「イギリス キックボクシング」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

香港市民の「英国海外市民」旅券無効化を検討 中国
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港市民の「英国海外市民」旅券無効化を検討 中国  中国政府は香港市民が所有する「英国海外市民」旅券の無効化を検討すると述べ、香港問題を巡って対立するイギリスを牽制(けんせい)しました。  中国外務省はイギリス政府が香港問題で内政干渉していると非難し、香港市民が所有する英国海外市民旅券の無効化を検討すると述べました。そのうえで、さらなる対抗措置を取る姿勢もにじませました。英国海外市民旅券とはイギリスが1997年まで香港を統治していた時代に香港市民に対して発行されたもので、35万人が取得していて、260万人が申請の条件を満たしているということです。イギリスはこの旅券を持つ香港市民がイギリスの市民権を取得するための規制を緩和していて、中国は対抗措置を取る可能性を示していました。
スペインから入国者に隔離義務 急きょ実施で混乱
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 スペインから入国者に隔離義務 急きょ実施で混乱  イギリス政府が感染者数が急増しているスペインからの入国者に2週間の自己隔離を義務付ける措置を急きょ実施したため混乱が起きています。  イギリス政府は26日、スペインからの入国者に対して2週間の自己隔離を義務付けました。スペインでの感染者数が急増していることを受けた措置でしたが、実施の数時間前に急きょ発表されたため、空港では旅行客などを中心に混乱が生じました。予告がなかったため、休暇でスペインを訪れていたイギリスのシャップス運輸相も隔離の対象となるなど影響が広がっています。イギリスメディアによりますと、来月末までに約180万人がイギリスからスペインへの渡航を計画しています。
肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表  肥満がコロナの重症化につながるのでしょうか。新型コロナウイルスに感染したイギリスのジョンソン首相が驚きのコロナ対策に乗り出しました。  イギリス、ジョンソン首相:「私はもうかなり以前から『痩せたい』と思っていました。自分の体重と格闘してきました。増えたり減ったりです」  そんな悩みが生かされるのか。イギリスのジョンソン首相がこの度、発表した政策は「肥満対策」。27日から「ジャンクフード」の「テレビでの広告」などを禁止します。その狙いの一つは「コロナ対策」。感染して重症化したジョンソン首相は、その原因が肥満にあったと考えたといいます。  そんな首相の「側近」が新型コロナウイルスでピンチです。シャップス運輸相が休暇でスペインを訪れていたところ「隔離対象」になったといいます。これはスペインで感染が拡大しているためで、イギリス政府はスペインからの入国者に2週間の自己隔離を義務付けました。問題はこの発表が実施の数時間前だったという点。  ホワイトハウスでは「側近」が感染しました。オブライエン大統領補佐官はイギリスやドイツなどを訪問後に感染が判明しました。周辺はピリピリムード、かと思いきや…。  トランプ大統領:「最近…あいつ見てないな。後で電話してみるか」  そんな大統領は27日、アメリカ・ノースカロライナ州にある富士フイルムの子会社を視察しました。ここではワクチンの原薬を開発中。選挙を意識しているのか、大統領は距離を取ってマスクを着用。その後、こう訴えました。  トランプ大統領:「…
英ジョンソン首相 コロナ初動対応の“誤り”認める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英ジョンソン首相 コロナ初動対応の“誤り”認める  イギリスのジョンソン首相が新型コロナウイルスへの初動の対応について「理解していなかった」と誤りを認めました。  イギリス、ジョンソン首相:「最初の数週間、数カ月は理解していませんでした。どの程度、無症状で人から人へと感染するかも分かっていなかったです」  ジョンソン首相は24日、新型コロナの対応について「違う方法があったかもしれない」と反省を口にしました。イギリスの死者はヨーロッパで最多となっていますが、これまでは「正しい決定を下した」と強気の姿勢を示していました。また、自らも感染して重症化したことについて「肥満」が要因の一つだったと認め、早急に国民の肥満対策を打ち出すと表明しました。
イギリス マスクの不法投棄が環境問題に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イギリス マスクの不法投棄が環境問題に  イギリスでは使い捨てられた新型コロナウイルスの感染防止用のマスクがカモメに絡まった動画が拡散し、物議を醸しています。  抱きかかえられたカモメの両脚に絡まっているのは使い捨てマスクのひもです。ひもは何重にも巻き付き、脚の付け根部分が締め付けられています。このカモメは、イギリス東部エセックスで動けなくなっていたところを救助されました。1週間ほど前からカモメの脚にマスクが絡まり、歩きにくそうにしている姿が目撃されていたということです。環境保護団体によりますと、世界各地で感染防止用の使い捨てマスクやゴム手袋、消毒用のボトルなどの不法投棄が急増しています。道端に捨てられたごみが雨などで海に流れ着き、海洋汚染につながることが懸念されています。
英 肥満対策を発表 新型コロナの重症化防止で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英 肥満対策を発表 新型コロナの重症化防止で  イギリスのジョンソン首相は自身が新型コロナウイルスに感染した後、重症化した一因は肥満にあったとしてジャンクフードの広告を禁止するなどの肥満対策を発表しました。  女性:「もっと前からやるべきだったと思います」  男性:「簡単に手に入るジャンクフードが減っても皆、他の場所できっと買うんじゃないかな」  イギリス政府が27日に発表した肥満対策では、午後9時までテレビやインターネットで脂肪や塩分、砂糖を多く含む「ジャンクフード」の広告を禁止します。さらに大規模なレストランなどではメニューにカロリー数の表示が求められます。この背景には新型コロナに感染したジョンソン首相自身が肥満によって重症化したと考えていることにあります。イギリスでは国民の6割以上が標準体重を超え、その半数が肥満とされています。
香港警察が海外の民主活動家6人を指名手配 
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港警察が海外の民主活動家6人を指名手配   香港警察がイギリスに渡った民主活動家の羅冠聡さんら6人を国家安全維持法違反の疑いで指名手配したと香港メディアが報じました。  香港メディアによりますと、指名手配されたのは元立法会議員で民主活動家の羅さんや在香港イギリス領事館の元職員、サイモン・チェンさんら6人です。国家安全維持法は海外での活動も取り締まりの対象としていますが、海外に住む活動家への適用は初めてです。6人は国家分裂を扇動したり外国勢力と結託したりした疑いが持たれています。現在はイギリスやアメリカなどに滞在していますが、香港に戻れば逮捕されるということです。羅さんは指名手配の一報を受け、自身のSNSに「穏健派の私たちすら香港に居場所がなくなり、中国共産主義支配の不条理さが表れている」と投稿しています。
メキシコ・プエブラ
世界の美味しい旅 メキシコ・プエブラ アーロンはメキシコの町プエブラに来ていた。メキシコを代表する料理が生まれた町だ。イギリスから出たことのなかった彼にとってプエブラの味は斬新だった。しかし、旅行とはいえ、のんびりはしていられない。わずかな滞在期間で郷土料理を学ぶだけでなく、地元のシェフと対戦できるほどの腕を身につけねばならないのだ。とても無茶な挑戦に見えるが、果たして審査員が下した判定は?
リオデジャネイロ
世界の美味しい旅 リオデジャネイロ 今回の舞台はブラジルのリオデジャネイロ。アーロンは3人のトップシェフを訪ね、それぞれの料理を味わう。マグロの炭火焼きや、くり抜いたカボチャの中にエビを入れた料理、流行のフェジョアーダなどを堪能する。地元の伝統料理に触れたら、いよいよ料理バトルだ。カーニバルやボサ・ノバで知られるブラジルの地で、イギリス人シェフのアーロンは一体どこまで戦えるのだろうか。
豪州・ダーウィン
世界の美味しい旅 豪州・ダーウィン イギリス人のシェフ、アーロンが料理の幅を広げるため冒険の旅に出る。今回、彼はオーストラリア大陸の北に位置する都市ダーウィンに来ていた。カンガルーやバラマンディなどの食材を使った料理や、町で人気のハンバーガーを試食して料理バトルのメニューを決める。どの料理を選んでも彼に勝ち目はなさそうなのだが...。審査員としてバトルに参加した地元の人は一体どんな評価を下すのだろうか。