「はち」の検索結果

今すぐ視聴する

ストリップクラブの闇
タブロイドな事件 ストリップクラブの闇 フロリダでストリッパーをしているジャッキー。彼女はチャールズという男を気に入り、関係を持つ。そこへ暴力的で疎遠だった夫が現れた。ジャッキーを守ろうとしたチャールズは銃を手に取る。そしてジャッキーが取った行動は?次の事件の舞台はラスベガスのストリップクラブ。脱ぐのは女性ではなく男性だ。元ドアマンが殺害され、このクラブの闇が明らかとなる。
第16話 おきゃんスチュワーデス リョウの教官物語
シティーハンター 第16話 おきゃんスチュワーデス リョウの教官物語 香は高校時代の友人・スチュワーデスのちえみから奇妙な相談を受ける。ちえみのバッグに、金の腕時計が入れられていたという。リョウが調べると、時計には爆弾が仕込まれていた。密輸団がちえみを運び屋として利用したのだ。リョウはちえみに護身術を教えるが……。
第31話 バリバリラブ! 乙女心を駈けぬけろ!
シティーハンター 第31話 バリバリラブ! 乙女心を駈けぬけろ! 財閥の令嬢・綾子に、片思いの相手である暴走族のメンバー・翔吾を族から抜けさせて欲しいと依頼されるリョウ。一方翔吾は、チンピラから助けたことをきっかけに自分に付きまとう綾子を諦めさせるため、香に恋人役を依頼する。しかし族のリーダー・誠は綾子の家に目をつけて……。
第十一話 英雄のいた国
NARUTO -ナルト- 第十一話 英雄のいた国 タズナと街に出かけたサクラは、海運を牛耳るガトーにこの国が支配されていることを知る。だからこそタズナは海をこえる橋を建設することに命を懸けているのだ。一方ナルトとサスケは、チャクラを使った木登りの修業に励んでいた。ボロボロになって帰ってきたふたりに、タズナの孫・イナリの態度は冷ややかで……。
第12羽 宝物は君の決定的瞬間
ご注文はうさぎですか?? 第12羽 宝物は君の決定的瞬間 ココアは偶然、壁の絵から“シスト”という宝探しゲームの地図を見つけました。さっそくココアはチマメ隊を引き連れて街を探索します。地図に記された謎を解きつつ隠された宝物を探す、4人の冒険が幕を開けます。
第113話 「アルティメット女武者、巴御前!」
ねこねこ日本史 第4期 第113話 「アルティメット女武者、巴御前!」 平安時代、武家の娘であった巴御前(ともえごぜん)は、源氏の木曽義仲(きそよしなか)を好きになり、平氏を倒す戦のお供をすることになった。しかし義仲はちょっと頼りない上にすぐ弱音をはく。果たして巴御前は、義仲を無事勝利させることはできるのか!?
#1:シーズン4は波乱のSTART!
無料
恋する♥週末ホームステイ Season4 広島男子×東京女子/東京男子×名古屋女子 #1:シーズン4は波乱のSTART! 広島男子×東京女子 ▼1人の広島男子が東京女子を独り占め!?男同士のバトル勃発で波乱のスタート! 名古屋女子×東京男子 ▼「心臓がはちきれそう」栄の観覧車デートでいきなり急接近!? 【未公開映像】 ▼収録現場に『なのかじ』登場!さらに『れお』まで乱入!近況をゆいP&たいきめんにご報告♥
▲藤井七段 vs △近藤五段 角換わり 序盤から一切途切れない藤井七段のロジカルな攻め筋!
第1回AbemaTVトーナメントinspired by羽生善治 ▲藤井七段 vs △近藤五段 角換わり 序盤から一切途切れない藤井七段のロジカルな攻め筋! AbemaTVトーナメントの対局シーンのみを一局ずつノンストップで放送!初手から終局まで、一瞬も見逃せない超早指し戦を振り返ろう!
▲近藤五段 vs △藤井七段 角換わり ラストはお互い5秒将棋!形勢を大逆転させる藤井七段の玉逃げ!
第1回AbemaTVトーナメントinspired by羽生善治 ▲近藤五段 vs △藤井七段 角換わり ラストはお互い5秒将棋!形勢を大逆転させる藤井七段の玉逃げ! AbemaTVトーナメントの対局シーンのみを一局ずつノンストップで放送!初手から終局まで、一瞬も見逃せない超早指し戦を振り返ろう!
▲三枚堂六段 vs △橋本八段 三間飛車 振り穴登場!橋本八段が思わず笑顔、その理由は...!?
第1回AbemaTVトーナメントinspired by羽生善治 ▲三枚堂六段 vs △橋本八段 三間飛車 振り穴登場!橋本八段が思わず笑顔、その理由は...!? AbemaTVトーナメントの対局シーンのみを一局ずつノンストップで放送!初手から終局まで、一瞬も見逃せない超早指し戦を振り返ろう!
▲橋本八段 vs △三枚堂六段 先手中飛車 三枚堂六段ありえない戦法!五筋全位取り!?
第1回AbemaTVトーナメントinspired by羽生善治 ▲橋本八段 vs △三枚堂六段 先手中飛車 三枚堂六段ありえない戦法!五筋全位取り!? AbemaTVトーナメントの対局シーンのみを一局ずつノンストップで放送!初手から終局まで、一瞬も見逃せない超早指し戦を振り返ろう!
▲三枚堂六段 vs △橋本八段 居飛車力戦 驚きの序盤角切り!攻める橋本八段!
第1回AbemaTVトーナメントinspired by羽生善治 ▲三枚堂六段 vs △橋本八段 居飛車力戦 驚きの序盤角切り!攻める橋本八段! AbemaTVトーナメントの対局シーンのみを一局ずつノンストップで放送!初手から終局まで、一瞬も見逃せない超早指し戦を振り返ろう!
▲橋本八段 vs △藤井七段 三間飛車 藤井七段受けも天才級!居飛車穴熊のお手本
第1回AbemaTVトーナメントinspired by羽生善治 ▲橋本八段 vs △藤井七段 三間飛車 藤井七段受けも天才級!居飛車穴熊のお手本 AbemaTVトーナメントの対局シーンのみを一局ずつノンストップで放送!初手から終局まで、一瞬も見逃せない超早指し戦を振り返ろう!
第11話
青い海の伝説 第11話 ジュンジェが詐欺師だと知ったシムチョンは、ジュンジェに対する失望感から家を出る。ジュンジェは不安な気持ちで必死にシムチョンを捜すが、シムチョンはチヒョンと一緒にいて...。一方、デヨンを追っていたホン刑事はデヨンの新たな過去を知り、捜査に拍車をかけるが...。
第9話
宮廷女官チャングムの誓い 第9話 試験の結果、落第を言い渡されたチャングム。しかし、チャングムの料理を味見した大妃(皇太后)はチャングムの料理の腕にいたく感心し...。一方、ミン・ジョンホは自分を助けてくれた人の手がかりをつかみ、探そうとする。王の狩りに同行し料理を準備していた尚宮たちは次々と倒れ...。
第31話
宮廷女官チャングムの誓い 第31話 チャングムに会うため済州島を訪れたトック。チャングムはチャンドク相手の練習で鍼(はり)の打ち方に失敗して以来、鍼を打てずに自らを責め続けていた。その頃、ジョンホ率いる水軍が不在の間に、済州島は倭寇の襲撃にあってしまう。そして、逃げ遅れた村人たちは捕らえられてしまい...。
第40話
宮廷女官チャングムの誓い 第40話 村に戻ったジョンホはチャングムを探し当てるが、仲間たちに見捨てられたことを知ったチャングムは自信を失くしていた。村に閉じ込められた民たちは怒りから二人を襲うが、チャングムは信じるようにと懇願し、薬を調達するためにジョンホは村を出ることに。チャングムは一人気丈に治療に当たるのだが...。
第45話
宮廷女官チャングムの誓い 第45話 王の病の治療法を見つけだしたチャングム。しかし、それは王の主治医である内医正(ネウィジョン)の処方とは違っていた。王妃はチャングムに王の治療を任せることにするのだが、しきたりを軽んじて事を運ぶ王妃に非難が集まる。一方、薬味入れの件が腑に落ちないチェ提調尚宮は、ヨルイを監視させ...。
第3話
無料
キツネちゃん、何しているの? 第3話 モーテルから出てきたビョンヒとチョルスは距離を置いて歩き、ビョンヒはチョルスに整理して行こうと話す。ビョンヒが子宮がんではないことを知ったチョルスは怒って、子宮の模型を海に投げてしまう。出勤したピョンガクは、ジュニのプロフィールと写真のファイルを不満そうに見ながら覆う。牽引車に車を繋ぐ間、ビョンヒはチョルスにお酒も飲んでないのにどうしてあんなことをしたのかと尋ね、チョルスは訳もなく話を逸らす。ビョンヒはスンヘからの電話に驚き、チョルスにアリバイを作ろうと言う。帰宅したビョンヒは、自分が夢見ていた初夜を思い浮かべて苦しみ、チョルスも子供の頃のビョンヒとのことを考えて落ち着かない。産婦人科を再受診したビョンヒは、幸いそれほど深刻ではないと診断され、すぐには手術しないと言う。ビョンヒは記事を完成させて伸びをすると、自分をミス・コと呼ぶファン社長にコ記者と呼んでくれと堂々と言う。
第13話
キツネちゃん、何しているの? 第13話 ビョンヒは、チョルスの胸に抱かれたまま幸せそうな顔で、今こうしているのをどこかで見た気がすると言う。ジュニはメイクアップ学院に登録してピョンガクにメールを送る。ビョンヒはヒミョンに謝りながら、ヒミョンは恋愛するには良い人だから揺れたようだと話す。カフェから出てきたヒミョンは固い表情でとめどなく歩く。気分がいいチョルスは、整備所のスタッフたちに恋愛中だと叫びながら熱心に生きると話す。ビョンヒはときめく表情でチョルスの電話を受け、横断歩道の向かい側にチョルスを見つける。チョルスがビョンヒにもう姉さんと呼ばないと言うと、ビョンヒはチョルスの目をまっすぐに見られない。一緒に遊園地に行ったビョンヒとチョルスは楽しい時間を過ごし、ビョンヒにキスすることだけを考えていたチョルスは、ビョンヒを見てキスしておいて照れている。チョルスがビョンヒの目を見つめて頬を包むと、二人は深いキスを交わす。ビョンヒは家族とスンヘを家に呼んで事実を話し、チョルスはスンナムの前にひざまずく。疲れてベッドに倒れていたビョンヒは、窓を叩く音に飛び起きる。チョルスを見たビョンヒは感激して、会いたくて来たというチョルスにビョンヒも会いたかったと答える。
第4話
朱蒙 第4話 祭儀を欠席したことで父王クムワの怒りを買ったチュモンは、兄テソの取りなしで重罰を逃れるが、テソの真意はチュモンを翌日からの長旅に連れ出し、山中で命を落とすよう仕向けることだった。兄たちの胸の内を知らないチュモンは母ユファの激励を受け、プヨの神器「タムル弓」に拝謁するための旅に出る。 テソとヨンポは森で底なし泥沼に落ちたチュモンを見捨てるが、危ういところでチュモンはヨンタバルの娘ソソノが率いる貿易団の一行に救われる。商団はソソノがチュモンを縛り上げて連れまわすなか、ヘンイン国の将軍と取引が決裂して危機一髪となるが、忠実な部下ウテの活躍で危機は去る。そして、ソソノはチュモンがプヨの王子とも知らぬまま解放して別れる。一方、始祖山の祭壇にたどり着いたテソとヨンポは、弦さえ掛けられぬタムル弓の強靭さに驚く。兄たちがそのまま引き上げる途中、後から追ってきたチュモンは彼らの会話を聞いてしまい、兄たちの真意を悟る。チュモンは悲しみながらも祭壇にたどり着くが、簡単に弦を掛けて引き絞った弓を折ってしまい、さらに落ち込む。 テソとヨンポが悲嘆を演じながらクムワにチュモンの死を報告した直後、当のチュモンがふらりと宮殿へ帰還する。弓を見もせずに逃げ帰ってきたとクムワに謝るチュモンのふがいなさを激怒するユファに、チュモンは弓を壊してしまったこと、そして兄たちに命を狙われていることを涙ながらに打ち明ける。
第10話
朱蒙 第10話 監獄襲撃事件についてプドゥクプルとヨミウルを問い詰めたクムワは、ヘモスが20年間監獄で生きていたことを知り衝撃を受けるが、ユファにそれを打ち明けることができない。一方、監獄から逃走したチュモンはマリたちの協力を得てヘモスをかくまい、モパルモに頼んで護身用の剣を入手する。テソとヨンポは監獄襲撃の首謀者が自分たちであることを伏せるよう、プドゥクプルとヨミウルを説得する。 ソソノは父ヨンタバルの命令で病床のテソを見舞うが、チュモンの存在が心に残り、ウテにチュモンの身元調査を指示する。そしてチュモンが本当にプヨの王子だったと知って驚き、王子ふたりと個人的なつながりができたことを好機と考える。トチはプヨと漢の交易を受注するためヨンポを招いて接待するが、ヨンポはチュモンのことをトチに問い詰める。 チュモンが父や兄たちとトラブルに巻き込まれていることを知ったヘモスは、チュモンを救うためクムワに書簡を送り、夜間密会したいと申し入れる。クムワは約束の場所に駆けつけるが、ヘモスとチュモンは密会を知ったプドゥクプルの差し金で刺客軍団に襲われ、ヘモスの心には盟友クムワへの疑いが生まれる。もはやチュモンは自分の力で身を守るしかないと考えたヘモスは本格的な剣術の授業を開始し、ヘモスから剣の奥義を教わったチュモンは着実に腕を上げ始める。
第15話
朱蒙 第15話 テソが漢との塩の交易再開という大手柄を立てたことで、ソソノたちはチュモンに対して歯がゆい気持ちを募らせるが、チュモンは漢の顔色を伺うことなく自由に塩を調達できてこそプヨの問題は解決すると先を読んでいた。そして、漢と対等に渡り合うためには強い鉄器の開発が必須だと考えるチュモンは、モパルモとともに炒鋼(チョガン)法の解明に全力を注ぐことにする。 一方、ヨミウルからタムル弓について問いつめられたヨンポは、タムル弓が折れていた事実を聞かされて驚き、洗いざらい白状する。それを聞いたヨミウルは、愛弟子で神通力に優れたピョリハを使い、タムル弓を折ったのがチュモンであることを密かに突き止める。さらにヨンポは伯父の宮廷使者ポルゲとともに鉄器工場から武器を持ち出したことをテソに知られ、窮地に立たされる。テソは激怒するが、保身のために、生き証人であるモパルモの口を封じようと画策する。 チュモンに励まされ、さらにヨンタバルに乗せられたモパルモは、ついに会心の一刀を完成させる。モパルモはチュモンにその剣を見せようと夜道を急ぐ途中、テソの手下たちに襲われるが、チュモンが送り込んでおいた用心棒ムソンのおかげで難を逃れる。チュモンはテソとヨンポのもとを訪れ、モパルモを殺したら想像以上の罪が下されるだろうと告げる。そんなある日、チュモンは母ユファからコサンという国には一面塩で覆われた山があるという話を聞き、興味を抱く。
第20話
朱蒙 第20話 チュモンはヒョント城での任務を見事に果たしてプヨへ戻り、クムワがチュモンを賞賛するのを見たテソとヨンポは焦りを募らせ、チュモンの動向に探りを入れ始める。ヨンポはトチを通じ、プヨンがトチによって漢の商人に売り飛ばされてしまい、対策をしなかったチュモンに不満を持っていたオイを利用する。オイはチュモンを裏切り、テソとヨンポに情報を流してしまう。テソは鉄器工場で働くモパルモの部下トックを呼び出し、チュモンが解明しようとしている炒鋼(チョガン)法の進み具合を探る。 塩の山を見つけただけでなく炒鋼法の秘密を解明されてしまっては、皇太子の座をめぐる競合でチュモンが圧倒的に有利になるため、テソとヨンポは強い危機感を抱く。その危機感も手伝って、テソはヨンタバルにソソノとの結婚を申し込む。一方、宮殿内では次の皇太子が誰かをにらみ、さまざまな権力闘争が渦巻いていた。王妃はクムワと対立を続けるヨミウルを神殿から追い出そうと画策し、新しい巫女としてマウリョンを迎えようとする。宮廷使者ポルゲも王妃を援護し、王妃のたくらみを知ったヨミウルは、ヨンタバルに助けを求める。 チュモンはウテにプヨンのことを調べてもらい、トチのもとからプヨンを助け出すことに成功する。オイはチュモンを裏切ったことを告白するが、チュモンは自分の誠意のなさをオイに謝り、主従のきずなは強く結ばれる。その後、チュモンはオイをおとりに使い、テソとヨンポをわなに掛ける。
第44話
朱蒙 第44話 チュモンは流民を連れてプヨを脱出する計画を着々と実行に移しつつあった。ところが、マウリョンが霊視で三足烏を見たことを王妃に報告し、それを聞いた王妃はチュモンへの警戒を解かぬようテソを戒める。テソは忠誠を尽くすチュモンを信じていたが、王妃からの忠告を受け入れ、流民護送の任務からチュモンを外し、代わりにナロを任命する。ユファはイェソヤに、新しい国を建てるというチュモンの大業について話し、妻としてチュモンに仕え、さらに新しい国の母にならなくてはいけないと告げる。 一計を案じたクムワは、ユファが病気になったことにして、療養するために温泉へ出かけることにする。クムワは自分の動きを警戒するテソが、腹心であるナロを自分の護衛につけるだろうと踏んだのだ。優秀な護衛兵たちがクムワに振り向けられれば、その分、チュモンは自由に行動がしやすくなる。いよいよクムワとユファが湯治に出かける日、チュモンは万感の思いをこめて、生母であるユファと自分を慈しんで育ててくれたクムワに今生の別れを告げる。 一方、ソソノはペマン将軍に頼み、コサン国からプヨへと運ばれる塩を強奪させる。それを聞いたテソはチュモンに兵を率いて塩を取り戻してくるよう命ずる。ついに兵を与えられ城から出ることを許されたチュモンは、計画を実行に移すべく、流民の収容所へと向かう。
第50話
朱蒙 第50話 サヨンはソソノから託されたプヨ宮殿への秘密通路が記された地図をチュモンに渡し、チュモンたちはその通路を使い、ユファとイェソヤを救出しようと計画を練る。ユファは危篤状態が続き、イェソヤが懸命に看病しクムワも寝所を訪れる。同じ頃、ソソノはプヨ宮殿を訪れ、テソにケルの商いの許可を願い出る。ソソノがテソと会談している間、同行したサヨンはユファとイェソヤがそれぞれの寝所で監禁されていることを知る。 チュモンたちは宮殿に忍び込むが、チュモンがプヨに潜入していることを知ったテソは警備を強化し、ふたりの自室の周囲の厳重な警備に手も足も出ない。一計を案じたチュモンは神殿へ忍び込み、マウリョンを脅してイェソヤを神殿へ呼び出す。チュモンとイェソヤは感動の再会を果たすが、イェソヤはチュモンにユファが重病であることを知らせ、チュモンはふたりを救い出すことを断念し、思いを残しつつも砦に戻る。ソソノも商団を率いてケルの本営に戻るが、ヨンチェリョンの仕打ちはむごく、ソソノは再び旅に出る決意を固める。 一方、ヨミウルはチュモンにヤンジョンを始末する絶好の機会だと告げ、彼が巡視にくるチャンチョン谷の部族を攻めるよう助言する。くしくもチャンチョン谷の部族は、ヨンタバルが兵士を借り受ける約束を取り付けた相手の部族であった。チュモンはヨミウルの助言に従い、タムル軍を率いて砦を出発する。
第54話
朱蒙 第54話 チュモンはタムル軍を解散してプヨへ戻るようクムワに勧められるが、志を曲げることはできないという思いから、この話を断るつもりであることを母ユファに伝え、ユファもその結論に賛同する。プドゥクプルはチュモンがクムワの意向に従わなかった場合は亡き者にすることをもくろみ、密かにフクチに指示を与え、さらにチュモンの精神的支柱となっているヨミウルを配下の兵たちに拉致させる。 一方、ヨンタバルとソソノはクムワに謁見を求めてプヨ宮殿を訪れるが、間に入ったプドゥクプルは、しかるべき時期に自分が取り次ぐまで待つように指示する。宿に戻ったソソノたちが宮中の実権は今やプドゥクプルが握っているのかと訝っていると、突然ソンヤンが兵を連れて乱入し「プドゥクプルは自分の味方だから、テソが失脚してもピリュとプヨの縁は切れない。クムワに取り入ろうとしても無駄だ」と言い放ち、ソソノたちはピリュへ連行される。 チュモンは、プヨへは戻らずタムル軍とともに漢と戦い、いつの日か自分たちの国を築くとクムワに告げる。それを知ったプドゥクプルはかねてからの作戦を決行し、チュモンたちはプヨの兵に取り囲まれ捕らえられてしまう。クムワはプドゥクプルの勝手な行動を責めるが、タムル軍を受容し漢を敵に回すとプヨに未来はないと忠告され、ついにはチュモンたちを投獄する。
第58話
朱蒙 第58話 始祖山の洞くつを訪れたチュモンは、折ってしまったタムル弓が元に戻っていることに驚く。そこへ姿を現した巫女ピグムソンはチュモンに「タムル弓は本来古朝鮮の王を象徴する神器だったが、滅亡時にプヨに渡ったまま真の持ち主を待ち続けていた」という意外な事実を告げ、名実ともに朝鮮の王になれと言い残して姿を消す。 プヨ宮殿ではクムワの顔に赤いあざが発症し、医官長の診察でも原因はわからず、クムワは災いの兆候と信じて神殿で回復を祈り続ける。帰還を許されて宮殿に戻ったテソはそんな父の姿に衝撃を受け、代わって国事を遂行することを決意する。一方、ヤンソルランは再び王妃から子作りをせかされて憤慨し、腹いせでユリの毒殺を画策するが、すんでのところで気づいたユファに阻止される。 危地に立つケルへの協力を決めかねていたチュモンは、チェサの紹介で会った商人チョン大人から古朝鮮の古地図を見せられ、その広大な領土に感動する。かつての領土を回復統一するにはまずケルとの同盟が第一だと決心し、タムル軍を率いてケルの応援に出発する。しかし、その頃すでにソソノはタムル軍の協力を諦め、ソンヤンを倒すには策略と奇襲しかないと兵を率いて敵陣に侵入を図っていた。テソの命を受けたプブンノは、そうとも知らずケルへ向かうタムル軍を偵察し、チュモンの首を狙っていた。
第65話
朱蒙 第65話 チュモンは無事にケルへ戻り、タムル軍は驚喜しソンヤンは安堵する。ソンヤンたちはチュモンが不在の間、不安に駆られてテソ側に寝返っていたが、チュモンはソンヤンに敵を油断させるためそのままテソに従うふりを続けるよう指示する。一方、プヨ軍には漢からの兵糧と軍需物資が届き攻撃準備が完了する。チュモンの死によってタムル軍の士気が低下していると信じ込んでいるテソは、わずか二百名の先鋒部隊を自ら率いてケルに攻め込むことを決める。 別働隊としてチョルボンへの潜入を命じられたプブンノは、チュモンにテソの計画を報告する。それを聞いたチュモンは、アクプ嶺にいる先鋒部隊をピリュ川上流の草地へとおびき出し、火攻めの奇襲作戦を行うことを決める。そうとは知らずチュモンの作戦通り草地に現れたテソは、あっという間に火にまかれ敵側で剣を振るうプブンノの姿を見て初めてわなにはまったことに気づく。テソは屈辱的な敗退を喫してプヨ宮殿に戻り、再度の出陣をクムワに懇願するがクムワはこれを制止する。 プヨ軍の攻撃は退けたもののチョルボンの窮状に変わりはなく、ソソノからの連絡もない状況が続く。ピリュとクァンナには疫病が広まって死者が続出し、この悲惨な現状を視察して将来を悲観するチュモンは、天の救いを求めて冷たい雨に打たれ何日も祭儀を続ける。
“人生決める”韓国大学入試 不正入学疑惑に不満も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “人生決める”韓国大学入試 不正入学疑惑に不満も  厳しい学歴社会の韓国で14日、大学入試が実施されました。  韓国の大学修学能力試験は日本の大学入試センター試験にあたり、全国約1200の会場で55万人近くが受験します。今年は、チョ国(チョ・グク)前法相の娘の不正入学疑惑が関心を集めたことから、公平な入試を求める声も聞かれました。  受験生:「あきれますね。たくさんの努力もせずに入学できたのは不愉快です」  韓国では大学受験が「人生を決める」とも言われ、試験会場の周辺は交通が規制されるなど受験生に最大限の配慮がなされます。