「アゲナイッ!」の検索結果

「アゲナイッ!」に関する情報は見つかりませんでした。
「アゲナイ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第8話
最高の一発~時空を超えて~ 第8話 ドアのパスワードを調べるためにプレゼントをあげながらウスンの誕生日を聞き出そうとするヒョンジェの姿にジフンはいらだつ。ヒョンジェはウスンがいる部屋に隠していた金がまだあるか確認したいのだ。そのころベーカリーでバイトが必要になりヒョンジェがすることになる。昔のヒョンジェを思い出して、怪訝そうな顔をするボヒ。一方ジフンは、ついにウスンに告白をする。ちょうど陰にいたヒョンジェはそれを耳にしたが...。
第11話
無料
BLACKPINK HOUSE 第11話 休日に動物園で遊ぶことに。動物園についたBLACKPINKは入り口から大はしゃぎ!赤ちゃんオラウータンを抱っこしたり、車に乗ってサファリツアーに出かけたり。カメラのシャッターが止まりません。動物たちにえさをあげながらはしゃぐ姿はまるで子供のよう。今回も可愛らしいBLACKPINKから目が離せません!
初秋の浜名湖オフショアゲーム
釣りプロ 初秋の浜名湖オフショアゲーム 初秋の浜名湖オフショアゲーム ■ロケ日 2010.08.25 ■LUXXE PRO STAFF 小野田 賢一
第74話 不思議なからあげ
美味しんぼ 第74話 不思議なからあげ 立ち退きを迫られている孤児院を救う約束をした士郎。その時のオーナーは洋東物産の盛口会長だ。士郎は洋東グループのホテル落成パーティで盛口に近づく。からあげが孤児院を救えるか!?
#85:童貞は金がなくても心あり!高飛車女vsポジティブDT
DTテレビ #85:童貞は金がなくても心あり!高飛車女vsポジティブDT ●クラスメイトと教室で2人っきり!おんぶしてあげてから…耳元で「付き合ってくれたら降りてあげる♡」 ●今夜は渋谷の若者がリアルに体験した"DTのうちにしたかった20のこと"。 ●何度も心が折れても…何回も誘いを断れても…負けるな童貞!"DTよ、ポジティブな不死鳥になれ
第38話 王子と結婚!? みよこ姫
キテレツ大百科 第38話 王子と結婚!? みよこ姫 学校の授業で、将来の夢を聞かれた英一たち。ブタゴリラの夢は八百八をもっと大きな八百屋にすること。英一の夢は立派な発明家になること。そして、みよちゃんの夢は、なんとシンデレラみたいになることだった。英一はみよちゃんの夢を叶えてあげようと、“航時機”を使って中世のヨーロッパに連れって行ってあげることにする。
第52話 さよならの肖像
エスパー魔美 第52話 さよならの肖像 クラスメイトたちの肖像画を描くことになった魔美。そのとき地味で大人しい今井君が、アメリカに引っ越すことを知った魔美は、最後の思い出を作ってあげたい!と奔走するが空回りばかりしてしまう。番野君に憧れていた今井君に、魔美は自分が何をしてあげられるのか考え、そしてキャンバスに向う!
横田滋さんの死「心が痛い」 曽我ひとみさんが追悼
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 横田滋さんの死「心が痛い」 曽我ひとみさんが追悼  北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親の横田滋さんが死去したことについて、拉致被害者の一人、曽我ひとみさんが「心が痛い」と思いを述べました。  曽我ひとみさん:「(娘の)めぐみさんに会わせてあげたかった。たくさんたくさん話をさせてあげたかった。しかし、それも今はかなわなくなりました。今の心境を表すなら『悔しい、悲しい、心が痛い』。様々な思いが頭の中をぐるぐる駆け回っています」  曽我さんは北朝鮮から帰国後、滋さんらとともに拉致問題の早期解決を訴えてきました。新潟県佐渡市で取材に応じた曽我さんは滋さんのことを親しみを込めて「お父さん」と呼び、思いを手紙にして読み上げました。
第2話
無料
私はチャン・ボリ! 第2話 ドンフと一緒に暮らすことになったファヨンとジェヒ。ファヨンはジェファの母親の服を勝手に燃やしてしまい、それに腹を立てたドンフはファヨンに出ていくよう告げる。一方、ピスルチェの後継者を決める競技会当日を迎えたオクスとイナ。競技会に出す作品を見知らぬおばあさんに貸してあげるオクスだが、それを知ったイナは勝手にその作品をおばあさんにあげてしまう。その時、イナは自分の作品がないことに気付き...
めぐみさん思い拉致被害者の二人 横田滋さんを追悼
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 めぐみさん思い拉致被害者の二人 横田滋さんを追悼  北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親・横田滋さんが亡くなったことを受け、拉致被害者の曽我ひとみさんと蓮池薫さんが思いを語りました。  曽我ひとみさん:「(娘の)めぐみさんを捜し続けて40年以上、活動を続けられ、どんなに大変だったでしょう。めぐみさんに会わせてあげたかった。たくさん、たくさん話をさせてあげたかった」  曽我さんは拉致されためぐみさんとの再会を果たせなかった滋さんを思い、「悔しい、悲しい、心が痛い」などと話しました。また、蓮池さんは滋さんの遺志を継ぎ、拉致問題の早期解決に向けて日本政府はあらゆる手段を尽くしてほしいと行動を求めました。  蓮池薫さん:「ダメでも批判を受ける覚悟でやって下さい、やると言った以上は。何かそこの決断が見えないのはもどかしい。これからぜひ期待していきたい」