「とんかつ慕情」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第10話 かけるしかにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第10話 かけるしかにゃあ 学食でトンカツ定食を頼んだ陣。食堂が混んでいたため、部室で食べようと部室に来たところ、八十亀に出会う。 部室での二人きりに緊張していると、ふと八十亀のお弁当が目に入った。 八十亀が自分で作ったらしいが、キュウリやナス、こんにゃくなどがほぼ無加工で入っていた。こんなんでご飯がすすむのか?と八十亀に聞くと…。
#1 ビッグカツとペペロンチーノと…
無料
だがしかし2 #1 ビッグカツとペペロンチーノと… 木枯らし吹くころ、荒れ果てたシカダ駄菓子の前でココノツは数ヶ月前を振り返る。  それはまだ暑い夏の日、お昼のメニューを考えながら「とんかつ……」と呟いたココノツの前に、その言葉に召喚されたようにほたるが現れ、駄菓子揚げ物界のレジェンド「ビッグカツ」の誕生秘話を語りだしたのだった。
第18話 ハマーンの黒い影
機動戦士ガンダムΖΖ 第18話 ハマーンの黒い影 リィナを助け出そうと、ダミー隕石に隠れてアクシズに潜入したジュドーは、エルピー・プルと名乗る少女と出会った。一方、グレミーのすきをついて逃げ出したリィナは、ゴットンから逃げたビーチャとモンドの2人と合流、ともにアクシズから脱出しようとする。
大型クレーンが…作業員が下敷きに 1人死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大型クレーンが…作業員が下敷きに 1人死亡  熊本県宇土市の工事現場で作業員3人が大型クレーンのアームの下敷きになり、1人が死亡しました。  2日午前9時40分ごろ、宇土市城塚町の工事現場でトレーラーの荷台に3人の作業員が乗り、現場で組み上げる大型クレーンのアームを下ろす作業をしていたところ、バランスが崩れました。クレーンはアームごと荷台から落ち、3人が下敷きになりました。3人は熊本市内の病院に搬送されましたが、熊本県合志市の会社員・出口貴士さん(35)が死亡しました。アームは長さ12メートル、縦・横1.6メートルで、重さは2トンから3トンあるということです。警察は事故原因を調べています。
第16話 それぞれの明日(終)
キレイな男 第16話 それぞれの明日(終) ボトンの安全を考え、ダビデに任せて身を引くマテ。パク会長にはボトンなしで会いに行き、「ボトンを連れて来なかったマテの判断は賢明だった」と褒められ複雑な気分になる。一方マテに絶縁されたボトンはショックで寝込む。ナ副会長はボトン社の契約先リストを入手し、マテを株価操作の罪に陥れる。このためボトン社は検察の家宅捜索を受け、マテは取り調べを受けることになってしまう
第14話
トンイ 第14話 捕庁にチョンスを捜しにいったトンイだったが、そこにチョンスはいなかった。トンイがチョンスに会いに来たと知ったヒジェはトンイをチョンスに近づけないためにトンイを始末しようと企むが、そこに現れたチョンスによってトンイは助けられた。死んだと思っていたチョンスとの再会を喜ぶトンイ。チョンスもまたこれからは離れずにずっと側でトンイを守ろうと誓うのだった。
第35話
無料
トンイ 第35話 トンイが自分の捜していたチェ・トンイだと知ったソ・ヨンギは、その事実を自分の口から殿下に伝えトンイとチョンスを国法によって裁くとトンイに告げる。トンイの偽の戸籍証明をソリの協力によって手に入れたチョンス。だが都に戻ってみるとソ・ヨンギにトンイの正体を知られていた。
第316話 女湯でアート? トンガリ画伯大爆発!
キテレツ大百科 第316話 女湯でアート? トンガリ画伯大爆発! トンガリの絵が区の児童コンクールで入賞した。そんな時、トンガリの絵を見た人から『ぜひ壁画を描いて欲しい』と依頼がある。早くも画伯気取りのトンガリ。ところが壁画は描く場所は銭湯だった。今更事実を言えないトンガリママは、三つ星レストランの壁画と偽る。最高級の店なら、そう簡単に来られないだろうというのだが?
第63話 走れ! トンガリ号 夢の四駆グランプリ
キテレツ大百科 第63話 走れ! トンガリ号 夢の四駆グランプリ 表野百貨店の屋上で行われた、予選大会で優勝し、ミニ四駆の決勝大会に出場する資格を手に入れたトンガリ。ところがトンガリは「決勝の日は風邪をひき、出場できない気がする」と言いだす。実はトンガリは、ここ一番という時に風邪をひいてしまうジンクスがあったのだ。トンガリの晴れ舞台をつぶさせるもんかと張り切るブタゴリラに命令され、英一は“風邪見鳥”を作ることに……。
第29話
トンイ 第29話 トンイと再会した粛宗はトンイの身を守るために宮廷外の私家にトンイをかくまる。そこで今まで秘めていたトンイへの思いが溢れ出してしまう。そんな粛宗の気持ちに気づいたチョンスの胸のうちは複雑だった。自分に対する粛宗の態度の異変に気づいた禧嬪は、粛宗がトンイをかくまっていると確信するのだった。