「アメリカ 株価」の検索結果

今すぐ視聴する

平均株価が一時600円超下落 原油や金価格も上昇
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 平均株価が一時600円超下落 原油や金価格も上昇  イランがアメリカに対して報復攻撃を始めたことを受けて日経平均株価の下げ幅は一時、600円を超えました。  8日の東京株式市場は、イランがイラク国内に駐留しているアメリカ軍の基地に対してミサイル攻撃を始めたことを受けて日経平均株価は一時、約1カ月半ぶりに2万3000円を割り込みました。為替も一時、107円台半ばまで円高が進むなどリスクを避ける動きが広がっています。また、中東情勢の緊迫が原油の供給に影響を及ぼすとの懸念から原油価格が上昇し、安全資産とされる金も買われています。
トランプ氏演説で市場に安心感 株価一時400円超↑
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 トランプ氏演説で市場に安心感 株価一時400円超↑  中東情勢の緊迫化で8日に急落した株価ですが、トランプ大統領の演説を受けて大幅に反発して400円以上、値上がりしました。  9日午前の日経平均株価は8日より473円高い2万3677円で取引を終えています。トランプ大統領の演説を受けてアメリカとイランの武力衝突が回避されたとの見方から市場に安心感が広がって株を買い戻す動きが進み、8日の下落分を取り戻しています。さらに、東京外国為替市場で1ドル=109円台まで円安が進んだことで輸出関連株を中心に値上がりしています。一方、中東不安の後退で原油価格は下落していて、石油関連銘柄には売りが出ています。
日経平均株価が一時500円安 米軍駐留基地攻撃で
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日経平均株価が一時500円安 米軍駐留基地攻撃で  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃をしたことを受けて東京市場の株価は一時、500円以上、下落しています。日経平均は現在、7日に比べて580円安い2万2994円ほどで取引されています。イランがイラク国内に駐留しているアメリカ軍の基地に対してミサイルを発射したとの報道を受けて為替が一時、107円台まで円高に進むなどリスクを避ける動きが広がっています。
東証一時500円超下落 “湾岸ショック”の直撃で
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 東証一時500円超下落 “湾岸ショック”の直撃で  東京株式市場では6日から年明けの取引が始まりました。アメリカ軍がイランの司令官を殺害したことで中東情勢が緊迫することへの懸念が高まっていることから、日経平均株価は大幅安となっています。  (経済部・平元真太郎記者報告)  年明け早々、東京市場は「湾岸ショック」の直撃に大揺れです。晴れやかなムードの直後、株は急落して会場ではため息が聞こえました。午前の日経平均株価は去年末より483円安い2万3173円で取引を終えています。背景は、アメリカ軍によるイランの司令官殺害で中東情勢の緊張が高まっていることです。安全資産とされる円が買われ、6日朝は一時、107円台の後半まで円高が進んで輸出関連銘柄を中心に売りが広がっています。秋のアメリカ大統領選までは比較的、楽観的な見通しが多かった株式市場ですが、正月明けから暗雲が垂れ込めています。
トランプ大統領 イランへの軍事報復には触れず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 イランへの軍事報復には触れず  アメリカのトランプ大統領はイランによるミサイル攻撃に対して軍事行動による対抗策は取らず、経済制裁の強化で対応する考えを示しました。  トランプ大統領:「今回のイランによる攻撃でアメリカ人の犠牲は出なかった。イランは事態を収束させつつあるようだ。関係国にとって良いことだ」  トランプ大統領はこのように述べ、事実上の収束宣言を行いました。懸念されていた軍事行動による報復には一切触れない一方、イランに対する経済制裁を強化する考えを明らかにしています。軍事衝突が懸念されていたアメリカとイランの対立は当面の危機を脱した形となりました。これを受け、ニューヨーク市場では株価が一気に値を上げ、ダウ平均株価は一時、前日に比べて200ドル以上、上昇しました。また、前日にイランによる攻撃を受けて急騰したニューヨークの原油先物相場は時間外取引での最高値から6ドル近く急落し、一時、1バレル60ドルを割り込みました。また、一時、約7年ぶりに1オンス1600ドルを突破した金相場も1560ドル台まで値を戻しています。
“世界大戦”懸念も…司令官殺害でイランが報復明言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “世界大戦”懸念も…司令官殺害でイランが報復明言  年明け早々に不穏な事態です。アメリカがイランの司令官を殺害した件に絡み、イランの軍事顧問は直接的な報復攻撃を明言しました。事態の影響で日本でも株価が急落しています。  2020年の年明け、アメリカでは不吉な言葉が飛び交いました。アメリカのSNSでは「第3次世界大戦」という言葉が1位となりました。事の発端は、やはりこの人でした。  トランプ大統領:「昨夜、私の指示によりアメリカ軍が完璧な攻撃を実行した。世界で一番のテロリストを殺害した」  3日、アメリカ軍はドローンによる空爆でイランの「ナンバー2」とも言われるソレイマニ司令官らを殺害。殺害された司令官は過激派組織「イスラム国」掃討作戦で大きな役割を果たし、イランで英雄視されている人物です。戦時中ではない国、さらに、大統領の指示による要人の暗殺という攻撃にイランは猛反発しています。  イラン、デフガン軍事顧問:「この争いを終わらせることができるのは、アメリカが自ら与えた一撃に匹敵する攻撃を受けることだ」  イラン政府は無制限にウラン濃縮を進める方針を表明。事実上、核合意からの離脱とみられています。  一方、今年秋の大統領選へ強気の姿勢を見せるトランプ大統領も一歩も引く構えを見せず、報復の連鎖がエスカレートしかねない状況です。  中東の危機は対岸の火事ではありません。ドルが売られて円高が進み、輸出企業を中心に全面安となった日経平均株価は一時、500円以上値下がりしました。
東証大発会 400円超の大幅値下げ 新年の取引開始
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 東証大発会 400円超の大幅値下げ 新年の取引開始  東京株式市場では6日から年明けの取引が始まりました。中東リスクの高まりから日経平均株価は一時、400円以上値下がりする大幅安となっています。  東京証券取引所では大発会の後、今年初めての取引が始まりました。今年の始まり値は年末と比べて336円安い2万3319円でした。その後に下げ幅を拡大して一時、400円以上値下がりし、現在は438円安い2万3218円で取引が続いています。アメリカ軍がイランの司令官を殺害したことで中東情勢が緊迫することへの懸念が広がったことや、東京外国為替市場で年末から円高ドル安が続いているため、輸出関連株を中心にほぼ全面安になっています。
中東緊迫でまさかの影響 身近なあの食べ物がピンチ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 中東緊迫でまさかの影響 身近なあの食べ物がピンチ  緊迫する中東情勢は日本の私たちの生活にも影を落とし始めています。その影響はガソリン価格の高騰や株価だけではなく、身近なあの食べ物にまで広がっていました。  緊張状態が高まっているアメリカとイランの対立が意外な食品に影響を与えています。お好み焼きではなく、それに掛けるソースです。ソースメーカー大手「オタフクソース」が販売しているお好みソースには欠かせない重要な原材料があるといいます。ナツメヤシの実「デーツ」です。  オタフクソースでは40年以上、原料として使っているデーツですが、イランなど中東諸国から年間300トン船便で輸入しています。今後は中東諸国以外からの調達も検討しているとのこと。現在は十分な在庫があることから、「お好みソースは店頭から消えません」とアピールしています。このほか、ファミレスチェーンのサイゼリヤでは全体の食材の約2割をスエズ運河を通って紅海を経由するルートでイタリアから輸入していますが、情勢によってはルートを変更しなければならず、そうなれば調達までに時間がかかり、在庫状況によっては出せなくなるメニューがあるかもしれないと懸念しています。ガソリン価格が9週連続で値上がりし、来週も値上がりが続く見通しのなか、中東情勢が国民生活に影を落としています。

おすすめの作品

米大使館にロケット弾 イラン司令官殺害“報復”か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大使館にロケット弾 イラン司令官殺害“報復”か  アメリカ軍の空爆でイラン革命防衛隊の司令官がイラクで殺害されたことに反発が広がっています。現地のアメリカ大使館などにロケット弾が撃ち込まれ、けが人が出ています。  4日、イラクの首都バグダッドにあるアメリカ大使館の周辺にロケット弾2発が撃ち込まれました。地元メディアはこの攻撃で民間人3人がけがをしたと伝えています。また、アメリカ軍が駐留するイラク中部のバラド空軍基地にもロケット弾3発が撃ち込まれました。イランはアメリカ軍の空爆でイラクの民兵組織を支援していた革命防衛隊の司令官が殺害されたことに今後、アメリカに対して「厳しい報復」をすると宣言しています。トランプ大統領は4日、ツイッターでイランがアメリカに対してさらなる攻撃をした場合、「イランの52の重要施設を攻撃する」と警告しました。
イラン司令官の遺体母国に到着…死悼む人々に囲まれ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン司令官の遺体母国に到着…死悼む人々に囲まれ  アメリカ軍の空爆で死亡したイラン革命防衛隊の司令官の遺体がイラクから母国のイランに到着しました。  イラクの民兵組織を支援していたイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官は3日、イラクのバグダッドでアメリカ軍の空爆を受けて死亡しました。遺体は司令官の死を悼む大勢の人々に囲まれながら、5日にイラン南西部のアフワズに到着しました。イランは司令官の殺害に強く反発していて、数日間、喪に服した後、アメリカに対して「厳しい報復」をすると宣言しています。そうしたなか、イラクの首都バグダッドでは4日、アメリカ大使館の周辺にロケット弾2発が撃ち込まれ、さらにアメリカ軍が駐留するイラク中部のバラド空軍基地にもロケット弾3発が撃ち込まれました。一方、アメリカのトランプ大統領は4日、ツイッターでイランがアメリカに対してさらなる攻撃をした場合、「イランの52の重要施設を攻撃する」と警告しました。
イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃をしました。少なくとも十数発以上の弾道ミサイルを撃ち込みました。  イランの革命防衛隊は日本時間の8日朝、アメリカ軍が駐留するイラク国内のアルアサド空軍基地に向けて弾道ミサイルを発射しました。ミサイルは少なくとも十数発が発射され、イラク北部のアルビルにも撃ち込まれました。この攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復で、イラン国営放送は「殉教者ソレイマニ作戦」と命名しました。アメリカのFOXニュースは、アメリカ側に死傷者は出ていないと伝えています。ロイター通信によりますと、イラン側は今回の攻撃が第1段階だとし、追加攻撃の可能性を示唆しています。アメリカが反撃に出るのかどうかが焦点となりますが、アメリカとイランの衝突がエスカレートする恐れもあります。
イランのミサイル攻撃16発 米は事前に把握し退避か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランのミサイル攻撃16発 米は事前に把握し退避か  イランによる弾道ミサイル攻撃について、アメリカ政府が攻撃の数時間前に兆候を察知していたとアメリカの一部メディアが報じました。  ワシントン・ポストは複数のアメリカ政府高官の話として、イラク国内のアメリカ軍が駐留する基地に対するミサイル攻撃の兆候を攻撃の数時間前に把握してアメリカ軍が退避行動を取っていたと報じました。アメリカ政府は今回の攻撃について、イラン政府が国内向けに体面を保つことが目的だったと分析しています。  一方、ロイター通信によりますと、アメリカのミリー統合参謀本部議長はイランが3カ所から合計16発の短距離弾道ミサイルを発射したと明らかにしました。そのうち11発がアサド空軍基地に、少なくとも1発が北部のアルビルの基地に着弾したということです。衛星写真では格納庫とみられる建物が完全に破壊されている様子が映されていて、イラン側が正確に建物や航空機だけを狙ったことをうかがわせています。
イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地を弾道ミサイルで攻撃しました。少なくとも12発以上のミサイルが2カ所に撃ち込まれました。  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊がイラク国内にあるアメリカ軍が駐留するアルアサド空軍基地に向かって弾道ミサイルを発射したと伝えました。攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復だということです。アメリカの国防総省は、ミサイルはイランから発射され、アメリカ軍の拠点2カ所に少なくとも12発以上が発射されたとしていて、現在、被害の状況を確認しています。アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は攻撃の説明を受けて安全保障チームと協議しているということです。
米国務長官「制裁を科し続ける」駐留米軍攻撃に対抗
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国務長官「制裁を科し続ける」駐留米軍攻撃に対抗  アメリカはイランがイラクに駐留するアメリカ軍を攻撃したことへの対抗措置として、イランの政府高官や製鉄企業などに新たに制裁を科すと発表しました。  ポンペオ国務長官:「イランがならず者の振る舞いを続けるならば、我々は制裁を科し続ける」  トランプ政権が新たに制裁対象に指定したのは、過去のテロ行為に関わったとされるイランの政府高官ら8人と鉄やアルミの製造業17社などで、アメリカ国内の資産が凍結されてアメリカ国民との取引が禁止されます。さらに、トランプ大統領はイランの建設業や製造業に関係する人物にも制裁を可能にする大統領令を発表しました。イランとアメリカとの軍事衝突が懸念されていましたが、アメリカは軍事行動を見送って経済的な圧力を強めた形です。
「米がイラク民兵組織空爆」6人死亡 地元メディア
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「米がイラク民兵組織空爆」6人死亡 地元メディア  アメリカとイランの緊張が高まるなか、「アメリカ軍が新たにイラクの首都バグダッドでイランの支援を受けた民兵組織に空爆をした」と地元メディアが報じました。  空爆は4日未明にバグダッド北部で2台の車を狙ったとみられ、イランの支援を受けていたイラクの民兵組織の幹部ら6人が死亡したということです。  トランプ大統領:「ソレイマニ司令官はアメリカの外交官や軍人への悪意のある攻撃を計画していた。だが、我々はそれを阻止し、彼を殺害した」  トランプ大統領は、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した2日の空爆は「アメリカ国民を攻撃から守る目的だった」と強調しました。国連のグテーレス事務総長は3日、「世界に湾岸戦争をする余裕はない」とアメリカとイランに自制を呼び掛けました。ただ、アメリカメディアは国防総省が中東に軍の兵士約3000人を追加派遣すると報じています。
イラン司令官殺害 米中が電話会談 中国は批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン司令官殺害 米中が電話会談 中国は批判  アメリカ軍がイランの司令官を殺害したことを受け、中国の外交を統括する楊潔チ政治局委員がアメリカのポンぺオ国務長官と電話で会談しました。  中国の国営メディアによりますと、楊政治局委員は「中国は国際関係における武力の使用に反対している」として、アメリカ軍によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の殺害を批判しました。さらに、「できるだけ早く対話による問題解決の軌道に戻し、緊張を緩和させることを希望する」とアメリカに自制を求めたということです。中国メディアは、ポンペオ国務長官の発言については「アメリカは現在の中東情勢における立場を伝えた」とだけ報道しています。
米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会  イランの革命防衛隊の司令官がアメリカ軍の空爆によって殺害されたことを受けて、イランの議会はアメリカ国防総省を「テロ組織」に指定することを決定しました。  イランの国営メディアによりますと、イランの議会は7日、今回の司令官殺害を受けてアメリカ国防総省をテロ組織に、また殺害に関わったアメリカのすべての部隊や関係者らを「テロリスト」に指定する法案を可決しました。さらに議会では、司令官が所属していた「コッズ部隊」を強化するため追加で約242億円を割り当てることも決定しました。イランはアメリカへの「報復」を宣言していて、中東情勢は緊張が高まっています。
アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除  アメリカが中国に対して「為替操作国」の認定を解除したことについて、中国政府は「アメリカの結論は事実に合致する」と評価しました。  中国外務省報道官:「中国は元々、為替操作国ではない。アメリカのこの新しい結論は事実に合致し、国際社会の共通認識にも合致する」  アメリカ政府は、中国が自国の輸出に有利になるよう人民元を意図的に安く誘導しているとして去年8月から続けてきた為替操作国の認定を13日に解除しました。中国外務省は決定を評価したうえで、「貿易摩擦に対応するため、為替を道具とすることはない」と強調しました。また、中国の税関当局も「両国や世界の貿易に前向きな影響があり、良い知らせだ」と歓迎しました。