「ふたりは」の検索結果

今すぐ視聴する

言の葉の庭
言の葉の庭 言の葉の庭 靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。
第24話 「告白」
とらドラ! 第24話 「告白」 自分の気持ちに正直になれず、思わず逃げ出してしまう大河。竜児と実乃梨はそんな大河の気持ちを確かめるべく、追いかける! 実乃梨は遠くに大河の姿を見かけた途端、竜児に対する自分の気持ちを大河に告げる。だが、実乃梨がようやく追いついたと思ったその場所に、大河の姿はなかった……。実乃梨は竜児の気持ちを確かめると、彼を大河のもとへ送り出す。やがて、竜児は商店街で大河の姿を見つける。ふたりが互いに自分のことをどう思っているのか、確かめようとしたその時、大河の実の母親と泰子が現れる。泰子たちが語る大人の都合にうんざりしたふたりは猛反発! 雪空の中、ふたりは泰子たちの手の届かない場所を目指して駆け出す!!
#3 おのぼりん
神田川JET GIRLS #3 おのぼりん ジェットレース部設立に向け部員集めに奮闘する凛はミサの力を借り、整備士の吉徳キリコ、生徒会長の新紫集院文ヶ、親友の鶴野ひなをメンバーに迎える。見事、浅草女子ジェットレース部を発足し、「神田川杯」の優勝を目指しハードなトレーニングを続ける凛にミサは息抜きを提案する。浅草見物に出かけたふたりはカリフォルニア・コースト ハイスクールからの留学生ジェニファー・ピーチとエミリー・オレンジと出会い仲良くなるが、ひょんなことから彼女たちとジェットレースで対決することに……。
第2話 「竜児と大河」
とらドラ! 第2話 「竜児と大河」 最近、大河は高須家で竜児と彼の母・泰子と一緒に朝食を食べるようになっていた。朝食を終えたふたりは登校することに。その途中、竜児は北村と大河との仲を取り持つよう彼女に念を押される。さっそく、竜児は学校でふたりの仲を取り持つために作戦を立てるが、大河の失敗でなかなかうまくいかない。すると、彼女は「私ってドジなのかな……」とつぶやきながら落ち込んでしまう。そんな大河を見かねた竜児は彼女を励ますのだった。だがその頃、C組では、最近何かと一緒に行動していたせいか、竜児と大河が付き合っているという噂が立っていた。さらに最悪なことに、ふたりは自分たちが付き合っていると、実乃梨と北村に誤解されてしまう!!
第34話 友情の決勝戦 遊戯vs城之内 後編
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 第34話 友情の決勝戦 遊戯vs城之内 後編 遊戯からもらった「時の魔術師」によって、城之内は勝利を確信する。が、タイムマジックには城之内が知らない効果が秘められていた。正々堂々と闘ったふたりは友情を再確認する。
第5話 とある二人の新人研修
とある科学の超電磁砲 第5話 とある二人の新人研修 頻発する車上荒らし対策に、監視カメラの増設をしていた黒子と初春。鳴り出した警報器に付近を探したふたりは、校舎の陰で車の中を物色する不審な学生を発見する。応援を呼ぶ初春の制止も聞かず、車上荒らしを捕まえようと先行した黒子は不意打ちを受け、逃げる犯人を捕まえようとした初春も昏倒させられてしまう。逃げられたのは自分のせいではないとばかりの黒子の態度にカチンときた初春。その上、大事な約束のことまで忘れている黒子に、ついに仲違いしてしまう。風紀委員(ジャッジメント)を目指していたふたりは、過去にとある事件で関わっていて……。
第7話 かくれんぼ
マナリアフレンズ エクストラパート付 第7話 かくれんぼ 放課後、アンの図書係に付き合うグレア。しとしとと雨が降る中、図書館はいつの間にか人気がなくなっていて、アンの提案でふたりはかくれんぼをすることにする。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第十六話 自分ではない誰かを前へ
鬼滅の刃 第十六話 自分ではない誰かを前へ 蜘蛛の糸に囚われた鬼殺隊員と戦う炭治郎と伊之助。糸を斬り、蜘蛛の巣を破り、ふたりは山の奥へ。 森を進むにつれ、蜘蛛の糸がだんだん太くなり、操られている者たちも人間には不可能な動きをしはじめる。 操られた隊士たちを、傷つけずに動きを止める方法も困難になる中、炭治郎がとった行動とは――。
第十七話 ひとつのことを極め抜け
鬼滅の刃 第十七話 ひとつのことを極め抜け ここには鬼舞辻無惨直属の配下・十二鬼月がいる――。 那田蜘蛛山の母鬼を倒した炭治郎は、妹の禰豆子を人間に戻す手掛かりになる鬼が、この森にいることを知る。 傷だらけの伊之助とともに、ふたりはさらに森の奥へ。 一方、ひとり寂しく森を進む善逸の前に、人面蜘蛛が現れる。
第8話 デビュー!
メジャー 第4シリーズ 第8話 デビュー! 3Aチーム、メンフィス・バッツへの入団が決まった吾郎は、アリスの説得で先発へのこだわりを捨てクローザーとしてオープン戦に登板する。そのころ、日本ではドラフト1位でウォリアーズに入団した佐藤寿也が、即戦力としてチーム首脳の期待を受け、早くも紅白戦の先発キャッチャーとして出場するが…。
第9話 挑戦者
メジャー 第4シリーズ 第9話 挑戦者 寿也は紅白戦のふがいないプレーで、矢田部に「お前はプロじゃねぇ!」と言われてしまう。より厳しいトレーニングを自分に課しつつも、プロとしてやっていく自信をなくしかけていた寿也に、対ジャッカルズのオープン戦に先発出場の声がかかる。ジャッカルズの先発には、海堂高校のチームメイトだった薬師寺がいた。
第10話 無理じゃねえ
メジャー 第4シリーズ 第10話 無理じゃねえ オープン戦の終盤、快調に登板を重ねていく吾郎。英語もずいぶん上達している。そのころ日本では、高校の卒業式が…。海堂高校では、寿也たちプロへ進んだ選手がマスコミの注目を浴びる一方、吾郎不在の聖秀高校では、清水がソフト部の後輩たちに送られ、野球部では大河が田代や藤井たちを送り出しそれぞれの道へ…。
第11話 狙ってみるか
メジャー 第4シリーズ 第11話 狙ってみるか トリプルAでリーグ優勝を目指し、仲間の意識改革を決意した吾郎だが、負け続きで、チームは最下位。監督もチームの現状に危機感がなく、賛同者のサンダースがどんなに言っても効き目無し。そんなある日のバイパース戦、9回同点のチャンスを、ケロッグやバトラーのミスがつぶしてしまう。それを見ていた吾郎は…。
第12話 嘘つき!
メジャー 第4シリーズ 第12話 嘘つき! メンフィス・バッツは遠征12連戦で9勝3敗で東地区2位に。吾郎とサンダースが始めた意識改革も、選手たちに伝わりはじめた。同じころ日本では、小森が大学の野球部で練習に汗を流していた。だが、1年生の小森は球拾いばかり。ただ、155キロの速球で昨夏の甲子園をわかせたピッチャー・武内は別格の扱いだった…。
第13話 バカな賭け
メジャー 第4シリーズ 第13話 バカな賭け メンフィス・バッツは東地区首位となり、吾郎も19セーブを記録。日本でそのニュースを知った寿也は、監督に呼ばれ、初のスタメンを命じられる。このチャンスに、闘志を燃やす寿也。いよいよ首位攻防のロケッツ戦。試合前のバッツ選手陣に、カーター監督が紹介したその選手、ジェフ・キーンはなんと…!
第14話 キーンの過去
メジャー 第4シリーズ 第14話 キーンの過去 キーンとの賭けに敗れた吾郎。思いは複雑だが、キーンのリードでチームが勝っているので、何もいえない。次のバイパース戦、先発のケサダは、前回の対戦でホームランをあびた敵の4番に、今度は抑える、と燃えていたが、キーンは敬遠を指示し、冷徹に「プライドを捨てろ」といい放つ…。
第15話 ヒーロー
メジャー 第4シリーズ 第15話 ヒーロー キーンのリードの効果もあり、好調が続くバッツ。ただひとりサンダースだけは、出番がなくなってしまっていた。そんなある日、キーンが自打球を足に当ててしまい、久しぶりにサンダースが先発出場することに。だが、バッティングは散々な結果、さらに守備でも一瞬の迷いから、サヨナラ負けの原因を作ってしまう。
第16話 ムカつく!
メジャー 第4シリーズ 第16話 ムカつく! 夏の高校野球大会の季節。キャプテン・清水大河がひきいる聖秀高校野球部は、1回戦を突破していた。 2回戦の相手は、かつて吾郎たちが練習試合を戦った、強豪・帝仁高校。だが、試合はあさってだというのに、エース・渋谷をはじめとする1年生部員たちが、ランニングから戻ってこない…。
第17話 目指すべきもの
メジャー 第4シリーズ 第17話 目指すべきもの サンチェスから言われた「力」を身につけるため、ずっと練習を続けてきた吾郎。だが、なかなか成果はあがらず、特に最近は、救援に失敗してばかり。夜遅くまで練習を続けている吾郎を見て、気分転換にと、ドライブに誘うロイとケロッグ。そのころ日本では、ソフトボールひと筋の生活を送っていた清水を友人が誘い出し…。
第18話 アリスの夢 みんなの夢
メジャー 第4シリーズ 第18話 アリスの夢 みんなの夢 バッツ15年ぶりの地区優勝まで、あと1勝。そんな中、アリスは、祖父でバッツのオーナー、トムを見舞いに病院へ来ていた。アリスの成長をよろこぶトムに、早く元気になって、いっしょにバッツの経営をしようと言うアリス。だが、バッツはこの日も地元での試合に負け、優勝はおあずけ。その夜、トムの容態が急変し…。
第19話 ケジメ
メジャー 第4シリーズ 第19話 ケジメ みごと、地区優勝を果たしたメンフィス・バッツ。いよいよリーグ優勝をかけたプレーオフ、というところで、吾郎やキーンたち6人の選手は、カーター監督に呼び出された。なんと、彼ら6人は翌日からメジャーに昇格が決まったというのだ! 喜ぶ面々の中で、吾郎だけは表情がさえない。吾郎にはある心配があったのだ。
第20話 出て行け!
メジャー 第4シリーズ 第20話 出て行け! メジャー昇格の切符を捨て、プレーオフのシャークス戦に登板した吾郎の活躍もあって、メンフィス・バッツは、決勝のファルコンズ戦へと駒を進める。ファルコンズには、春先に最悪の出会いをした相手、ギブソン・ジュニアがいた。そのギブソン・ジュニアも、吾郎を完全にたたきつぶす!と燃えている。果たして決勝の行方は?
第21話 波乱の幕開け
メジャー 第4シリーズ 第21話 波乱の幕開け プレーオフ決勝、メンフィス・バッツ対オクラホマ・ファルコンズの1回戦。吾郎、ギブソン・ジュニアは、ともに前夜の賭けを意識し燃えていた。そして試合が始まった。バッツの先発、ウィルソンは好調で、1番、2番バッターを打ち取った。だが、3番のギブソン・ジュニアに、低めの決め球を打たれ、ピンチに陥ってしまう。
第22話 運命の1球
メジャー 第4シリーズ 第22話 運命の1球 吾郎は手にデッドボールを受けるが、ここで降板はできないと、「グリップに当たった」と嘘をついて1塁へ。しかし、この回は結局無得点となり。その裏、手を痛めた吾郎は制球が定まらず、連続四球により、ランナー1、2塁でギブソン・ジュニアを打席迎える。ナインは吾郎に交代を薦めるが、吾郎は降板しないと言い張る。
第23話 もう一つの決戦
メジャー 第4シリーズ 第23話 もう一つの決戦 吾郎とギブソン・ジュニアが、再戦を約束していた同じころ。日本のプロ野球は、ウォリアーズが優勝に王手をかけていた。だが、ここへきてブルーオーシャンズ3連戦に連敗。3戦目に本拠地での胴上げをかけることになった。オーシャンズの先発投手は、眉村。この試合には寿也と眉村の新人王争いもかかっていた!
第24話 偉大な男
メジャー 第4シリーズ 第24話 偉大な男 メジャー球団・レイダースに昇格したギブソン・ジュニア。だが、吾郎との勝負の決着がついていないことが引っかかり、ノーヒットを続けていた。そんなとき、ケガをした吾郎が早くも復帰登板したことを知る。一転、快音を響かせ始めるジュニア。一方、吾郎も見事なクローザーぶりを見せ…。
第25話 本物の好敵手
メジャー 第4シリーズ 第25話 本物の好敵手 メンフィス・バッツ対ファルコンズのプレーオフ最終戦。5回裏、ツーアウト満塁からギブソン・ジュニアをかろうじて打ち取った吾郎。次の6回表、バッツのチャンスで吾郎に打席が回ってきた。サンダースのアドバイスを受け、吾郎のバッティングセンスに賭けるカーター監督。その結果は!!そして、球場にはギブソンの姿が…。
第26話 誓い
メジャー 第4シリーズ 第26話 誓い プレーオフ最終戦の9回表。サンダースの起死回生のホームランで同点としたメンフィス・バッツ。ギブソン・ジュニアに打たれ落ち込んでいた吾郎も気力を取り戻し、その裏をしっかり抑える。延長10回表。ファルコンズのクローザー相手にファールで粘る吾郎。それが思いがけない結果を呼ぶ…!
マイPSパートナー [R18+]
マイPSパートナー [R18+] マイPSパートナー [R18+] チソン&キム・アジュンが贈るちょっぴり大人のロマンティック・ラブコメディ! 「ボスを守れ」「ロイヤルファミリー」「大風水」など、数多くのドラマへの出演で人気を集めるチソンと、『カンナさん大成功です!』のキム・アジュンが共演するロマンティックラブストーリー! 失恋したことで、何事にもやる気のおきない日々を過ごしているヒョンスン(チソン)。ある日、彼のもとにかかってきた一本の電話。見知らぬ番号からかかってきたその電話は、突然、甘えた声で彼を誘惑してくる。誰とも分からない見ず知らずの相手にも関わらず、興奮を抑えられなくなったヒョンスンは、とうとう自分を解放してしまう。その電話の主は、彼氏とのマンネリな関係を解消しようと、サプライズで大胆な行動にでたユンジョン(キム・アジュン)。なんと彼女は電話番号を間違えてしまっていたのだった!間違い電話から始まるふたりの奇妙な関係。お互いに出会ったこともなければ、顔も知らないふたりは、PS(フォンセックス)を通じて、次第に心をかよわせていくのだがー。
第1話 野球の故郷(ふるさと)へ
無料
メジャー 第4シリーズ 第1話 野球の故郷(ふるさと)へ メジャーリーグに挑戦するため、単身アメリカへ渡った吾郎。しかし、ロサンゼルスの空港に到着するなり、トラブルが!途方に暮れる吾郎を助けたのは、吾郎と同じくメジャー球団、サーモンズの入団試験を受けに来ていた日本人、八木沼だった。なんとか試験会場に着いた吾郎。しかし、待っていたのは思わぬ言葉だった。