「はじめしゃちょー ブラジル」の検索結果

「はじめしゃちょー ブラジル」に関する情報は見つかりませんでした。
「はじめしゃちょー」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#31 ブラジルからラジオセルフィー!後編!! 2018年7月1日放送
無料
福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 #31 ブラジルからラジオセルフィー!後編!! 2018年7月1日放送 【福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 毎週日曜日 22:00 〜 23:30 放送!】 今週の「福山雅治と荘口彰久の『地底人ラジオ』」は...、 波乱のブラジルからのラジオセルフィー後半戦!更にディープなブラジル文化に触れる学長一行!! 先週に引き続き、リスナーの皆様からいただいている「今週の福山さんに聞いてみた」コーナーも! 今週も内容おてんこ盛りでお届けいたします! 番組メールアドレス chiteijin@shiburadi.com
新K-1伝説 #51
新K-1伝説 新K-1伝説 #51 9月19日「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」より、一回戦の模様をお届けします。初代スーパー・フェザー級王者・卜部功也は、過去に敗北しているカリム・ベノーイとの再戦。“孤高の空手家”小宮山工介は、“ブラジルのピットブル”パウロ・テバウと対戦。
行き過ぎた動物愛
倒錯の心理 行き過ぎた動物愛 人間は食物連鎖の頂点にいると考えがちだが、動物と人間の区別をつけない人々もいる。ニュージーランドには犬に車の運転をさせる男性。イギリスには農場で豚やポニーになりきる人々。そしてブラジルには"娘"である犬に結婚式を挙げさせる女性まで。動物を愛することは素晴らしいが、彼らの行動は禁断とされるべきなのか?
禁断の愛
倒錯の心理 禁断の愛 愛、セックス、欲望は人間の原動力となるが、クレイジーな愛は禁断とされている。今回は変わった愛の表現をする人々を紹介する。性を解放しようとしているカリフォルニアの性科学者。風船を使って欲求を満たすデンマークのカップル。ブラジルの怪しげな媚薬に、ゴム人形になりきるテネシーのエンジニア。なぜ彼らの愛は禁断とされるのか?
奇妙な崇拝
倒錯の心理 奇妙な崇拝 禁断の崇拝者たちの生活に潜入する。宗教を信仰する人々は世界中に存在するが、妙なものを信仰する人々もいる。アルゼンチンにはサッカーの名選手、マラドーナを崇拝する人々がいる。アメリカにはエクソシズムで悪魔と戦う人物。インドにはウシを崇拝し、ウシのフンを歯磨き粉や石けんに使う人々。さらにブラジルでは悔悟者を叩く儀式が。これらのおかしな崇拝はなぜ禁断とされているのか。
K-1 OUTSTANDING #23
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #23 8・24 K-1大阪大会「日本vs世界・5対5」。日本の2連続KO勝ちで迎えた後半戦では、ブラジル代表の木村“フィリップ”ミノルが登場。元プロボクサーの大泉翔とのパンチ対決に挑む。そして、野杁正明はスイス国内でタイトルを獲得しているサミ・ラミリ。林健太はトルコの19歳の新鋭デニス・デミルカプと激突。
新K-1伝説 #4
新K-1伝説 新K-1伝説 #4 2014年11月3日に旗揚げした新生K-1。第4回目の放送は、格闘技界で今最も熱い-65kg世界トーナメントの模様をお届けします! 魔裟斗が認めた天才HIROYA、"魔裟斗の遺伝子を継ぐ男"左右田泰臣、そしてブラジル代表・木村"フィリップ"ミノルなど個性豊かなファイターが集結! 果たしてその頂点に輝いたのは!?
新K-1伝説 #5
新K-1伝説 新K-1伝説 #5 木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)特集。スーパーファイト/K-1 -65kg Fight/3分3R・延長1R ゲーオ・フェアテックス vs 木村“フィリップ”ミノル。スーパーファイト/K-1 -65kg Fight/3分3R・延長1R HIROYA vs 木村“フィリップ”ミノル など。
Jリーグ プレビューショー#20
Jリーグ プレビューショー Jリーグ プレビューショー#20 今週のJリーグプレビューショーは、いよいよ夏の移籍ウインドーがオープン。 注目プレイヤーのインタビューに加え、元日本代表、加地亮が3年ぶりにガンバ大阪に帰ってきた宇佐美貴史を直撃! 7試合連続ゴールで清水エスパルスを生き返らせたブラジル人ストライカー、ドウグラスをフィーチャー。 さらに、今週末におこなわれる第19節の全試合のゲームの注目ポイントもお届けします!
第45話 一獲千金 まぼろしの蝶を探せ
キテレツ大百科 第45話 一獲千金 まぼろしの蝶を探せ トンガリが自慢していためずらしい蝶の標本。その標本の蝶が1匹10万円すると聞き、ブタゴリラはめずらしい蝶を捕まえに行こうと言い出す。近所に住んでいる蝶の研究者の如月博士の話では、20年前に絶滅したキンイロクジャクアゲハなら1000万円以上するらしい。英一たちは“航時機”を使い、20年前のブラジルに蝶を捕まえに行くことにする。