「イ サン 44話」の検索結果

今すぐ視聴する

第44話 形見の指輪
イ・サン 第44話 形見の指輪 英祖(ヨンジョ)はソンヨンに対し、思悼世子(サドセジャ)の肖像画を描いてくれた礼だといって指輪を授け、サンを見守っていってくれるよう頼む。 一方、サンは、薄情であった自分を許してくれと書かれた英祖の書状を見て、心を痛める。
第44話 電撃結婚!両津勘吉
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第44話 電撃結婚!両津勘吉 父親を始め、お調子者の身内が、マリアを婚約者だと勘違い!事態は結婚式まで発展し大騒ぎ!
第44話 お母さんだって忙しいんだから夕飯のメニューに文句つけるの止めなさい
銀魂 第44話 お母さんだって忙しいんだから夕飯のメニューに文句つけるの止めなさい 捕まったエリザベスの救出を、食べ物で釣って万事屋に依頼しようとする桂。その依頼を受けてしまった万事屋一行と桂は、忍びの助けを得ようと『くの一カフェ』で働くさっちゃんを訪ねる。仕事を盾に助けを拒む彼女だったが、銀時の罠にはまり店をクビになり、協力させられることになってしまい…。
第44話 賢太郎君もマッ青!?四谷の恐るべき正体
めぞん一刻 デジタルリマスター版 第44話 賢太郎君もマッ青!?四谷の恐るべき正体 四谷さんの正体って、いったい何なんでしょう? 一刻館の古い写真が波紋を呼んで、四谷追跡大作戦の始まりです。私も参加させられて、尾行のために変装ですって。でもこんな姿で、街を歩くなんて…。
第44話 リョウは恋泥棒! 魔鏡に秘めた愛の行方(後編)
シティーハンター2 第44話 リョウは恋泥棒! 魔鏡に秘めた愛の行方(後編) 勝負の課題は、やよいが持っているのと同じ古い鏡を、ある家から盗み出すこと。かすみは泥棒に慣れないリョウに加勢するが、得意の催眠術を使う崇史に出し抜かれてしまう。しかしリョウは一向に慌てる様子もなく、かすみを先に帰らせる。遅れて戻ったリョウが語り始めたのは、誰も知らなかった鏡の秘密だった。それはやよいだけが知る、切ない恋の物語で……。
第44話 子供100人に聞きました!? リョウは僕らのヒーローだ
シティーハンター 第44話 子供100人に聞きました!? リョウは僕らのヒーローだ 美人理容師・ひさ子に夢中のリョウは、毎日のように彼女の店に通っていた。だが、ひさ子の幼い兄弟たちが大金の入った鞄を拾ったことが原因で、彼女は誘拐されてしまう。兄弟に鞄とひさ子の交換を要求する悪漢。シティーハンターに依頼しようとした兄弟たちだが……。
第44話
私はチャン・ボリ! 第44話 ジェファの実母の指輪を隠し持っていたことが発覚し窮地に追い込まれるファヨン。ファヨンをかばうためにうそをついたミンジョンの立場も危うくなる。一方、何とかしてミンジョンの弱みをつかみたいイナはジサンに会いに行き、ミンジョンが過去に出産したことを突き止める。また、ジョンハとイナの関係を疑い始めたスボンはジェファにジョンハを捜しだすよう頼む。連絡先を手に入れたスボンはジョンハに電話してみるのだが...
第44話
六龍が飛ぶ 第44話 ハ・リュンとミン・ジェは、チョン・ドジョンを明国に送らないとするイ・ソンゲに、必ず送らなければならないと言う。チョ・マルセンもまた儒生を率いてチョン・ドジョンを明国に送れとの上訴を読んだ。
第44話 衝撃の判定!仙女の手のひら
中華一番! 第44話 衝撃の判定!仙女の手のひら マオの豆腐料理は、審査員の度肝を抜くものだった。ショウアンは、自分のつくった豆腐あんかけそばを差し出した。それはなんと、麺もあんも肉も豆腐からつくりあげた「豆腐の三重奏」とでもいうべき逸品だった。
第44話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第44話 星図を使って星盤大陣を修復しようとする陳長生。しかし、大陣の暴走を抑えることができず、傷を負ってしまう。打つ手がなくなれば自分の命を捧げる覚悟でいる長生だが、残される聖后の気持ちも考えるようにと教宗に諭される。 徐有容は、大陣によって傷つく長生の身を案じながらも、応援しようと決意する。迫りくる魔族の軍を足止めすれば、大陣を直すまでの時間を稼げるはず。そこで有容は危険を冒して魔族の地へ足を踏み入れるのだった。
第44話
朱蒙 第44話 チュモンは流民を連れてプヨを脱出する計画を着々と実行に移しつつあった。ところが、マウリョンが霊視で三足烏を見たことを王妃に報告し、それを聞いた王妃はチュモンへの警戒を解かぬようテソを戒める。テソは忠誠を尽くすチュモンを信じていたが、王妃からの忠告を受け入れ、流民護送の任務からチュモンを外し、代わりにナロを任命する。ユファはイェソヤに、新しい国を建てるというチュモンの大業について話し、妻としてチュモンに仕え、さらに新しい国の母にならなくてはいけないと告げる。 一計を案じたクムワは、ユファが病気になったことにして、療養するために温泉へ出かけることにする。クムワは自分の動きを警戒するテソが、腹心であるナロを自分の護衛につけるだろうと踏んだのだ。優秀な護衛兵たちがクムワに振り向けられれば、その分、チュモンは自由に行動がしやすくなる。いよいよクムワとユファが湯治に出かける日、チュモンは万感の思いをこめて、生母であるユファと自分を慈しんで育ててくれたクムワに今生の別れを告げる。 一方、ソソノはペマン将軍に頼み、コサン国からプヨへと運ばれる塩を強奪させる。それを聞いたテソはチュモンに兵を率いて塩を取り戻してくるよう命ずる。ついに兵を与えられ城から出ることを許されたチュモンは、計画を実行に移すべく、流民の収容所へと向かう。