「イギリス 刑事」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

英王室所有「日本ゆかりの美術品」来年初公開へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英王室所有「日本ゆかりの美術品」来年初公開へ  イギリス王室が所有する日本ゆかりの美術品が来年、初公開されることになりました。300年以上にわたる両国のロイヤルファミリーのつながりを美術品を通じて垣間見ることができます。  イギリス王室の美術品を管理する「ロイヤル・コレクション」は、王室が所有する日本ゆかりの美術品を来年6月から公開すると発表しました。公開されるのは、イギリスと日本との交流が始まった1600年代に東インド会社の貿易船の指揮官が持ち帰ったよろいかぶとなど約200点です。さらに、1953年のエリザベス女王の戴冠(たいかん)式に合わせて昭和天皇から贈られた手箱なども公開され、300年以上にわたるイギリスと日本のロイヤルファミリーのつながりをひもとくことができます。イギリス王室所有の日本ゆかりの美術品が公開されるのはこれが初めてです。
荘園領主の邸宅
アンティーク・ハンター 荘園領主の邸宅 今回はウィラルにある荘園領主の邸宅を訪ねる。そこは骨董品店にもなっており、いい物が多くそろっている。ここではフランス製のアールデコの机やマホガニーのイギリス製デスクチェア、地球儀型の照明器具、クロム加工されたペンダントライトなどを見学。一方リバプールでは、教会の彫像を作る会社を訪問。幼少期のイエスの彫像やガラスドーム、天使のろうそく立て、壁飾りなどを見せてもらう。ドリューとティーは神のご加護を得て、希望通りに交渉を進めることができるだろうか。
コンテナ“密入国”で死亡した女性 父親が無念語る
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 コンテナ“密入国”で死亡した女性 父親が無念語る  先月23日、イギリスでトラックのコンテナから39人の遺体が見つかりました。その多くは密入国を試みたベトナム人とみられていて、そのうちの26歳の女性の父親が後悔の念を語りました。  イギリスで遺体で見つかったチャー・ミーさんの父親:「こんな危険があると1%でも知っていたら行かせなかった。コンテナを使うと知っていたら反対した」  先月23日、イギリスのトラックのコンテナから遺体で見つかった39人のうちの1人、ベトナム国籍のファム・ティ・チャー・ミーさん(26)の父親はこんなことになるとはと後悔し続けています。チャー・ミーさんは家族が抱える借金を返済するため、日本にある弁当の工場で3年間、技能実習生として働き、今年6月に帰国したばかりでした。  チャー・ミーさんの父親:「日本では給料が低く、食費や家賃も支払わなければいけなかったので、あまり多くの収入は得られなかった」  チャー・ミーさんは帰国後、また借金返済のために海外で働くと家族に話し、もう一度、日本で働くことも考えましたが、ネイリストとしての仕事が見つかったとイギリス行きを決断します。  チャー・ミーさんの父親:「彼女はイギリスへは『VIPのルートで行く』『飛行機と電車で安全に行く』と言っていた」  危険はないのかと尋ねる父親にチャー・ミーさんはこう話していました。  チャー・ミーさんの父親:「彼女はとても優しい子でした。いつも自分のことより家族のことを考えてくれた」  今回の事件では、ベトナム当局がこれまでに違法なブローカ…
「パンチとジュディ」の人形
アンティーク・ハンター 「パンチとジュディ」の人形 まずドリューが訪れたのはアクスブリッジにあるデパートだ。最近、閉館したそうで、彼の購買意欲が刺激される。ここではマホガニーとオークで出来た服飾品のカウンターやマホガニーの棚、クリスティーズの帽子箱、鋼鉄製の仕立てばさみなどを発見。
ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」
無料
潜入!ロイヤル・ネイビー ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」 ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」はイギリス海軍が所有する最大級の軍艦だ。排水量は約2万2000トンで、ヘリコプター18機、攻撃用舟艇4隻、人員1300名を運ぶことができる。ある日、オーシャンは36時間だけ海軍基地に停泊。物資と燃料が補充され、チヌークやアパッチ、コブラなどのヘリコプターが積み込まれる。これから大規模なNATOの合同軍事訓練に参加するのだ。その準備の様子をカメラが追う。
鉄道駅の時計
アンティーク・ハンター 鉄道駅の時計 今回、ドリューはオックスフォードシャーにある邸宅を訪ねる。古典的な外観とは異なり、邸宅の中は変わった骨董品であふれている。ここでは19世紀のしっくいの額や雌ライオンの頭蓋骨、寺院の模型、ミラーボールを購入。その後、ニューキャッスルの近くにあるリサイクル店では、次世代の骨董商となる2人の若者と会う。ドリューは掘り出し物を求め、広大な土地を物色。ユニットシェルフや鉄道駅にあるような時計などを買う。最後はハンプシャーにあるホバークラフトの博物館を訪問。ヘリコプターのブレードが付いたトラックの模型やホバーカーの模型など珍しい品を見つけるのだった。
ダンテのフェイスマスク
アンティーク・ハンター ダンテのフェイスマスク まずは自転車の博物館を訪ねるドリュー。そこには「ボーンシェーカー」と呼ばれる初期の自転車など世界的に見ても珍しい品が所蔵されている。ここではチャペルチェアやコルクのヘルメット、消防車のライトなどを購入。その後、彼は右腕のティーと共にエディンバラの骨董品店に向かう。所狭しといいものが並ぶ店で、卓上ライトやのど飴の缶、ダンテのフェイスマスクなどを入手。そして最後に訪ねたのはブリストルにある築750年の家。北極探検のフィギュアのセットやおもちゃの車などを見つけて興奮するのだった。
トーネットのベンチ
アンティーク・ハンター トーネットのベンチ 今回ドリューは新境地を開拓すべく、右腕のティーと共に初めて北アイルランドへ買いつけに向かう。まず彼らが訪ねたのは、世界的に見ても貴重なジョージア王朝時代の大邸宅。ここでは19世紀のマホガニー製サイドテーブルや食器棚、ウイングバックチェアなどを発見。その後、ベルファストの中古品店を訪ね、ミヒャエル・トーネットがデザインした3人掛けベンチなどを購入。そしてパブ用の調度品や家具などを扱う会社を訪問し、カワサキの貴重なバイクに出会うのだった。
古き良きネオンサイン
アンティーク・ハンター 古き良きネオンサイン 今回はデボンにある邸宅を訪ねる。なんとこの邸宅は600年もの間、同じ一族によって受け継がれてきたという。ここでドリューは左官職人の道具や大理石のすり鉢などを発見。次に彼が訪ねたのはボーンマスにある一風変わった骨董品店。フランス製の時計や射撃の標的として使われるポスター、1960年代のネオンサインなどを見つける。そして最後に農業技術に関する会社を訪問。そこにはクロムめっきの施されたデスクチェアや、ダイニングテーブルに使えそうな鋳鉄製の脚などがあった。
ヘディンガム城の骨董品
アンティーク・ハンター ヘディンガム城の骨董品 今回ドリューは非常に保存状態のよい掘り出し物を探すため、ティーと共にエセックスのヘディンガム城を訪問。ここではアンティークのパイン材のテーブルなど見事なアイテムを見る。一方、ハンガーフォードの骨董品店では農業の実習に使われた穀物の見本やアールデコの壁掛け照明、真ちゅうの天井照明、人体解剖模型、昆虫の標本箱などを発見。ランカシャーでは自動車関連グッズを扱う業者を訪問。フォルクスワーゲンの看板や車の点検用ライトなど珍しい品を見つける。