「アメリカ 中国 貿易」の検索結果

今すぐ視聴する

日本の輸出額大幅減少 コロナで世界経済停滞の影響
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日本の輸出額大幅減少 コロナで世界経済停滞の影響  新型コロナウイルスによる世界的な経済活動の停滞を受け、日本からの輸出が大幅に減少しています。  財務省が発表した4月の貿易統計によりますと、日本の輸出額は5兆2023億円で、去年の同じ時期と比べて21.9%減りました。下げ幅は10年6カ月ぶりの大きさで、アメリカへの自動車の輸出額が6割以上も減るなど、世界経済停滞の影響を強く受けました。輸入額も7.2%減の6兆1327億円でしたが、中国からの輸入はマスクを含む織物用の糸・繊維製品が3倍以上も伸びたことから、9カ月ぶりに増加に転じています。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は9304億円の赤字で、赤字は3カ月ぶりです。
「強力なもの」米大統領 中国への対応を発表へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「強力なもの」米大統領 中国への対応を発表へ  中国政府が香港への国家安全法制の導入を目指すなか、アメリカのトランプ大統領は中国への対応を今週中に発表することを明らかにしました。  トランプ大統領:「(中国への対応は)今週末までに発表する。非常に強力なものだと思う」  トランプ大統領は中国への対応は「強力なもの」と説明しましたが、詳細は明らかにしませんでした。ホワイトハウスの報道官によりますと、トランプ大統領は中国の影響力が強まれば、香港の金融の世界的な拠点としての役割が損なわれるとの見方を示し、中国の動きに不満を示したということです。また、NEC(国家経済会議)のクドロー委員長は2月に発効した貿易の「第1段階」の合意について重要性が薄まったとの認識を示すなど、アメリカと中国の関係の悪化が続いています。
「香港に高度な自治ない」米国務長官が中国を非難
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「香港に高度な自治ない」米国務長官が中国を非難  中国政府が香港に国家安全法制を導入する動きを受けて、アメリカのポンペオ国務長官は「高度な自治が維持されていない」と非難する声明を発表しました。  香港に適用する国家安全法案は、28日の全国人民代表大会の閉幕式で採決されます。中国政府は国営メディアを通じて「香港の各界がこの法制を支持している」と強調し、導入を求める親中派の活動を伝えています。これに対してアメリカのポンペオ長官は「香港が高度な自治を維持しているとは分別があれば誰も言えない」とする声明を発表しました。アメリカはこれまで香港に対する貿易面での優遇措置を認めてきましたが、ポンペオ長官はこれを見直す意向を議会に対して伝えました。アメリカのメディアによりますと、トランプ政権は中国政府が国家安全法制の導入を決定すれば、香港からの輸入品にも中国本土と同様の関税をかけることを検討しているということです。

おすすめの作品

安倍総理「ウイルスは中国から」 中国が反発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 安倍総理「ウイルスは中国から」 中国が反発  安倍総理大臣が記者会見で「新型コロナウイルスは中国から世界に広がった」との認識を示したことについて、中国側は「汚名を着せる行為に断固反対する」と反発しました。  中国外務省報道官:「ウイルスの発生源を政治的に利用し、他国に汚名を着せる行為に断固反対する」  中国外務省は26日の会見で「発生源の問題は科学的な問題だ」として、発生源は中国ではない可能性があるとの立場を繰り返しました。そのうえで、安倍総理の発言は「WHO(世界保健機関)などの専門的な見解に反し、日中両国を含めて国際社会がともに闘う努力にも反する」と批判しました。また、「政治的な盲従」との表現で日本がアメリカのトランプ大統領の中国批判に追従したとの見解をにじませました。
G7+4は中国が標的…米大統領の“包囲網”に警戒感
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 G7+4は中国が標的…米大統領の“包囲網”に警戒感  アメリカのトランプ大統領がG7(先進7カ国)首脳会議にロシアなど4カ国を招待すると述べたことを受け、中国政府はターゲットは中国だと警戒感を示しました。  トランプ大統領は次のG7首脳会議にロシアやインド、オーストラリア、韓国の4カ国を招待する意向で「中国の将来について話し合う」としています。中国外務省は会見で「中国をターゲットにグループを作るのは人々の賛成を得られず、関係国の利益にもならない」と牽制(けんせい)しました。また、「いかなる国際組織や国際会議も各国の相互信頼や多国間主義に役立つべきだ」と不快感を示し、中国包囲網の構築を図るトランプ大統領に対して警戒を強めています。
中国・李克強首相 TPP11参加に「前向きだ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国・李克強首相 TPP11参加に「前向きだ」  中国の李克強首相は28日に全人代の閉幕後に会見し、中国のTPP(環太平洋経済連携協定)への参加について「前向きだ」と言及しました。TPPを離脱したアメリカを揺さぶる狙いとみられます。  李首相はTPPについて「中国は前向きで、オープンだ」と述べました。中国の首相が公に言及したのは初めてとみられます。TPPはもともとアメリカを含む12カ国で大筋合意していましたが、トランプ政権は2017年に離脱しました。また、李首相は米中関係について「互いに核心的な利益を尊重すべきだ」と強調し、香港問題などに干渉しないようアメリカを牽制(けんせい)しました。
「米国では“政治ウイルス”拡散」中国外相が批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「米国では“政治ウイルス”拡散」中国外相が批判  中国の王毅外相は新型コロナウイルスの感染拡大について、アメリカで中国批判が高まる現状を「『政治ウイルス』が拡散している」と表現し、反発しました。  王毅外相は全国人民代表大会に合わせて行われた会見で「アメリカでは新型コロナウイルスのほか、一種の政治ウイルスも拡散している」と述べ、「このウイルスはあらゆる機会を捉えて中国を誹謗(ひぼう)中傷するものだ」と非難しました。また、「中国は国際社会で覇権を唱えることはない」と強調し、「アメリカの一部勢力が両国を『新冷戦』に向かわせようとしている」と主張しました。この会見は記者を別室に集めてオンラインで開かれました。記者は全員、PCR検査を受けてホテルの部屋で6時間隔離された後、陰性の判定を待って会見場に入りました。
国家安全法 香港に危機 トランプ大統領 中国牽制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 国家安全法 香港に危機 トランプ大統領 中国牽制  アメリカのトランプ大統領は香港の自治に踏み込む「国家安全法」に対し、「強力に対処する」と中国政府の動きを牽制(けんせい)しました。  トランプ大統領:「内容がまだはっきりしないが、もし実現すれば極めて強力に対処する」  トランプ大統領は中国の動きを牽制したうえで「必要な時に声明を発表する」と、まずは事態を見守る考えを明らかにしました。一方、アメリカの上院では超党派の議員がこの国家安全法に関わる中国共産党の幹部や関係機関などに制裁を科す法案を出す動きも出てきています。
トランプ氏WHO脱退を発表 中国政府との関係を批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏WHO脱退を発表 中国政府との関係を批判  新型コロナウイルスの対応を巡り、アメリカのトランプ大統領は中国政府の影響力が強いとしてWHO(世界保健機関)からの脱退を発表しました。  アメリカ、トランプ大統領:「中国はWHOを支配している。WHOは我々による改革の要請に応じなかった。ここにWHOとの関係断絶を表明する」  そのうえで、トランプ大統領は中国政府が感染の発生を隠蔽したことが世界的な感染拡大を招いたと改めて批判しました。一方、WHOへの資金の拠出を停止させるものの、別の方法で感染症対策への予算の支出は続けるとしています。新型コロナウイルスによるアメリカ国内の死者は10万人を超えていて、今回の発表でトランプ政権のコロナ対策への批判をかわす狙いがあるとの指摘も出ています。
G7サミット、9月に延期 “中国”がテーマに
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 G7サミット、9月に延期 “中国”がテーマに  アメリカのトランプ大統領は6月下旬に首都ワシントンで開催を予定していたG7(先進7カ国)首脳会議を9月に延期することを明らかにしました。中国がテーマになるということです。  今回のサミットにはアメリカや日本、ドイツ、イギリスなどの7カ国に加えて、新たにインド、オーストラリア、韓国を招待するとしています。トランプ大統領は「中国の将来について話し合う」としていて、ハイテク覇権争いや新型コロナウイルスの感染拡大の責任を巡って対立する中国に対する包囲網を築く狙いもあるとみられます。トランプ大統領はこれまでテレビ会議ではなく、直接集まる形式で開催して経済の正常化をアピールしたい考えでしたが、ドイツのメルケル首相が新型コロナを理由に参加を辞退する意向を明らかにしていました。
中国の「コウモリ女」 発生源めぐる非難に反論
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国の「コウモリ女」 発生源めぐる非難に反論  新型コロナウイルスの発生源を巡ってアメリカと中国が非難の応酬を続けるなか、中国の「コウモリ女」と呼ばれる研究員が「長年の研究がウイルスの迅速な識別を可能にした」と反論しました。  武漢ウイルス研究所の“コウモリ女”・石正麗研究員:「私たちは2004年にコウモリコロナウイルスの研究を始めた。研究の蓄積が(原因不明の肺炎の病原体を)最短で明らかにした」  武漢ウイルス研究所の石正麗研究員は長年、コウモリとウイルスの研究を続け、中国の「コウモリ女」とも呼ばれています。石研究員は中国国営メディアのインタビューで研究が新型コロナウイルスの起源となったことを否定し、「科学を政治的に利用している」と反論しました。その一方で「15年間、コロナウイルスを研究してきた蓄積により、病原体を最短で明らかにできた」と強調しました。トランプ大統領は、ウイルスが「武漢ウイルス研究所」から流出したと主張していて、ここでコウモリ関連のコロナウイルス研究を統括してきた石研究員に注目が集まっていました。
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 ABEMA News×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
“香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる?
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 “香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる? 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。