「はたらく細胞 インフルエンザ アニメ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第7話 がん細胞
はたらく細胞 第7話 がん細胞 一般細胞に化けていた敵が、ついにその正体を現した。敵の名はがん細胞。白血球(好中球)とキラーT細胞、そしてNK細胞は、この世界(体)を守るため、迫りくるがん細胞と対峙する。
第1話 肺炎球菌
無料
はたらく細胞 第1話 肺炎球菌 ここは人間の身体の中。酸素や二酸化炭素を運搬していた赤血球は、ある日、体外から侵入した肺炎球菌に襲われ、白血球(好中球)に助けられる。体という世界を守るため、逃げた肺炎球菌を追う白血球(好中球)。だが敵は意外な場所に隠れていて──。
第2話 すり傷
はたらく細胞 第2話 すり傷 穏やかな日常を過ごしていた赤血球の目の前で、突如として「すり傷」が発生した。傷口から侵入する細菌やウイルスと戦うため、白血球(好中球)は現場に駆けつけるが、黄色ブドウ球菌をはじめとした敵に苦戦する。果たして白血球(好中球)たちは、体内を守ることが出来るのか。
第4話 食中毒
はたらく細胞 第4話 食中毒 胃の付近に細菌出現。さっそく現場に駆けつける白血球(好中球)。現場ではすでに白血球の一種である好酸球が応戦していたものの、苦戦を強いられていた。非力な好酸球の姿を見た周囲の細胞たちはあまりの頼りなさに陰口をたたく。白血球(好中球)は「好酸球にしかできない仕事がある」と言うが……。
第12話 出血性ショック(前編)
無料
はたらく細胞 第12話 出血性ショック(前編) なんと新人赤血球の教育係をすることになった赤血球!先輩らしいトコを見せなきゃ!と気を引き締める彼女だが、道を間違えてしまったり、他の細胞に怒られたり、なかなか上手く行かず……。そんな中、体内世界を揺るがす大きな事件が発生する。
特別編 風邪症候群
はたらく細胞 特別編 風邪症候群 同じ作業(細胞分裂)を繰り返すだけの毎日に飽き飽きしていた一般細胞の前に、 ステキな帽子をかぶった謎の細胞が現れる。その細胞は白血球(好中球)やキラーT細胞らに いたずらを仕掛けようと一般細胞を誘う。 日頃のうっぷん晴らしをして楽しむ一般細胞。 だが、このステキな帽子をかぶった細胞はいったい何者なのか……?
第5話 スギ花粉アレルギー
はたらく細胞 第5話 スギ花粉アレルギー 大量のスギ花粉が体内に侵入!スギ花粉を排除をするため、現場へと急行した白血球(好中球)は、そこで“記憶細胞”と居合わせる。記憶細胞は免疫記憶を保持しているリンパ球である。現場の光景を目の当たりにし、なぜかあたふたしている記憶細胞。「なんてこった! これじゃまるで、言い伝えと――」記憶細胞が言う“言い伝え”とは……?
第6話 赤芽球と骨髄球
はたらく細胞 第6話 赤芽球と骨髄球 いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。
第8話 血液循環
無料
はたらく細胞 第8話 血液循環 二酸化炭素を肺に届け、酸素を体中の細胞たちに届ける、それが赤血球の大切な仕事。相変わらず方向音痴で道に迷ってばかりの赤血球だけど、いつまでも半人前ではいられない。今日こそは先輩たちの力を借りず、一人で循環器を一周しようと意気込むが、その傍らには心配そうに見守る白血球(好中球)の姿があった……
インフルエンザが異例の早期流行“予防接種”誤解も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 インフルエンザが異例の早期流行“予防接種”誤解も  インフルエンザの感染者数が先週までの1週間で1万5000人以上増え、北海道では流行の警報レベルを超えました。  先月28日に突如、アベマプライムに悲劇が…。インフルエンザ前日まで輝く笑顔を見せていた平石直之アナウンサーが突如、39度近い高熱に。インフルエンザに感染していることが分かり、以降、別のアナウンサーが代役を務めることとなりました。体調管理には人一倍気使っているベテランアナをも苦しめたインフルエンザ。この時期になると毎年、全国的に流行しますが、今年はある特徴が。  厚生労働省によりますと、先月18日から24日までの1週間に全国の5000の病院で報告されたインフルエンザの患者数は、1万5390人。なんと、去年の同じ時期の約6倍にも達するのです。さらに、流行も去年と比べて4週間早く、統計を取り始めた1999年以降で2番目の早さです。なぜ、早くはやり爆発的に広がっているのでしょうか。その背景にあるのが、世界が熱狂したラグビーワールドカップ。海外からファンが日本にやってきたことが感染拡大に影響したといわれています。  さらに、飛沫(ひまつ)感染するインフルエンザウイルスにもかかわらず、ネットでは「インフルエンザになったのに、職場からは出勤しろと言われた…」「熱が低いから出社しろって、菌まき散らせってか?」という声が…。そして、ついには「インフルエンザハラスメント」という言葉が飛び交うまでになっているんです。  その一方で、「休むのが申し訳なくて、完治する前に出勤してしまいまし…