「すおう」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#10 【マスオ劇場、そして思い出の地】
無料
マスオぶらり #10 【マスオ劇場、そして思い出の地】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第 10話は福井県小浜市若狭湾へ丸吉丸の船で出船!!8年ぶりとなる若狭湾、思い出に浸るマスオ。今回はヒラマサとアコウを狙う!思い出の地を巡るまさにマスオぶらり!!
#9:何でしたんだっけ、結婚。
"新婚"観察リアリティーショー いきなりマリッジ2 #9:何でしたんだっけ、結婚。 【ヤスオ×エリカ】 ▼家出したヤスオが帰宅。ヤスオが作る仲直りのシチュー、エリカの「ゴメン」。2人は心は急接近? ▼ヤスオの故郷、新潟へ。“俺の育った場所を見てほしかった”温泉宿に泊まる2人に残された時間はあと10日。 【ユウタ×カナ】 ▼新婚旅行から帰宅。戻ってきた日常。ユウタの休日に水族館デート!だが2人の間に沈黙が…。 ▼ユウタの友人のカフェへ。“私のこと、好きになれないんでしょ?”互いの結婚観ですれ違うユウタとカナ。
#5 【マスオがやる気を出せば魚はビビる】
無料
マスオぶらり #5 【マスオがやる気を出せば魚はビビる】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第5話は大分県大分市細にてBLUE HAWKで出船!!スーパーライトとタイラバに挑戦!朝から爆釣を願うマスオ。そんな中周りにあたりがたくさんくる。電動リールを使う一般の方を羨むマスオは異例のヒットに遭遇。お見逃しなく!!
マスオぶらり#11 【思い出の地パート2】
無料
マスオぶらり マスオぶらり#11 【思い出の地パート2】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第 11話は京都府舞鶴エンス の船で出船!!前回に引き続き、思い出の地だというマスオ。船長はイサキを狙うとのことだが、マスぶらでイサキがまともに釣れたためしがない。果たしてマスオはイサキに出会えるのか!?思い出の地パート2!!
#10:私に触って、そして愛して。
"新婚"観察リアリティーショー いきなりマリッジ2 #10:私に触って、そして愛して。 【ヤスオ×エリカ】 ▼2人の泊まる宿へヤスオの親友が来訪。親友が指摘した“気づかないようにしていたこと”とは? ▼ヤスオの家族と夕食。“夫”の家族からの“妻”への評価は?「2人のこれから」についてヤスオの考えが変わる? ▼残り10日…「夫だから、妻だから」縛られていた想いから解放された2人の決断は? 【ユウタ×カナ】 ▼“もっと愛情表現してほしい”スキンシップが欲しい?愛があればそれでいい?きしみ始めた2人の心。 ▼オーディションに臨むカナ。結婚、夢、考えることが多すぎる…。残り10日、時間がない。 ▼ユウタが働く自慢のビストロへ。夢へ向かって働く夫の姿は妻にはどう見える?
#13:【ヤスオ×エリカ最終回】Please Say Yes
"新婚"観察リアリティーショー いきなりマリッジ2 #13:【ヤスオ×エリカ最終回】Please Say Yes 【ヤスオ×エリカ】 ▼夫が生まれた街、食べてきたものづくしの最後の晩餐。エリカが渾身の料理をふるまう。 ▼“あなたを撮り続けた1000枚”ヤスオからのサプライズにエリカは涙。 ▼あなたに「YES」と言ってほしい。決断の朝、それぞれが出した答えは?
#8:“なんで抱いてくれないの?”夫が消えた朝
"新婚"観察リアリティーショー いきなりマリッジ2 #8:“なんで抱いてくれないの?”夫が消えた朝 【ヤスオ×エリカ】 ▼お互いの親友と4人で飲み会。エリカが「好き」と伝える一方、ヤスオの返事は「不信感しかない」!? ▼新婚生活18日目。指輪を置いて出ていったヤスオ…一体何が? 【ユウタ×カナ】 ▼昨晩のぶつかり合いでより心が近づいたユウタとカナ。手つなぎでダイビングで身体の距離も近づき… ▼新婚旅行最終日。楽しい日々を振り返る2人は何を話す?
またもや大型マダイ登場! 福岡県宗像沖のタイラバ(2019年10月26日放送)
無料
ルアーパラダイス九州 またもや大型マダイ登場! 福岡県宗像沖のタイラバ(2019年10月26日放送) 秋の宗像大島沖は、マダイ、ヒラマサ、ヒラメ、キジハタなど、釣りものがいろいろあり、そのどれもが期待できてしまうのがタイラバです。植田マスオさんはSLJ(スーパーライトジギング)、ロングジグの3釣法のタックルを用意して、どういう手順で釣りを展開させたでしょうか。ウネリが高くて釣りづらく、アタリも非常に少ない厳しい状況のなか、あることをヒントに78cmのマダイをキャッチします。価値ある1尾、ぜひご覧ください!
スリリングなライトタックルで挑む玄界灘のヒラマサジギング(2019年12月21日放送)
無料
ルアーパラダイス九州 スリリングなライトタックルで挑む玄界灘のヒラマサジギング(2019年12月21日放送) 初冬はオフショアヒラマサの絶好のシーズン。さらにはブリ、カツオ、サワラなど釣って嬉しい外道もよく交じります。今回の遊漁船は津屋崎港のSII。海域は宗像大島から宗像沖ノ島、さらには福岡市沖の小呂島あたりまで広く考え、各海域の魚礁や天然の瀬周りを探ります。ライトなタックルでのジギングは軽快で楽しく、植田マスオさんと三苫豪冬さんは食べて美味しい人気魚種をキャッチしていきます。
新春はビッグなファイトで幕開け 玄界灘のブリジギング(2020年01月011日放送)
無料
ルアーパラダイス九州 新春はビッグなファイトで幕開け 玄界灘のブリジギング(2020年01月011日放送) 年末年始の九州北部のオフショアターゲットといえばブリ。冬期は脂が乗り、寒ブリとして食べる楽しみもあります。ヒラマサに似たブリは当然引きも強いですが、無理をせずに巻き上げ、焦らなければ高い確率でキャッチできるのも魅力。誘い方も激しさ一辺倒だった以前のジャークからすると、現在は軽いジャーキングでよく、タックルのライト化が進み、植田マスオさんも三苫豪冬さんも引き味を十二分に楽しみました。