「みすちる」の検索結果

「みすちる」に関する情報は見つかりませんでした。
「みす」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

シボレー・シェベル パート1
ミスフィット・ガレージ シボレー・シェベル パート1 「ファスト&ラウド」のガス・モンキー・ガレージにライバル店が出現。ガス・モンキーをクビになったトムとジョーダン、自ら辞めたスコット、リチャードとアーロンの友人で同業者であるトーマスの4人が始めたファイアード・アップ・ガレージだ。リチャードとアーロンはこのライバル店が気になって仕方ない。スコットとトーマスは1967年式シェベルを購入。この車をよみがえらせてカーレースに出場すれば、ガレージのいい宣伝になるかもしれない。しかしリチャードたちが邪魔をする。
シボレー・シェベル パート2
ミスフィット・ガレージ シボレー・シェベル パート2 「ファスト&ラウド」のガス・モンキー・ガレージの元メンバーらが始めたファイアード・アップ・ガレージでは1967年式シェベルの製作が進む。塗装が終わり、いい感じだ。しかし問題が...。ガレージが暑いのだ。大家となったガス・モンキーのリチャードの元にエアコンを付けてほしいと交渉しに行くが、彼が持ってきたのはエアコンではなかった。そしてシェベルの製作が終わる。ファイアード・アップ・ガレージが初めて作った車はいくらで売れるのだろうか?
疑惑のマラソンランナー
ミステリー・ミュージアム 疑惑のマラソンランナー スポーツ史上、最も大胆な八百長事件とは。死骸が保存されている恐ろしい獣とは。大統領のスキャンダルの秘密を握る時計とは。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
ツインタワー 伝説の綱渡り
ミステリー・ミュージアム ツインタワー 伝説の綱渡り 歴史的な網渡りとは。トーマス・ジェファーソンはアメリカの評判を下げないために、どのような努力をしていたのか。世界で最も奇妙な作り話の真相とは。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
トイレットペーパー発明
ミステリー・ミュージアム トイレットペーパー発明 世界を驚かせたケッパーの真実とは。トイレから生まれた、タブーを蹴散らすような発明とは。悲劇的なラブストーリーを彷彿とさせる彫刻とは何なのか。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
ホワイトハウス怪死事件
ミステリー・ミュージアム ホワイトハウス怪死事件 ホワイトハウスで起きた数人の謎の死とは。勇気あるパイオニアの女性は一体何をしたのか。古い杯は、聖杯なのか。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
トム・ソーヤー誕生秘話
ミステリー・ミュージアム トム・ソーヤー誕生秘話 マーク・トウェインはどのようにトム・ソーヤーを生み出したのか。ガーディアン・エンジェルスのヒーローたちの秘密とは。ローマの幽霊は実在するのか。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
ヴァンパイアの墓
ミステリー・ミュージアム ヴァンパイアの墓 展示品に隠された危険な愛とは。ヴァンパイアがはびこる街は実在するのか。第二次世界大戦中に大勢の命を救った、“バチカンの紅はこべ”の正体とは。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
電話発明の真相
ミステリー・ミュージアム 電話発明の真相 イタリアの古代都市、ポンペイの知られざる歴史とは。電話の発明の真実とは。数百万の命を飢餓から救った、元大統領のミッションは何なのか。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
石のペットで荒稼ぎ
ミステリー・ミュージアム 石のペットで荒稼ぎ 石の山を金山に変えた男のストーリーは事実なのか。パーティーと甲冑が原因で起きた戦争とは。ジョンソンが大統領になった経緯は一体何なのか。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
ロケット開発秘話
ミステリー・ミュージアム ロケット開発秘話 アメリカ独立戦争は恐るべき詐欺と関係しているのか。ロケット開発に大きく貢献した小さな航空機とは。第二次世界大戦で活躍した緑のオイルポンプとは一体何なのか。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
タイタニック号のバイオリン
ミステリー・ミュージアム タイタニック号のバイオリン 古いバイオリンの驚くべき過去とは。セイラムの魔女裁判はなぜ起きてしまったのか。賭けにどうしても勝ちたい男と関係がある航空機とは一体何なのか。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
アポロ誘導コンピュータ
ミステリー・ミュージアム アポロ誘導コンピュータ 宇宙で起きた一触即発の事態とは。空を飛んだ命知らずの男の正体とは。世界を変えた医師は一体何をしたのか。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
第1話 走れメロス
無料
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第1話 走れメロス この世界には無数の本があるが、それらをこの世界から消し去ろうとする“侵蝕者”がいる。侵蝕者の標的となってしまった本には、その本を書いた作家の魂が囚われてしまうのだ――。 太宰治は、走っていた。自分の身代わりとして、磔となっている親友との約束を果たすために。しかし、友の元に戻れば自分が王に殺される……。太宰の心は揺れるが、走り続けて王宮へ戻るようにとけしかけてくる不思議な男が現れる。 幾多の困難を乗り越え、太宰は日没前に友が待つ王宮へとたどり着く。だが、王に促され親友の顔を改めて確認すると、それはかつて自分を裏切った人物だった……。
第2話 桜の森の満開の下 前編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第2話 桜の森の満開の下 前編 本の中に入り込み、侵蝕者により自著の中に囚われた作者を救う“潜書”ができるのは、アルケミストによって転生させられた文豪のみだ。 坂口安吾の『桜の森の満開の下』に潜書していた織田作之助が、大怪我を負って帰還した。傷がひどく、再び本の中に戻ることが困難な織田に代わり、芥川龍之介、そして坂口、織田と同じ“無頼派”である太宰が潜書に行くと申し出る。無事潜書できたふたりは、それぞれ美しい女性に遭遇するのだった。一方、なんとか起き上がった織田は、「今の安吾は危険すぎる」と、芥川と太宰を案ずる。
第3話 桜の森の満開の下 後編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第3話 桜の森の満開の下 後編 「大切な女房が首をほしがっているから……」と、太宰の目の前で美女の首を斬り落とした坂口。その姿は、作中に登場する“山賊の男”そのものだった。坂口は太刀を振りかぶり、太宰をも斬ろうとするが、既のところで芥川が助けに入る。その後しばらく、山賊と化した坂口とその女房の様子を偵察していた芥川と太宰。物語を正しく完遂させて侵蝕者を消滅するために、ふたりは物語を強制的に動かすことを決意し、ある行動に出るのだった。そのころ図書館では、再び潜書しようとしていた織田が「坂口があの本の囚われているのは、たぶん自分と太宰のせいや」と、中原中也に語る。
第4話 月に吠える 前編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第4話 月に吠える 前編 ヨージはある日、バスの中で遭遇した美しい少年・ハルカに心惹かれる。ハルカが読んでいた『斜陽』に興味を持ったヨージが、書店で探していると、どこからともなく本の作者や在り処をガイドする声が聞こえてくる。ヨージは文豪の姿と声を見聞きできる少年だったのだ。ハルカと親交を深めるために本を読み始めたヨージだが、徐々に文学に魅了されていく。しかしある日、大好きだった本たちが突如消え失せてしまう。消失したものが何だったのかも思い出せず、ただ喪失感で苦しむヨージは、ハルカに連絡を取ろうとするが……。
第5話 月に吠える 後編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第5話 月に吠える 後編 萩原朔太郎の『月に吠える』へと潜書した芥川ら、文豪たち。ピストルの音を聞き、駆けつけてみると、血だまりの中に中原が沈んでいた。太宰が声をかけてみると普通に受け答えをする中原だが、「どうやら死んでいるみたいだ」と言う。事態を解決するため、中原を殺した犯人を推理する太宰。その犯人が判明した瞬間、今度は太宰が中原同様の“意識のある死体”となって血だまりに沈んでいた! 犯人……つまり侵蝕者は、この物語の世界そのものに干渉していると、芥川は推測するが……。
第6話 地獄変 前編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第6話 地獄変 前編 武者小路実篤と志賀直哉が新たに転生し、図書館へやってきた。生前から志賀のことが気に入らない太宰はイライラを募らせ、芥川本人に向かって『羅生門』を批評する志賀を見て、怒りを爆発させる。そんななか武者小路が、図書館という閉鎖空間での生活がストレスを溜めると考え、全員で農業を始めようと提案。太宰たちが嫌がるも、王子様然としたところのある武者小路は無理くり押し切り、文豪たちは農業を始めることになってしまう。志賀に対抗心を燃やす太宰は、「どちらがおいしい農作物を作るか、芥川先生に判断してもらおう」と、勝負を持ちかける。
第7話 地獄変 後編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第7話 地獄変 後編 芥川の『地獄変』が突如侵蝕され始め、芥川本人も本に飲み込まれてしまった。助けたい太宰たちだが、誰ひとりとして本に呼ばれず、潜書ができない。いてもたってもいられない太宰は、無理やり本に触れて潜書を試みるが、即座に体が侵蝕されてしまい、もがき苦しむ。志賀が加勢し、再び本を掴んで侵蝕の苦しみに耐えるふたりだが……!?
第8話 人間失格 前編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第8話 人間失格 前編 志賀の一件以来、どことなく元気のない芥川。太宰は、芥川を元気づけるための会を発足しようと文豪たちに持ちかける。そのころ芥川は、自分を尊敬してくれる太宰に興味を持ち、同じ無頼派である坂口と織田に「太宰治」という男がどんな人間なのか尋ねてみることに。すると、太宰の本質を知るために、『人間失格』を読むことを勧められる。一方、自らの初期の作風を完全否定する芥川の思考に違和感を覚えていた島崎藤村は、芥川に対してある仮説を立てるのだった。
第9話 人間失格 後編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第9話 人間失格 後編 『人間失格』の侵蝕が始まり、本に選ばれた坂口と織田が潜書することになった。さっそく本の中へと入ってみると、屋敷の中には複数の血まみれの死体が転がっている。『人間失格』にはそんな描写はないはずだが……と、ふたりが戸惑っていると、そこへ返り血を浴びた太宰が現れる。そのころ図書館の独房では、意識を取り戻した芥川が、太宰を救うために立ち上がる。
第10話 藪の中
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第10話 藪の中 「僕は芥川龍之介で間違いないのだろうか」――芥川は、転生直後、これまでの記憶が定かでは無かった。潜書者としての使命を通じて生前の自分を知る文豪たちと再会し、記憶を手繰り寄せることで“欠落した自分”を埋めようとしていた芥川。彼はこれまでどんな思いで戦い、文豪たちを侵蝕から救ってきたのだろうか。そして芥川は、自分自身を救うことができるのか……。
第11話 恩讐の彼方に
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第11話 恩讐の彼方に 「これはきっと、すべて僕のせいなのだ」――。菊池寛、堀辰雄、久米正雄、そして芥川、4名の文豪はアルケミストに呼び出され、転生するはずだった。しかし、異形の侵蝕者によって“狭間の空間”へと送られてしまう。その空虚とされる空間で、いったい何が起こったのか? 今、芥川の本心、そして彼が抱えていた苦悩が明かされる……!
第12話 歯車 前編
無料
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第12話 歯車 前編 これは芥川が転生する前の話――。人々の期待に応えるため、常に自分を責め、その命と精神を削って物語を紡ぎ出していた芥川には、自分のことを肯定してくれる友人が必要だった。「最近、歯車が見えるんだ」――どんなに苦しくても書くことから逃れられない芥川は、”彼”にそうつぶやく。さらに芥川は、”彼”に哀しい頼み事をするのだった……。芥川の死によって、小説に憎悪を抱くようになった”彼”は、侵蝕者につけ入る隙を与えてしまう。 芥川の著作は侵蝕が進み、最後に残るは遺作の『歯車』のみ。彼が本で綴った想いを守るため、太宰をはじめとした文豪たちは『歯車』への潜書を試みる。
第1話 日陰の人生
無料
マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~ 第1話 日陰の人生 無職の兄パク・サンフンと、売れない映画監督の弟パク・ギフンを持つ、大手建設会社の部長パク・ドンフンは、左遷されながらもまじめに働いている。一方、ドンフンと同じ部署の派遣社員イ・ジアンは、借金取りに追われ、昼夜問わず働き詰めの毎日を送っており...。
第2話 謎の商品券
無料
マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~ 第2話 謎の商品券 ドンフンが働く会社の社長ト・ジュニョンは、再任審査の投票を控え、何とかしてその座を守ろうと、敵対するパク・ドンウン常務を陥れようとしていた。ある日、ドンフンの元に、高額の商品券が匿名で届く。商品券を見てうろたえるドンフンを、ジアンが目撃する。
第3話 犯人探し
無料
マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~ 第3話 犯人探し ジアンは、商品券5,000万ウォン分で借金を返そうとするが、その金券が盗品であることを知って、何とか取り返す。一方、ドンフンは賄賂を受け取ったと疑われ、監査室に調査されるはめに。そんな中、ゴミの中から商品券が出てきたと、ジュニョンに連絡が入る。
第4話 お金のために
無料
マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~ 第4話 お金のために パク常務も、ゴミの中から商品券が出てきたと知り、ジュニョンを怪しむ。その頃、ひょんなことから、ドンフンの妻カン・ユニとジュニョンの関係に疑問を抱くジアン。ジアンはジュニョンにかまをかけて2人の不倫関係を暴き、金を要求。さらに、ある提案を持ちかける。
第5話 盗聴の始まり
無料
マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~ 第5話 盗聴の始まり 商品券の問題は誰かに仕組まれたものだと確信したパク常務は、誰の指示なのかを突き止めようとする。金を受け取る条件で、パク常務とドンフンを追い出すとジュニョンに約束したジアンは、満員電車の中でドンフンの携帯電話に盗聴器を仕込むことに成功する。