「アルゴン」の検索結果

「アルゴン」に関する情報は見つかりませんでした。
「アルゴ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#02 屋上の告白
五等分の花嫁 #02 屋上の告白 「五つ子を無事卒業させる」という依頼を引き受け、家庭教師をすることになった風太郎。しかし赤点候補の上に極度の勉強嫌いな五つ子は、事あるごとに風太郎から逃げてしまう。五つ子との距離を縮めようと奮闘する風太郎だが、突然三玖から屋上に来るよう呼び出される。
第29話 慌てるな!クーリングオフというものがある/テレビとか新聞とかちゃんと見ないとダメだって
銀魂 第29話 慌てるな!クーリングオフというものがある/テレビとか新聞とかちゃんと見ないとダメだって 「慌てるな!クーリングオフというものがある」星をも切り裂く妖刀『星砕』。その伝説の刀を求め、天人の岩慶丸は夜な夜な刀狩りを繰り返していたが…。 「テレビとか新聞とかちゃんと見ないとダメだって」神楽の悲鳴ににわかに騒がしくなる万事屋。その元凶であるゴキブリ退治に向かう銀時と新八だったが…。
第4話 出合い
巨神ゴーグ 第4話 出合い アルゴスとともにオウストラル新島にうちあげられた悠宇。海岸線の岸壁を渡る彼の行く手を、謎の怪物の触手が塞ぐ。絶体絶命! その時、海原を揺るがす咆哮とともに、青い巨人が現れた…。南海の魔神譚のイメージが圧巻のゴーグ初登場篇。ゴーグと悠宇の邂逅を経て、冒険はいよいよ加速する。
第10話 疲れた時は酸っぱい物を
銀魂 第10話 疲れた時は酸っぱい物を ハタ皇子が再び江戸を訪れた。ペスを失ったことに心を痛める皇子は、今度こそ可愛いペットを得ようと、江戸市中の動物園を巡る。一方、酢昆布をむさぼる神楽は、万事屋の前におかれた箱に愛らしい姿を見つけ、満面の笑みを浮かべる。それは、ちょっと…いや、かなり大きい犬のような生き物だった。銀時の反対を押し切り、神楽はその生き物を飼いたいという。定春と名付け、力の限り戯れる神楽とは対照的に、ことあるごとに噛みつかれ満身創痍の銀時と新八。定春に手を焼く二人は…。
第8話 ファンの社会人修行
無料
華麗なる遺産 第8話 ファンの社会人修行 家業の勉強のために本店で働き始めたファン。弟ウヌを捜すこと、そしてファンを立ち直らせるために協力してほしいというスクチャの条件をのむ。しかしファンの教育係となったウンソンは、事あるごとにファンとぶつかり合う。スンミは店のまかないを食べないファンのために弁当を作って行くが、ウンソンが一緒に働いていることを知り不安がよぎる。 一方、ピョンジュンは、ウンソンがアメリカの大学を辞めていることを知って愕然とし...
#07 失格者の烙印
ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld #07 失格者の烙印 整合騎士レンリ・シンセシス・トゥエニセブンは補給部隊の守備を任されるが、初めての戦いに怖気づき、逃げ出してしまった。その結果、キリトがいる補給部隊のテントにまで、闇の軍勢であるゴブリンたちの侵入を許してしまう。
第3話 わすれもの
女子高生の無駄づかい 第3話 わすれもの 百井咲久は、その可愛らしい見た目から、周囲にいつも小さくて可愛いと言われ続けてきた。自分の容姿にコンプレックスを抱き、グレてやるとまるで尖ったナイフのように生きているのにも関わらず、周囲の反応は変わらない。そしてバカにロリというあだ名をつけられてしまい、事あるごとにあだ名を連呼されることに怒ったロリは、もうバカとは口を聞いてやらないと宣言するが、バカの巧みな誘導によって、つい返事をしてしまう。さらにはバカの嘘にまんまと騙されてしまい、ロリはバカに対して最高の悪口を言うのだが……。
第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」 「あなたは冒険者だ――」 冒険者が、その高みを目指すとき、更なる次元に足を踏み入れようとするとき……必要となるものは文字通り『冒険』。かつて冒険者であった先駆者は、そう口にした。 アイズ・ヴァレンシュタインとの特訓の日々を通じ、アイズも驚愕するほどの速度で力をつけてきたベル。そのベルが、次第にランクアップに興味を示すようになるのは当然の帰結であった。 いつもと同じダンジョン。いつもと同じ冒険者としての日々。だが、静かに、そして確実に近づいていた――ベル・クラネルにとっての本当の『冒険』の刻(とき)が――。
フェンウィック「Aces」エイシス誕生 沢村プロが熱く語る
無料
TIEMCO CHANNEL フェンウィック「Aces」エイシス誕生 沢村プロが熱く語る 2016年TOP50霞ヶ浦戦で圧勝した沢村プロ。その勝利を支えた2017年フェンウィック新シリーズ【Aces】について語ります!ACESシリーズは、よりテクニカルに細分化された近代バスフィッシングに対応すべく、これまでフェンウィックロッドにあったブランクマテリアルごとのシリーズ構成をあえて廃止。各モデルのコンセプト・メソッドに対し、現在考えうる最も適したマテリアル、製法、構造を適材適所で組み合わせ、先進のガイドセッティングとバランスで専用設計しました。ブランクマテリアルを釣り方に当てはめる考えから、釣り方にブランクマテリアルを合わせ込むコンセプトに一新する事で、メッソッドやテクニックに特化した、より専門性を追及したスペシャリティーモデルで構成されています。フェンウィックロッドの長きに渡り培われてきた技術の粋を集め、エースナンバーのみで構成された死角無きシリーズ。それがNewフラッグシップモデルACESのコンセプトです。
山岡プロが解説するフェンウィック「Aces」エイシス
無料
TIEMCO CHANNEL 山岡プロが解説するフェンウィック「Aces」エイシス JB TOP50プロにして、「七色ダムのリビングレジェンド」山岡計文プロがフェンウィックの新たなフラッグシップ「ACESエイシス」を実際の操作を交えながら解説します。ACESシリーズは、よりテクニカルに細分化された近代バスフィッシングに対応すべく、これまでフェンウィックロッドにあったブランクマテリアルごとのシリーズ構成をあえて廃止。各モデルのコンセプト・メソッドに対し、現在考えうる最も適したマテリアル、製法、構造を適材適所で組み合わせ、先進のガイドセッティングとバランスで専用設計しました。ブランクマテリアルを釣り方に当てはめる考えから、釣り方にブランクマテリアルを合わせ込むコンセプトに一新する事で、メッソッドやテクニックに特化した、より専門性を追及したスペシャリティーモデルで構成されています。フェンウィックロッドの長きに渡り培われてきた技術の粋を集め、エースナンバーのみで構成された死角無きシリーズ。それがNewフラッグシップモデルACESのコンセプトです。
第10話 英雄切望(アルゴノゥト)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第10話 英雄切望(アルゴノゥト) 捨て身の行動により命が開いた血路に飛び込み、殺生石を砕いたベル。その状況にあってなお、救いを求めようとはしない春姫に、ベルは思いの丈を叩きつける。春姫の本当の願いを聞かせてほしいと。  詠唱された『階位昇華(レベルブースト)』の妖術が加護を与えた先はベル・クラネル。偽りなき願いを叫ぶ春姫を背に、ベルは第一級冒険者たるフリュネを迎え撃つ。  同刻、紅く燃え盛る歓楽街の一角。その中心にはオラリオ最強の冒険者、そして――最強を束ねる美の女神(フレイヤ)の姿が――
第3話
無料
華政[ファジョン] 第3話 即位した光海君だったが、臨海君に謀反の疑いがかかる。兄を信じたい光海君は、重臣たちの反発を抑えるが、明の使者が光海君を王と認める前に、臨海君に会わせろと言ってくる。長男である臨海君が乱心したという理由で次男の光海君が世子となったと報告していたため、事実を確かめるためだった。結局、臨海君は自分の潔白を信じるという光海君のため、使者の前で乱心したふりをする。しかしその夜、光海君は臨海君から思いがけない告白を受ける...それから5年。光海君は、ことあるごとに重臣たちの反発に遭い、目指す政治を実現できずにいた。その一方で、仁穆大妃は邪魔者は粛清するという光海君のやり方に恐怖と怒りを抱き、息子の永昌大君を即位させなかったことを後悔していた。
ヴィーナス・トーク ~官能の法則
ヴィーナス・トーク ~官能の法則 ヴィーナス・トーク ~官能の法則 もう若くはないが、それでも恋に、仕事に、セックスに......前向きに人生を謳歌する3人の女性たちが繰り広げる、ちょっとキワどいラブ・コメディー。 独身のシネ、主婦のミヨン、シングルマザーのヘヨンは学生時代からの親友同士。熟年に差しかかった今も互いに悩みを打ち明け、恋やセックスの話に花を咲かせる。ケーブルテレビ局のバラエティ部門でチーフプロデューサーを務めるシネは、長年付き合った恋人を職場の若い後輩に取られ、弾みでずっと年下の男性と付き合い始める。しかし、母親のクレジットカードでデートの支払いをしようとする彼に戸惑いを隠せない。ミヨンは息子の海外留学中に夫とのセックスライフを思う存分満喫しようとするが、夫は彼女の愛の要求に応えきれず、夫婦は危機に陥る。一方、ベーカリー・カフェを営むヘヨンは、年頃の娘を結婚させて母子二人で住む家から出し、恋人と水入らずで過ごそうともくろむ。しかし、娘がことあるごとに実家に舞い戻り、思いどおりにいかない。そんなある日、ヘヨンは下腹部の激痛に突然襲われ......。 それぞれに悩みを抱えながらも、励まし合い、前を向いて生きていく――そんな彼女たちの波乱万丈の日々を笑いと涙、そしてちょっとアブないシーンを交え、大胆かつスタイリッシュに描く。