「はたらく細胞 フル」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第7話 がん細胞
無料
はたらく細胞 第7話 がん細胞 一般細胞に化けていた敵が、ついにその正体を現した。敵の名はがん細胞。白血球(好中球)とキラーT細胞、そしてNK細胞は、この世界(体)を守るため、迫りくるがん細胞と対峙する。
第12話 出血性ショック(前編)
はたらく細胞 第12話 出血性ショック(前編) なんと新人赤血球の教育係をすることになった赤血球!先輩らしいトコを見せなきゃ!と気を引き締める彼女だが、道を間違えてしまったり、他の細胞に怒られたり、なかなか上手く行かず……。そんな中、体内世界を揺るがす大きな事件が発生する。
第1話 肺炎球菌
無料
はたらく細胞 第1話 肺炎球菌 ここは人間の身体の中。酸素や二酸化炭素を運搬していた赤血球は、ある日、体外から侵入した肺炎球菌に襲われ、白血球(好中球)に助けられる。体という世界を守るため、逃げた肺炎球菌を追う白血球(好中球)。だが敵は意外な場所に隠れていて──。
第2話 すり傷
無料
はたらく細胞 第2話 すり傷 穏やかな日常を過ごしていた赤血球の目の前で、突如として「すり傷」が発生した。傷口から侵入する細菌やウイルスと戦うため、白血球(好中球)は現場に駆けつけるが、黄色ブドウ球菌をはじめとした敵に苦戦する。果たして白血球(好中球)たちは、体内を守ることが出来るのか。
第4話 食中毒
無料
はたらく細胞 第4話 食中毒 胃の付近に細菌出現。さっそく現場に駆けつける白血球(好中球)。現場ではすでに白血球の一種である好酸球が応戦していたものの、苦戦を強いられていた。非力な好酸球の姿を見た周囲の細胞たちはあまりの頼りなさに陰口をたたく。白血球(好中球)は「好酸球にしかできない仕事がある」と言うが……。
第8話 血液循環
はたらく細胞 第8話 血液循環 二酸化炭素を肺に届け、酸素を体中の細胞たちに届ける、それが赤血球の大切な仕事。相変わらず方向音痴で道に迷ってばかりの赤血球だけど、いつまでも半人前ではいられない。今日こそは先輩たちの力を借りず、一人で循環器を一周しようと意気込むが、その傍らには心配そうに見守る白血球(好中球)の姿があった……
第9話 胸腺細胞
はたらく細胞 第9話 胸腺細胞 訓練の最中、部下をヘルパーT細胞の部屋に投げ込んでしまったキラーT細胞。正反対なタイプの2人は言い争いを始める。今では立場が違う2人だが、樹状細胞によると、実は「胸腺学校」の同期だという。しかも昔の彼らは今とは全く違うキャラだった!わずか2~3%しか生き残れないという胸腺学校での地獄の特訓を耐え抜く中で、二人の間に芽生えたものとは……!?
第11話 熱中症
はたらく細胞 第11話 熱中症 うだるような暑さに包まれた体内世界。発汗してもうまく体温冷却できない。異常な血流増加、上がり続ける体温……そう、体内世界は「熱中症」になっていた!この隙につけこんで好き勝手暴れ回るセレウス菌。頼みの白血球(好中球)も暑さのためヘロヘロになって本来の力が出せない……!この温暖化し続ける世界に、何か打つ手はないのか!?
特別編 風邪症候群
はたらく細胞 特別編 風邪症候群 同じ作業(細胞分裂)を繰り返すだけの毎日に飽き飽きしていた一般細胞の前に、 ステキな帽子をかぶった謎の細胞が現れる。その細胞は白血球(好中球)やキラーT細胞らに いたずらを仕掛けようと一般細胞を誘う。 日頃のうっぷん晴らしをして楽しむ一般細胞。 だが、このステキな帽子をかぶった細胞はいったい何者なのか……?
ふるさと納税で56億円“流出”の川崎市 挽回に躍起
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ふるさと納税で56億円“流出”の川崎市 挽回に躍起  台風で川が氾濫して被害が相次いだ川崎市。実は、ふるさと納税で50億円以上の財源が流出していて、なんとか寄付を増やそうと対策に取り組んでいる最中でした。  サッカーJ1「川崎フロンターレ」の全選手サイン入りのユニホーム。日本有数の工業地帯の夜景をタクシーで楽しむプラン。ご当地アイドルと創業118年の海苔(のり)問屋とのコラボ商品。これらは、今月から川崎市が受け付けを始めたふるさと納税の返礼品です。川崎市は、ふるさと納税で寄付額を増やそうと今、躍起になっています。ちなみにサイン入りユニホームは1日半で予定数を超えたそうです。  実は川崎市は現在、そのふるさと納税では負け組。痛い目に遭っています。川崎市の納税者が魅力的な返礼品を求めて他の自治体に寄付した結果、税が控除されて本来、川崎市に入るはずの市税が減っているのです。その税の流出額は2015年度は2億円でしたが、今年度は実に56億円と見込まれています。  川崎市財政局資金課・神山武久課長:「かなり大きな金額が市外に流出します。その結果、市民サービスの低下ということにつながりますけれども元々持っている(市の)貯金を少しずつ取り崩しながら対応しています」  56億円を行政サービスに換算すると、川崎市民全世帯のごみ処理経費の約半分、あるいは保育園の運営経費なら園児3500人分に相当する額だということです。  川崎市財政局資金課・神山武久課長:「今後、ますます(流出額が)伸びる可能性があるので、危機感を持ってふるさと納税の返礼品を増…