「イギリス サッカー」の検索結果

「イギリス サッカー」に関する情報は見つかりませんでした。
「イギリス」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

表参道ヒルズの貴金属店強盗 英と身柄引き渡し協議
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 表参道ヒルズの貴金属店強盗 英と身柄引き渡し協議  東京の表参道ヒルズで1億円相当の貴金属が強奪された事件で、国際手配されたイギリス人の容疑者の引き渡しに向けて日本とイギリスの警察当局が協議していることが分かりました。  2015年11月、東京・渋谷区表参道の宝石店で指輪など46点、1億600万円相当が奪われました。警視庁はイギリス人のケリー・ダニエル・リー容疑者(41)ら3人の逮捕状を取り、国際刑事機構を通じて国際手配していました。その後の警察当局への取材で、3人の身柄の引き渡しに向けて日本とイギリスの警察当局が協議していることが分かりました。日本とイギリスは「犯罪人引き渡し条約」を結んでいませんが、実現すれば条約を締結していない国からその国民が引き渡される初めてのケースになります。
英王室の緊急家族会議 ヘンリー王子夫妻の離脱容認
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英王室の緊急家族会議 ヘンリー王子夫妻の離脱容認  イギリスのエリザベス女王はヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱問題を巡り、緊急の家族会議を開きました。会議では2人の希望通り、イギリスとカナダの両国で暮らすことが了承されました。  会議は13日、イギリス東部サンドリンガムにあるエリザベス女王の別邸で開かれました。会議後に出された声明で、エリザベス女王は「ヘンリー王子とメーガン妃には王室の主要メンバーとして残ってほしかったが、自立した生活がしたいという2人の希望を理解する」としました。そのうえで、「一家がイギリスとカナダの両国で暮らすための移行期間を設けることで合意した」と明らかにしました。家族会議にはチャールズ皇太子やウィリアム王子、ヘンリー王子が出席しましたが、メーガン妃はすでにカナダへ出国しているため電話での参加でした。
天皇皇后両陛下が今春イギリスを公式訪問
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇皇后両陛下が今春イギリスを公式訪問  天皇皇后両陛下がイギリスを公式訪問される予定です。  菅官房長官は、イギリスから両陛下に対して訪問の要請があったことを受けて、今年の4月から6月までの間に訪問する方向で調整していることを発表しました。天皇皇后両陛下が海外を訪れるのは去年5月に即位されて以来、初めてのことです。菅官房長官は「皇室と英国王室の交流は両国の友好関係に重要な役割を果たしてきている」として、公式訪問の重要性を強調しています。
荘園領主の邸宅
アンティーク・ハンター 荘園領主の邸宅 今回はウィラルにある荘園領主の邸宅を訪ねる。そこは骨董品店にもなっており、いい物が多くそろっている。ここではフランス製のアールデコの机やマホガニーのイギリス製デスクチェア、地球儀型の照明器具、クロム加工されたペンダントライトなどを見学。一方リバプールでは、教会の彫像を作る会社を訪問。幼少期のイエスの彫像やガラスドーム、天使のろうそく立て、壁飾りなどを見せてもらう。ドリューとティーは神のご加護を得て、希望通りに交渉を進めることができるだろうか。
英ヘンリー王子「地位を退く」北米に移住か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英ヘンリー王子「地位を退く」北米に移住か  衝撃的な発表がありました。イギリスのヘンリー王子とメーガン妃が「位の高い王室メンバーから身を引き、北アメリカに住むことも視野に入れる」と異例の声明を出しました。  イギリスの王室史上、初めてインスタグラムでロイヤルベビー誕生を発表し、物議をかもしたヘンリー王子とメーガン妃。今回の電撃発表もインスタグラムでした。  王位継承順位は6位のヘンリー王子。妻のメーガン妃らと悩んだ末にこう決意したというのです。「位の高い王室のメンバーから退き、経済的に自立を目指すつもりです」。  しかも今後、ヘンリー王子夫妻はイギリスと北アメリカの両方に拠点を置き、生後8カ月の長男・アーチー君の子育てをしていくというのです。エリザベス女王は寝耳に水だったのでしょうか。バッキンガム宮殿が王子夫妻との協議は初期段階としたうえで、短い声明を出しました。  バッキンガム宮殿の声明:「これまでと異なったアプローチを歩みたい彼らの望みは理解していますが、これは時間を要する複雑な問題です」  おととし5月に結婚したヘンリー王子とアメリカ出身で元女優のメーガン妃。2人の結婚はイギリス王室の新世代を予感させました。  ヘンリー王子:「僕にとって彼女は新たな家族の一員さ」  ところが、その後、メーガン妃は型破りなファッションや行動をメディアに非難され、去年のクリスマスには一家がエリザベス女王と過ごすという掟を破って旅行に行き、女王の怒りを買ったなどとも報じられていました。イギリス王室に詳しい専門家は…。  英王室に詳し…
揺れる英王室 ヘンリー王子“離脱”で緊急会合へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 揺れる英王室 ヘンリー王子“離脱”で緊急会合へ  ヘンリー王子とメーガン妃が一線から退くと宣言したことでイギリス王室が揺れています。王室は事態打開に向けて13日午後に緊急会合を開催しますが、何が話し合われるのでしょうか。  ヘンリー王子とメーガン妃が王室の第一線から退くと発表してから1週間も経たないうちにイギリス王室が動きました。事態の解決に向け、13日に緊急会合を開くといいます。  英王室に詳しいジャーナリスト・多賀幹子さん:「スキャンダル。スピードが大事。できるだけ早く解決したいという女王の意向」  そう話すのはイギリス王室に詳しい多賀さん。  英王室に詳しいジャーナリスト・多賀幹子さん:「事が複雑になってくるということが分かっていますので、長引くとイギリス王室のイメージを壊してしまう、悪化してしまうということで」  会合にはヘンリー王子も出席。そのほか、王子の父親・チャールズ皇太子や兄のウィリアム王子らも参加するといいます。一方、ヘンリー王子の妻・メーガン妃。クリスマス休暇を過ごしたカナダにアーチー君を残してイギリスに帰国しましたが、電撃発表の後、アーチー君を理由にカナダに戻っているといいます。  英王室に詳しいジャーナリスト・多賀幹子さん:「高みの見物かと、トンズラという人もいますが、やはり自分としても事の重大さというのは十分に分かっているのはないでしょうか」  メーガン妃はカナダから電話で参加するといいます。では、会合では一体どんなことが話し合われるのでしょうか。ポイントはヘンリー王子の「経済的に自立を目指すつも…
両陛下と愛子さま 映画「キャッツ」鑑賞
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下と愛子さま 映画「キャッツ」鑑賞  天皇皇后両陛下と娘の愛子さまが20日、東京都内で行われたミュージカル映画のチャリティー上映を鑑賞されました。  ご一家が鑑賞されたのは映画「キャッツ」で、イギリス・ロンドンを舞台にした猫たちのミュージカル映画です。鑑賞後、監督らとの懇談で愛子さまがご一家が飼う犬や猫の写真を披露されたほか、陛下は20代のころにイギリスに留学した際に舞台版を見たことに触れ、「素晴らしかったです」「その時の記憶がよみがえりました」と英語で伝えられたということです。両陛下は今年にイギリス訪問の予定が発表されていて、実現すれば即位後、初めての外国訪問となる予定です。
英研究者「感染者は1700人以上」中国側発表と大差
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英研究者「感染者は1700人以上」中国側発表と大差  イギリスの研究者は、1700人以上が感染していると推計しています。  中国・武漢市の衛生当局は「新型コロナウイルス」のこれまでの感染者数を45人と発表しています。これに対して17日、イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは論文で、12日の時点ですでに武漢市内で1723人が感染していたとする推計を発表しました。研究チームは武漢の空港での国際線の利用者数と中国国外でこれまでに報告された感染者の数をもとに推計したということです。イギリスメディアによりますと、研究チームは「これまでよりも真剣にヒトからヒトへの感染の可能性を懸念すべきだ」と指摘しています。
英ヘンリー王子「最後の公務」まもなく“カナダへ”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英ヘンリー王子「最後の公務」まもなく“カナダへ”  イギリス王室からの離脱が決まっているヘンリー王子がアフリカ関連の会議に出席しました。この公務を最後にメーガン妃ら家族が待つカナダに向かうとみられています。  ヘンリー王子は20日、ロンドンで開催されたイギリスとアフリカ諸国の投資サミットに出席しました。サミットを主催したイギリスのジョンソン首相とにこやかに個別の会談をするなど、最後とみられる公務を無事にこなしました。一方、カナダのバンクーバー島でメーガン妃は警護の車両に守られながら自ら運転する様子が確認されました。夜にはヘンリー王子が王室からの離脱が決まった後、初めて家族と再会するとみられます。
英王室・ヘンリー夫妻「王室の地位から身を引く」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英王室・ヘンリー夫妻「王室の地位から身を引く」  イギリス王室のヘンリー王子とメーガン妃は「位の高い王室メンバーからは身を引く」と声明を発表しました。イギリスと北アメリカを行き来しながら経済的に自立を目指すとしています。  ヘンリー王子とメーガン妃は声明で「王室における進歩的で新しい役割を切り開くため、今年を移行期間にすることに決めた」と表明しました。そのうえで、「位の高い王室メンバーからは引退し、経済的に自立することに取り組んでいく」としています。今後、イギリスと北アメリカの両方を拠点に生後8カ月の長男のアーチー君の子育てをしていくということです。一家は去年のクリスマスに慣例を破ってエリザベス女王と過ごさず、カナダに旅行に行って物議を醸していました。
「パンチとジュディ」の人形
アンティーク・ハンター 「パンチとジュディ」の人形 まずドリューが訪れたのはアクスブリッジにあるデパートだ。最近、閉館したそうで、彼の購買意欲が刺激される。ここではマホガニーとオークで出来た服飾品のカウンターやマホガニーの棚、クリスティーズの帽子箱、鋼鉄製の仕立てばさみなどを発見。
ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」
無料
潜入!ロイヤル・ネイビー ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」 ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」はイギリス海軍が所有する最大級の軍艦だ。排水量は約2万2000トンで、ヘリコプター18機、攻撃用舟艇4隻、人員1300名を運ぶことができる。ある日、オーシャンは36時間だけ海軍基地に停泊。物資と燃料が補充され、チヌークやアパッチ、コブラなどのヘリコプターが積み込まれる。これから大規模なNATOの合同軍事訓練に参加するのだ。その準備の様子をカメラが追う。
ヘンリー王子夫妻の“市場価格” 超高額オファーも
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ヘンリー王子夫妻の“市場価格” 超高額オファーも  イギリスのヘンリー王子が王室の第一線からの「離脱」を宣言してから初めての公務に臨みました。こうしたなか、ヘンリー王子とメーガン妃に驚きのオファーが届いたと報じられました。  イギリス王室からの離脱宣言後、初めてとなる公務はロンドンのバッキンガム宮殿内で開催されたラグビーの関連イベントでした。ヘンリー王子は、記者団の将来の計画についての問い掛けには何も答えませんでした。  一方、イギリス国民の関心は、やはりこの2人の王室離脱問題に向いているようです。大衆紙「サン」が行った世論調査。2人の経済的自立、恐らくできる37%。恐らくできない46%。エリザベス女王に同情する62%。さらに今回の決断は主に夫婦どちらの考えかという質問。ヘンリー王子2%に対し、メーガン妃は48%。この調査にイギリスで取材中のフリージャーナリスト・村上あいさんは…。  ジャーナリスト・村上あい氏:「圧倒的多数の人が、今回のお二人の決断はメーガン妃の主導によって下されたと回答。今回の事態において、ヘンリー王子が弱い立場に置かれていると(国民は)心配している」  さらに、大衆紙「デイリー・メール」が報じたのはヘンリー王子夫妻の市場価格。オーストラリアのPR業界を牛耳るというマックス・マークソン氏は2人が自叙伝を出した場合、日本円で70億を超える収入が見込めるとし、さらに、2人がオーストラリアで5回公演をすれば約5億5000万円を支払うと語ったのです。そんな話はメーガン妃のもとにも届いているのでしょうか。  カナダ…
鉄道駅の時計
アンティーク・ハンター 鉄道駅の時計 今回、ドリューはオックスフォードシャーにある邸宅を訪ねる。古典的な外観とは異なり、邸宅の中は変わった骨董品であふれている。ここでは19世紀のしっくいの額や雌ライオンの頭蓋骨、寺院の模型、ミラーボールを購入。その後、ニューキャッスルの近くにあるリサイクル店では、次世代の骨董商となる2人の若者と会う。ドリューは掘り出し物を求め、広大な土地を物色。ユニットシェルフや鉄道駅にあるような時計などを買う。最後はハンプシャーにあるホバークラフトの博物館を訪問。ヘリコプターのブレードが付いたトラックの模型やホバーカーの模型など珍しい品を見つけるのだった。
ダンテのフェイスマスク
アンティーク・ハンター ダンテのフェイスマスク まずは自転車の博物館を訪ねるドリュー。そこには「ボーンシェーカー」と呼ばれる初期の自転車など世界的に見ても珍しい品が所蔵されている。ここではチャペルチェアやコルクのヘルメット、消防車のライトなどを購入。その後、彼は右腕のティーと共にエディンバラの骨董品店に向かう。所狭しといいものが並ぶ店で、卓上ライトやのど飴の缶、ダンテのフェイスマスクなどを入手。そして最後に訪ねたのはブリストルにある築750年の家。北極探検のフィギュアのセットやおもちゃの車などを見つけて興奮するのだった。
トーネットのベンチ
アンティーク・ハンター トーネットのベンチ 今回ドリューは新境地を開拓すべく、右腕のティーと共に初めて北アイルランドへ買いつけに向かう。まず彼らが訪ねたのは、世界的に見ても貴重なジョージア王朝時代の大邸宅。ここでは19世紀のマホガニー製サイドテーブルや食器棚、ウイングバックチェアなどを発見。その後、ベルファストの中古品店を訪ね、ミヒャエル・トーネットがデザインした3人掛けベンチなどを購入。そしてパブ用の調度品や家具などを扱う会社を訪問し、カワサキの貴重なバイクに出会うのだった。
古き良きネオンサイン
アンティーク・ハンター 古き良きネオンサイン 今回はデボンにある邸宅を訪ねる。なんとこの邸宅は600年もの間、同じ一族によって受け継がれてきたという。ここでドリューは左官職人の道具や大理石のすり鉢などを発見。次に彼が訪ねたのはボーンマスにある一風変わった骨董品店。フランス製の時計や射撃の標的として使われるポスター、1960年代のネオンサインなどを見つける。そして最後に農業技術に関する会社を訪問。そこにはクロムめっきの施されたデスクチェアや、ダイニングテーブルに使えそうな鋳鉄製の脚などがあった。
ヘディンガム城の骨董品
アンティーク・ハンター ヘディンガム城の骨董品 今回ドリューは非常に保存状態のよい掘り出し物を探すため、ティーと共にエセックスのヘディンガム城を訪問。ここではアンティークのパイン材のテーブルなど見事なアイテムを見る。一方、ハンガーフォードの骨董品店では農業の実習に使われた穀物の見本やアールデコの壁掛け照明、真ちゅうの天井照明、人体解剖模型、昆虫の標本箱などを発見。ランカシャーでは自動車関連グッズを扱う業者を訪問。フォルクスワーゲンの看板や車の点検用ライトなど珍しい品を見つける。
ドイツの古城
アンティーク・ハンター ドイツの古城 今回はいつもより遠出してドイツへ向かう。1週間かけて、あらゆる掘り出し物を探すのだ。まずは14世紀に建てられた古城を訪問。おとぎ話に出てきそうな城だ。ここではオーク材のセンターテーブルや白鳥の装飾付きの壁掛け時計などを発見する。そして骨董品の収集家として有名なアンティークディーラーの自宅を訪問。ユニークなデザインのバイク「インディアン・スカウト」の初期モデルや医療用キャビネット、アクリル製のユニットシェルフ、映画スタジオの照明、カーニバル用のロバの頭などを見つける。その後、12世紀に建てられたグッテンベルク城を訪問。美しいコーナー用の椅子に心を奪われる。
ウォーターマス城の秘蔵品
アンティーク・ハンター ウォーターマス城の秘蔵品 ノースデボンにあるビクトリア朝様式のウォーターマス城を訪問。様々な骨董品が収蔵されており、家族向けのテーマパーク、そして博物館にもなっている。ここでホロフェーン社製のランプシェードやマホガニーのウォールライトなどを見物。ロンドンでは高級な骨董品を扱う店を訪ね、スペイン製の壁掛け棚や木の彫刻に見とれる。リバプールでは有名なパイプオルガン製造会社の工場を訪問。作業員の椅子やダイニングテーブル、ギターメーカー「フェンダー」のロゴ入り時計を気に入る。
アーツ&クラフツ運動の家
無料
アンティーク・ハンター アーツ&クラフツ運動の家 今回、ドリュー・プリチャードはノーフォークにある美しい邸宅を訪ねる。中世の造形芸術への回帰と手工芸の復興を目指す「アーツ・アンド・クラフツ運動」の一環として建てられた家だ。そこで工場の照明やスツール、ラウンジチェアなどを見つけ、家の持ち主と値段交渉して買い付ける。その後、彼は同じくノーフォークにある巨大な風車へ。以前は博物館になっていたが、今は閉鎖されている。貴重なものは何も残っていないように見えたが、ビクトリア調の薬局の棚を発見。無事に購入する。その後自分のショップに戻り、買い付けたものをレストア。さらにエディンバラの骨董品店を訪れ、椅子などを購入。果たして各アイテムに買い手は現れるのか。
今月末のEU離脱が確実に 英下院で関連法が可決
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 今月末のEU離脱が確実に 英下院で関連法が可決  イギリス議会の下院はEU(ヨーロッパ連合)からの離脱に必要な関連法案を可決し、今月末での離脱が確実になりました。  イギリス議会の下院は9日、EU離脱の関連法案を賛成330票、反対231票の賛成多数で可決しました。この後、上院を経て成立する見通しです。離脱に伴って経済などの急激な変化を避けるために今年12月まで「移行期間」が設けられますが、今後、この移行期間を巡ってEUとの交渉をまとめられるかどうかが焦点になります。今回、可決された離脱の関連法案では移行期間の延長を禁止していて、EUとの交渉が難航した場合、いわゆる「合意なき離脱」のような混乱が起きる可能性が残されています。
ヘンリー王子夫妻“王族引退宣言”発表の余波
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ヘンリー王子夫妻“王族引退宣言”発表の余波  ヘンリー王子夫妻が発表した事実上の「王族引退宣言」。夫妻のホームページに今後のメディア対応が新たに記されました。  8日、「位の高い王室メンバーからは引退し、経済的に自立することに取り組んでいく」と発表したヘンリー王子とメーガン妃夫妻。この電撃発表に驚かされたのはイギリス国民だけではありませんでした。  有名人のろう人形が展示されていることで知られるイギリスの観光名所「マダム・タッソー」は、衝撃を受けながらある対処を行いました。それはろう人形の移動。今までは「ロイヤルセット」としてエリザベス女王やウィリアム王子夫妻と一緒に展示されていたヘンリー王子夫妻のろう人形。声明を受け、マダム・タッソーは早急に対処。ヘンリー王子夫妻のろう人形だけ別の場所に移動させたのです。  マダム・タッソー広報担当者:「彼らはもはや位の高い王室のメンバーではありません。世界や大衆文化のなかで起きていることをアトラクションに反映させるのは重要です」  エリザベス女王らのろう人形の向かいに設置されたヘンリー王子夫妻のろう人形。イギリス王室とヘンリー王子夫妻の距離を意味しているのでしょうか。実は、ヘンリー王子夫妻は今回の声明について現段階では公表しないようにエリザベス女王から言われていただけでなく、王室高官から警告を受けていたというのです。しかし、夫妻はこれに背いて発表。当然、エリザベス女王は激怒したといいます。  現地メディアは「これにより、(声明発表)処罰を受けることになる」と報じています。そんなエリ…
フリゲート「サザランド」
潜入!ロイヤル・ネイビー フリゲート「サザランド」 フリゲート「サザランド」の艦長アンダーソンは、新人たちが軍艦の武器を扱えるか確かめるため試験を行う。しかし芳しくない結果に、落胆する。基地では潜水艦乗組員のルークが婚約者と結婚の準備を進めている。しかし、結婚直前に婚約者の行方が分からなくなってしまう。一方、原子力潜水艦「トーベイ」の後方支援を担当するデイヴは極秘任務に旅立つ前に、家族にしばしの別れを告げる。
砕氷型巡視船「プロテクター」
潜入!ロイヤル・ネイビー 砕氷型巡視船「プロテクター」 砕氷型巡視船「プロテクター」では、今後2年間にわたり行われる任務に向けて準備が進められている。その間に、将官の洋上訓練FOSTも行われる。この過酷な訓練は同盟国や敵国からも高く評価されており、武器を使った試験やキャビンのチェック、落水者救助訓練などが含まれる。彼らが試験に合格できなければ船を出すことはできない。果たしてプロテクターは無事、任務に向けて出港することができるのだろうか?
エリザベス女王の訪問
潜入!ロイヤル・ネイビー エリザベス女王の訪問 エリザベス女王がヘリコプター揚陸艦「オーシャン」を視察するため4日後にデヴォンポート海軍基地に来ることになった。しかし、オーシャンは海軍基地にはおらず、洋上で戦闘演習中だった。急いで海軍基地に戻ろうとするが、問題が発生し...。一方、上等兵曹のクリス・アイザックは女王の訪問に備え、準備に奔走する。果たして、無事に女王を迎え入れることはできるのだろうか?
ドック型輸送揚陸艦「アルビオン」
潜入!ロイヤル・ネイビー ドック型輸送揚陸艦「アルビオン」 デヴォンポート海軍基地には有名な防波堤があるが、嵐で一部が壊れたため修復することになった。しかし荒波に阻まれ、作業の続行が危ぶまれる。一方、ドック型輸送揚陸艦「アルビオン」では次の任務に向けて準備が進められている。技師たちは時間を短縮するため新しい方法を取り入れるが、それが事態を悪くしてしまう。また、基地では射撃技術を試す試験が行われていた。
ドック型輸送揚陸艦「ブルワーク」
潜入!ロイヤル・ネイビー ドック型輸送揚陸艦「ブルワーク」 ドック型輸送揚陸艦「ブルワーク」が地中海で移民の救助を終え帰港しようとしていた。しかし、港に入る直前に問題が発生してしまう。デヴォンポート海軍基地では任務から帰った乗員たちが、国防省警察の監視の下、待ちに待った休暇を過ごす。中には羽目を外しすぎる者も出てきて...。施設の管理を担当するサイモンには悪夢のようなことが起きる。もうすぐ本格的な冬が始まるというのに古い暖房装置が壊れてしまって...。
ヘンリー王子夫妻が称号を返上 公金も受け取らず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ヘンリー王子夫妻が称号を返上 公金も受け取らず  イギリス王室から離脱することになったヘンリー王子夫妻について、王族としての敬称を返上することや公費を受け取らないことなどが決まりました。  イギリス王室によりますと、ヘンリー王子とメーガン妃は今年の春以降、殿下や妃殿下という王族としての敬称を返上することで同意したということです。また、王室からの公費も今後は受け取らないということです。さらに、自宅の改装に投じられた3億円以上の税金を返納する意思があることも明らかになりました。一方で、王室は「一家の警備についてはコメントしない」としていて、今後の警備費用の負担については言及を避けました。王子の祖母・エリザベス女王は「この決定で、2人が幸せで平和な新たな生活を築き始めることが家族全員の願いです」というコメントを出しています。
ヘンリー夫妻の今後の生活は 父が“億単位”支援?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ヘンリー夫妻の今後の生活は 父が“億単位”支援?  イギリスのヘンリー王子夫妻は、王室から事実上離脱することで合意しました。ヘンリー王子夫妻ですが収入の面でどのように生計を立てていくのでしょうか。バッキンガム宮殿の前から報告です。  (山上暢記者報告)  公費は受け取らないというようにしましたが、チャールズ皇太子の持つ土地代の収入は受け取り続けるだろうとされています。というのもチャールズ皇太子は「父親として」2人への支援を続けていくだろうとみられています。この額は年間3億円に上るとされています。他にも、2人に与えられている「サセックス公爵・公爵夫人」という爵位にちなんだ「サセックスロイヤル」というブランド名の商標登録を進めています。その関連商品の収入なども含めると年間約100億円もの収入を手にするという試算もあります。ただ、非公式グッズではありますが、2人のマグカップが騒動後、安売りされているという事態もイギリス国内では起きています。2人のブランド力でそこまで収入が得られるのかどうか「とらぬ狸の皮算用」ともいえそうです。