「イ サンウ」の検索結果

今すぐ視聴する

パイロット版 第1話 共同休暇スタート
無料
布団の外はあぶない パイロット版 第1話 共同休暇スタート 暑い夏の日、その共同休暇は始まった。一つ屋根の下で共に過ごす男子たち。彼らの唯一の共通点は「家大好きっこ」。 あまり外出せず、家にばかりいる男子たちだ。最初に宿に到着したのは、俳優のイ・サンウ、続いてHighlightのヨン・ジュンヒョン。3番目は大荷物で登場、歌手のパク・ジェジョン。人見知りなので、お互いに挨拶はなし。そしてWannaOneのカン・ダニエルが大量のグミ持参で到着。4人が顔を合わせるのはいつになるやら・・・。
パイロット版 第3話 近づいた距離
布団の外はあぶない パイロット版 第3話 近づいた距離 5番目の家大好きっこEXOのシウミンは合流後、1人ゲームに熱中。周りで何が起ころうとも、お構いなし。そして、家大好きっこで有名なチョ・ジョンチが育児疲れを解消するべく参加。最上級のマイペースを守り続けている。その頃、サンウとダニエルはキッチンで、うまい具合に分担作業。もう、息が詰まる時間を過ごすことはない。ジェジョン作の豚肉料理で、シウミンとジョンチは共同休暇の洗礼とも言える2人きりの食事を抑える。
パイロット版 第2話 始めるには時間が必要
無料
布団の外はあぶない パイロット版 第2話 始めるには時間が必要 食べること以外、何をすればいいかわからない家大好きっこ4人。なんとなく宿のプールで泳ぐことになったが、誰も立ち上がろうとはせず、余計に気まずい雰囲気が流れる。ようやく着替えてプールサイドまで来たら、次は心の準備時間。そんな中、サンウが上半身裸になってプールに。戸惑う弟たちも、最年長の兄さんが入ったならやるしかない。意外にも、家大好きっこが苦手とするチームプレイを必要とし体を使う水中バレーが始まる。
#04 タコさんウィンナーだぎゃあ
無料
BanG Dream! 3rd Season #04 タコさんウィンナーだぎゃあ RAISE A SUILENに、「RASのギター(仮)」として加入した六花。 慣れない環境に戸惑う六花を尻目に、MVの撮影がはじまる。
霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 [R18+]
霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 [R18+] 霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 [R18+] 高麗末期、元の政治干渉に苦しむ恭愍王(チュ・ジンモ)。そんな王に仕えてきた近衛部隊の隊長ホンニム(チョ・インソン)は、王が最も信頼する部下であり寵愛の対象だった。元は、後継者がいないことを理由に王権を脅かすが、王は女性を愛することができない。そこで、王はホンニムに王妃を身ごもらせるように命ずるが...。

おすすめの作品

第十章 『二度目の冬に向けて』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十章 『二度目の冬に向けて』 すっかりフリーダに気に入られたマイン。フリーダの話から、マインは身食いという病気だったことが分かる。治すためには、多額のお金がかかるらしい。そのことに気づいていたベンノは、商品についてのマインの情報を買ってくれる。さらに髪飾りの注文を受け、新しい商品のアイデアも次々と考えていくマイン。だが、そんな最中にも身食いの熱はマインを蝕んでいき……。
#63:おっぱいDJ vs水着あいかりん ヌル泡大運動会♡
給与明細 #63:おっぱいDJ vs水着あいかりん ヌル泡大運動会♡ ▼超人気YouTuberあいかりんが潜入ガールに初登場!あいかりん率いる潜入ガール軍団(三宿菜々・天津いちは・椎名芙美)が、「Water大運動会」に潜入! ▼水着姿のあいかりんも会場を盛り上げるため突如ステージ上に!イイ波のって...♪ ▼潜入ガールが月収を大公開!あいかりんの月収は桁違い!?
第1話 キスしたい19
無料
もっとしたい19 第1話 キスしたい19 好きな人が出来たユナは彼のことで頭がいっぱいで勉強にも身が入らない。姿が見えないと無意識に捜してしまうのだが,イケメンでモテている彼とうまく接することができずにいる。夏休みの間,学校で勉強していると,そこに好意を寄せているウングがやって来て...
第3話 告白したい19
無料
もっとしたい19 第3話 告白したい19 ユナに恋心を抱いているギョムは告白したい気持ちでいっぱいだった。しかし,それと同時に好きだという気持ちがばれたら友達ではいられなくなるのではと思い,ユナを優しく見つめることしかできない。そこでギョムはいつもと違った姿を見せ,ユナの女心をくすぐる行動に出る。
#11 イカれたレン
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #11 イカれたレン ピトフーイが復活した。強豪チーム《MMTM》は彼女ひとりに全滅させられてしまう。ボスが率いる《SHINC》とレンのパートナーのフカ次郎は、ピトフーイとエムが潜むログハウスへ突撃を仕掛ける。次々と撃たれていく仲間たちを見て、レンはついに爆発する。 「なんでもいいからとにかく撃ち殺す!  ナイフでもいい! 他の手段でもいい! ピトさんぶっころすー!」  《セカンド・スクワッド・ジャム》のクライマックスが始まる。倒されたライバルチームのメンバーや観客が見守る中、レンとピトフーイ、エムの対決が始まった。 「アレが、私の倒したかったレンだ」
持ち運べる安心の“マイせっけん”感染対策で注目
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 持ち運べる安心の“マイせっけん”感染対策で注目  新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、持ち運べる自分だけの「マイせっけん」に注目が集まっています。  日を追うごとに高まる新型コロナウイルスへの警戒心。感染対策で手放せなくなってきているというのが…。  除菌グッズを持ち歩く人:「小型ハンドウォッシュを持ち歩いている」「公園はせっけんが最初からない。困ります」  出掛けた先ではせっけんを置いていない手洗い場も多く、小型のハンドソープなどを持ち歩くようにしているといいます。都内のある公園ではせっけんを使った正しい手の洗い方を掲げているものの、肝心のせっけんはありませんでした。  手洗いへの意識が高まるなか、大手日用品メーカーのライオンはハンドソープの売り上げを大きく伸ばしています。ここ2週間で小売店での販売数は去年の2倍に。さらに、持ち運びやすさにこだわった商品も注目されています。泡タイプのハンドソープを小分けにして持ち運ぶことができるケースです。全国の100円ショップなどで売られているこの商品。製造元によりますと、2週間ほど前から店からの注文が相次いでいるといいます。他にもフィルムタイプのせっけんが便利だとネットで話題になるなど今後も身を守る対策は加速していきそうです。
第七章 『不信感の芽生え』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第七章 『不信感の芽生え』 いよいよ紙作りをすることになり、わくわくするマイン。そんなマインとルッツに、ベンノから呼び出しがかかる。紙作りに必要な材料を、ベンノが調達してくれると言うのだ。マインは、材料の担保や今後の援助についてベンノと交渉。そして不思議なインクを使い、契約魔術を結ぶ。だがその帰り道、いつもは快活なルッツの態度がよそよそしいことが気になるマイン。ルッツは、ベンノと平気で難しい話をするマインに違和感を覚えていた。
#108:バッグが大きい女子とはHできる!?
指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙 #108:バッグが大きい女子とはHできる!? ▼『サイテー男のこだわりファッションSP』自分が一番オシャレだと思う格好で登場! ▼イケメンホストひょうごっちが説く!持っているバッグで女性の性格を診断!シャネルを持ってる女性はプライド高い!?ヴィトンを持っている女性は無難を好む!?  量産型の格好をしている女子は「いいね」と共感でオトせる!? 『こういうファッションの女性はこう落とせ』 ▼街行く女子に聞いた! 『こんな格好の男はヤバい』 『サイテー男に質問!カワイイ服とカッコイイ服どっちが好きですか?』
#12:外国人の為のイヴェント&アイドル育成ゲームで農村救済
10億円会議 supported by 日本財団 #12:外国人の為のイヴェント&アイドル育成ゲームで農村救済 ①外国人労働者が日本で馴染むためのイヴェントを開催したい ②アイドル育成ゲームで過疎化する農村を救いたい
感染拡大で“いわれなき差別” 英国では暴行事件も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 感染拡大で“いわれなき差別” 英国では暴行事件も  もはや、誰もがひとごとではないという状況。こうしたことへの恐れからなのでしょうか。実は今、「いわれなき差別」が起こっているということです。  先週、母とともにクルーズ船から下船した女性Aさん。Aさんと母はそれぞれの家に帰宅し、他の人に迷惑を掛けないようにとなるべく外出しないようにしています。自己隔離しているAさんですが、高齢の母の様子を見に家から5分の実家にだけは行きたいといいます。  下船したAさん:「母の家にだけは行きたいのですが、『見かけたら市役所に通報する』と言っている住民がいると聞き、ショックを受けました」  Aさんは「家から実家までの5分の道のりも怖い」と話しています。また、先週下船した70代女性Bさん。その息子によりますと、周囲の目が厳しく、自宅に帰れない状況だといいます。  下船した女性Bさんの息子(40代):「感染者を増やすということもありますし、自分がウイルスを持ってきたとか言われるのも嫌なのでしょうね。うがった目とか偏った判断をしないようにお願いしたい」  いわれなき差別はなんと、医療関係者にまで向けられているというのです。災害時の医療に携わる医師や看護師、救急隊員など医療関係者で作る学会が今回、クルーズ船などで活動した医療関係者たちへの不当な行為について抗議声明を出しました。「職場において、『バイ菌』扱いされるなどのいじめ行為や、子どもの保育園・幼稚園から登園自粛を求められる事態」。  当事者たちからは、悲鳴に近い報告が寄せられているとしているのです…