「はたらく細胞 インフルエンザ 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第7話 がん細胞
無料
はたらく細胞 第7話 がん細胞 一般細胞に化けていた敵が、ついにその正体を現した。敵の名はがん細胞。白血球(好中球)とキラーT細胞、そしてNK細胞は、この世界(体)を守るため、迫りくるがん細胞と対峙する。
第1話 肺炎球菌
無料
はたらく細胞 第1話 肺炎球菌 ここは人間の身体の中。酸素や二酸化炭素を運搬していた赤血球は、ある日、体外から侵入した肺炎球菌に襲われ、白血球(好中球)に助けられる。体という世界を守るため、逃げた肺炎球菌を追う白血球(好中球)。だが敵は意外な場所に隠れていて──。
第2話 すり傷
無料
はたらく細胞 第2話 すり傷 穏やかな日常を過ごしていた赤血球の目の前で、突如として「すり傷」が発生した。傷口から侵入する細菌やウイルスと戦うため、白血球(好中球)は現場に駆けつけるが、黄色ブドウ球菌をはじめとした敵に苦戦する。果たして白血球(好中球)たちは、体内を守ることが出来るのか。
第4話 食中毒
無料
はたらく細胞 第4話 食中毒 胃の付近に細菌出現。さっそく現場に駆けつける白血球(好中球)。現場ではすでに白血球の一種である好酸球が応戦していたものの、苦戦を強いられていた。非力な好酸球の姿を見た周囲の細胞たちはあまりの頼りなさに陰口をたたく。白血球(好中球)は「好酸球にしかできない仕事がある」と言うが……。
第12話 出血性ショック(前編)
はたらく細胞 第12話 出血性ショック(前編) なんと新人赤血球の教育係をすることになった赤血球!先輩らしいトコを見せなきゃ!と気を引き締める彼女だが、道を間違えてしまったり、他の細胞に怒られたり、なかなか上手く行かず……。そんな中、体内世界を揺るがす大きな事件が発生する。
第5話 スギ花粉アレルギー
無料
はたらく細胞 第5話 スギ花粉アレルギー 大量のスギ花粉が体内に侵入!スギ花粉を排除をするため、現場へと急行した白血球(好中球)は、そこで“記憶細胞”と居合わせる。記憶細胞は免疫記憶を保持しているリンパ球である。現場の光景を目の当たりにし、なぜかあたふたしている記憶細胞。「なんてこった! これじゃまるで、言い伝えと――」記憶細胞が言う“言い伝え”とは……?
第6話 赤芽球と骨髄球
無料
はたらく細胞 第6話 赤芽球と骨髄球 いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。
第8話 血液循環
はたらく細胞 第8話 血液循環 二酸化炭素を肺に届け、酸素を体中の細胞たちに届ける、それが赤血球の大切な仕事。相変わらず方向音痴で道に迷ってばかりの赤血球だけど、いつまでも半人前ではいられない。今日こそは先輩たちの力を借りず、一人で循環器を一周しようと意気込むが、その傍らには心配そうに見守る白血球(好中球)の姿があった……
第9話 胸腺細胞
はたらく細胞 第9話 胸腺細胞 訓練の最中、部下をヘルパーT細胞の部屋に投げ込んでしまったキラーT細胞。正反対なタイプの2人は言い争いを始める。今では立場が違う2人だが、樹状細胞によると、実は「胸腺学校」の同期だという。しかも昔の彼らは今とは全く違うキャラだった!わずか2~3%しか生き残れないという胸腺学校での地獄の特訓を耐え抜く中で、二人の間に芽生えたものとは……!?
“異例の流行”インフル猛威 背景にラグビーW杯?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “異例の流行”インフル猛威 背景にラグビーW杯?  病院にはワクチン接種を希望する人が殺到しています。今年、異例の早さで猛威を振るうインフルエンザ。感染拡大が懸念される背景には、ラグビーワールドカップの存在がありました。  都内のクリニックには、インフルエンザの予防接種を受けに来る人の姿がありました。8月下旬からインフルエンザの患者数が急増しています。国立感染症研究所によりますと、最新の患者数は4543人。去年の同時期に比べて4倍以上となっています。  異例の流行となっているインフルエンザ。その要因の1つと考えられるのが、グローバル化です。折しも、日本ではラグビーワールドカップが開催されて世界各国からラグビーファンが訪れています。ラグビーが盛んなオーストラリアなどがある南半球は、冬が終わったばかり。インフルエンザの影響が残っています。ここから来日した外国人観光客らが一緒にウイルスを持ち込んだ可能性があるというのです。また、大勢の人が集まって大声を出したりすることで、ウイルスが飛沫(ひまつ)感染するなど感染リスクが高まるといいます。  さらに、今なお続く季節外れの暑さがインフルエンザの流行を加速させているといいます。そこには思わぬ理由がありました。  先月の平均気温は西日本で統計開始以降3位、さらに、東日本では2位と記録的な暑さでした。なぜ、こうした“季節外れの暑さ”がインフルエンザの流行に拍車を掛けているのか。  厳しい残暑で秋になっても自宅や職場、学校でもエアコンで涼を取ります。新潟大学の齋藤玲子教授によりますと、こうする…