰囲気にひかれ、キリトは自身が《ビーター》であることを伏せたまま団の一員になった。キリトの助けを受け、弱小ギルドの黒猫団は急成長し、最前線で戦う《攻略組》に追いつこうとする。ところがある晩、団の紅一点・サチが不意に姿を消した。いち早くサチを見つけ出したキリトは、彼女が“死”に怯えていると知り……。
第29話
朱蒙 第29話 サチュルトはプヨへの派兵を完全に拒否し、それに同調した宮中の家臣一同も決断の撤回を進言したことで、チンボンとイムドゥンの攻撃計画は壁にぶち当たる。そんなある日、プヨが漢に戦を挑むとの噂を聞き、自分も共に戦いたいと駆けつけたタムル軍の残党と古朝鮮の流民たちが宮殿の前に集まった。チュモンは戦の時機を逃すと不利になるとクムワに告げ、そして流民たちの熱い声に心を揺さぶられ、クムワはサチュルトの派兵は当てにせず、プヨの中央軍のみで戦うことを家臣たちに宣言する。 その後チュモンは、ヤンジョンによって鍛冶職人としてプヨに送り込まれ、指令を受けてクムワ暗殺を試みた漢の密偵たちを仕留める。彼らを流民と偽ってクムワに引き合わせていたテソは責任を問われて軟禁され、チュモンが取り調べに当たることになる。表面では友好を語りながら裏で王を暗殺しようとした漢の行為は許しがたく、これにより、チンボンとイムドゥン攻撃の大義名分を得たクムワは勢いを盛り返す。 王妃がテソの無実潔白をクムワに訴えるも、もはや死刑は確定かと思われたとき、ユファが一計を案ずる。ユファは王妃に「サチュルトに派兵をしてくれるならテソ王子の無罪放免を請け合う」と提案し、さらにチュモンにも「王に無実を報告する代わりに攻撃の先鋒に立つようテソ王子を説得せよ」と知恵を授ける。チュモンの提案に同意したテソは自分が先鋒として参戦する旨を伝え、クムワはこれを許可するが、クムワが先鋒隊長に任命したのはチュモンだった。
宮城の管理釣り場で釣り
無料
LOVEキュンFISHING 宮城の管理釣り場で釣り でんぱ組.incの「えいたそ(成瀬瑛美)」と「りさちー(相沢梨紗)」が管理釣り場(宮城アングラーズビレッジ)に挑戦!
東京湾でのキス釣り
無料
LOVEキュンFISHING 東京湾でのキス釣り でんぱ組.incの「えいたそ(成瀬瑛美)」と「りさちー(相沢梨紗)」が東京湾でキス釣りに挑戦!「みっちぃ先生(石崎理絵)」が投げ釣りを指導!!
プールでの釣り
無料
LOVEキュンFISHING プールでの釣り でんぱ組.incの「えいたそ(成瀬瑛美)」と「りさちー(相沢梨紗)」がプールでエサ釣りに挑戦! 都内の遊園地【としまえん】が釣り場として全面開放!!プールフィッシングを満喫!?
管理釣り場でのへら釣り
無料
LOVEキュンFISHING 管理釣り場でのへら釣り でんぱ組.incの「えいたそ(成瀬瑛美)」と「りさちー(相沢梨紗)」が、「みっちぃ(石崎理絵)」と管理釣り場(府中へら鮒センター)でへら釣りに挑戦! 黒子役で、熊谷允が登場!?
東京湾でのシーバス釣り
無料
LOVEキュンFISHING 東京湾でのシーバス釣り でんぱ組.incの「えいたそ(成瀬瑛美)」と「りさちー(相沢梨紗)」が東京湾でシーバスジギングに挑戦! 「みっちぃ先生(石崎理絵)」が日本一シーバスが居ると言われる東京湾でジギングを指導!! 高活性なシーバスに連続ヒットの予感!?
ドーム船でのワカサギ釣り2
無料
LOVEキュンFISHING ドーム船でのワカサギ釣り2 でんぱ組.incの「えいたそ(成瀬瑛美)」と「りさちー(相沢梨紗)」が山中湖でワカサギ釣りに挑戦! 約2年ぶりのドーム船!事前情報ではほとんど釣れていない厳しい状況。。。 ワカサギをGETすることはできるのか?
#130②:M-1の松本人志評にガチ吐露!「ゾっとした・・」
無料
日村がゆく #130②:M-1の松本人志評にガチ吐露!「ゾっとした・・」 ★2020年お笑い対策会議 お笑い界に対して様々な思いを持つ3組みが登場。 Youtube・SNS・平場など括りを広げて話し合う! M-1の松本人志評やミルクボーイが優勝した理由など賞レースについても熱く議論!
#130①:MCが憧れの共演者を抱くまでをリアルに再現!?
無料
日村がゆく #130①:MCが憧れの共演者を抱くまでをリアルに再現!? ★ゾクゾクするAVの前振りを作ろう! ・ななまがり「芸能人とHするまでのリアルな時間」 人気MC芸能人のHまでの前振りを「リアル」に追求! ・トムブラウン「太った女性の丁寧な扱い方」 太った女性はボケに走りがちだが、もっと女性らしさを素直に出して欲しいと持論を展開!コンパからHまでの流れを披露!
宮崎遠征!
無料
LOVEキュンFISHING 宮崎遠征! 今回は「ばびゅ~ん!」と宮崎まできてしまいました!でんぱ組.incの「えいたそ(成瀬瑛美)」、「りさちー(相沢梨紗)」、みっちぃ先生(石崎理絵)!そして、ゲストとして宮崎出身のユジトモ(湯地友美)もきてくれました! また、特別コーナーとして、元プロサーファー「水元真二(LUXXE PRO STAFF)」さんのご指導のもと、宮崎の綺麗な海でサーフィンにも挑戦しています!!!
第28話
朱蒙 第28話 チュモンは漢の支配下にあり、以前より勢力の衰えたチンボン、イムドゥン両郡を攻めるのは今しかないとクムワに上奏する。ソソノは戦が始まったら自分も軍商として戦地へ赴くことを決意し、さらに、チュモンにテソとヤンジョンの間で交わされた取引について告げ、鉄器工場の新しい鍛冶職人たちはおそらく漢の密偵であると忠告する。チュモンはさっそくオイたちに彼らを見張らせ、ソソノの言う通りであることを確信する。 クムワを恨む王妃は神殿とサチュルトを味方につけて対立姿勢を示し、巫女たちは王の独善が災いの兆しをもたらしたと民に吹き込み、サチュルトは流民の受け入れを拒否することを決定する。クムワは危機感を覚えるが、戦で勝利すれば流民を救えるだけでなく反対勢力の野望を封じ込められるだろうというユファの助言に、気持ちが大きく動く。そんなある日、ヒョント城からの使臣として、ヤンジョンの娘ヤンソルランがやってきた。テソは縁組のことがクムワに知れるのではないかと心配するが、彼女は漢がプヨとの友好関係維持を望んでいる旨だけを伝えて帰ってゆく。 漢が他国とのいざこざを避けたがっていることは明らかだったが、クムワはチンボンとイムドゥンへの攻撃を決定する。以前より勢力が衰えたとはいえ、漢の鉄騎軍に挑むのはあまりに無謀すぎると家臣たちは反対するが、チュモンは「必ず鉄騎軍を制してみせる」と宣言し、特殊訓練を積んだ護衛部隊の実力を披露する。
第36話
朱蒙 第36話 チュモンは生きていた。負傷して川に流されていたところをハンベク族の族長イェチョンに救われ、屋敷へと運ばれたのだった。イェチョンの娘イェソヤの献身的な看病のおかげでチュモンは息を吹き返し、無事プヨに戻れると思いきや、突然イェチョンの側近であるソルタクによる反乱が勃発する。以前から漢との友好関係を主張してイェチョンとソリが合わなかったソルタクは、留守を預かっている間にヒョント城と取引をしたことでイェチョンの怒りを買って職責をはく奪され、またイェソヤに言い寄るも相手にされなかった恨みも手伝い、ついに手下を率いて行動に出たのだった。 この反乱でイェチョンは命を落とし、彼の助太刀をしたチュモンは洞くつの監獄へ監禁されてしまう。後日、族長に取って代わったソルタクはチュモンを目の前にひざまずかせ、プヨの王子とはいい拾い物をしたと笑い、ヒョント城へ引き渡すことを告げる。一方、自分が意識を失っていた間のテソの専横ぶりをユファの口から聞かされたクムワは、権力を奪い返すべくフクチ大将軍と信頼できる護衛兵を中心に兵を動かす準備を進める。 しかし、テソ陣営はクムワの作戦を事前に察知し、サチュルトへ応援を要請していた。クムワの作戦は決行されたものの、護衛兵はテソの拘禁に失敗してしまう。山中に兵を待機させていたフクチは、一足違いでサチュルトの軍勢に掌握された宮殿の中へ入ることすらできず、万策尽きたクムワは「体調が万全ではない王に変わって摂政を務めることを許可せよ」と詰め寄るテソの要求を受け入れる。
第12話 やるべきことのために
イルジメ〔一枝梅〕 第12話 やるべきことのために シフに刺されたヨンの傷を手当てしたコンガルは、胸の刺青からヨンの正体を知る。目を覚ましたヨンは、傷も癒えぬまま次に狙う屋敷に忍び込む準備を進める。一方、シフはウンチェの様子からイルジメが天友会の名簿を盗んだと察し、狙いが会員宅だと気づく。全会員宅は厳重警備がしかれ、シフに傷を負わされるイルジメ。目的を果たすため、ヨンはコンガルに武術を教えてくれと頼み込む。同様にシフもサチョンに武術の指導を請うていた。
第19話 大切な人たちのために
イルジメ〔一枝梅〕 第19話 大切な人たちのために ヨンのために死ぬ覚悟をしたポンスンはイルジメに変装、サチョンらに追い詰められたその時、コンガルが現れる。そして自らポンスンに剣を向けると、共に絶壁から身を落とすのだった。ポンスンが自分のために命を落としたと知り、悲しみに暮れるヨン。だが大切な人々の命を奪った真犯人を捜し出し復讐することを誓い、宮殿に侵入する準備を進める。イルジメの正体を知る仲間達の協力を得て、清の使臣に変装し宮殿に忍び込んだヨンは...。
第18話 復讐を前に
イルジメ〔一枝梅〕 第18話 復讐を前に ピョン・シクを犯人だと思い込んだイルジメは、ウンチェを人質にし父の死の真相を問い詰めるが、殺害を命じたのは殺されたイ・ギョンソプだと聞き愕然とする。復讐を断念しイルジメを葬ることを決意するヨン。一方、ポンスンもイルジメの正体を知ることに。宮殿では清へ支援兵を送るため志願兵を募るが、ヨンの親友デシクも志願。彼らの危険を察したヨンは再びイルジメとして立ち上がる。だがイルジメとウンチェが恋仲と知ったサチョンも動き出し...
第53話
朱蒙 第53話 ポンゲ山のタムル軍の砦へやってきたクムワの家臣フクチは、サチュルトを制圧しに行くことをチュモンに告げる。チュモンはヤンジョンが漢軍をプヨに送った場合は、タムル軍が漢軍を食い止めると約束する。しかし、ヨミウルはクムワの復権がいずれチュモンの障害になるかもしれないと心配する。一方、プヨ宮殿ではプドゥクプルの支持を得たクムワの謀反が成功し、王妃とテソは軟禁され、謀反を知らされたヨンポは慌てて宮殿の外へ逃れる。 クムワが王に復権した知らせは、ポンゲ山のタムル軍のもとにも、ケルのソソノたちのもとにも伝えられる。ソソノはさっそくクムワに会いにプヨへ行くことを決める。ヨンチェリョンとヤンタクはソンヤンの招集した君長会合へと出かけようとするが、ヨンチェリョンの息子チャンスは強引な母のやり方に辟易し、ソソノと行動をともにすることを宣言する。 クムワはプドゥクプルの反対にもかかわらず、チュモンをプヨに呼び戻そうとする。プヨへと戻ろうとするチュモンに、ヨミウルは「大将はもうプヨの王子ではなく、新しい国の王となられる方です」といさめ、クムワと袂を分かつことを勧める。プヨ宮殿を訪れたチュモンは、ユファとイェソヤに再会する。
第16話
朱蒙 第16話 チュモンは母ユファから聞いたコサン国の塩の話をソソノに伝え、大口取引のチャンスと見たソソノは父ヨンタバルを説得し、自ら商団を率いてコサンへ旅することになる。危険な道中を心配するウテやサヨンの反対を押し切り、チュモンやマリたち3人組、ケピルらを伴ってコサンへの長旅に出発する。そしてユファは旅立つ息子チュモンに、ヘモスの形見の指輪を持たせる。 ソソノを想うテソは口実を作ってヨンタバル商団を訪れるが、ソソノがチュモンとともに旅立ったことを知って心穏やかではない。さらに、ヨンポが軽率にもタムル弓の件をヨミウルに白状してしまったことを知って激怒する。一方、弓を折ったのが王子たちではないことを知ったヨミウルは、不吉な前兆をクムワに訴えるものの、今後一切政治に口を出すなと厳命されて怒りが爆発する。ヨミウルはサチュルト(プヨの地方政治地域)の巫女たちを集め、神前で掟破りの祭儀を執り行い、その様子を見たプドゥクプルはクムワとヨミウルの決定的な亀裂を察し、内乱の予感に心を曇らせる。 チュモンとソソノの一行は何とか無事にヘンイン国に入り、宿屋で休憩していたが、かつて取引が決裂して乱闘となった元ヘンイン兵のひとりがソソノの姿を目撃する。盗賊になっていた元将軍ペマンは恨みを晴らすため、手下にソソノの拉致を命じる。深夜、客室に侵入した盗賊たちの手で危うく倒されかけたソソノだったが、異変に気づいたチュモンはソソノを救うため、盗賊たちと戦い始める。
第27話
朱蒙 第27話 クムワが家臣一同からの皇太子を定める要請を拒んだため、激怒した王妃はサチュルトを味方につけてテソを皇太子にしようと画策する。ヨンポは再びトチの忠告を受け、チュモンとテソを対立させて共倒れを図ろうとする。チュモンはふたりの兄への怒りと復しゅう心を胸に秘め、護衛総官の職務にまい進する。 プドゥクプルの意見を聞いたクムワは国内情勢を心配し、民心を探るためチュモンを伴って市中視察に出かける。クムワは凶兆におびえる民がまじない師に救いを求めるさまを目撃して心を痛めるが、チュモンはそんなクムワに市中の民以上に古朝鮮の流民の苦境を考えてほしいと訴える。一方、ケルへ帰郷していたソソノは、テソがヤンジョンとの取引条件にヤンソルランとの縁組を承諾したと知る。その後、プヨへ向かうソソノは途中でピリュの君長ソンヤンが放った刺客の襲撃を受け、何とか撃退するものの、ソソノをかばったウテが毒剣で重傷を負う。瀕死のウテを救ったのは、ケルに到着した巫女ヨミウルだった。 チュモンの命令でオイたちは鉄器工場に忍び込み、漢の鍛冶職人が用いている秘密の材料を探る。オイたちから「黄土」を受け取ったモパルモは、早速それを用いて頑丈な鋼鉄剣を作ることに成功し、剣を受け取ったチュモンは大喜びする。その頃、チュモンの言葉を重く受け止めたクムワは、家臣一同に今後は古朝鮮の流民をすべて保護すると宣言し、漢との関係悪化を心配する各方面から非難が湧き上がる。
第37話
朱蒙 第37話 摂政となりプヨの実権を掌握したテソはプドゥクプルと相談し、サチュルト勢力に迎合しつつ、専横を抑えるための巧妙な人事改革に着手する。オイたちは配下の兵を思い仕方なくテソに従うフクチとともに一度は宮殿に戻るが、希望のない宮中暮らしに見切りをつけて町に戻る。モパルモとムソンはオイたちに声をかけ、チュモンが生きている可能性があるから一緒に捜そうと誘う。 ハンベク族の村ではチュモンを拘束したソルタクが、イェソヤに自分の妻になれと迫っていた。イェソヤは拒むが、好意を寄せるチュモンを助けられず苦悩する。一方、ソルタクからチュモン捕縛の知らせを受けたヤンジョンは、半信半疑ながらも鉄騎軍に確認を指示し、またソソノの存在を知ったヤンソルランから便りを受け取り、テソへの怒りをあらわにする。テソはソソノへの歪んだ憎しみからヨンタバルを無実の罪で逮捕し、重罪人として投獄する。父の命乞いにきてひざまずくソソノを見たヤンソルランは、いっそソソノを殺してはとテソをそそのかす。ようやく病床を離れたクムワは宮中の争いに胸を痛め、ユファには手を出すなとテソに頼む。 その後、ハンベク族の村にきたモパルモとオイたちは、ついに鉄騎軍の手でヒョント城へ連行されていくチュモンを発見する。チュモンを救助するために山中で奇襲をかけ、モパルモから新鋼鉄剣を受け取ったチュモンは、見事な剣さばきで鉄騎軍をなぎ倒していく。
第34話
朱蒙 第34話 テソは行方知れずのチュモンと意識不明のクムワに代わって国政を担うことになり、宮中の実権を掌握し、王妃やプドゥクプルの助言に従って権力の地固めを進める。まずはナロを新しい護衛総官に任命し、サチュルトをけん制してきたクムワの忠臣たちを次々に粛正。民心を得るために神殿も味方に付け、さらには漢との戦争回避という名目のもと、ヤンジョンの娘ヤンソルランと婚礼を挙げる決意をし、家臣一同にこれを認めさせる。そしてモパルモに漢の水準に勝る鋼鉄剣を開発したのは本当かと詰め寄り、これを否定するモパルモを鎖に縛り付けて拷問。それでも頑として口を割らないモパルモに、テソは5日以内に鋼鉄剣を作らなければ首をはねると言い放つ。 一方、クムワの部屋ではユファが付ききりで看病をしていたが、依然としてクムワの意識は戻らないままだった。そこへクムワ危篤の報せを受けたヨミウルが現れ、過去の確執にもかかわらず命の危険を冒してまで治療を行う。ヨミウルが気を送ったことによりクムワの意識は一瞬戻るが、完全に目覚めるまでには至らなかった。 ヨミウルが治療中にテソは面会を求めてクムワの部屋に近づき、ユファや近臣一同は息をのむが、太医の診療中と称してユファが毅然とした態度でテソを部屋に入れることなく追い返す。しかし、その後再び戻ってきたテソは、正室である母を差し置いてクムワの看護を続けるユファの態度が許せず、ユファを部屋から引きずり出して自室に軟禁するよう護衛兵たちに指示する。