「アメリカ 人気歌手」の検索結果

今すぐ視聴する

第15話
ドリームハイ 第15話 1年ぶりに帰国したビョンシクは、ヘミに一緒にアメリカに行き、声楽の勉強をもう一度続けることを薦める。声楽と大衆音楽、どちらかひとつを選ばなければならない状況にヘミは葛藤する。
第16話
ドリームハイ 第16話 アメリカ行きをやめたヘミは、ビョンシクに一ヶ月以内に舞台に立つことを約束する。しかし、グループ「ドリームハイ」のメンバーは、グクとベクヒが原因で、放送に出演出来ずにいた。
第6話 重ねた嘘
華麗なる遺産 第6話 重ねた嘘 ウンソンはソンヒから言われ、スンミの将来のためにファンの家族にはスンミたちとの関係を一切話していない。そしてピョンジュンはソンヒの前に姿を現すが、ウンソンとウヌはアメリカに行き、自分たちはもうピョンジュンとは共に住めないというソンヒの話に驚く。 一方、ファンはウンソンと些細なことでぶつかる。しかし取り違えたカバンの中身を確かめると、取られたものは何もなく、ウンソンへの誤解を反省する。
第8話 ファンの社会人修行
華麗なる遺産 第8話 ファンの社会人修行 家業の勉強のために本店で働き始めたファン。弟ウヌを捜すこと、そしてファンを立ち直らせるために協力してほしいというスクチャの条件をのむ。しかしファンの教育係となったウンソンは、事あるごとにファンとぶつかり合う。スンミは店のまかないを食べないファンのために弁当を作って行くが、ウンソンが一緒に働いていることを知り不安がよぎる。 一方、ピョンジュンは、ウンソンがアメリカの大学を辞めていることを知って愕然とし...
第11話 すれ違い
華麗なる遺産 第11話 すれ違い マンションを訪ねてきたピョンジュンに、ウンソンはアメリカにいると嘘をつくソンミの姿をみてショックを受けるスンミ。 相変わらず接客もできないファンにウンソンは怒りを爆発させ、ソウル工場への異動を受け入れる。 一方スクチャは、ジュンセの父 パク理事から2号店売却の提案を受け「不動産で儲けようとは思わない」と言い、何か裏に事情があるのではと考えるようになる。 そんなある日、遂にウヌが見つかったという知らせが...
第1話 最悪の出会い
無料
華麗なる遺産 第1話 最悪の出会い 父親に内緒で専攻を変え、アメリカ最高の料理学校C.I.Aで学んでいたコ・ウンソンは、突然の父親の呼び出しによりニューヨークから帰国する。一方、同じくアメリカで問題を起こし帰国を命じられたソヌ・ファンは飛行機を降りる時、間違えてウンソンのバッグを手にしてしまう。 経営が悪化して倒産の危機にあったウンソンの父、ピョンジュンはどこからも融資を断られ、失望の中で酒に酔っているところを強盗に逢う。そしてビルのガス爆発事故が起きるが...
第26話 ソンヒの悪あがき
無料
華麗なる遺産 第26話 ソンヒの悪あがき スンミはファンに全てを打ち明けようとするが、ウヌとファンが一緒にいるところを偶然目にし、驚いてその場を立ち去ってしまう。自分たちが去ろうとソンヒに言うのだが、ソンヒはただでは引き下がろうとしない。 ソンヒから連絡を受けたウンソンは、ウヌを会わせる代わりに韓国を去るように言われる。 アメリカへ発つことを決めたウンソンは何も言わずにスクチャを訪ねたり、ファンとのつかの間のデートを楽しもうとする。偶然事実を知ったファンは...
第27話 涙の再会
無料
華麗なる遺産 第27話 涙の再会 アメリカに発つ直前、空港でやっとウンソンを見つけたファン。そしてウンソンは夢にまでみた父との再会を果たし、これまでの事を話すのだった。 再び姿を消してしまったウヌを必死に捜すソンヒのもとに、スクチャから連絡が入る。スクチャの家に行くと、そこにはピョンジュンとウンソンが。ソンヒは開き直ったかのような態度に出る。 友人のバーでピアノを弾いていた少年が本当にウンソンの弟 ウヌだったと知り、街中を必死に捜すファンの前に...

おすすめの作品

中国が報復措置 成都の米総領事館の閉鎖を発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が報復措置 成都の米総領事館の閉鎖を発表  中国外務省は、四川省成都にあるアメリカ総領事館を閉鎖すると発表しました。アメリカがヒューストンの中国総領事館の閉鎖を発表したことへの報復措置です。  中国外務省は成都のアメリカ総領事館の閉鎖について、「アメリカの理不尽な行動に対する正当かつ必要な対応で国際法に合致する」と強調しました。すでにアメリカ側に伝えたとしています。アメリカ政府が、ヒューストンにある中国総領事館の閉鎖を発表したことへの報復措置と位置付けています。さらに「責任は完全にアメリカ側にある。アメリカが直ちに決定を撤回するよう促す」としています。
中国 米総領事館の閉鎖を要求「関係者が内政干渉」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国 米総領事館の閉鎖を要求「関係者が内政干渉」  中国政府は成都にあるアメリカ総領事館の閉鎖を要求した理由について、「一部の関係者が中国の内政に干渉し、安全を損なった」と指摘しました。  アメリカ政府がヒューストンにある中国領事館の閉鎖を要求したことへの報復措置として、中国政府は24日、四川省成都にあるアメリカ総領事館の閉鎖を求めました。  中国外務省・汪文斌副報道局長:「在成都米国領事館の一部の関係者は、すべきでない活動に従事して中国の内政問題に干渉し、中国の安全と利益を損なった」  中国外務省はそのうえで、「アメリカとの間に生じたこのような情勢は中国が望んだのではなく、責任はアメリカにある」と非難しました。ただ、成都のアメリカ総領事館が行ったとする具体的な活動については明らかにしませんでした。
中国総領事館立ち入りに猛抗議 成都で報復措置か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国総領事館立ち入りに猛抗議 成都で報復措置か  アメリカ・ヒューストンにある中国総領事館にアメリカ政府の関係者が立ち入ったことについて、中国政府は「断固反対する」と抗議しました。  ヒューストンにある中国総領事館では閉鎖期限を迎えた24日、アメリカの治安当局者とみられる男性らが裏口のドアをこじ開けて立ち入る様子が確認されています。この件で中国外務省は報道官コメントを発表し、「アメリカ側が強引に立ち入ったことに対して強い不満と断固たる反対を表明する」として、アメリカ政府に厳正な申し入れを行ったと明らかにしました。中国政府は報復措置として四川省成都にあるアメリカ総領事館の閉鎖を要求していて、閉鎖期限が過ぎれば中国側の当局者が館内に立ち入って内部の調査などを行うものとみられます。
トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ  アメリカのトランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「ティックトック」の、アメリカ国内での利用を禁止する考えを明らかにしました。  トランプ大統領は大統領専用機の機内で記者団に対し、「ティックトックには懸念があり、アメリカ国内での利用を禁止する」と述べました。ティックトックは中国の企業が運営する短い動画が投稿できるアプリで、アメリカ国内でも若者を中心に1億人のユーザーがいるとされます。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などの利用者データが中国政府に漏れる恐れがあるとみていて、すでにアメリカ軍関係者の利用を禁止しています。ティックトックを巡っては、マイクロソフト社がアメリカでの事業を買収する意向を示しているとの報道も出ています。
成都のアメリカ総領事館を閉鎖したと中国政府が発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 成都のアメリカ総領事館を閉鎖したと中国政府が発表  在外公館を巡りアメリカと中国の対立が熱を帯びていますが、中国政府は、日本時間の27日午前11時に四川省成都にあるアメリカ総領事館を閉鎖したと発表しました。中国政府の担当者らが総領事館の正門から中に立ち入り、接収・管理に入ったとしています。これに対して、アメリカ国務省は「中国の決定は遺憾だ」としています。
米中戦争?領事館閉鎖で緊張 中国人ハッカー起訴も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中戦争?領事館閉鎖で緊張 中国人ハッカー起訴も  アメリカと中国の対立が激しさを増しています。領事館の閉鎖を求めたアメリカに対し、中国政府は猛反発しています。  米中関係の緊張が、にわかに高まっています。発端はアメリカが中国に対し、テキサス州ヒューストンにある中国の総領事館を閉鎖するよう要求したことです。在外公館の事実上の閉鎖命令は異例のことです。  トランプ大統領:「さらなる外交施設の閉鎖はいつでもあり得る」  理由について、アメリカ国務省は「アメリカの知的財産と民間情報を守るため」としています。一体、どういう意味なのか…。共和党のマルコ・ルビオ上院議員はこうツイートしています。  共和党・ルビオ上院議員:「ヒューストンにある中国の総領事館はスパイ活動の巨大拠点だ。もっと前に閉鎖させるべきだった」  これに対し、中国政府は猛反発。  中国外務省・汪文斌報道官:「アメリカは総領事館がすべきでない活動を行ったと主張しているが、これは悪意のある中傷だ」  在ヒューストン中国総領事館・蔡偉総領事:「我々が何か悪いことをしたと言うなら証拠を見せて下さい」  このインタビューが行われた前日、総領事館では敷地内の中庭で不審火が起きたと現地メディアが報道。消防車が出動しましたが、中国側が拒否し、中には入れませんでした。退去する前に機密文書などを処分したのでは、との見方が出ています。  アメリカ、トランプ大統領:「恐らく文書や書類を焼いたんだ。なぜだろうね」  総領事館の閉鎖通告との関連は不明ですが、アメリカ司法省は21日、新型コロナウイ…
報復の米総領事館閉鎖へ 成都市民も反米感情あらわ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 報復の米総領事館閉鎖へ 成都市民も反米感情あらわ  中国の成都にあるアメリカ総領事館は、27日に中国政府が要求する閉鎖の期限を迎えます。総領事館の前には多くの人が集まっていて反米感情の高まりも見られます。  四川省成都にあるアメリカ総領事館では、運搬車が入るなど、退去作業が続いています。集まった人のなかには、「アメリカの挑発を中国は恐れない」などと反米感情をあらわにする人もいました。ヒューストンにある中国総領事館にアメリカ政府関係者が立ち入ったことについて中国政府は抗議していて、27日の閉鎖期限が過ぎれば中国の当局もアメリカ総領事館内に立ち入り、内部の調査などを行うものとみられます。
アメリカ 第2四半期GDP -32.9%で過去最悪
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカ 第2四半期GDP -32.9%で過去最悪  アメリカの第2四半期のGDP(国内総生産)の伸び率は、年率換算でマイナス32.9%と過去最悪の下げ幅になりました。  アメリカ商務省が発表した4月から6月までのアメリカのGDPの伸び率は、年率換算でマイナス32.9%になりました。新型コロナウイルスの影響により過去最悪の下げ幅です。アメリカでは4月以降、感染拡大を受けた外出禁止令が続いたため家計の支出が減っているほか、小売業などでも売り上げが落ち込んでいます。経済の一部再開を受けて5月と6月はやや持ち直しましたが、4月の落ち込みが大きく足を引っ張ったとみられます。
「Tik Tok」の買収交渉を中断か 米マイクロソフト
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「Tik Tok」の買収交渉を中断か 米マイクロソフト  中国企業が運営する動画投稿アプリ「ティックトック」のアメリカ事業の買収に動いているマイクロソフトが、交渉を中断しているとアメリカのメディアが報じました。  マイクロソフトは、ティックトックのアメリカ事業を買収することで運営会社である中国の「バイトダンス」と交渉しているとみられていました。しかし、アメリカメディアは1日に関係者の話として、マイクロソフトがこの買収交渉を中断していると伝えました。ティックトックを巡っては、トランプ大統領が近くアメリカ国内での使用を禁じる考えを示しています。トランプ政権はマイクロソフトによる買収についても反対する意向で、両社は政権の真意を確認しているということです。ティックトックは若者を中心にアメリカ国内でも1億人のユーザーがいるとされています。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などのデータが中国側に漏れる恐れがあるとして、すでに米軍関係者の使用を禁止しています。
セブン&アイHD 米コンビニ3位を2兆円余りで買収へ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 セブン&アイHD 米コンビニ3位を2兆円余りで買収へ  流通大手「セブン&アイホールディングス」は、アメリカのコンビニ業界3位の「スピードウェイ」を2兆円余りで買収すると発表しました。  スピードウェイはアメリカの石油精製会社「マラソン・ペトロリアム」のガソリンスタンド部門で、アメリカのコンビニ業界第3位、約3900店舗を展開しています。セブン&アイの発表によりますと、買収額は210億ドル、日本円で約2兆2176億円に上ります。国内のコンビニ市場が成熟するなか、今後、市場の伸びが期待できるアメリカでの事業を強化する狙いがあります。この買収で、アメリカのセブン-イレブンの店舗数は約1万3000に増えるということです。セブン&アイは「今後、北米の市場で業界リーダーの地位を確立することになる」としています。