「イ ヘヨン」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第1話 ム・ジニョク刑事の妻ホ・ジヘが殺害され、容疑者コ・ドンチョルに対する裁判が行われる。ジヘが殺害される直前、ジヘ本人から通報を受けた緊急通報センター勤務の警察官カン・グォンジュが、証人として出廷するが、コ・ドンチョルは犯人ではないと証言。結局裁判は中断され、事件は未済事件となり、3年の月日が過ぎる。
第2話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第2話 劇的にボンニムを救出したゴールデンタイム・チームは、ソンウン地方警察庁長から6ヶ月の期限付きで運営の許可を得る。緊急通報センターのセンター長グォンジュは、ム・ジニョク警査をチーム員に抜擢するが、ジニョクはことごとく反発する。そんなある日、アラムという7歳の少年の、児童虐待事件が起きる。
第3話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第3話 112通報センターにアラムという7歳の少年から通報が入る。アラムは母親にナイフで腹を刺され、隠れていると訴える。出血多量で意識が薄れるアラムを勇気づけるグォンジュ。現場に急行したジニョクは、必死にアラムを捜すのだが...。
第4話
ボイス~112の奇跡~ 第4話 112通報センターに、空港警察隊に勤務するパク・ウンスから、妹ウンビョルが誘拐されたと通報が入る。ウンビョルは、強力チーム行きつけの居酒屋の孫娘でもある。ウンビョルは、手足を縛られた状態で、車のトランクに閉じ込められるが、体を車体にぶつけ、脱出を試みるが...。
第5話
ボイス~112の奇跡~ 第5話 112通報センターにゴールデンタイムチームが新設され、立て続けに難事件を解決したム・ジニョクとカン・グォンジュ。一息つく間もなく、パク・ウンス巡査長の妹ウンビョルが、拉致されたという緊急通報が入る。ジニョクは、グォンジュに反発しながらも、デシクと共に、ゴールデンタイムチームとして犯人を追う。
第6話
ボイス~112の奇跡~ 第6話 カン・グックァン巡査部長の遺言を言って、グォンジュを動揺させるファン・ギョンイル。カン・グックァン巡査部長は、3年前、ジニョクの妻が殺害された現場で殉職した、グォンジュの父親。グォンジュは、ファン・ギョンイルから、凶悪なシリアルキラーの正体を明かすことができるのだろうか。
第7話
ボイス~112の奇跡~ 第7話 アパートのゴミ屋敷で凶器を持った男が暴れ、現場に急行した出動チーム。 そして現場のゴミ屋敷から女性の死体が発見される。その死体の正体を調べるほど、謎は膨らむばかり。死体はアパートの家主パク・ポクスンで、家主だと思われていた女は、そのアパートに知的障害のある弟と暮らすシム・チュノクだった。
第8話
ボイス~112の奇跡~ 第8話 正体不明の巨大な組織に命を狙われるジニョク。ジニョクは事件の捜査中に、GP開発の罠にはまって拉致される。ジニョクを救出するために死力を尽くすゴールデンタイムチーム。グォンジュは、ファン・ギョンイルが死の直前に残した言葉を思い出し、ジニョクが監禁されている場所を突き止める。
第9話
ボイス~112の奇跡~ 第9話 口を引き裂かれ壁に打ち付けられた無残な状態の遺体が発見された。凄惨な現場でジニョクとグォンジュは、血の海に置かれた鏡を見る。それは、鏡を見た者が次の標的だという、犯人からのメッセージだった。一方、112通報センターの掲示板に、オ・ヒョノが、薬物を乱用し、暴力を振るう男だったという書き込みが...。
第10話
ボイス~112の奇跡~ 第10話 麻薬で正気を失った状態のオ・ヒョノが騒動を起こすが、ゴールデンタイムチームは、事件を無事解決する。しかし、ヒョノのストーカーが、ウンスを狙っていることに気付いたゴールデンタイムチームは、ウンスの元に駆けつけるのだが...。命の危険にさらされたウンスの運命は?
第11話
ボイス~112の奇跡~ 第11話 高級クラブで殺人事件が発生。警察は店内にいる客を店の外に出さないように指示するが、VIPルームにいた役人と大物企業家は、悠々とその場を抜け出す。ジニョクは、息子ドンウを襲った犯人を追跡し逮捕する。その取り調べ中、クラブのホステス1人が数日前から無断欠勤しているという話を聞く...。
第12話
ボイス~112の奇跡~ 第12話 グォンジュは、楽園福祉院の入所者ペク・ジングの危機を感知し、ジニョクに知らせる。ジニョクは楽園福祉院と連携のある精神科病院に急行するが、そこで衝撃的な事実が明らかになる。無事救出されたペク・ジングは、ジニョクの妻ホ・ジヘと関わりのあった、コン・チョルファンを知ってると言う。
第13話
ボイス~112の奇跡~ 第13話 ジニョクは、ナム・サンテから「逃がしてくれたら、ウニョン洞の真犯人を教えるし、その証拠も渡す」という電話を受ける。そして、サンテから、妻ジヘとの思い出のペンションの名前を聞くと、グォンジュが止めるのも聞かず、飛び出していく。一方グォンジュには、モ・テグから会いたいというメッセージが届く。
第14話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第14話 チャン・ギュア事件の参考人としてソンウン地方警察庁に来たモ・テグ。その声を聞いたグォンジュは、テグがウニョン洞事件の犯人と直感し、ジニョクに伝える。グォンジュは、調査を受けるテグの態度を見て、バックに巨大な力が存在し、テグを守っているのだと確信するのだが...。
第15話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第15話 ソンウン通運のバスが転覆事故を起こし、現場に急行したジニョクとデシクは、その惨状に愕然とする。老朽化したバスからガスが漏れ出し、乗客らは血まみれでバスの中に取り残されている。ジニョクや救急隊員は決死の覚悟で乗客を救出する。そして、そのバス事故の裏に隠されたソンウン通運の悪事が1つずつ明らかになる。
第16話
ボイス~112の奇跡~ 第16話 ついに直接対決となったム・ジニョク、カン・グォンジュ対モ・テグ。 残酷な殺害現場を目撃したゴールデンタイムチームは、モ・テグを捕まえるために命懸けの死闘を繰り広げる。そして、モ・テグとソンウン通運の数々の悪行が明らかになり、社会に衝撃が走るが、モ会長は、最後までテグを守ろうと手を尽くす。
最終話
シグナル 最終話 ソンボムと会っているところを銃撃され危篤となるヘヨンだが、目覚めると過去は変わっておりヘヨンは交番勤務のままだった。そして、ソヌの冤罪は晴らされ、警察には彼を知る者はいなかった。失踪中のジェハンはヘヨンに、チャン議員の汚職を暴くフロッピーディスクを送っていた。ヘヨンは消印を頼りに海辺の町を訪れる。
第11話
シグナル 第11話 犯人がコンビニ店員ジヌだと突き止めたヘヨンとスヒョンは、自殺を図ろうとした彼を制止し逮捕。その後、ヘヨンは1999年に、兄ソヌの級友ヘスンが被害者となった「インジュ市女子高生集団暴行事件」についてジェハンに尋ねる。チスは、ヘヨンがソヌの弟と知った局長ボムジュから叱責され、病院にヘヨンを呼び出す。
第13話
シグナル 第13話 ソンボムの家の敷地から見つかった遺体がジェハンと認定され、悲しみに沈むスヒョンたち。遺品の中にあった名刺の店を訪ねたヘヨンは、ジェハンが自分を見守ってくれていたと知る。ジェハンを案じるヘヨンは、事件を諦めるよう言うが彼は聞かない。事件を秘かに再捜査するスヒョンはヘヨンと共に被害者ヘスンを見つけ出す。
第15話
シグナル 第15話 凶器が見つかりヘヨンはチス殺害犯として逮捕されることに。ジェハンはソヌが殺されるのを防げずヘヨンに謝罪するが、そのとき無線機を手にしていたのはスヒョンだった。ヘヨンは、ボムジュに狙われ潜伏するソンボムに会うため、スヒョンの助けで逃走。ソンボムは2人に、ジェハンがボムジュに監禁された顛末を話す。
第2話
無料
シグナル 第2話 真犯人逮捕がきっかけで時効が廃止され、長期未解決事件専門チームが発足。ヘヨンも一員となり、スヒョンの下で「京畿南部連続殺人事件」を捜査する。再びジェハンと交信したヘヨンは、今まさに同じ事件を追っているという彼の話が納得できないまま、被害者情報を提供。するとヘヨンの手元の捜査資料が書き変わり...。
第5話
シグナル 第5話 ヘヨンは15年前に失踪したジェハンについて調べ始める。そんなヘヨンを見て当時ジェハンと強行班で一緒だった局長と係長は警戒する。当時、ジェハンは賄賂事件を起こし失踪した事になっているが、捏造だと思うヘヨンは内部の仕業だと考える。一方、1995年のジェハンは「大盗事件」と呼ばれる窃盗事件を捜査していた。
第7話
無料
シグナル 第7話 ヘヨンとジェハンは協力し合い「大盗事件」を再捜査し、1995年のジェハンが真犯人を逮捕する。一夜明けたヘヨンは死んだはずのスヒョンの生存を知り安堵するが、ジェハンに逮捕されたセギュは検事長の父の力で微罪、そして釈放されたギョンテは結局人殺しをしてしまう。無力感を抱いたヘヨンは、無線機を捨てようと...。
第12話
シグナル 第12話 何者かに刺されたチスはヘヨンの前で息を引き取り、彼はチス殺しの容疑者と目されるはめに。インジュ事件を調べるジェハンはチャン議員の甥テジンが女子高生ヘスンを襲った主犯だと気付くが、ボムジュによりヘヨンの兄ソヌが犯人にされてしまう。スヒョンは当時ボムジュの下で動いていた金融業者ソンボムの家を捜索し...。
第14話
シグナル 第14話 ヘスンから真犯人が兄ではないと聞かされたヘヨンは、ソヌが自殺ではなく殺された可能性があると気付く。少年院を出たソヌは無実の証拠となるマフラーを入手し、ジェハンに連絡するも、ジェハンは捜査中に刺されてしまう。救急車の中でスヒョンは彼への想いを告げる。現代ではスヒョンが無線機についてヘヨンに尋ねると...。
第3話
無料
シグナル 第3話 ヘヨンはジェハンのいる時代が1989年だと聞いて混乱するが、交信で事件を防げるはずだと考える。犯人が路線バスに乗ったと睨んだジェハンは、運転手と車掌から話を聞くも収穫はない。間もなく、ジェハンはヘヨンから、9人目の被害者の名前を教えられる。しかし、それはジェハンが片想いしていたウォンギョンだった...。
第1話
無料
シグナル 第1話 プロファイラー、パク・ヘヨンはある晩、廃棄処分寸前の無線機から自分を呼ぶ声を聞く。相手はイ・ジェハンと名乗る刑事で、突然15年前の未解決事件の犯人とされていた男の白骨死体の場所を言い始める。ジェハンの部下だったチャ・スヒョン刑事はヘヨンが死体を発見したことに不審を抱き、真犯人逮捕のために動き始める。
第9話
無料
シグナル 第9話 ヘヨンは、係長チスとジェハンが1999年の「インジュ市女子高生集団暴行事件」で出会ったと知る。ヘヨンの兄は事件の犯人とされて自殺していた。その頃、袋を被せられて絞殺された白骨死体が山で発見される。1997年に同様の手口で殺されそうになった経験があるスヒョンは山狩りを提言。すると複数の死体が見つかる。
第3話
無料
re-feel 第3話 突然目の前にジェヒの名前や学科を知る1人の男が現れる。彼はジノの恋人ミンギュだった。ジノが片思いの末にジェヒに振られたことも知っていて、新しくバイトに入ってきたジェヒを警戒している様子。話がしたいと言われてミンギュと向き合うジェヒだったが、ジノを巡って次第に張り合い始める2人。ジノとミンギュが海外旅行を計画していて、旅行の前にジノはバイトを辞めるつもりだと知ったジェヒはなぜか悲しくなるのだった。
第4話
re-feel 第4話 気になる女性に何をプレゼントすべきか悩むバイト仲間のテゴン。ジノはテゴンに相談されてプレゼントの極意を伝授する。しかし隣で聞いていたジェヒは、ジノが話す自分へのプレゼントを全く覚えていなかった。ジェヒはプレゼントに込められた贈る側の思いや受け取った人の思いに触れる。そしてジノがかつてどんな気持ちで自分に物を贈ったかに、ようやく気付くのだった。家に帰ったジェヒはジノが昔くれたプレゼントを捜すが...