「アニ 過去」の検索結果

今すぐ視聴する

第60話 恋人は遠い「遊はあたしの目の前にいる」
ママレード・ボーイ 第60話 恋人は遠い「遊はあたしの目の前にいる」 遊の声が聞きたい。寮に電話をかけた光希は、寮生から「遊は別荘でジニーと楽しくやってる」と言われ不安になるばかり。そのジニーは遊に振り向いて欲しくて光希をののしるが、遊は冷たく突き放す。日本ではバイト先に来店した銀太と亜梨実が光希を励ますが、マイケルと蛍は相変わらずいさかいを起こし、光希を悲しませる。
第61話 N.Yの罠「遊、あたしが馬鹿だったの?」
ママレード・ボーイ 第61話 N.Yの罠「遊、あたしが馬鹿だったの?」 遊に会いたい! 茗子の勧めで、遊に会うためニューヨークへ行く決心をした光希。茗子が書く小説の取材と偽って、両親Sを納得させる。マイケルは渡米をやめるよう説得するが、光希の決意は変わらない。到着後、寮に直行した光希だったが、遊の部屋から出てきたジニーが、ここぞとばかりに「今の彼女」をアピールしてくる。
第62話 さよなら「もう...彼女でいられない」
ママレード・ボーイ 第62話 さよなら「もう...彼女でいられない」 いままで遊とベッドで一緒だったと、光希にウソをついたジニー。その現場を確認するのが怖くて、光希は寮から飛び出してしまう。光希に代わって茗子が遊に電話をかけても、留守電のまま。遊に一度も会わないまま東京に帰るの? 友人の別荘で合同勉強中だった遊は、ウィルが杏樹を誘った電話で、光希が来ていることを知る。
第63話 涙を抱いて「今は一人でいたい」
ママレード・ボーイ 第63話 涙を抱いて「今は一人でいたい」 今すぐ一緒に帰ってほしい。遠距離恋愛に疲れてしまった光希の言葉に、遊はうなずくことができない。光希は別れの言葉を残して帰国した。二人が別れたことを知り喜ぶマイケル、憤り心配する銀太。マイケルは光希の笑顔を見たいと、あらためて交際を申し込むが拒まれる。無理をしているのを見抜いた蛍の優しさに、光希は...。
第64話 二人の問題「おまえの声が聞きたい」
ママレード・ボーイ 第64話 二人の問題「おまえの声が聞きたい」 遊と光希が別れる? 光希が寮に来た日のことをジニーに問いただしたウィルは、彼女のきつい冗談が原因と知って激怒し、叩いてしまう。謝罪に訪れたジニーに、遊は自分が光希の寂しさを判っていなかったのが原因だと話す。光希と話し合いたくて電話をかけた遊だったが、マイケルから「光希は蛍とデートだ」と告げられる。
第65話 かたい決意「光希は...おれがもらう」
ママレード・ボーイ 第65話 かたい決意「光希は...おれがもらう」 蛍の家を訪れ、彼のピアノに癒される光希。だが、帰国のときに遊に返した「ダイヤラー」が送られてきて、また心を乱す。二人のことを心配した杏樹からの電話に、光希はつらい本音を語る。寂しい想いもしたくないし、何より遊を傷つけたくない。コンクールのためニューヨークへ赴いた蛍は、遊に宣戦布告をするが...。
第67話 ともだち「あたしには蛍クンが必要なの!」
ママレード・ボーイ 第67話 ともだち「あたしには蛍クンが必要なの!」 光希は「いつもそばにいる。守るよ」と言ってくれた蛍とつきあうことにした。光希と蛍の仲むつまじい姿を目撃した銀太は、その移り身の早さを問い詰める。自分には蛍との安らげる時間が必要だと、光希は銀太に説明する。しかし蛍を認められない銀太は、光希を見守るという理由で、亜梨実とのデートをキャンセルしてしまう。
第68話 揺れる恋人「サヨナラ...銀太」
ママレード・ボーイ 第68話 揺れる恋人「サヨナラ...銀太」 「一緒に新しい想い出を作っていこう」遊を忘れられない光希の苦しみに、理解を示す蛍。一方、銀太の心にまだ光希がいたことを知り、亜梨実は別れを決意。そのことを六反田から知らされ、光希は愕然とする。亜梨実からも銀太の心が揺れていると聞かされた光希は、二人はもっとお互いの気持ちをぶつけ合うべきだと説得する。
第69話 恋の勇気「決心がついた!」
ママレード・ボーイ 第69話 恋の勇気「決心がついた!」 三輪からの手紙で、夏休みの帰国を促される遊。帰るのをためらう遊を誘って、ビーチで過ごすウィルたち。日本に帰らないのは逃げだとドリスに諭され、遊は帰国の決意を固める。遊の優しさに触れるたび、杏樹の一度は吹っ切った思いが強くなっていく。そんな杏樹にウィルは優しく語りかける。勇気を出して告白すべきだと。
第70話 ただいま「どんな顔して会えばいいの?」
ママレード・ボーイ 第70話 ただいま「どんな顔して会えばいいの?」 別れの言葉を告げてから会わないままの遊が帰国してくる。蛍とつきあい始めたことも話していない。不安を抱えたまま、光希は家族とともに遊を空港まで迎えに行く。遊は杏樹を伴って帰国してきた。杏樹が元気になったことを素直に喜ぶ光希だが、遊に対してはぎこちないまま。やっとの思いで蛍とのことを切り出すと、遊は...。
第71話 星と月の夜「近くにいても...寂しい」
ママレード・ボーイ 第71話 星と月の夜「近くにいても...寂しい」 遊は光希にとって家族の一人に戻った。木島の提案したサマーキャンプに、大挙して参加した光希たち。蛍とじゃれあう光希を見つめながら、遊は自分に言い聞かせる。これが光希の幸せのためだと。遊と自分はもう別々の世界にいると感じるだけで、光希は切なくなっていた。「オレが好きか?」蛍にキスを求められた光希は...。
第72話 異母兄妹「幸せが...こわれていく」
ママレード・ボーイ 第72話 異母兄妹「幸せが...こわれていく」 やっぱり遊じゃなきゃダメ。恋人同士に戻った光希と遊は、会えなかった月日に過ぎてしまった誕生日のプレゼント交換をすることに。光希が街でプレゼントを選んでいる間に、遊は物置で父親の大学時代の写真を見つける。そこには今のカップルの両親Sが! オレは光希の父・仁の子供......光希とは血の繋がった兄妹なのか!?
第73話 別れ「こうするしかなかった...」
ママレード・ボーイ 第73話 別れ「こうするしかなかった...」 遊、どうして突然「別れてくれ」なんて言うの? 光希を取り巻く世界が音を立てて壊れていく。家族がバラバラになるのを避けるため、遊は別れる本当の理由、異母兄妹という秘密を自分一人の胸にしまうことを選ぶ。ニューヨークに戻るという遊に、腕時計を贈る光希。だが茗子は、光希を傷つけた遊を許すことができなかった。
第74話 想い出の箱「バイバイ、遊」
ママレード・ボーイ 第74話 想い出の箱「バイバイ、遊」 三輪の真剣な説得に、遊が光希に別れを告げたのには重い理由があったと察する茗子。光希は今まで遊からもらったプレゼントを箱に詰め、想い出とともに封印した。自分自身が成長するために...。髪を切り、ピアスをして、新しい自分を作り上げていく光希。ひと月がたち、元気になった光希を見て安心する茗子だったが...。
第75話 兄と妹!?「別れるしかないんだ!」
ママレード・ボーイ 第75話 兄と妹!?「別れるしかないんだ!」 想い出になんかできない。茗子に後押しされ、光希は遊に会いにニューヨークへ。光希の愛の告白に耐え切れず、遊は禁句を口にしてしまう。「オレたちは兄妹なんだ!」ショックを受けた光希は、遊を振り切りマンハッタンへ。遊は学校の仲間と警察の力を借りて必死に探すが、さまよい歩く光希は危険な地区へと入ってしまう。
第76話 たびだち「そして、愛は歩きだす」
ママレード・ボーイ 第76話 たびだち「そして、愛は歩きだす」 兄妹だって構わない。お互いがどれだけ必要としているか判った光希と遊。二人は愛を貫く決心をマイケルや学校の仲間に報告、祝福を受ける。行方不明になった光希の身を案じ、三輪と茗子、両親Sが渡米してきた。遊は真剣な面持ちで両親Sに詰め寄る。なぜ二人が兄妹だと教えてくれなかったのかと。今、その真相が語られる。
Episode07 入学編Ⅶ
魔法科高校の劣等生 Episode07 入学編Ⅶ 紗耶香は催眠術によって過去の記憶を改ざんされ、ブランシュに利用されていた。達也は自分と深雪の日常を損なおうとするものすべて駆除すべく、ブランシュを叩き潰そうとする。敵のアジトに向かう達也に、深雪、エリカ、レオ、十文字、そして紗耶香を利用されたことに憤る桐原まで同行するという。達也の指揮の下、アジトに乗り込む 一同。そこには武装したブランシュのメンバーとそのリーダー・司一が待ち構えていた。
第5話 寿也の過去
メジャー 第2シリーズ 第5話 寿也の過去 夏の地区大会1回戦。吾郎が試合に遅れたため、対戦相手に先制された三船東中。そこへ現れた吾郎は、超スローボールで相手バッターを打ち取る。小森はスローボールが特訓の成果だと見抜くが、山根は練習を勝手に休んだ吾郎を「チームワークがない」と責める。だが、吾郎は、チームワークは「なれ合いではない」と言い返す。
第7話 心覚え在りし日々 mind
「東京喰種トーキョーグール:re」 第7話 心覚え在りし日々 mind オークション会場を狙った喰種掃討作戦は終了した。捜査官と喰種の双方に多数の死傷者が出る中、琲世は“過去の自分”を知る喰種の少女、笛口雛実(ふえぐち ひなみ)の“所有権”を申し入れる。今回の作戦で働きを認められたクインクス班は、同じく功績を認められた他の捜査官たちとともにメンバー全員の昇進が決まり、琲世は上司の暁や、父親のように慕う特等捜査官、有馬貴将(ありま きしょう)を招いて、メンバーの昇進を祝うホームパーティーを企画。だが、パーティー当日、琲世の中にいるもうひとりの人格“カネキケン”を知る何者かから、“奇妙な贈り物”が届く。
第2話 「会いたくて」
SHUFFLE! 第2話 「会いたくて」 突如、稟のクラスに、二人の美少女が転校してきた。一人は、神界のプリンセス「リシアンサス」、もう一人は、魔界のプリンセス「ネリネ」。しかも、二人とも、稟と楓の暮らす自宅の両隣に引っ越してきたから、さあ、大変!二人とも、過去の稟との思い出を大切に胸に秘め、今ここに、稟への想いを遂げるべくやってきたのだった!
第23話 「明かされた真実」
SHUFFLE! 第23話 「明かされた真実」 病院。病室。輸液の入った点滴。医師たちの会話。医者に迫る稟。制する亜麻。病院の中庭に稟を呼び出した亜麻は、ゆっくりと、それでいて、しっかりと、自身の過去、そして自分と娘、亜沙の置かれた境遇について話し始める・・・。亜麻の想いを真摯に受け止める稟。
第22話 史上最悪どあほうコンビ誕生
スラムダンク 第22話 史上最悪どあほうコンビ誕生 花道とリョータの勝負はもはや小学生レベルのケンカでしかなくなっていた。そんな二人だが、帰る方向が同じだったことがキッカケで、花道はリョータから彩子への片思いを打ち明けられるのだった。彩子に振り返ってもらえないリョータ。花道も、50人にフラれた過去を持つ男。両者はいつの間にか意気投合する。
#01 エースなんて必要ないの
無料
はるかなレシーブ #01 エースなんて必要ないの 東京から来た遥を沖縄の空港で出迎えてくれたのは、いとこのかなただった。かなたとともに祖母の家に到着した遥は、家の前に広がる海に感激。駆け出した海辺でビーチバレーをする2人の少女と遭遇する。
#02 私を信じて
はるかなレシーブ #02 私を信じて 何も知らずに成美&彩紗ペアとの再戦を約束した遥。しかし、彼女たちは全国チャンピオンだった。1週間後の再戦に向け、遥は経験者のかなたからビーチバレーの特訓を受ける。
#03 昔の自分を取り戻したいって思ってる
はるかなレシーブ #03 昔の自分を取り戻したいって思ってる 転入先の高校で遥は双子ペアの紅愛&恵美理と出会う。彼女たちがビーチバレー部を作るため仲間を集めていると知った遥はすぐに入部する気に。かなたも一緒に入部することになるが……。
#04 私達にぴったりだと思わない?
はるかなレシーブ #04 私達にぴったりだと思わない? ビーチバレー大会へ参加することにした遥たち。大会へ向けて練習を重ねる中、遥はかなたに早く追いつきたいと感じる。そこで、かなたには秘密で、紅愛と一緒に特訓を始める。
#05 アンタの心が折れるまで
はるかなレシーブ #05 アンタの心が折れるまで ビーチバレー大会が始まった。遥&かなたペアの初戦の相手は、水着を取り合った相手、愛衣&舞ペアだ。リベンジマッチと意気込む遥。だが、舞たちにも負けられない理由があった。
#06 折れないよ、私は
はるかなレシーブ #06 折れないよ、私は 1セット目を先取した遥&かなたペアが、2セット目で苦戦を強いられる。早々に1回戦を勝ち抜けた紅愛&恵美理や祖母のソラが見守る中、遥は何度もブロックに挑戦するが……。
#07 もう友達でしょ
はるかなレシーブ #07 もう友達でしょ ビーチバレー支部に入部希望のあかりがやってきた。彼女はアイドル並みの人気を誇る成美&彩紗ペアのようになりたいと話すが、そこには彼女なりの、ある理由が隠されていた。
#08 約束守ってみせるから
はるかなレシーブ #08 約束守ってみせるから 紅愛と恵美理の母でプロコーチのマリッサが、遥たちを指導してくれることに。さっそくマリッサのスパルタ特訓を受けた遥&かなたは、改めてペアとして大切なことに気づく。