「アメリカ 無料」の検索結果

今すぐ視聴する

メンフィス 特大バーガー
大食いファイト! in USA メンフィス 特大バーガー アダムはテネシー州メンフィスを訪れる。チキン好きが集まるガスズ・フライドチキンでは調理にも挑戦し、店のスタッフ直伝の食べ方でチキンを堪能する。また、バーベキュー料理で有名なランデブーでは有名なポークリブやエビに舌鼓を打つ。大食いチャレンジでは、パティだけで約1.8キロ、総重量が約3.4キロもある巨大ハンバーガーに挑戦する。過去に完食した男性も応援する中チャレンジは成功するのか? 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
コロンバス 特大サンドイッチ
大食いファイト! in USA コロンバス 特大サンドイッチ 今回、アダムはオハイオ州コロンバスを訪れる。メガ盛り文化の中心地であるこの地で、地元民に愛される店を巡る。そこで出会ったのはサーマネーターという名の裏メニューの巨大なハンバーガーや、バハマママという名物のソーセージ。そして最後に待ち構えていたのは、特大のダグウッドサンドイッチだ。約1キロもあるサンドイッチと大盛のポテトを30分で完食しようとするが、チャレンジは成功となるか? 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
オースティン タコス大食い記録
大食いファイト! in USA オースティン タコス大食い記録 今回の舞台は、テキサス州の州都オースティン。アダムはすべてがビッグなこの街で巨大ドーナツに出会う。老舗の手作りドーナツはイーストや卵にこだわった優しい味だ。近郊のヒル・カントリーでは伝統的なバーベキューを堪能。全米でも珍しいバーベキューピットで焼いた肉は絶品だ。そして大食い挑戦は家族経営レストランのタコス。地元の人々の温かい声援にアダムはやる気満々だが、果たして結果は? 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
アマリロ 特大ステーキ
大食いファイト! in USA アマリロ 特大ステーキ アダムは世界有数の牛肉生産地であるテキサス州アマリロを訪れる。まず挑戦するのは、ハラペーニョたっぷりの激辛バーガー。続いて総重量約1.3キロもあるデカ盛りチリチーズフライを堪能する。テキサスの名物料理チキンフライドステーキにも舌鼓を打つ。今回の大食いチャレンジは約2キロのステーキ。約4万8000人中8000人程しか成功していないこのチャレンジ。はたしてアダムは完食できるのか? 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
TAKE-Z東海初上陸! 長良モンスターと毛根神栖ブラザーズ現る
バーニング帝国 TAKE-Z東海初上陸! 長良モンスターと毛根神栖ブラザーズ現る 新型ロボット・お助けさっちゃんが新加入した我が帝国。オーエスピンクの毒牙に犯された東海地区・長良川の奪還へ向かう。魚影が薄いとの前情報もキングには関係ない。そして、神栖の高齢サポート隊・竹じいが再度登場。何と霞ヶ浦からTAKE-Zを無料出張サービスで持ってきてくれると言う。更に薄毛の春ちゃんまで。怪しい...何かある。(本編内容は2014年7月放送当時のものです)
ワクチン1億回分 米政府ファイザーなどから購入へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ワクチン1億回分 米政府ファイザーなどから購入へ  アメリカ政府は製薬大手のファイザーと新型コロナウイルスのワクチン1億回分を購入することで合意しました。  ファイザーは22日、ドイツのビオンテックと開発中のワクチンについて、アメリカ政府が1億回分を19億5000万ドル=約2100億円で購入することで合意したと発表しました。安全性と有効性が確認されることが条件で、アメリカ政府は5億回分の追加購入が可能だとしています。高いワクチン需要を受けて、ファイザーなどは今年中に1億回分、来年末までに13億回分の生産を目指す予定です。アメリカ政府は来年初めまでに3億回分のワクチンを国民に無料で提供する計画で、最大で100億ドル=約1兆700億円を投じてワクチンの調達を進めています。
人気の博物館が一部再開 親子で久々のお出かけ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 人気の博物館が一部再開 親子で久々のお出かけ  アメリカの首都ワシントン近郊では、新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた博物館の一部が4カ月ぶりに再開しました。  ワシントンなどで約20の美術館や博物館を入館料無料で運営するスミソニアン協会は24日、博物館と動物園の2カ所を再開させました。  訪れた人:「楽しかった!」「とっても、とっても楽しかった!」「ちょっと子育てに疲れてたよ。毎日、家で同じことを繰り返していたからね。いつもと違って娘もワクワクしているよ」  ワシントンと隣のバージニア州では1日までに、博物館は人数制限のうえで開館が認められましたが、運営側が慎重に再開の時期を見極めた形です。一方、ワシントンのバウザー市長は国内の新型コロナウイルスの感染者が多い地域から来た人には原則、2週間の自主隔離を求めることを発表し、ウイルスを持ち込ませないための対策を進めています。

おすすめの作品

中国が報復措置 成都の米総領事館の閉鎖を発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が報復措置 成都の米総領事館の閉鎖を発表  中国外務省は、四川省成都にあるアメリカ総領事館を閉鎖すると発表しました。アメリカがヒューストンの中国総領事館の閉鎖を発表したことへの報復措置です。  中国外務省は成都のアメリカ総領事館の閉鎖について、「アメリカの理不尽な行動に対する正当かつ必要な対応で国際法に合致する」と強調しました。すでにアメリカ側に伝えたとしています。アメリカ政府が、ヒューストンにある中国総領事館の閉鎖を発表したことへの報復措置と位置付けています。さらに「責任は完全にアメリカ側にある。アメリカが直ちに決定を撤回するよう促す」としています。
中国 米総領事館の閉鎖を要求「関係者が内政干渉」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国 米総領事館の閉鎖を要求「関係者が内政干渉」  中国政府は成都にあるアメリカ総領事館の閉鎖を要求した理由について、「一部の関係者が中国の内政に干渉し、安全を損なった」と指摘しました。  アメリカ政府がヒューストンにある中国領事館の閉鎖を要求したことへの報復措置として、中国政府は24日、四川省成都にあるアメリカ総領事館の閉鎖を求めました。  中国外務省・汪文斌副報道局長:「在成都米国領事館の一部の関係者は、すべきでない活動に従事して中国の内政問題に干渉し、中国の安全と利益を損なった」  中国外務省はそのうえで、「アメリカとの間に生じたこのような情勢は中国が望んだのではなく、責任はアメリカにある」と非難しました。ただ、成都のアメリカ総領事館が行ったとする具体的な活動については明らかにしませんでした。
中国総領事館立ち入りに猛抗議 成都で報復措置か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国総領事館立ち入りに猛抗議 成都で報復措置か  アメリカ・ヒューストンにある中国総領事館にアメリカ政府の関係者が立ち入ったことについて、中国政府は「断固反対する」と抗議しました。  ヒューストンにある中国総領事館では閉鎖期限を迎えた24日、アメリカの治安当局者とみられる男性らが裏口のドアをこじ開けて立ち入る様子が確認されています。この件で中国外務省は報道官コメントを発表し、「アメリカ側が強引に立ち入ったことに対して強い不満と断固たる反対を表明する」として、アメリカ政府に厳正な申し入れを行ったと明らかにしました。中国政府は報復措置として四川省成都にあるアメリカ総領事館の閉鎖を要求していて、閉鎖期限が過ぎれば中国側の当局者が館内に立ち入って内部の調査などを行うものとみられます。
トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ  アメリカのトランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「ティックトック」の、アメリカ国内での利用を禁止する考えを明らかにしました。  トランプ大統領は大統領専用機の機内で記者団に対し、「ティックトックには懸念があり、アメリカ国内での利用を禁止する」と述べました。ティックトックは中国の企業が運営する短い動画が投稿できるアプリで、アメリカ国内でも若者を中心に1億人のユーザーがいるとされます。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などの利用者データが中国政府に漏れる恐れがあるとみていて、すでにアメリカ軍関係者の利用を禁止しています。ティックトックを巡っては、マイクロソフト社がアメリカでの事業を買収する意向を示しているとの報道も出ています。
成都のアメリカ総領事館を閉鎖したと中国政府が発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 成都のアメリカ総領事館を閉鎖したと中国政府が発表  在外公館を巡りアメリカと中国の対立が熱を帯びていますが、中国政府は、日本時間の27日午前11時に四川省成都にあるアメリカ総領事館を閉鎖したと発表しました。中国政府の担当者らが総領事館の正門から中に立ち入り、接収・管理に入ったとしています。これに対して、アメリカ国務省は「中国の決定は遺憾だ」としています。
米中戦争?領事館閉鎖で緊張 中国人ハッカー起訴も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中戦争?領事館閉鎖で緊張 中国人ハッカー起訴も  アメリカと中国の対立が激しさを増しています。領事館の閉鎖を求めたアメリカに対し、中国政府は猛反発しています。  米中関係の緊張が、にわかに高まっています。発端はアメリカが中国に対し、テキサス州ヒューストンにある中国の総領事館を閉鎖するよう要求したことです。在外公館の事実上の閉鎖命令は異例のことです。  トランプ大統領:「さらなる外交施設の閉鎖はいつでもあり得る」  理由について、アメリカ国務省は「アメリカの知的財産と民間情報を守るため」としています。一体、どういう意味なのか…。共和党のマルコ・ルビオ上院議員はこうツイートしています。  共和党・ルビオ上院議員:「ヒューストンにある中国の総領事館はスパイ活動の巨大拠点だ。もっと前に閉鎖させるべきだった」  これに対し、中国政府は猛反発。  中国外務省・汪文斌報道官:「アメリカは総領事館がすべきでない活動を行ったと主張しているが、これは悪意のある中傷だ」  在ヒューストン中国総領事館・蔡偉総領事:「我々が何か悪いことをしたと言うなら証拠を見せて下さい」  このインタビューが行われた前日、総領事館では敷地内の中庭で不審火が起きたと現地メディアが報道。消防車が出動しましたが、中国側が拒否し、中には入れませんでした。退去する前に機密文書などを処分したのでは、との見方が出ています。  アメリカ、トランプ大統領:「恐らく文書や書類を焼いたんだ。なぜだろうね」  総領事館の閉鎖通告との関連は不明ですが、アメリカ司法省は21日、新型コロナウイ…
報復の米総領事館閉鎖へ 成都市民も反米感情あらわ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 報復の米総領事館閉鎖へ 成都市民も反米感情あらわ  中国の成都にあるアメリカ総領事館は、27日に中国政府が要求する閉鎖の期限を迎えます。総領事館の前には多くの人が集まっていて反米感情の高まりも見られます。  四川省成都にあるアメリカ総領事館では、運搬車が入るなど、退去作業が続いています。集まった人のなかには、「アメリカの挑発を中国は恐れない」などと反米感情をあらわにする人もいました。ヒューストンにある中国総領事館にアメリカ政府関係者が立ち入ったことについて中国政府は抗議していて、27日の閉鎖期限が過ぎれば中国の当局もアメリカ総領事館内に立ち入り、内部の調査などを行うものとみられます。
アメリカ 第2四半期GDP -32.9%で過去最悪
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカ 第2四半期GDP -32.9%で過去最悪  アメリカの第2四半期のGDP(国内総生産)の伸び率は、年率換算でマイナス32.9%と過去最悪の下げ幅になりました。  アメリカ商務省が発表した4月から6月までのアメリカのGDPの伸び率は、年率換算でマイナス32.9%になりました。新型コロナウイルスの影響により過去最悪の下げ幅です。アメリカでは4月以降、感染拡大を受けた外出禁止令が続いたため家計の支出が減っているほか、小売業などでも売り上げが落ち込んでいます。経済の一部再開を受けて5月と6月はやや持ち直しましたが、4月の落ち込みが大きく足を引っ張ったとみられます。
「Tik Tok」の買収交渉を中断か 米マイクロソフト
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「Tik Tok」の買収交渉を中断か 米マイクロソフト  中国企業が運営する動画投稿アプリ「ティックトック」のアメリカ事業の買収に動いているマイクロソフトが、交渉を中断しているとアメリカのメディアが報じました。  マイクロソフトは、ティックトックのアメリカ事業を買収することで運営会社である中国の「バイトダンス」と交渉しているとみられていました。しかし、アメリカメディアは1日に関係者の話として、マイクロソフトがこの買収交渉を中断していると伝えました。ティックトックを巡っては、トランプ大統領が近くアメリカ国内での使用を禁じる考えを示しています。トランプ政権はマイクロソフトによる買収についても反対する意向で、両社は政権の真意を確認しているということです。ティックトックは若者を中心にアメリカ国内でも1億人のユーザーがいるとされています。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などのデータが中国側に漏れる恐れがあるとして、すでに米軍関係者の使用を禁止しています。
セブン&アイHD 米コンビニ3位を2兆円余りで買収へ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 セブン&アイHD 米コンビニ3位を2兆円余りで買収へ  流通大手「セブン&アイホールディングス」は、アメリカのコンビニ業界3位の「スピードウェイ」を2兆円余りで買収すると発表しました。  スピードウェイはアメリカの石油精製会社「マラソン・ペトロリアム」のガソリンスタンド部門で、アメリカのコンビニ業界第3位、約3900店舗を展開しています。セブン&アイの発表によりますと、買収額は210億ドル、日本円で約2兆2176億円に上ります。国内のコンビニ市場が成熟するなか、今後、市場の伸びが期待できるアメリカでの事業を強化する狙いがあります。この買収で、アメリカのセブン-イレブンの店舗数は約1万3000に増えるということです。セブン&アイは「今後、北米の市場で業界リーダーの地位を確立することになる」としています。