「ぬ〜べ〜」の検索結果

今すぐ視聴する

地獄先生ぬ~べ~ 決戦!陽神の術VS壁男
地獄先生ぬ~べ~ 決戦!陽神の術VS壁男 地獄先生ぬ~べ~ 決戦!陽神の術VS壁男 行方不明になった女生徒を捜していたぬ~べ~は、壁男の罠にはまり壁の中へ取り込まれてしまった!危機一髪、最終奥義・陽神の術で意識だけ少年の姿をした別の実体<陽神明>へ避難したぬ~べ~。しかし美紀、克也、そして郷子までもが壁の中に消えてしまう・・・。霊力が使えなくなったぬ~べ~は、実体を取り戻し、生徒たちを救い出すことができるのか!?
地獄先生ぬ~べ~ 史上最大の激戦!絶鬼来襲!!
地獄先生ぬ~べ~ 史上最大の激戦!絶鬼来襲!! 地獄先生ぬ~べ~ 史上最大の激戦!絶鬼来襲!! ぬ~べ~の左手に封印されている鬼・覇鬼を開放しようと、覇鬼の弟・絶鬼が焦熱地獄から這い上がってきた。ただならぬ気配を感じ、童守小に集結する玉藻、ゆきめ、いずな。一方絶鬼は、いずなに瀕死の重傷を負わせ、無関係な人々をも襲いはじめた。卑劣な絶鬼に対し怒りを露にするぬ~べ~。しかし、ぬ~べ~の500倍の霊力を持つ絶鬼の前では、頼みの玉藻やゆきめも赤子同然。果たしてぬ~べ~たちに勝機はあるのか?
地獄先生ぬ~べ~ なぞなぞ七不思議ブキミちゃん
地獄先生ぬ~べ~ なぞなぞ七不思議ブキミちゃん 地獄先生ぬ~べ~ なぞなぞ七不思議ブキミちゃん 夢の中に現れては複雑な迷路に誘い込み、道を間違えたら最後、その子は永遠に夢から出られない・・・。そんなブキミちゃんの犠牲になった広を助けるべく、少女の怨念と戦うぬ~べ~!次々とクラスメートを襲うブキミちゃんの霊は、何を訴えているのか!?そしてぬ~べ~は広を夢の中から救い出すことができるのか!?
Episode 1 ライバルズへようこそ
無料
ザ・チャレンジ~ライバルズ~ Episode 1 ライバルズへようこそ 血気盛んなルーキーと、因縁浅からぬベテランたちが10万ドルの賞金をかけ”ライバルズ”の舞台に集まった!コスタリカを舞台に、今回は何と天敵同士がチームを組む。会場はすでに不穏な空気に包まれ、何と早速脱落者も...。波乱ずくめのバトルが幕を開ける!
映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
映画クレヨンしんちゃん 映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 今度はテーマパークを舞台にしんちゃん大活躍!?  幼稚園の遠足で出かけた“群馬ヘンダーランド”。実はそのヘンダーランドこそオカマ魔女とその一味が地球征服を企む本拠地だった!  そこで地球のピンチに立ち上がったしんちゃん。お馴染みのアクション仮面、ぶりぶりざえもん、カンタム・ロボと強力な助っ人を引き連れて、オカマ魔女率いる強敵陣と世紀の大勝負!!当時セクシーアイドルとして大活躍した雛形あきこも登場。  さあ、地球の運命はいったいどうなる!?
Episode 1 カットスロートへようこそ
無料
ザ・チャレンジ~カットスロート~ Episode 1 カットスロートへようこそ 血気盛んなルーキーたちと、因縁浅からぬベテランたちが計50万ドルの賞金をかけ”カットスロート”の舞台に集まった!チェコの首都プラハを舞台に、赤、青、グレーの3つのチームに分かれて戦いを繰り広げていく。今回は最初のレースで最下位だった3人がチームのリーダーとなりメンバーを選抜。波乱ずくめのバトルが幕を開ける!
第154話 ルキアと海燕、哀しみの再会
BLEACH 第154話 ルキアと海燕、哀しみの再会 虚夜宮(ラス・ノーチェス)の奥に、突如、出現した青空の広がる場所で「第9十刃(ヌべーノ・エスパーダ) アーロニーロ・アルルエリ」と遭遇したルキア。自らの宮にルキアを誘い込んだアーロニーロは、いきなり自分の仮面を外す。その下から現れたのは、死んだはずの十三番隊副隊長・志波海燕の顔だった。そして混乱するルキアに対して何事もなかったように接してくる。海燕は「尸魂界(ソウル・ソサエティ)で死ぬ直前に自分の体を乗っ取ったホロウの能力のおかげで虚圏(ウェコムンド)に飛ばされ、そこで甦った」と説明する。

おすすめの作品

第5話
太陽を抱く月 第5話 フォンの妃(きさき)に選ばれたヨヌは、宮殿内に用意された住まいである隠月(ウノル)閣で婚儀の準備を始める。気軽に会えないフォンは、慣れぬ作法の習練に苦労するヨヌを手紙で励ましていた。 一方大妃(デビ)は、ユン・ドヒョンの娘が世子嬪に選ばれなかったことでヨヌを消そうと躍起になり、ノギョンへヨヌの殺害の命じる。ノギョンは心ならずも邪術の儀式を行い、ヨヌは得体の知れない病気にかかってしまう。婚礼前のヨヌは、回復の兆しもないことから宮中から追い出されてしまう。
第17話
無料
太陽を抱く月 第17話 ウォルがヨヌだと知ったフォンは活人署へ向かい、ヨヌと再会を果たす。その時、ユン・デヒョンが送った刺客が襲いかかり...。一方、ユン・デヒョンはヨヌが生きていることを大王大妃に告げる。大王大妃はフォンに、8年前の事件を掘り返さないのが皆のためだと警告して、ヨヌとノギョンを引き渡すように要求する。ヨヌもまた、今のままで十分幸せだから、真相の追究はやめるように意見する。フォンは思い出の品であるかんざしをもう1本贈りながら、ヨヌを隠れた女ではなく正妃として迎えると告げる。
第3話
無料
太陽を抱く月 第3話 ノギョンは大妃(テビ)の命令でヨヌとポギョンの人相を見たあと、ポギョンが王妃になるだろうと予言する。そしてフォン、陽明君(ヤンミョングン)、ヨヌ、ポギョンの4人に対して、不吉な運命を感じる。 ミナ王女の遊び相手としてヨヌも王宮に来たと知ったフォンは会いたいと手紙を送る。フォンの手紙を脅迫状と思ったヨヌは、ヨムの妹ではないと嘘をつく。そのためヒョンソンはポギョンをヨヌと勘違いして、フォンとポギョンを引き合わせてしまう。 成祖は学問に造詣の深いヨヌに好印象を持ち、ミナ王女も大好きなヨムの妹だという理由でヨヌを気に入る。この状況が面白くないユン・デヒョンは、大妃にフォンの婚礼を急がせる。大妃はフォンの妃としてポギョンを迎えようと画策するが...。
第6話
太陽を抱く月 第6話 ヨヌの死を伝え聞いたフォンは深く悲しむが、大妃(テビ)の命令によって葬式にも行けない。一方、放浪中だった陽明君(ヤンミョングン)はヨヌが病気だと聞き駆けつけるが、すでに葬式が行われている様子を見て泣き崩れる。そしてフォンにヨヌを守れなかったことをなじる。陽明君のヨヌへの思いを知ったフォンはぼう然とする。それから8年の時が過ぎ、フォンは王となっていた。
いまを生きるアイヌへ
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】 いまを生きるアイヌへ 2019年5月「アイヌ施策推進法」が施行。新しい法律には「差別の禁止」と「アイヌ民族としての誇りが尊重される社会」の実現を図ると記された。 先住民族と認められてわずか10年ほどに過ぎず、今もアイヌという出自を隠す人も少なくない。 そんな中、自分がアイヌ語を学ばなければ、言語が消滅してしまうと学びを深めるアイヌの22歳の若者がいる。自らの立ち位置を求めてさ迷う次世代のアイヌを追う。
第2話
無料
太陽を抱く月 第2話 ヨヌの兄ホ・ヨムは科挙に首席で合格したあと、世子(セジャ)を教える官職に任命される。フォンは若い師匠が気に入らず無視するのだが、ヨムが出した謎とその解説に感銘を受けて師匠と仰ぐ。そしてヨムの妹がヨヌだと知り、ヨヌにもう一度会いたいと願う。 陽明君(ヤンミョングン)は親友のヨムとジェウンの科挙合格を祝うものの、2人とも世子に仕える身になると寂しがる。そしてヨヌだけはずっと自分の味方でいることを願う。 大妃(テビ)とユンは外戚を排除しようとする勢力をけん制すべく、ポギョンを王女ミナの遊び相手として王宮に入れようとする。その意図を見抜いた成祖(ソンジョ)はホ・ヨンジェの娘ヨヌも呼ぶように指示する。
第9話
花郎<ファラン>(吹替) 第9話 今日がアロの母の命日だと聞き、ソヌは眠れぬ夜を過ごしていた。ヨウルの秘策によって仙門(ソンムン)の警備が手薄になったことを知ったソヌはアロの家に向かうことを決意。同室の仲間たちも街へ繰り出す。アロはソヌの帰宅を喜ぶが、ソヌは生前の母について妙な発言をする。アロはそんなソヌを訝しく思いつつも、彼が本当の兄でなければいいと密かに期待するのだった。一方、スホの妹スヨンは一人で街を歩いていたパンリュを兄と間違えてしまい...。
第12話
花郎<ファラン>(吹替) 第12話 花郎たちはそれぞれ直属の部下となる郎徒(ナンド)を迎える。ソヌの郎徒になったのはハンソンの兄、タンセだった。ハンソンは兄が自分ではなくソヌを選んだことに複雑な気持ちを抱くが、アロの元を訪れてソヌはいい人だと語る。一方、ジディは自分の正体を知ったアロに今まで通りに接し、思いを伝える。そんな中、ソヌが弓の稽古中に落馬する。アロは気絶したソヌの前で涙を流し、ついに自分の本心を告白。意識を取り戻したソヌはアロに口づけするが...。
猟奇的な彼女
無料
猟奇的な彼女 猟奇的な彼女 大学生のキョヌはある晩、地下鉄の中でベロベロに酔っぱらった超美人な“彼女”と出会う。可愛い顔をして、「ぶっ殺されたい?」が口癖で、過激な行動を繰り返す彼女のペースに飲み込まれ、困惑しながらもその魅力にひきこまれていくキョヌ。しかし、タフでワイルドに見える“彼女”には、ある切ない秘密があった...。予測できない恋の行方、心揺さぶられる驚きと感動のエンディング。そして、誰もが好きにならずにはいられない“猟奇的な彼女”! 史上最高に魅力的なヒロインと、傑作ラブストーリーが誕生した!!
第16話
無料
太陽を抱く月 第16話 王妃はヨヌに生き写しのウォルを見て、動揺を隠せない。ウォルは、かつての友である自分を見ておびえる王妃を不審に思う。隠月閣でフォンと偶然会ったウォルは、記憶が戻ったことを言えず、涙をのんで活人署へ戻る。ウォルを訪ねてきたノギョンは、呪術にミナ王女が関わっていたことを告げ、王様に真相を教えるべきかどうか、ウォルに選択を委ねる。フォンはホン・ギュテが調べてきたことやノギョンの話を聞いて、ウォルがヨヌではないかという推論に至るのだが...