「アオハル シュート」の検索結果

「アオハル シュート」に関する情報は見つかりませんでした。
「アオハル」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第10話 庶民のシュートはむずかしい
スラムダンク 第10話 庶民のシュートはむずかしい バスケットの魅力を実感し本格的に打ち込むようになった花道。赤木は、シュートの基本「レイアップシュート」の練習を花道にさせたいと安西に提案するのだった。しかしスラムダンクがすべての花道にとってシュートの基本「レイアップシュート」は「庶民のシュート」にすぎず、まったく興味を示さない......。
第93話 2万本への挑戦
スラムダンク 第93話 2万本への挑戦 いよいよ始まった強化合宿。赤木たちは静岡で強豪・常誠高校との合同合宿に取り組み、ひとり湘北での居残り特訓を言い渡された花道は、安西とマンツーマンの特訓を始める。実は安西は花道の驚異的な成長に賭けており、10日という僅かな残り日数でジャンプシュートを確実なものにさせようと考えていたのだ。そのため花道にはトータルで2万本のシュート練習が課せられる。そうして始まった湘北高校での泊り込み特訓では洋平たちも助っ人として参加し、彼らが撮影したビデオでシュート時のフォームを確認しながら行われるのだった。
第100話 奇跡の男・桜木花道!
スラムダンク 第100話 奇跡の男・桜木花道! 翔陽の藤真・花形、陵南の魚住・仙道・福田の混成チームと湘北の模擬試合は、仙道を加えたことで風向きを一気に混成チームの方へと変えた。しかしジャンプシュートにこだわっていた花道がいつもの調子でリバウンドを制し始めたため風向きは再び湘北へと変わり、そうかと思うと混成チームが再三引き離しにかかるなど、湘北が追う形でシーソーゲームを繰り返す。そんな中、リバウンドに専念したかに見えた花道が再び「合宿シュート」ことジャンプシュートの体勢に入った。だが今回はこれまでと違い、確実にリングの中をすりぬけて見事に得点へとつながる!
オーバーシュート見据え「基本的対処方針」決定
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 オーバーシュート見据え「基本的対処方針」決定  新型コロナウイルスの感染拡大が進むなか、政府は特措法に基づき、オーバーシュート(感染爆発)を見据えた対策を盛り込んだ「基本的対処方針」を決定しました。  対処方針には患者が大幅に増加することを見据え、ピーク時に入院患者を受け入れるために必要なベッドを確保することが明記されました。一方で、医療崩壊を避けるため症状の軽い人には自宅療養を求めています。また、家族のなかで感染するリスクを下げるための方策として、宿泊施設を活用することなどを挙げています。対処方針が決定したことで「緊急事態宣言」を行うための手続きは整いました。しかし、安倍総理大臣は「ギリギリ持ちこたえている」と述べ、緊急事態には至っていないという認識を示しています。
第3Q 勝てねェぐらいがちょうどいい
黒子のバスケ 第1期 第3Q 勝てねェぐらいがちょうどいい 誠凛と海常の練習試合が始まった。レギュラー陣の軽い調整と豪語し、エース黄瀬を温存する海常に対して誠凛の怒りが爆発、火神がダンクシュートによりゴールを破壊する。一度見たプレーを完璧にコピーできる、天才・黄瀬は、投入直後に火神のダンクシュートをコピー、さらにお返しのダンクを決める火神、と試合は序盤からノーガードの殴り合いの様な点の取り合いの様相を呈する。タイムアウトの際、黒子と黄瀬は互いのチームメイトに対して、それぞれの弱点を指摘するのだが…。
act.8 運命のシュート 渡辺直美が号泣する訳とは…!?
恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜 act.8 運命のシュート 渡辺直美が号泣する訳とは…!? 今後の恋愛を、そして運命を左右するシュート。俳優同士の真剣勝負。渡辺直美が番組始まって以来の号泣!
第40話 リバウンド王・桜木花道
スラムダンク 第40話 リバウンド王・桜木花道 リョータの活躍で翔陽に迫る湘北。三井の3ポイントシュートによって、ついに同点に。そして翔陽リードのまま前半終了直前、これ以上得点されれば敗北が決定的という場面で花形にシュートを放たれてしまうが、そのピンチを救ったのは......!?
#3 百春の翼
あひるの空 #3 百春の翼 晴れてクズ高バスケ部に入部した空。部室に先に来ていた千秋に連れられて校舎裏のバスケットゴールに向かうと、そこにはシュート練習をする百春が。シュートが全く入らず、ヤケになってゴールへジャンプした百春の驚異的跳躍力に空は驚愕する。そこにケンカの報復に現れた新丸子高校(丸高)の不良たちを何とか撃退。その後、百春は空に自分のバスケの才能のなさを空に吐露し、自分がバスケの練習に参加することをあきらめるように言うが、それに対する空の反応は意外なものだった。
#21 涙
あひるの空 #21 涙 空が放った3ポイントシュートは惜しくもリングに跳ね返され、クズ高と北住の練習試合は、僅差で北住の勝利となった。試合後、北住の監督・古賀に最後のシュートに迷いがあったことを指摘され、空はショックを受ける。さらに、善戦したと満足げだったナベやチャッキーも、千秋から北住がベストメンバーではなかったことを聞き、うなだれることしかできなかった。それぞれのメンバーが、自分の実力不足を肌で感じる中、クズ高では恒例の球技大会が始まろうとしていた。空とトビはそれぞれのクラスでバスケに出場する。
#24 光
無料
あひるの空 #24 光 予選まであと1週間。体育館に向かう空たちの前に茂吉が現れ、バスケ部に入れてほしいと頭を下げる。本気でバスケをやりたいという茂吉は、化学部に退部届まで提出していた。しかし、空は茂吉の「本気」が信じられないからと、1ON1を要求し、茂吉はそれを引き受ける。挑発的に3ポイントシュートを決める空。フックシュートを繰り出す茂吉。体力的にとっくに限界を超える中、茂吉は空に食らいつき荒々しくダンクを決める。茂吉は後悔した過去を思い出していた。