「まどクレオ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

【ナムグン・ミン出演】#182 (韓国2019年6月1日放送)
知ってるお兄さん 【ナムグン・ミン出演】#182 (韓国2019年6月1日放送) 今回やって来た転校生は、ナムグン・ミン、チャン・ヒョンソン、イ・ジュンヒョク!話題のドラマ「ドクタープリズナー」から3人が登場!また、"私を当てて"ではナムグン・ミンが新人時代にいつもしていたエピソードを披露!さらに、"知ってる給食"では転校生リクエストのスペシャルおかずを賭け勝負!果たして結果は?
第34話 「ルーツパニック 不思議の里のまどか」
きまぐれオレンジ★ロード 第34話 「ルーツパニック 不思議の里のまどか」 まどかが激流に流されていく!恭介は河に飛び込み、必死で泳ぐ。ようやくまどかを助けた恭介は山小屋で火を起こすが、まどかは気を失ったままだ。びしょぬれのまどかの寝顔は可憐、じゃなくて血の気がひいて真っ青。恭介は「まどかに風邪ひかせちゃいけない」と言い訳しながら、まどかのシャツに手を・・・。
episode1 夢の中で逢った、ような……
無料
魔法少女まどか☆マギカ episode1 夢の中で逢った、ような…… 大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、 そんな平和な日々を送る中学二年生、鹿目まどか。 ある晩、まどかはとても不思議な夢を見る。 その日も訪れるはずだった、変わらぬ日常――。 しかし、訪れたのは非日常――。 まどかの通うクラスにやってきた、一人の転校生・暁美ほむら。 まどかが夢で見た少女と瓜二つの容姿をした少女。 偶然の一致に戸惑うまどかに、ほむらは意味深な言葉を投げかけるのだった・・・。
episode11 最後に残った道しるべ
魔法少女まどか☆マギカ episode11 最後に残った道しるべ 雨の中、しめやかに行われたさやかの葬儀。 うつろな目をして家に戻ったまどかは、玄関で出迎えた詢子への挨拶もそこらに自分の部屋に入ってしまう。 一人悲しみに暮れるまどかの元に現れたのはキュゥべえ。 さやか達の死について冷たい口調で語るその姿に、さすがのまどかも怒りを感じる。 そんなまどかの態度が理解できないキュゥべえは、 自分たちと人類がこれまで共に歩んできた歴史を語るのだった。
第42話 「モテモテのまどか! 恭介ついに告白」
きまぐれオレンジ★ロード 第42話 「モテモテのまどか! 恭介ついに告白」 ある日の帰り道、恭介とまどかの前に、一人の美少女が現れ、まどかに花束と手紙を渡していった。不良にからまれているその少女を、まどかが助けた事があった。それ以来その少女すみれは、まどかの事が好きになってしまったのだ。
第5話 「2人のひみつ とまどいアルバイト」
きまぐれオレンジ★ロード 第5話 「2人のひみつ とまどいアルバイト」 突然ひかるに呼び出された恭介は、まどかがゆうべ中年の男とホテルに入っていくのを見たと聞かされ大ショック!いたたまれなくなった恭介は、まどかの後を尾けてみた。そこで恭介の見たまどかは・・・。
第7話 「まどかの私生活!? 口づけスパーク色」
きまぐれオレンジ★ロード 第7話 「まどかの私生活!? 口づけスパーク色」 まどかの良くない噂を耳にした恭介は、自分でもよくわからないうちにまどかの家の前へ来てしまった。誘われるままにカフェバーに行き、すっかり酔っ払ってしまった恭介は、まどかにキスを迫ってしまった・・・。
第27話 「ねらわれたまどか! 恭介男の証明」
きまぐれオレンジ★ロード 第27話 「ねらわれたまどか! 恭介男の証明」 まどかがケガをした。見舞いの帰り道、まどかを探しているスケバン達に出くわした恭介は、ケガの原因がケンカだと思い込んでしまう。けなげにも、恭介はまどかを不良の手から守る決心をするのだが・・・。
第5話【ゲスト:リュ・スンス、Ara】
三食ごはん 第5話【ゲスト:リュ・スンス、Ara】 田舎の生活に完全に適応してきた2人の農夫。料理の実力も日進月歩。今回はどんなメニューでお客様をもてなすのか?そして、玉筍峰のかまどを預かる彼がやって来た。自力で訪ねてきた、次のかまど奴隷リュ・スンス。一度足を踏み入れたら容易には出られないかまど地獄。果たして彼がかまどから脱出する方法とは...
episode4 奇跡も、魔法も、あるんだよ
魔法少女まどか☆マギカ episode4 奇跡も、魔法も、あるんだよ マミと魔女との壮絶な戦いの翌日、訪れたのはいつもと変わらない平和な日常。 魔法少女の敗北の結果を目の当たりにしたまどかとさやかは、魔法の世界に関わったことの重さを実感し、魔法少女になることを諦める。 その日の夕方、誰もいなくなったマミの部屋を訪れたまどかは、帰り道、マンションのエントランスでほむらと出会う。 夕日の中、並んで歩く二人。 魔法少女としての死ぬことの現実を語るほむらに、まどかは切ないほど優しい言葉をかけるのだった。