「アメリカ 閉鎖」の検索結果

今すぐ視聴する

トヨタ 人工知能で“つながる”実証都市を建設へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トヨタ 人工知能で“つながる”実証都市を建設へ  トヨタ自動車は住宅や車、家電などモノとサービスがインターネットでつながる実証都市を静岡県に建設すると発表しました。自動車メーカーでは異例の取り組みです。  トヨタ自動車・豊田章男社長:「これが私たちのビジョンを実現させる『ウォーブンシティ』です」  トヨタの豊田社長はアメリカ・ラスベガスで会見し、人工知能などを活用してすべてのモノがインターネットでつながる2000人規模の街づくりを実験的に始めると明らかにしました。今年に閉鎖される静岡県裾野市の工場跡地に来年、着工する予定です。自動運転の電気自動車やロボット技術などの開発に生かし、新しいビジネスモデルを生み出すとしています。
EPISODE 4 「花の名は、アマルガム」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 4 「花の名は、アマルガム」 この地、この刻の天地に描かれるレイラインによって鼓動するシェム・ハの腕輪。 全ては、神の力を手に入れんとする風鳴訃堂の思惑であった。 不協和に奏でられる音の羅列に続いて大噴火する人体が、蜘蛛の結界を突き破る。 駆けつけた装者たちと相対するヴァネッサは、戦う理由を語る事で響を翻弄する。 ペースを乱されながらも理解を深めようとする響を無碍に拒むヴァネッサ。 その言葉は、異質と隔たれた存在が覚える諦観からくるものであった。 起動儀式の祭壇より、逃走を果たすノーブルレッドと風鳴訃堂。 だが、装者を「強き相手」と括った高に、弱さを知るマリアの機知が付け入られると、 ここに盤面は覆り、シンフォギア装者たちの反撃が総力をもって開始される。 圧倒的な彼我の戦力差。それでも背を向けずに迎え撃つノーブルレッドの不敵な笑み。 巧妙・周到に張り巡らされた策の果てに囚われてしまった装者6人は、 閉鎖空間内に圧縮されたエネルギーに打ちのめされ、猫噛む窮鼠の逆襲に昏倒してしまう。 朦朧とした意識の中、投げ掛けられた言葉に響は、花咲く勇気を思い出すのであった。

おすすめの作品

米大使館にロケット弾 イラン司令官殺害“報復”か
最新の国際ニュース【随時更新】 米大使館にロケット弾 イラン司令官殺害“報復”か  アメリカ軍の空爆でイラン革命防衛隊の司令官がイラクで殺害されたことに反発が広がっています。現地のアメリカ大使館などにロケット弾が撃ち込まれ、けが人が出ています。  4日、イラクの首都バグダッドにあるアメリカ大使館の周辺にロケット弾2発が撃ち込まれました。地元メディアはこの攻撃で民間人3人がけがをしたと伝えています。また、アメリカ軍が駐留するイラク中部のバラド空軍基地にもロケット弾3発が撃ち込まれました。イランはアメリカ軍の空爆でイラクの民兵組織を支援していた革命防衛隊の司令官が殺害されたことに今後、アメリカに対して「厳しい報復」をすると宣言しています。トランプ大統領は4日、ツイッターでイランがアメリカに対してさらなる攻撃をした場合、「イランの52の重要施設を攻撃する」と警告しました。
イラン司令官の遺体母国に到着…死悼む人々に囲まれ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン司令官の遺体母国に到着…死悼む人々に囲まれ  アメリカ軍の空爆で死亡したイラン革命防衛隊の司令官の遺体がイラクから母国のイランに到着しました。  イラクの民兵組織を支援していたイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官は3日、イラクのバグダッドでアメリカ軍の空爆を受けて死亡しました。遺体は司令官の死を悼む大勢の人々に囲まれながら、5日にイラン南西部のアフワズに到着しました。イランは司令官の殺害に強く反発していて、数日間、喪に服した後、アメリカに対して「厳しい報復」をすると宣言しています。そうしたなか、イラクの首都バグダッドでは4日、アメリカ大使館の周辺にロケット弾2発が撃ち込まれ、さらにアメリカ軍が駐留するイラク中部のバラド空軍基地にもロケット弾3発が撃ち込まれました。一方、アメリカのトランプ大統領は4日、ツイッターでイランがアメリカに対してさらなる攻撃をした場合、「イランの52の重要施設を攻撃する」と警告しました。
イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃をしました。少なくとも十数発以上の弾道ミサイルを撃ち込みました。  イランの革命防衛隊は日本時間の8日朝、アメリカ軍が駐留するイラク国内のアルアサド空軍基地に向けて弾道ミサイルを発射しました。ミサイルは少なくとも十数発が発射され、イラク北部のアルビルにも撃ち込まれました。この攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復で、イラン国営放送は「殉教者ソレイマニ作戦」と命名しました。アメリカのFOXニュースは、アメリカ側に死傷者は出ていないと伝えています。ロイター通信によりますと、イラン側は今回の攻撃が第1段階だとし、追加攻撃の可能性を示唆しています。アメリカが反撃に出るのかどうかが焦点となりますが、アメリカとイランの衝突がエスカレートする恐れもあります。
イランのミサイル攻撃16発 米は事前に把握し退避か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランのミサイル攻撃16発 米は事前に把握し退避か  イランによる弾道ミサイル攻撃について、アメリカ政府が攻撃の数時間前に兆候を察知していたとアメリカの一部メディアが報じました。  ワシントン・ポストは複数のアメリカ政府高官の話として、イラク国内のアメリカ軍が駐留する基地に対するミサイル攻撃の兆候を攻撃の数時間前に把握してアメリカ軍が退避行動を取っていたと報じました。アメリカ政府は今回の攻撃について、イラン政府が国内向けに体面を保つことが目的だったと分析しています。  一方、ロイター通信によりますと、アメリカのミリー統合参謀本部議長はイランが3カ所から合計16発の短距離弾道ミサイルを発射したと明らかにしました。そのうち11発がアサド空軍基地に、少なくとも1発が北部のアルビルの基地に着弾したということです。衛星写真では格納庫とみられる建物が完全に破壊されている様子が映されていて、イラン側が正確に建物や航空機だけを狙ったことをうかがわせています。
イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地を弾道ミサイルで攻撃しました。少なくとも12発以上のミサイルが2カ所に撃ち込まれました。  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊がイラク国内にあるアメリカ軍が駐留するアルアサド空軍基地に向かって弾道ミサイルを発射したと伝えました。攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復だということです。アメリカの国防総省は、ミサイルはイランから発射され、アメリカ軍の拠点2カ所に少なくとも12発以上が発射されたとしていて、現在、被害の状況を確認しています。アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は攻撃の説明を受けて安全保障チームと協議しているということです。
米国務長官「制裁を科し続ける」駐留米軍攻撃に対抗
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国務長官「制裁を科し続ける」駐留米軍攻撃に対抗  アメリカはイランがイラクに駐留するアメリカ軍を攻撃したことへの対抗措置として、イランの政府高官や製鉄企業などに新たに制裁を科すと発表しました。  ポンペオ国務長官:「イランがならず者の振る舞いを続けるならば、我々は制裁を科し続ける」  トランプ政権が新たに制裁対象に指定したのは、過去のテロ行為に関わったとされるイランの政府高官ら8人と鉄やアルミの製造業17社などで、アメリカ国内の資産が凍結されてアメリカ国民との取引が禁止されます。さらに、トランプ大統領はイランの建設業や製造業に関係する人物にも制裁を可能にする大統領令を発表しました。イランとアメリカとの軍事衝突が懸念されていましたが、アメリカは軍事行動を見送って経済的な圧力を強めた形です。
米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会  イランの革命防衛隊の司令官がアメリカ軍の空爆によって殺害されたことを受けて、イランの議会はアメリカ国防総省を「テロ組織」に指定することを決定しました。  イランの国営メディアによりますと、イランの議会は7日、今回の司令官殺害を受けてアメリカ国防総省をテロ組織に、また殺害に関わったアメリカのすべての部隊や関係者らを「テロリスト」に指定する法案を可決しました。さらに議会では、司令官が所属していた「コッズ部隊」を強化するため追加で約242億円を割り当てることも決定しました。イランはアメリカへの「報復」を宣言していて、中東情勢は緊張が高まっています。
アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除  アメリカが中国に対して「為替操作国」の認定を解除したことについて、中国政府は「アメリカの結論は事実に合致する」と評価しました。  中国外務省報道官:「中国は元々、為替操作国ではない。アメリカのこの新しい結論は事実に合致し、国際社会の共通認識にも合致する」  アメリカ政府は、中国が自国の輸出に有利になるよう人民元を意図的に安く誘導しているとして去年8月から続けてきた為替操作国の認定を13日に解除しました。中国外務省は決定を評価したうえで、「貿易摩擦に対応するため、為替を道具とすることはない」と強調しました。また、中国の税関当局も「両国や世界の貿易に前向きな影響があり、良い知らせだ」と歓迎しました。
イランの攻撃当時「死傷者なし」 実は米兵11人負傷
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランの攻撃当時「死傷者なし」 実は米兵11人負傷  イランのミサイル攻撃で、アメリカ軍兵士に負傷者が出ていました。  アメリカのCNNテレビは8日のイランによるアメリカ軍が駐留する基地へのミサイル攻撃で、アメリカ軍兵士11人が負傷していたと報じました。11人は脳震盪(しんとう)を起こし、ドイツとクウェートの病院に搬送されて検査や治療を受けたということです。アメリカのトランプ大統領は「攻撃があれば反撃する」としていましたが、攻撃があった際は「死傷者はいない」として、軍事行動を控えていました。負傷者が出ていたとする今回の報道を受けて、イランへの態度を変える可能性もあります。
米中貿易協議 「第1段階」合意文書に署名
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中貿易協議 「第1段階」合意文書に署名  アメリカと中国は貿易協議を巡る第1段階の合意文書に署名をしました。中国が大量のアメリカ農産品などを購入することなどが盛り込まれました。  トランプ大統領:「我々は中国とかつてない重大な一歩を踏み出す。将来に向けた公平で互恵的な貿易のためのものだ」  アメリカ政府によりますと、米中両国は中国がアメリカ製品の輸入を2年間で約22兆円分増やすことやアメリカ企業に対する技術移転の強要を終わらせることなど7項目で合意しました。アメリカはこれまでに課した関税の一部を削減しますが、約27兆円分の中国製品に対する25%の関税は据え置きます。今後について、トランプ大統領は中国を訪問して次の協議を始める考えを示しましたが、「第3段階は想定していない」とも話しました。トランプ大統領は引き続き据え置いた関税を材料に譲歩を迫る狙いですが、中国によるハイテク産業への補助金政策などの構造問題に迫れるかは不透明です。