「へきトラ」の検索結果

「へきトラ」に関する情報は見つかりませんでした。
「へき」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第3話 壁の町のハンブン兄弟
魔神英雄伝ワタル2 第3話 壁の町のハンブン兄弟 すべてが半分になっているヘキヘキシティにやってきたワタルたち。町の支配者であるハンブンブルグ兄弟は仲がよく、何でも半分こにしないと気が済まないのだ。町を分断する「ワリワリの壁」を飛び越え、兄弟が乗る魔神ワッケルンに戦いを挑むワタルたちだったが、合体と分離をくり返すワッケルンに苦戦を強いられて…。
5話 涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅴ
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 5話 涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅴ ロストした朝倉を探すハルヒ達。手掛かりナシ。にべもなく帰るハルヒ。ふと自分の過去を語る。キョンが家に着くと待っていたのは古泉。なんと閉鎖空間へキョンを案内したのだ。
#10 五人目の契約者
TVアニメ「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」 #10 五人目の契約者 一成の証言から、葛木がキャスターのマスターだと判断した凛は、士郎とともに、その日のうちに襲撃する計画をたてる。凛の不意打ちに無抵抗だった葛木を見て、駆け寄ろうとする士郎だが、そこへキャスターが現れる。キャスターの非道を説き、説得しようとする士郎に対し葛木は本性を見せる。
第23話 もう一つの決戦
メジャー 第4シリーズ 第23話 もう一つの決戦 吾郎とギブソン・ジュニアが、再戦を約束していた同じころ。日本のプロ野球は、ウォリアーズが優勝に王手をかけていた。だが、ここへきてブルーオーシャンズ3連戦に連敗。3戦目に本拠地での胴上げをかけることになった。オーシャンズの先発投手は、眉村。この試合には寿也と眉村の新人王争いもかかっていた!
#12:【ユウタ×カナ最終回】結婚?離婚?運命?
"新婚"観察リアリティーショー いきなりマリッジ2 #12:【ユウタ×カナ最終回】結婚?離婚?運命? 【ヤスオ×エリカ】 ▼あと3日。エリカの誘いで2人は観覧車へ。キス、する?もっと語りたい夜。 ▼見つけてしまった“記入済みの婚姻届”。2人の気持ちはどう動く? 【ユウタ×カナ】 ▼最後の晩餐、ユウタからのサプライズがカナの気持ちを後押しする? ▼「違和感がなかった」30日間、2人の出した答えは?
第5話 「砂漠の女王」
無料
フリージ 第5話 「砂漠の女王」 4人の中で一番の頭脳派ウム・アラウィにも苦手な科目があった。それは車の運転。やっとのことで運転免許を取得したアラウィは、さっそく4人で有名な砂漠エンプティクォーターへキャンプに繰り出した。長旅の疲れからぐっすり寝た翌朝、起きてみると「車がない!ウム・ハマスもいない!」 探し回る3人が発見したのは、砂漠の部族の集落。そこへ部族の女王が登場して…。ウム・ハマスの運命は…!?
第3話
三食ごはん- 漁村編 第3話 今では完璧に炉を操る2人の漁師。ムール貝が採れて老夫婦の食膳は更に華やかになった。焼きムール貝、ムール貝のわかめスープ、ムール貝チャンポンとムール貝料理のオンパレード。チャおばさんに褒められた“真の海さん”は、手作りの椅子に続いてやかん掛けまで作る。一方、ホジュンには青天のへきれきのような“旅客船欠航”の知らせ。“ゲスト”から一瞬で“奴隷”に転落するホジュン。晩才島に足止めされた彼のつらい運命とは...
第5Q おまえのバスケ
黒子のバスケ 第1期 第5Q おまえのバスケ 誠凛と海常の練習試合は、火神の劇的なブザービーターで、誠凛の勝利に終わった。歓喜に沸く誠凛を背に、悔し涙に暮れる黄瀬のもとへ『キセキの世代』No.1シューター・現在は秀徳高校の緑間真太郎が現れる。秀徳と誠凛は地区大会で当たるため、偵察に訪れたのだが、ダンクの応酬となった試合内容、また無名の新設校に進学した黒子の考え方に対して、緑間は一方的な嫌悪感を露にし、誠凛に負けることはあり得ない、と豪語し去っていく。緑間と別れた黄瀬は黒子のもとへ向かう。
#21 「剣士の碑」
ソードアート・オンラインII #21 「剣士の碑」 第27層のボスを攻略しようとするアスナと《スリーピング・ナイツ》の動きは、ボス攻略専門ギルドに察知されていた。ボス攻略のノウハウを知られた上に、先を越させまいとするギルドの妨害を受け、窮地に追い込まれるアスナたち。そこへ、キリトとクラインが駆けつけ、アスナたちに加勢。キリト達が時間を稼いでいる間にアスナと《スリーピング・ナイツ》は、行く手に立ちふさがるボス攻略ギルドの先遣隊20人を蹴散らし、ボス戦に挑む。
episode14 地下にひそむ者たち
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode14 地下にひそむ者たち イズミの乱入によりグリードとの戦いは転機を迎える。だがそこへ、キング・ブラッドレイ率いる国軍が突入し、グリード一派らの殲滅を開始する。アルを抱え逃げようとするグリードだったが、その前にブラッドレイ自らが立ち塞がり、ホムンクルスであるグリードを圧倒的な猛攻で攻め立てる。そして戦いの最中、グリードはブラッドレイの眼に信じられないものを見つけた。
episode38 バズクールの激闘
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode38 バズクールの激闘 スカーを捕まえるため、バズクールという街に来たエド、アル、ウィンリィとキンブリー、マイルズたち。各所が手分けして探す中、エドとアルは軍の目を盗んで、独自にスカーを、彼と一緒にいるメイ共々探し出そうとする。予想外にあっけなくメイやマルコー、ヨキたちと再会するエドとアル。彼らがヨキの思わぬ過去話を聞かされていたその頃、メイたちと別行動していたスカーの所へ、キンブリーの部下であるザンパノとジェルソが現れる。
第ニ十三廻 「蘇る娘娘道士」
シャーマンキング 第ニ十三廻 「蘇る娘娘道士」 五福星隊の最後の砦である壱上等は、なんと白竜の技である導弾道を使って葉たちに攻撃をしてきた。実は壱上等は、白竜の師・沙問のなきがらに手を加えて作られたのだ。  壱上等の猛攻撃の前にピンチにおちいる葉たち。壱上等が葉にとどめを刺そうとしたその時、潤と白竜が現れた。怒りに燃えている白竜は、あっという間に壱上等を打ちのめしてしまう。  休息しようとする葉たちだったが、蓮はさらに先へ進もうとする。そこへ、キョンシーの大群が立ちはだかり…。
マラソンコース札幌6周案が浮上! 市民は困惑
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 マラソンコース札幌6周案が浮上! 市民は困惑  東京オリンピックのマラソンコースに関してです。ここへきて、これまで組織委員会が想定してきた札幌市内を2周する案に加えて6周する案が浮上し、札幌市民の間にも困惑が広がっています。  果たして、2なのか、はたまた6なのか。開幕まで8カ月を切った東京オリンピック。マラソンと競歩は札幌市で開催されることになり、日程は大会最終日を含む最後の4日間で行う案が大会組織委員会でまとめられたことが分かりました。4日のIOC(国際オリンピック委員会)の理事会で競技の日程などは承認される見通しですが、難航しているのはマラソンのコース。  オリンピックが終わった後もハーフマラソンなどに活用できるよう、組織委員会は市内を2周する案を提示。一方、国際陸上競技連盟は、警備がしやすいなどコンパクトに運営できることから、6周の周回コースを提案しています。  仮に国際陸連が推す7キロ6周案が採用されれば、選手にどのような影響があるのでしょうか。北海学園大学陸上部監督で真駒内マラソンのコースを作った経験を持つ作田徹さんに聞いてみました。  北海学園大学陸上部・作田徹監督:「メダルを取るとか上位に入る選手は景色なんて見ていない。6周は飽きるんじゃないかとか(あるが)、2周、3周、4周と(景色を)見るごとにここのカーブで仕掛けようとか、ここはペースが落ちたから慎重に行こうとか、5周、6周の方が選手はリズムを取りやすいと思う」  コースについては、組織委員会と国際陸連の間でいまだ調整が続いています。この後、IOC理事…
第57話
朱蒙 第57話 ヤンジョンはテソをヒョント城へ呼び、漢の皇室がプヨにいつ攻撃を仕掛けてもおかしくないため、今のうちに漢側に寝返るよう説得するが、テソはプヨの王子としての誇りと愛国心で決然と断る。その後、ナロからチュモンがヒョントへきていることを知らされたテソは、多数の兵を率いて宿を襲撃するが、チュモンとオイは攻撃をかわし次なる偵察地プヨへ向かう。チュモンは、クムワが日照り続きによる悲惨な現状を打破するため、神通力に優れた巫女ピグムソンへ会うために旅立つ姿を目撃する。イェソヤとユリをポンゲ山へ送ってくれるという約束は未だ果たされぬままだが、チュモンはただ待つしかないと思う。 始祖山を訪れたクムワは、ピグムソンから「天命を持って生まれた勇者が新たな国を建て、その子孫が失われた古朝鮮の領土を取り返し、プヨは次第に衰退しやがては滅亡するだろう」という不吉な予言を聞かされる。プヨを滅ぼす者はチュモンに違いないと確信したクムワは、チュモンとタムル軍に対する警戒心を抱いてプヨへ戻り、許しを請うために宮殿を訪れたテソの「プヨを守るために身を捧げる機会を与えてほしい」との言葉を受け入れる。一方、ユファに対してはイェソヤとユリを人質にとして宮殿に留め置く旨を婉曲的に告げ、ユファは人が変わってしまったクムワに愕然とする。
第69話
朱蒙 第69話 チュモン率いるチョルボン軍はヒョント郡を打ち破るべく着々と戦の準備を進める。さらに、チュモンはヒョント郡の労役場で働かされている流民たちを蜂起させるため、オイとムゴルを密かに潜入させる。密偵によりチョルボンが戦の準備に入ったことがプヨへ伝えられるが、プヨの国内事情は行き詰まっているうえ、今やクムワは正しい判断ができない状態だった。テソとプドゥクプルは思案の末、チョルボンの勢力拡大をけん制して力の均衡を保つためにも、同盟関係にあるヒョント郡を支援すべきだという結論に至る。 ヤンジョンもチョルボンが戦の準備に入ったことを知り、直ちに長安と遼東軍に援軍を要請する。さらに、労役場の流民たちを陣頭に立たせて盾として使おうと考え、流民たちにチュモンの計画を伝えた直後にこの事実を知らされたオイとムゴルは当惑する。 ファン大人を頼ってヒョント城へきていたヨンポも一報に触れ、どう動くべきか悩むが、慌てずにしばし事を静観しようと決める。そんな折、城内でイェソヤとユリの姿を目撃したヨンポは、ふたりを人質として捕らえチョルボンのチュモンの元へ自ら交渉に赴く。チュモンはヨンポから、妻子の身柄を引き渡すかわりにヒョント郡との戦をとりやめ、さらにプヨを配下に治めたのち全権を譲ることを突きつけられる。