「たもさん」の検索結果

「たもさん」に関する情報は見つかりませんでした。
「たも」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#1 福井泰代 『電車の乗り方を変えた!マップ発明』
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #1 福井泰代 『電車の乗り方を変えた!マップ発明』 目的駅のホームにある階段、エレベーターの場所が、ひと目で分かる「のりかえ便利マップ」。 いまでは誰もが目にするこのマップを考案したのが福井さんです。 その誕生には、自身が直面した「変えたい」出来事にありました。 そして、地下鉄全線を網羅するマップはどのようにして作られたのか? 「変えたい」という情熱と、苦心の道のりに迫りました。
#2 隅田英一郎『言葉の壁を変えた!AI自動翻訳技術』
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #2 隅田英一郎『言葉の壁を変えた!AI自動翻訳技術』 情報通信研究機構(NICT)フェロー・隅田英一郎 東京オリンピックが迫る中、次々に登場している自動翻訳グッズ。 実はそれらを支えているのが、国のある研究機関で続けられてきたAIによる自動翻訳研究。 30年以上、その研究に取り組んできた研究者に、「言葉の壁という常識を変えた」技術への執念と、 その技術で日本人のコミュニケーションがどのように変わっていくのかを聞きました。
#3 小林宏『重労働の負担を変えた!装着型補助ロボット』
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #3 小林宏『重労働の負担を変えた!装着型補助ロボット』 介護施設でのリハビリ介助などの際、体にかかる大きな負担。それを軽減させるために開発されたのが、人に装着する作業補助ロボット。誰もが自立した生活を送れる世界を目指し、長年、人工筋肉の研究をしてきた研究者はなぜ、この技術を思いついたのでしょうか。“重労働から解放するための技術”への思いと、その技術で人々のくらしがどう変わっていくのかを聞きました。
#4 実業家・夏野剛『買い物の常識を変えた!ケータイのキャッシュレス決済』
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #4 実業家・夏野剛『買い物の常識を変えた!ケータイのキャッシュレス決済』 買い物は、紙幣、小銭の受け渡しによって成立する――そんな“当たり前”を一変させたのが、ケータイによる”キャッシュレス決済”のシステムでした。まだスマホさえなかった時代、この技術で社会を変えたいという強い思いから、常識にとらわない施策に挑んできた考案者。実現に至るまでの苦労と、ケータイの“キャッシュレス決済”によって、私たちのくらしがどう変わったのかを聞きました。
#5 『注射への恐怖心を変えた!針のない注射器』
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #5 『注射への恐怖心を変えた!針のない注射器』 チクッとする痛みとその見た目から、見るだけで苦手という人も多い“注射”。 そんな先入観を大きく一変させたのが、“針のない注射器”です。実験中に起きたハプニングから構想を得たという考案者。 “針なし注射”実現までの苦難の道のりと、今後どれだけ私たちの生活を変えられるのか、その可能性について伺いました。
#6 『妊婦への気遣いを変えた!マタニティマークの先駆け』
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #6 『妊婦への気遣いを変えた!マタニティマークの先駆け』 妊婦を思いやり、席を譲る...。 電車、バスなどで見かける光景ですが、妊娠初期などお腹が大きくないときは、なかなか気づいてあげられないもの。 それを変えたのが“マタニティマーク”です。 恥ずかしさや、迷惑をかけたくない...という思いから、周囲に妊娠を告げることをためらう女性もいる中で、誰もが優しい眼差しを送れる社会にしたい...。 そんな強い思いで、世界初の“マタニティマーク”を作った考案者に、お話を伺いました。
#7 『“制振”に千年超の伝統技術~東京スカイツリー』
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #7 『“制振”に千年超の伝統技術~東京スカイツリー』 2012年に開業した東京スカイツリー。 実は、着工前から“地震に耐えうる強度”の実現が大きな課題でした。 設計責任者の小西さんが取り入れたのは「心柱」による制振構造です。 それは日本の先人たちの建築技術を発展させたものです。 生活に欠かせないテレビ放送を災害時にこそ変わらず送り届けたい... 試行錯誤を繰り返し、幾度となく設計を変えながら理想の制振効果を追い求めた小西さんがたどり着いたのは千年を超えた日本独自の技術。 苦難の道のりとスカイツリーに込めた思いを伺いました。
#8 『宇宙ビジネスの可能性を変えた!民間発“小型衛星”』アクセルスペース・中村友哉
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #8 『宇宙ビジネスの可能性を変えた!民間発“小型衛星”』アクセルスペース・中村友哉 人工衛星開発といえば大規模な予算を組んで行う国家プロジェクト。 その常識を変えたのが、2013年に打ち上げられた民間発の商用小型衛星です。 国家主導のものに比べ、わずか100分の1ほどという低コストを実現し、 今では気象予測や火山の観測などに活用されています。 社会に貢献できる衛星を作りたい... その強い思いで開発に取り組む考案者に、民間による人工衛星が、 私たちのくらしに何をもたらしてくれるのかを伺いました。
#9 『日々の健康管理を変えた!体の中を“見える化”する』タニタ・西澤美幸
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #9 『日々の健康管理を変えた!体の中を“見える化”する』タニタ・西澤美幸 体の中の状態までは見えるタニタが開発した「体組成計」。基礎代謝のレベルから骨量や筋肉量、体内年齢までが目に見える形でわかり、日々の健康管理を劇的に変えました。考案者は、タニタでヘルスケア器具の開発や研究に携わる西澤美幸さん。 世界で初めて体脂肪を測ることのできる体重計を開発しました。 しかしある時、体脂肪率を測ることに消極的な女性がいることを知ります。 より多くの人に使ってもらえるにはどうすればよいか...。 西澤さんがたどり着いたのは、“ある要素“を盛り込むことでした。 今回は西澤さんに、「体組成計」を開発するまでの苦難の道のり、そして未来へのビジョンを伺いました。
#10『メールの感情表現を変えた!携帯電話の絵文字』ドワンゴ・栗田穣崇
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #10『メールの感情表現を変えた!携帯電話の絵文字』ドワンゴ・栗田穣崇 無機質な文字でやり取りするケータイのメール... それを感情豊かにしてくれるのが「絵文字」です。 顔の表情やハートマークなど、文面にひとつ加えるだけで、より表現の幅を広げてくれます。 生みの親は、ドワンゴCOOの栗田穣崇さん。 かつて勤務していたドコモで、iモードの立ち上げに携わった際に考案したという「絵文字」。 そこには、携帯電話が黎明期に抱えていた、ある問題を変えたい!という強い思いがありました。 またサービス開始までには、短期間で開発しなければならかったため、 端末メーカーに依頼を断られるなど、いくつもの苦難の道のりが...。 栗田さんに、「絵文字」実現までの苦労や秘話、 そして「emoji」が変えたメール文化について伺いました。
#11『働く女性のお口ケアを変えた!使いたくなる電動歯ブラシ』 パナソニック・光安優花
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #11『働く女性のお口ケアを変えた!使いたくなる電動歯ブラシ』 パナソニック・光安優花 働く女性たちの間で浸透してきた“ランチ磨き”。 先駆けとなったのが、電動歯ブラシ「ポケットドルツ」です。 化粧ポーチに収まるサイズで、音が静かなことから、多くのOLに支持されています。 「ポケットドルツ」を販売するパナソニックでは以前から電動歯ブラシを扱っていました。 しかし社内の女性社員たちは、ランチタイム後の歯磨きを手磨きで済ませていたといいます。 女性社員たちが使いたくなるような“ランチ磨き”の習慣を変える電動歯ブラシを作りたい! そんな開発チームの強い思いや苦労、開発秘話を「ポケットドルツ」のマーケティングを担当する光安さんに伺いました。
#12『カメラが持つ価値観を変えた!撮るだけじゃないインスタントカメラ』 富士フイルム・高井隆一郎
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #12『カメラが持つ価値観を変えた!撮るだけじゃないインスタントカメラ』 富士フイルム・高井隆一郎 若い世代のためのインスタントカメラとして、1998年に発売された「チェキ」。 撮ったその場で写真がプリントできたり、操作が簡単なことなどから、女子高校生を中心に支持されてきました。 販売開始から20年、カメラ付き携帯電話やデジタルカメラの登場などの逆境を乗り越え、 今年度の販売台数は過去最高の1000万台が視野に入ってきました。 若い女性だけでなく世界中の消費者たちの遊び心をつかんだ新コンセプトとは何だったのでしょうか? 「カメラが持つ価値観と未来像」について、インスタントカメラの商品企画を担当する高井隆一郎さんを直撃しました。
#13『ペットと飼い主の絆を変えた!“もしものとき”の支えとなる保険』日本ペットオーナーズクラブ・野川亮輔
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #13『ペットと飼い主の絆を変えた!“もしものとき”の支えとなる保険』日本ペットオーナーズクラブ・野川亮輔 ペットは飼い主にとってかけがえのない家族。 そのペットが怪我や病気に見舞われたとき、支えとなってくれるのが「ペット保険」です。 日本における歴史は浅く、誕生は1995年、まだ20数年ほどです。 大手保険会社の社員だった野川さんは、ある出来事をきっかけに「ペット保険」の誕生を強く願うようになりました。 しかし、当時はペットのための保険商品は認められていませんでした。 そのため、保険商品をつくるために必要な病気の症例数などを探しましたが、まとまった統計データは見つかりませんでした。 野川さんは、協力してくれる医師を探すところから始め、地道に下地を整えていきました。 飼い主の大きな味方となってくれる「ペット保険」ができるまでの苦難の道のりや、「ペット保険」が私たちとペットの関係をどのように変えたのかを伺いました。
#14『薬の飲みにくさを変えた!薬を包んで飲むゼリー』藤井隆太
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #14『薬の飲みにくさを変えた!薬を包んで飲むゼリー』藤井隆太 薬が苦手な子どもから飲み込む力が弱いお年寄りまで、薬を必要とする人の助けとなるのが、 薬をゼリーで包むことで飲みにくさを解消した「服薬補助ゼリー」です。 開発の指揮をとった藤井さん。 きっかけは、薬局での勤務経験がある女性社員から、 介護施設での服薬の実情を聞いたことでした。 それからは、自分の身体を実験に使い、 自社の役員の反対を押し切ってまで「服薬補助ゼリー」の開発に没頭します。 その背景には経営者として強く抱いていた、ある思いがありました。 今回は藤井さんに、「服薬補助ゼリー」開発秘話、そして「薬の飲みにくさ」の解消が、 私たちのくらしをどう変えたのかを伺いました。
#15『お金との向き合い方を変えた!オンライン家計簿アプリ』Zaim・閑歳孝子(かんさい・たかこ)
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #15『お金との向き合い方を変えた!オンライン家計簿アプリ』Zaim・閑歳孝子(かんさい・たかこ) 開発したのは閑歳孝子さん。きっかけは、パートナーのお金に対するある考えに衝撃を受けたことでした。早速会社を立ち上げ、信頼できる仲間とともにサービスの運営に乗り出しました。オンライン家計簿アプリは、いくつもの苦難を乗り越え、スタートから8年で800万ダウンロードを超え、幅広い層から支持されるまでに成長します。そこから見えてきたのは、貯蓄・節約目的だけではない、新たな家計簿の可能性でした。今回は閑歳さんに、「オンライン家計簿アプリ」がもたらす未来について伺いました。
#16 『日本の育児を変えた!イクメンの提唱者』東レ経営研究所・渥美由喜(あつみ・なおき)
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #16 『日本の育児を変えた!イクメンの提唱者』東レ経営研究所・渥美由喜(あつみ・なおき) 「イクメン」の提唱者であり、育児休暇を取得し自ら「イクメン」を実践した渥美さん。「イクメン」として育児には、上司からの反対、周囲からの冷やかな目など、それまで前例がないことによる苦難の日々があったといいます。それでも「イクメン」定着のために奔走した結果、2011年に大きな追い風が吹くことに...。今回は渥美さんに、「イクメン」が日本の育児にもたらした変化、そして育児の未来について伺いました。
#17 『名刺の可能性を変えた!クラウド管理サービス』Sansan・富岡圭
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #17 『名刺の可能性を変えた!クラウド管理サービス』Sansan・富岡圭 ビジネスに欠かすことのできない“名刺交換”ですが、枚数が増えれば管理も大変です。 その問題を解決し、管理を簡単に、素早く、正確に手助けしてくれるのが「クラウド名刺管理サービス」です。 サービスを運営するSansanの共同創業者・富岡圭さん。 かつて勤務していた商社時代に体験した、ある出来事からサービスのヒントを得たといいます。 紙で管理するのが当たり前だった名刺をクラウド上で管理するという新たな文化を根付かせるまでの苦労、 そして富岡さんが見出した“新たな名刺の価値”について、聞きました。
#18 『マイボトル文化を変えた!真空断熱ケータイマグ』サーモス 樋田望
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #18 『マイボトル文化を変えた!真空断熱ケータイマグ』サーモス 樋田望 「好きな飲み物をマイボトルに入れ、いつでも気軽に飲みたいものを飲む」。 ビジネスからレジャーまで、今ではよく見かけるこの光景。 そんな現代のライフスタイル「マイボトル文化」を根付かせたのが、「真空断熱ケータイマグ」です。 樋田望さんの会社がケータイマグを発売したのは1999年のこと。 エコブームの高まりによって認知が広がる中、ある問題が発生します。 それは後発企業の追随でした。 他社に負けない商品とはどんなものなのか。 樋田さんの開発チームは試行錯誤を繰り返した結果、ある“改良点”にたどり着きます。 それは同時に、常識破りともいえる挑戦のスタートでもありました。 完成後、多くの人々の支持を獲得したという、その”改良点“とは? 今回は樋田さんにケータイマグの開発秘話、そして「マイボトル文化」が社会をどう変えたのか伺いました。
#19 『空の旅を気軽なものに変えた!日本初のLCC』Peach Aviation:木谷理世
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #19 『空の旅を気軽なものに変えた!日本初のLCC』Peach Aviation:木谷理世 低運賃で気軽に飛行機が利用できるローコストキャリア=LCC。 日本におけるパイオニアが、関西空港に拠点を置くPeachです。 2012年3月、〝空飛ぶ電車〟をコンセプトに運航を開始したPeach。 手ごろな運賃で〝気軽な旅〟を実現しました。 最初はスタッフさえもLCCの意味や役割を理解しておらず、文字通り〝ゼロ〟からのスタートです。 “電車”であるが故に、チケットは自動改札のように自動チェックイン機で手続き、座席は無償だと選べず、機内食ももちろん有料です。 就航から7年あまりで累計の搭乗者数が3000万人を突破する勢いです。 気軽に乗れるようにするために何を変えてきたのでしょうか? 創業前からブランディングに携わってきた木谷さんに、Peachの認知度向上のための独自戦略や低コストを実現させるための驚きの工夫について伺いました。
#20 『発熱への対処法を変えた!日本初の冷却シート』ダイヤ製薬元会長:守金眞滋
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #20 『発熱への対処法を変えた!日本初の冷却シート』ダイヤ製薬元会長:守金眞滋 貼るだけで体の表面の温度を下げてくれる冷却シート。 急な発熱のとき、かつての〝氷のう〟よりも手軽に簡単に使えて、 いまや家庭の必需品となりました。 この冷却シートの生みの親が守金眞滋さんです。 シートの開発には、中小企業として抱えた長年の苦労がありました。 1975年に父から事業を受け継ぎ、良質な〝貼り薬〟の研究に没頭してきた守金さん。 最新設備もなく、市販の家電を代用するなどして、ようやく理想の効果を実現。 ところが、なかなか商談がまとまらず、経営が行き詰ってしまいます。 このままでは、せっかくのアイデアが水の泡になってしまう...。 そんなとき、ふと頭に浮かんだ母とのある思い出、それが冷却シート誕生に繋がったといいます。 今回は守金さんに、冷却シートの開発秘話を伺います。 【提供】日産自動車
#21 『新生児の未来を変えた!“世界一安全”な国産人工呼吸器』メトラン:中根伸一
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #21 『新生児の未来を変えた!“世界一安全”な国産人工呼吸器』メトラン:中根伸一 日本における新生児の生存率は、世界でもっとも高い99%以上。 その驚異的な数字に貢献しているのが、 国内のほとんどのNICU=新生児集中治療室が導入している メトランの人工呼吸器です。 数年前には、体重265グラムで生まれた赤ちゃんが、 無事に退院するまで病院関係者とともに支え続けたこともあります。 新生児の中でもまだ肺が発達していない未熟児が生きるためには、 呼吸を補助してくれる人工呼吸器が欠かせません。 しかし従来のものは、送り込む空気量が多すぎて肺を傷つけたり、 後遺症が残るなどの問題を抱えていました。 「未熟児に、笑顔で過ごせる未来を」...その思いから開発された メトランの人工呼吸器。そこには問題を克服するため、 “意外なもの”の技術が応用されていました。 世界初で日本唯一の人工呼吸器開発を実現したメトランの中根代表に、 人工呼吸器にかける思い、そして思い描く未来を伺いました。 【提供】日産自動車
#22 『郵便物の受け取り方を変えた!“留守でも安心”宅配ボックス』フルタイムシステム:原幸一郎
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #22 『郵便物の受け取り方を変えた!“留守でも安心”宅配ボックス』フルタイムシステム:原幸一郎 住人が留守でも宅配便や郵便物の受け取りを代行してくれる宅配ボックス。 仕事で帰宅が遅い人や、ネット通販のヘビーユーザーなどにニーズが高まっていて、 日本の新築マンションのほぼ全てに設置されるようになりました。 1980年代半ば、日本で初めて宅配ボックスを実用化したのが原幸一郎さんです。 マンションの管理会社を経営していたとき、 宅配物にまつわるトラブルが頻発したことがきっかけだったといいます。 今でこそ当たり前に設置されるようになった宅配ボックスですが、 実は開発当初から数年は見向きもされなかったといいます。 その苦境をどう乗り越えてきたのか、 そして宅配ボックスが私たちの暮らしにもたらす更なる効果を原さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#23『食卓の彩りを変えた!“お湯を注ぐだけ”フリーズドライ』アサヒグループ食品:島村雅人
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #23『食卓の彩りを変えた!“お湯を注ぐだけ”フリーズドライ』アサヒグループ食品:島村雅人 お湯をかけるだけですぐに完成し、作りたての美味しさを味わうことができるフリーズドライ。 味噌汁や卵スープなどの汁物に限らず、 パスタにカツカレーまでもが簡単に作れてしまいます。 開発に人生を捧げ、“ミスター・フリーズドライ”とまで呼ばれるようになったのが島村雅人さんです。 食材単体をフリーズドライ化したものはありましたが、 ある問題を抱えていたため調理品には適さないと考えられていました。 それでも、常識を打ち破る挑戦を続け、 ついに調理品のフリーズドライ化に成功した島村さん。 いまや家庭の食卓だけでなく、 お弁当のお供にも定番となったフリーズドライ。 開発にかける情熱や秘話を島村さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#24『しょうゆの常識を変えた!鮮度を保つ密封ボトル』キッコーマン食品:井上美香
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #24『しょうゆの常識を変えた!鮮度を保つ密封ボトル』キッコーマン食品:井上美香 どの家庭でも定番の調味料として欠かすことができないしょうゆ。 実は、使い続けているうちに空気に触れ、 だんだん香りや風味が落ちていってしまいます。 その常識を変えたのが、 キッコーマンが発売する生しょうゆの容器として採用した密封ボトルです。 そもそも、現代人の嗜好に合った新たな商品として開発された生しょうゆですが、 従来より鮮度を保つのが難しく、どうやって生しょうゆ本来の風味を損なわずにいられるかが課題でした。 日々、試行錯誤を繰り返し、ようやくたどりついた理想のボトル...。 しょうゆの美味しさをより長く保つその技術は、 私たちの食卓をより豊かなものへと変えつつあります。 今回は、初期の失敗から現在の成功まで、キッコーマンでしょうゆと向き合い続けてきた井上美香さんに、開発秘話を伺いました。 【提供】日産自動車
#25『アイデア実現の方法を変えた!日本初のクラウドファンディングサービス』Readyfor 米良はるか
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #25『アイデア実現の方法を変えた!日本初のクラウドファンディングサービス』Readyfor 米良はるか アイデアはあるのに実現させる資金が無い...。 そんな悩みを解決する新たな手段として、注目を浴びているのが、 ネット上で賛同者から資金を募るクラウドファンディングです。 2011年、日本でいち早くクラウドファンディングサービスを立ち上げたのが、米良はるかさん。 日本人史上最年少で世界経済フォーラムのダボス会議に参加した人物でもあります。 米良さんは学生時代、あるプロジェクトを通してお金を集めることの大変さや達成感を知りました。 そしてアメリカのスタンフォード大学に留学したときに クラウドファンディングへの期待の高まりを感じたことで事業立ち上げを決断したといいます。 しかし、そこには日本初だからこその苦労が...。 日本最大のクラウドファンディングサービスとして、 多くの人々の夢やアイデアを実現させてきた米良さんに、立ち上げ当時の秘話、 さらにクラウドファンディングの未来について伺いました。 【提供】日産自動車
#26『ティッシュペーパーの価値観を変えた!肌を優しく守る保湿ティッシュ』王子ネピア:酒井亜紀
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #26『ティッシュペーパーの価値観を変えた!肌を優しく守る保湿ティッシュ』王子ネピア:酒井亜紀 花粉や風邪の季節に重宝するティッシュペーパーですが、 使いすぎると鼻が赤くなったり、ヒリヒリしてしまうことも... そんな悩みを解消したのが保湿ティッシュ・鼻セレブです。 クリーム成分が含まれるなど、 普通のティッシュにはない優しい肌触りが人気の鼻セレブ。 しかし、1996年に前身の商品を発売した時には、 あまり注目されなかったといいます。 それでも、開発チームには商品への揺るぎない自信がありました。 そんな彼らだからこそ抱いた強い思い...「ひとりでも多くの人に使ってもらいたい!」。 その思いの先に、どのような"変える物語”があったのでしょう。 今回は、かつての10倍以上を売り上げるヒット商品となった鼻セレブの誕生秘話について、 酒井さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#27『作業着への先入観を変えた!世界初のスーツ型作業着』オアシススタイルウェア:中村有沙
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #27『作業着への先入観を変えた!世界初のスーツ型作業着』オアシススタイルウェア:中村有沙 工事現場などで用いられる作業着ですが、 スーツ着用で臨む営業などの場には相応しくないとされてきました。 その考えを一変させたのが、 スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」です。 そもそもは、水道メンテナンス事業を行う親会社の10周年記念事業がきっかけでした。 作業着で働く人の意識を向上させ、なおかつ若い働き手が増えるような、 おしゃれでかっこいい作業着がほしいという声が上がり、自社で開発することに。 しかし、デザインのノウハウもなく、実現までの道のりは困難を極めたといいます。 いまやビジネスファッションに新たな選択肢を示しているワークウェアスーツ、 その開発秘話を中村さんに伺いました。 【提供】日産自動車
#28『備蓄食のイメージを変えた!長期保存できる美味しいパン』 パン・アキモト:秋元義彦
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #28『備蓄食のイメージを変えた!長期保存できる美味しいパン』 パン・アキモト:秋元義彦 災害時など、もしもの時のための備蓄食ですが、味は二の次といったものも... そんな備蓄食のイメージを変えたのが、秋元さんが考案した「パンの缶詰」です。 誕生のきっかけは、1995年の阪神淡路大震災...。 パン職人として現地に自ら入り、パンを被災者に配りまわったものの、 何日かするとカビが生えて食べられなくなってしまいました。 その苦い経験から、保存性に優れた美味しいパンの開発を決意。 ところが、“長期保存”と“美味しさ”の両立は困難を極めたといいます。 今回は、苦心の末に成功した「パンの缶詰」開発秘話と、備蓄食へのイメージ払拭にかける秋元さんの思いに迫ります。
#29『身の回りの臭いケアを変えた!除菌もできる消臭スプレー』P&G:木村篤子
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #29『身の回りの臭いケアを変えた!除菌もできる消臭スプレー』P&G:木村篤子 ソファやカーテンといった布製品は普段なかなか洗うことができず、 気づけば嫌な臭いが溜まってしまうことも...。 そんな悩みに答えたのが、消臭除菌スプレー・ファブリーズです。 もともとアメリカで販売されていたこの商品。 日本に持ち込んだ当初は、“汚れ・臭いは洗って落とす”習慣が根付く日本人になかなか受け入れられず、売れ行きは伸びなかったといいます。 しかし、試行錯誤を繰り返して改良を重ねた結果、 いまやどの家庭でも使われる必須アイテムにまで成長しました。 今回は、P&G随一ともいえる“臭いを嗅ぎ分けるスペシャリスト”で、 ファブリーズの品質を支える木村さんに、 大ヒット商品になるまでの道のりや、消臭のメカニズムについて伺いました。 【提供】日産自動車
#30『日々の買い物を変えた!無料チラシアプリ』ロコガイド:沖本裕一郎
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #30『日々の買い物を変えた!無料チラシアプリ』ロコガイド:沖本裕一郎 スーパーなどのお買い得情報が載っている新聞の折込チラシ。 日々の買い物の必需品でしたが、 ライフスタイルの変化に伴い新聞自体を購読しない家庭が増えています。 そんな中、新たに生まれたのが無料チラシアプリ「トクバイ」です。 特売品の掲載だけでなく、タイムサービスなどの情報もスマホでリアルタイムに得ることができる「トクバイ」。 いまや5万店以上にのぼる提携スーパーの情報が掲載されていますが、 サービス開始当初は、なかなかアプリのメリットを店舗側に理解してもらえず、 掲載を断られ続けたといいます。 いくつもの壁を乗り越えながら、サービスを成長させてきた沖本さんに今回、 その苦悩の道のりや、「トクバイ」が私たちのくらしをどう豊かに変えたのかを伺いました。 【提供】日産自動車