「イ ジャンウ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第十章 『二度目の冬に向けて』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十章 『二度目の冬に向けて』 すっかりフリーダに気に入られたマイン。フリーダの話から、マインは身食いという病気だったことが分かる。治すためには、多額のお金がかかるらしい。そのことに気づいていたベンノは、商品についてのマインの情報を買ってくれる。さらに髪飾りの注文を受け、新しい商品のアイデアも次々と考えていくマイン。だが、そんな最中にも身食いの熱はマインを蝕んでいき……。
#63:おっぱいDJ vs水着あいかりん ヌル泡大運動会♡
給与明細 #63:おっぱいDJ vs水着あいかりん ヌル泡大運動会♡ ▼超人気YouTuberあいかりんが潜入ガールに初登場!あいかりん率いる潜入ガール軍団(三宿菜々・天津いちは・椎名芙美)が、「Water大運動会」に潜入! ▼水着姿のあいかりんも会場を盛り上げるため突如ステージ上に!イイ波のって...♪ ▼潜入ガールが月収を大公開!あいかりんの月収は桁違い!?
第1話 キスしたい19
無料
もっとしたい19 第1話 キスしたい19 好きな人が出来たユナは彼のことで頭がいっぱいで勉強にも身が入らない。姿が見えないと無意識に捜してしまうのだが,イケメンでモテている彼とうまく接することができずにいる。夏休みの間,学校で勉強していると,そこに好意を寄せているウングがやって来て...
第3話 告白したい19
無料
もっとしたい19 第3話 告白したい19 ユナに恋心を抱いているギョムは告白したい気持ちでいっぱいだった。しかし,それと同時に好きだという気持ちがばれたら友達ではいられなくなるのではと思い,ユナを優しく見つめることしかできない。そこでギョムはいつもと違った姿を見せ,ユナの女心をくすぐる行動に出る。
#11 イカれたレン
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #11 イカれたレン ピトフーイが復活した。強豪チーム《MMTM》は彼女ひとりに全滅させられてしまう。ボスが率いる《SHINC》とレンのパートナーのフカ次郎は、ピトフーイとエムが潜むログハウスへ突撃を仕掛ける。次々と撃たれていく仲間たちを見て、レンはついに爆発する。 「なんでもいいからとにかく撃ち殺す!  ナイフでもいい! 他の手段でもいい! ピトさんぶっころすー!」  《セカンド・スクワッド・ジャム》のクライマックスが始まる。倒されたライバルチームのメンバーや観客が見守る中、レンとピトフーイ、エムの対決が始まった。 「アレが、私の倒したかったレンだ」
第七章 『不信感の芽生え』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第七章 『不信感の芽生え』 いよいよ紙作りをすることになり、わくわくするマイン。そんなマインとルッツに、ベンノから呼び出しがかかる。紙作りに必要な材料を、ベンノが調達してくれると言うのだ。マインは、材料の担保や今後の援助についてベンノと交渉。そして不思議なインクを使い、契約魔術を結ぶ。だがその帰り道、いつもは快活なルッツの態度がよそよそしいことが気になるマイン。ルッツは、ベンノと平気で難しい話をするマインに違和感を覚えていた。
#108:バッグが大きい女子とはHできる!?
指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙 #108:バッグが大きい女子とはHできる!? ▼『サイテー男のこだわりファッションSP』自分が一番オシャレだと思う格好で登場! ▼イケメンホストひょうごっちが説く!持っているバッグで女性の性格を診断!シャネルを持ってる女性はプライド高い!?ヴィトンを持っている女性は無難を好む!?  量産型の格好をしている女子は「いいね」と共感でオトせる!? 『こういうファッションの女性はこう落とせ』 ▼街行く女子に聞いた! 『こんな格好の男はヤバい』 『サイテー男に質問!カワイイ服とカッコイイ服どっちが好きですか?』
#12:外国人の為のイヴェント&アイドル育成ゲームで農村救済
10億円会議 supported by 日本財団 #12:外国人の為のイヴェント&アイドル育成ゲームで農村救済 ①外国人労働者が日本で馴染むためのイヴェントを開催したい ②アイドル育成ゲームで過疎化する農村を救いたい
第十二句 七々子とエイジ
川柳少女 第十二句 七々子とエイジ 誰よりも 私が側で 見ていたい 季節は遡り去年の冬。川柳の交流会に訪れたエイジは隣の中学に通っている七々子と出会う。エイジの拙い句に拍手を送る七々子。しゃべるのが苦手な七々子にエイジは優しい言葉をかける。「あの時の事を覚えているか」と尋ねる七々子にエイジは・・・
第13話 「メイドはいらない?」/「お金がない!」
無料
フリージ 第13話 「メイドはいらない?」/「お金がない!」 「メイドはいらない?」 ウム・サイードの家では、何やら「履歴書」を検討している。ウム・サイードが「自分も歳だし、お手伝いさんが必要なの。マッサージとかもしてほしいし。」そこへ、ウム・ハマスがドアをたたく。「あ、ウム・ハマスに見られちゃわ。急いで、どこからに履歴書をやっちゃって!」と履歴書を隠すが、ウム・サルームの失敗で、ウム・ハマスに計画がバレてしまう。ひと悶着あった後、フィリピン生まれのお手伝いさんを雇い入れることに。このメイドさんをウム・サイードがいたく気に入り、娘のように扱い、自分の家にあるものを次々にあげてしまう。が、疑問をもったウム・アラウィがある方法で、メイドさんの とんでもない本性を暴く! 「お金がない!」 ウム・サイードは年金で暮らしている。膝が痛いし、お手伝いさんを雇いながらの生活は、年金だけではかなりきつい。そこへ、激しいインフレが社会を襲っている。卵や小麦、石鹸やシャンプーの生活必需品は軒並み値上がり。雑貨屋のアッガーに「あんた便乗値上げよ!」と文句を言っても、どこ吹く風。そんな中、ジャミール婆さんの息子が結婚することになり、料理の値段を安く抑えるために、材料高騰をまだ知らないウム・ハマスをだます。「結局、世の中、お金、お金、お金よ」とウム・サイードは辟易してしまい、ラジオの人生相談番組で、年金生活者の苦労を訴える、一世一代の詩を披露!国民は熱心に耳を傾ける。しかし…まさかの結末が!