「アメリカ 人気歌手」の検索結果

今すぐ視聴する

第9話
棚ぼたのあなた 第9話 アメリカから、テリーの親捜しの手がかりになる少年時代のセーターが届いた。それを見たジャンスはグィナムのものだと直感するが、確証を持てず悶々とする。一方、ずっと好きだった歌手のユンビンを近所で見かけたイルスクは思わずサインをねだるが、彼が白いピアノとともに屋根部屋に引っ越してきた男だとは気づかずにいた。
第6話 重ねた嘘
華麗なる遺産 第6話 重ねた嘘 ウンソンはソンヒから言われ、スンミの将来のためにファンの家族にはスンミたちとの関係を一切話していない。そしてピョンジュンはソンヒの前に姿を現すが、ウンソンとウヌはアメリカに行き、自分たちはもうピョンジュンとは共に住めないというソンヒの話に驚く。 一方、ファンはウンソンと些細なことでぶつかる。しかし取り違えたカバンの中身を確かめると、取られたものは何もなく、ウンソンへの誤解を反省する。
第8話 ファンの社会人修行
華麗なる遺産 第8話 ファンの社会人修行 家業の勉強のために本店で働き始めたファン。弟ウヌを捜すこと、そしてファンを立ち直らせるために協力してほしいというスクチャの条件をのむ。しかしファンの教育係となったウンソンは、事あるごとにファンとぶつかり合う。スンミは店のまかないを食べないファンのために弁当を作って行くが、ウンソンが一緒に働いていることを知り不安がよぎる。 一方、ピョンジュンは、ウンソンがアメリカの大学を辞めていることを知って愕然とし...
第11話 すれ違い
華麗なる遺産 第11話 すれ違い マンションを訪ねてきたピョンジュンに、ウンソンはアメリカにいると嘘をつくソンミの姿をみてショックを受けるスンミ。 相変わらず接客もできないファンにウンソンは怒りを爆発させ、ソウル工場への異動を受け入れる。 一方スクチャは、ジュンセの父 パク理事から2号店売却の提案を受け「不動産で儲けようとは思わない」と言い、何か裏に事情があるのではと考えるようになる。 そんなある日、遂にウヌが見つかったという知らせが...
第26話 ソンヒの悪あがき
華麗なる遺産 第26話 ソンヒの悪あがき スンミはファンに全てを打ち明けようとするが、ウヌとファンが一緒にいるところを偶然目にし、驚いてその場を立ち去ってしまう。自分たちが去ろうとソンヒに言うのだが、ソンヒはただでは引き下がろうとしない。 ソンヒから連絡を受けたウンソンは、ウヌを会わせる代わりに韓国を去るように言われる。 アメリカへ発つことを決めたウンソンは何も言わずにスクチャを訪ねたり、ファンとのつかの間のデートを楽しもうとする。偶然事実を知ったファンは...
第27話 涙の再会
華麗なる遺産 第27話 涙の再会 アメリカに発つ直前、空港でやっとウンソンを見つけたファン。そしてウンソンは夢にまでみた父との再会を果たし、これまでの事を話すのだった。 再び姿を消してしまったウヌを必死に捜すソンヒのもとに、スクチャから連絡が入る。スクチャの家に行くと、そこにはピョンジュンとウンソンが。ソンヒは開き直ったかのような態度に出る。 友人のバーでピアノを弾いていた少年が本当にウンソンの弟 ウヌだったと知り、街中を必死に捜すファンの前に...
第1話 最悪の出会い
無料
華麗なる遺産 第1話 最悪の出会い 父親に内緒で専攻を変え、アメリカ最高の料理学校C.I.Aで学んでいたコ・ウンソンは、突然の父親の呼び出しによりニューヨークから帰国する。一方、同じくアメリカで問題を起こし帰国を命じられたソヌ・ファンは飛行機を降りる時、間違えてウンソンのバッグを手にしてしまう。 経営が悪化して倒産の危機にあったウンソンの父、ピョンジュンはどこからも融資を断られ、失望の中で酒に酔っているところを強盗に逢う。そしてビルのガス爆発事故が起きるが...

おすすめの作品

イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃をしました。少なくとも十数発以上の弾道ミサイルを撃ち込みました。  イランの革命防衛隊は日本時間の8日朝、アメリカ軍が駐留するイラク国内のアルアサド空軍基地に向けて弾道ミサイルを発射しました。ミサイルは少なくとも十数発が発射され、イラク北部のアルビルにも撃ち込まれました。この攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復で、イラン国営放送は「殉教者ソレイマニ作戦」と命名しました。アメリカのFOXニュースは、アメリカ側に死傷者は出ていないと伝えています。ロイター通信によりますと、イラン側は今回の攻撃が第1段階だとし、追加攻撃の可能性を示唆しています。アメリカが反撃に出るのかどうかが焦点となりますが、アメリカとイランの衝突がエスカレートする恐れもあります。
イランのミサイル攻撃16発 米は事前に把握し退避か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランのミサイル攻撃16発 米は事前に把握し退避か  イランによる弾道ミサイル攻撃について、アメリカ政府が攻撃の数時間前に兆候を察知していたとアメリカの一部メディアが報じました。  ワシントン・ポストは複数のアメリカ政府高官の話として、イラク国内のアメリカ軍が駐留する基地に対するミサイル攻撃の兆候を攻撃の数時間前に把握してアメリカ軍が退避行動を取っていたと報じました。アメリカ政府は今回の攻撃について、イラン政府が国内向けに体面を保つことが目的だったと分析しています。  一方、ロイター通信によりますと、アメリカのミリー統合参謀本部議長はイランが3カ所から合計16発の短距離弾道ミサイルを発射したと明らかにしました。そのうち11発がアサド空軍基地に、少なくとも1発が北部のアルビルの基地に着弾したということです。衛星写真では格納庫とみられる建物が完全に破壊されている様子が映されていて、イラン側が正確に建物や航空機だけを狙ったことをうかがわせています。
イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地を弾道ミサイルで攻撃しました。少なくとも12発以上のミサイルが2カ所に撃ち込まれました。  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊がイラク国内にあるアメリカ軍が駐留するアルアサド空軍基地に向かって弾道ミサイルを発射したと伝えました。攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復だということです。アメリカの国防総省は、ミサイルはイランから発射され、アメリカ軍の拠点2カ所に少なくとも12発以上が発射されたとしていて、現在、被害の状況を確認しています。アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は攻撃の説明を受けて安全保障チームと協議しているということです。
米国務長官「制裁を科し続ける」駐留米軍攻撃に対抗
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国務長官「制裁を科し続ける」駐留米軍攻撃に対抗  アメリカはイランがイラクに駐留するアメリカ軍を攻撃したことへの対抗措置として、イランの政府高官や製鉄企業などに新たに制裁を科すと発表しました。  ポンペオ国務長官:「イランがならず者の振る舞いを続けるならば、我々は制裁を科し続ける」  トランプ政権が新たに制裁対象に指定したのは、過去のテロ行為に関わったとされるイランの政府高官ら8人と鉄やアルミの製造業17社などで、アメリカ国内の資産が凍結されてアメリカ国民との取引が禁止されます。さらに、トランプ大統領はイランの建設業や製造業に関係する人物にも制裁を可能にする大統領令を発表しました。イランとアメリカとの軍事衝突が懸念されていましたが、アメリカは軍事行動を見送って経済的な圧力を強めた形です。
米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会  イランの革命防衛隊の司令官がアメリカ軍の空爆によって殺害されたことを受けて、イランの議会はアメリカ国防総省を「テロ組織」に指定することを決定しました。  イランの国営メディアによりますと、イランの議会は7日、今回の司令官殺害を受けてアメリカ国防総省をテロ組織に、また殺害に関わったアメリカのすべての部隊や関係者らを「テロリスト」に指定する法案を可決しました。さらに議会では、司令官が所属していた「コッズ部隊」を強化するため追加で約242億円を割り当てることも決定しました。イランはアメリカへの「報復」を宣言していて、中東情勢は緊張が高まっています。
アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除  アメリカが中国に対して「為替操作国」の認定を解除したことについて、中国政府は「アメリカの結論は事実に合致する」と評価しました。  中国外務省報道官:「中国は元々、為替操作国ではない。アメリカのこの新しい結論は事実に合致し、国際社会の共通認識にも合致する」  アメリカ政府は、中国が自国の輸出に有利になるよう人民元を意図的に安く誘導しているとして去年8月から続けてきた為替操作国の認定を13日に解除しました。中国外務省は決定を評価したうえで、「貿易摩擦に対応するため、為替を道具とすることはない」と強調しました。また、中国の税関当局も「両国や世界の貿易に前向きな影響があり、良い知らせだ」と歓迎しました。
イランの攻撃当時「死傷者なし」 実は米兵11人負傷
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランの攻撃当時「死傷者なし」 実は米兵11人負傷  イランのミサイル攻撃で、アメリカ軍兵士に負傷者が出ていました。  アメリカのCNNテレビは8日のイランによるアメリカ軍が駐留する基地へのミサイル攻撃で、アメリカ軍兵士11人が負傷していたと報じました。11人は脳震盪(しんとう)を起こし、ドイツとクウェートの病院に搬送されて検査や治療を受けたということです。アメリカのトランプ大統領は「攻撃があれば反撃する」としていましたが、攻撃があった際は「死傷者はいない」として、軍事行動を控えていました。負傷者が出ていたとする今回の報道を受けて、イランへの態度を変える可能性もあります。
米中貿易協議 「第1段階」合意文書に署名
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中貿易協議 「第1段階」合意文書に署名  アメリカと中国は貿易協議を巡る第1段階の合意文書に署名をしました。中国が大量のアメリカ農産品などを購入することなどが盛り込まれました。  トランプ大統領:「我々は中国とかつてない重大な一歩を踏み出す。将来に向けた公平で互恵的な貿易のためのものだ」  アメリカ政府によりますと、米中両国は中国がアメリカ製品の輸入を2年間で約22兆円分増やすことやアメリカ企業に対する技術移転の強要を終わらせることなど7項目で合意しました。アメリカはこれまでに課した関税の一部を削減しますが、約27兆円分の中国製品に対する25%の関税は据え置きます。今後について、トランプ大統領は中国を訪問して次の協議を始める考えを示しましたが、「第3段階は想定していない」とも話しました。トランプ大統領は引き続き据え置いた関税を材料に譲歩を迫る狙いですが、中国によるハイテク産業への補助金政策などの構造問題に迫れるかは不透明です。
知られざるアメリカの歴史 ハーヴェイ・ミルク、自由と平等への闘い
無料
【BS朝日】町山智浩のアメリカの今を知るTV In Association With CNN 知られざるアメリカの歴史 ハーヴェイ・ミルク、自由と平等への闘い 【毎週月曜よる9時 BS朝日で放送】 ゲイ差別が色濃く残る70年代のアメリカで初めて自身がゲイであることを公表し選挙で選ばれた政治家、ハーヴェイ・ミルク。彼はゲイを公表することを「カムアウト」と表現し、性的指向を隠して暮らしていた人々に「クローゼットから出て来なさい!」と呼びかけ、市政委員としてあらゆるマイノリティの人権獲得に尽力。しかし在任わずか11か月で凶弾に倒れてしまいます。今回はそんなミルク氏の苦難と功績を徹底解説!「希望は沈黙しない」と発言し、すべての人々の人権尊重を訴えたミルク氏の闘いに迫ります。
中国外相 相次いで電話会談 イラン情勢巡り米牽制
最新の国際ニュース【随時更新】 中国外相 相次いで電話会談 イラン情勢巡り米牽制  イランとアメリカの緊張が高まるなか、中国がロシアなどを巻き込んでアメリカへの外交攻勢を強めています。  中国の国営メディアは、王毅外相が4日夜にロシアのラブロフ外相と電話会談したと伝えました。王外相はアメリカ軍によるイラン軍司令官の殺害について「国際関係における武力の乱用に反対する」と述べ、ラブロフ外相も「アメリカの行為は違法だ」と非難したということです。これに先立って王外相はイランのザリフ外相とも電話で会談し、「アメリカが武力を乱用せず、対話を通じて問題解決を図るよう促す」と強調しました。王外相はさらにフランスのルドリアン外相とも電話会談し、イラン核合意を頓挫させるべきでないとの考えを示しました。