「イギリス 刑事」の検索結果

「イギリス 刑事」に関する情報は見つかりませんでした。
「イギリス」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

「コロナ探知犬」訓練 症状現れる前に感染者判別へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「コロナ探知犬」訓練 症状現れる前に感染者判別へ  イギリスで、新型コロナウイルスの症状が現れる前に感染者のにおいを嗅ぎ分ける「探知犬」の訓練が始まりました。イギリス政府も日本円で6000万円以上の予算を投じています。  イギリス政府の発表によりますと、ロンドンにある大学の研究チームらは6匹の犬に対し、新型コロナウイルスに感染した人と感染していない人のにおいを嗅ぎ分ける訓練を始めます。訓練は最短で6週間から8週間にわたって行われる予定です。成功すれば、1時間に最大で250人のにおいを嗅ぎ分けることができるということで、空港などでの活躍が見込まれています。イギリス政府はこの訓練に対し、50万ポンド=日本円で約6400万円の予算を投入するなど大きな期待を寄せています。
イギリスで外出制限反対デモ 一部が警察と衝突
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イギリスで外出制限反対デモ 一部が警察と衝突  イギリスのロンドンで外出制限に反対する団体がデモを行い、一部が警察と衝突しました。  デモを主催した団体は政府が個人の自由を制限することに反対し、ロックダウン(都市封鎖)は違法だと訴えました。  デモ参加者:「恐怖に縛られて生活することは健康に悪いと思います」  また、チラシを配ろうとした一部の参加者は警察ともみ合いとなり、拘束される事態となりました。イギリスでは基本的に集会が禁止されていて、日本円で約1万3000円の罰金が科されます。
イギリスのパブを自宅で再現 休業だけど恋しくて…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イギリスのパブを自宅で再現 休業だけど恋しくて…  イギリスのパブを自宅で楽しめる世界をネット上に再現しました。  イギリスでは新型コロナウイルス対策によってパブの休業が2カ月以上、続いています。パブが恋しくなったクロースさんは得意のCG技術を使って馴染みのパブをネットの世界に作り出しました。専用のゴーグルを着ければ自宅の空間が突然、パブに。人との距離を気にせず、仲間とビールを飲めるということです。現実は部屋での「ひとり酒」なのですが、ほの暗い照明など細かな部分にもこだわってパブの様子を再現したということです。
「あの頃が懐かしい」コロナ前の“日常”投稿が人気
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「あの頃が懐かしい」コロナ前の“日常”投稿が人気  外出制限措置が続くイギリスでは「あのころが懐かしい」と新型コロナウイルスの感染が広がる前の日常の写真を投稿する動きが盛り上がりを見せています。  イギリスのBBCが外出制限前の「最後の日常写真」の投稿を呼び掛けたところ、遊園地での写真やファストフード店でハンバーガーを食べる姿、そして、満員電車の駅など当たり前だった光景が次々と寄せられました。イギリスでは外出制限が一部緩和されましたが、パブや劇場などの再開は7月以降になる見通しです。スマートフォンの写真を見ながら「日常」を懐かしむ日が当分、続きそうです。
英 入国者に自己隔離義務付けへ 違反者は罰金も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英 入国者に自己隔離義務付けへ 違反者は罰金も  イギリス政府は来月8日から入国する人に対して14日間の自己隔離を義務付けると発表しました。守られなかった場合、約13万円の罰金が科されるということです。  イギリス政府の発表によりますと、新型コロナウイルスの第2波の流行への対策として、来月8日からイギリスに入国した人は14日間の自己隔離が義務付けられます。入国の際に滞在先や連絡先の情報の提出が義務付けられ、自己隔離を行っているかどうかランダムに抜き打ち検査が行われます。従っていないことが分かった場合には1000ポンド=日本円で約13万円の罰金が科されるということです。ただ、医療従事者や運送業者、また、アイルランドから入国した人などはこれらのルールが免除されるということです。
母が訴え「早期治療が鍵」5歳息子に“川崎病”症状
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 母が訴え「早期治療が鍵」5歳息子に“川崎病”症状  川崎病のような症状が出て入院したイギリスに住む5歳の男の子の母親が「早期の治療が回復の鍵だ」と訴えました。  イギリス北部のリーズに住むハリー・フィールズ君(5)は先月下旬に高熱やせき、喉の痛みが3日間続いて入院しました。心臓や胃に炎症が起きていて、川崎病のような症状だったといいます。  ハリー・フィールズ君:「(Q.気分はどうだった?)すごく悪かったよ」  ハリー君は病院で治療を受けて順調に回復し、今月5日に無事退院できました。  ハンナ・フィールズさん:「もし心配なら、すぐに病院へ行って下さい。早期回復には早期の治療が必要です」  イギリスでは新型コロナウイルスの感染拡大以降、100人近い子どもに川崎病のような症状が出ています。
「新型コロナだ」警察官らに咳唾 英で逮捕者相次ぐ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「新型コロナだ」警察官らに咳唾 英で逮捕者相次ぐ  「自分は新型コロナだ」などと言い、警察官や救急隊員にせきやつばを浴びせる事件がイギリスで相次ぎ、外出禁止にもかかわらず、先月には逮捕者が300人以上も出る事態になっています。  イギリス・コベントリーの警察が公開した映像には、取り押さえられていた男が女性警察官につばを吐く様子が捉えられています。女性警察官は新型コロナウイルスに感染することはなく、けがなどもありませんでした。逮捕された男は、以前にも救急隊員らに対する暴行で有罪となっていたということです。イギリスでは「自分は新型コロナだ」などと言い、駅員や救急隊員にせきやつばを浴びせる事件が相次いでいて、先月には300人以上が逮捕されています。
英政府 PCR検査の対象「発症の5歳以上すべてに」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英政府 PCR検査の対象「発症の5歳以上すべてに」  イギリス政府は新型コロナウイルスの検査について、症状が出ている5歳以上のすべての人に対象を広げることを発表しました。  イギリス、ハンコック保健相:「日々、検査体制を増強し、より多くの人が検査を受けられるようになっています。ウイルスも居場所はだんだんなくなってきています」  これまでPCR検査の対象は発症した医療従事者や介護施設のスタッフ、65歳以上の人に限られていましたが、今後は発症した5歳以上のすべての人に拡大されることになりました。イギリス政府は外出制限の緩和の条件の一つに十分な検査数の確保を挙げ、急ピッチで態勢強化を進めています。また、外出制限解除後を見据え、検査で陽性になった人の接触者を洗い出す追跡要員2万1000人を集めたことも明らかにしました。
自粛緩和のイギリス 伝統スポーツ解禁もカップが…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 自粛緩和のイギリス 伝統スポーツ解禁もカップが…  日本より一足早く行動制限が緩和されたイギリスでは、あの伝統的スポーツも解禁されました。  13日に外出制限措置が緩和されたイギリス。混雑とまではいかないものの、圧迫感がある車内ではマスクをしていない人もいます。街では不安の声も…。  警備員:「死亡率は依然、高いです。それでも我々のように働かなきゃいけない人もいる。ロックダウンをしたり…緩和したりなんだか馬鹿げている」  それでも、イギリスは動き出しました。13日からゴルフ場も再開しました。ただ、一緒にプレーできる人数は2人に限るなどソーシャルディスタンスの対策も取られています。複数の人が触れるのを避けるため、カップにはガードが…。カッコーンという音は聞こえませんが…。  利用客:「とても幸せです。待ち望んでいました。ゴルフは距離が取れるから感染防止も簡単です」  一方、防止が困難な場所も。わずか4カ月半前、皆でにぎやかに新年を迎えました。このころには当分、戻れません。そんななか、店側が選んだのは生ビールの宅配でした。家のドアの前までデリバリーされたのは1リットル入りの瓶です。中には注ぎたての生ビールが入っているんです。  再スタートに向けた第一歩。アメリカ・カリフォルニア州でも、13日は約20カ所のビーチが開放されました。ビーチは開放されましたが、日光浴や寝そべったりすることはできません。非常に厳しい制限が付いています。マスクもしかり。今年の夏は顔に白くて四角い痕が残る人が続出するのでしょうか。
荘園領主の邸宅
アンティーク・ハンター 荘園領主の邸宅 今回はウィラルにある荘園領主の邸宅を訪ねる。そこは骨董品店にもなっており、いい物が多くそろっている。ここではフランス製のアールデコの机やマホガニーのイギリス製デスクチェア、地球儀型の照明器具、クロム加工されたペンダントライトなどを見学。一方リバプールでは、教会の彫像を作る会社を訪問。幼少期のイエスの彫像やガラスドーム、天使のろうそく立て、壁飾りなどを見せてもらう。ドリューとティーは神のご加護を得て、希望通りに交渉を進めることができるだろうか。
メキシコ・プエブラ
世界の美味しい旅 メキシコ・プエブラ アーロンはメキシコの町プエブラに来ていた。メキシコを代表する料理が生まれた町だ。イギリスから出たことのなかった彼にとってプエブラの味は斬新だった。しかし、旅行とはいえ、のんびりはしていられない。わずかな滞在期間で郷土料理を学ぶだけでなく、地元のシェフと対戦できるほどの腕を身につけねばならないのだ。とても無茶な挑戦に見えるが、果たして審査員が下した判定は?
リオデジャネイロ
世界の美味しい旅 リオデジャネイロ 今回の舞台はブラジルのリオデジャネイロ。アーロンは3人のトップシェフを訪ね、それぞれの料理を味わう。マグロの炭火焼きや、くり抜いたカボチャの中にエビを入れた料理、流行のフェジョアーダなどを堪能する。地元の伝統料理に触れたら、いよいよ料理バトルだ。カーニバルやボサ・ノバで知られるブラジルの地で、イギリス人シェフのアーロンは一体どこまで戦えるのだろうか。
豪州・ダーウィン
世界の美味しい旅 豪州・ダーウィン イギリス人のシェフ、アーロンが料理の幅を広げるため冒険の旅に出る。今回、彼はオーストラリア大陸の北に位置する都市ダーウィンに来ていた。カンガルーやバラマンディなどの食材を使った料理や、町で人気のハンバーガーを試食して料理バトルのメニューを決める。どの料理を選んでも彼に勝ち目はなさそうなのだが...。審査員としてバトルに参加した地元の人は一体どんな評価を下すのだろうか。
「パンチとジュディ」の人形
アンティーク・ハンター 「パンチとジュディ」の人形 まずドリューが訪れたのはアクスブリッジにあるデパートだ。最近、閉館したそうで、彼の購買意欲が刺激される。ここではマホガニーとオークで出来た服飾品のカウンターやマホガニーの棚、クリスティーズの帽子箱、鋼鉄製の仕立てばさみなどを発見。
ロンドン 駅に警察官配備 外出制限緩和で混雑警戒
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ロンドン 駅に警察官配備 外出制限緩和で混雑警戒  外出制限が一部緩和されたイギリスの駅では通勤時間帯の混雑に対応するため警察官が配備され、警戒にあたっています。  ロンドンでは、18日から通勤の時間帯を中心に警察官が駅でのパトロールを始めました。この日から閉鎖されていた一部の地下鉄の駅が再開したほか、これまで半分程度に減らしていた鉄道の運行本数も約7割まで回復しました。警察官の配置は混雑を警戒し、「ソーシャル・ディスタンス」を促すことが目的です。イギリスでは先週から在宅では勤務できない業種の出勤が再開していて、通勤時間帯に混雑する駅もあるということです。
イギリス「墓地が足りない」 一度に18人を埋葬も…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イギリス「墓地が足りない」 一度に18人を埋葬も…  新型コロナウイルスによる死者が世界で2番目に多いイギリスでは3万5000人以上が亡くなり、墓地が足りなくなっています。  ロンドン南部にあるイスラム教徒の墓地では、この2カ月の間に亡くなった約200人を受け入れてきました。通常の5倍で、墓地の準備が間に合っていないということです。遺族は感染を防ぐため埋葬に立ち会えず、遠巻きに見守るしかない状況が続いています。  墓地の管理人:「遺族は多くが感情的にも精神的にも立ち直れずにいる。乗り越えるには何年もかかると思う」  長く掘った溝に一度に18人を埋葬した時もあったということです。
ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」
潜入!ロイヤル・ネイビー ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」 ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」はイギリス海軍が所有する最大級の軍艦だ。排水量は約2万2000トンで、ヘリコプター18機、攻撃用舟艇4隻、人員1300名を運ぶことができる。ある日、オーシャンは36時間だけ海軍基地に停泊。物資と燃料が補充され、チヌークやアパッチ、コブラなどのヘリコプターが積み込まれる。これから大規模なNATOの合同軍事訓練に参加するのだ。その準備の様子をカメラが追う。
ダンテのフェイスマスク
アンティーク・ハンター ダンテのフェイスマスク まずは自転車の博物館を訪ねるドリュー。そこには「ボーンシェーカー」と呼ばれる初期の自転車など世界的に見ても珍しい品が所蔵されている。ここではチャペルチェアやコルクのヘルメット、消防車のライトなどを購入。その後、彼は右腕のティーと共にエディンバラの骨董品店に向かう。所狭しといいものが並ぶ店で、卓上ライトやのど飴の缶、ダンテのフェイスマスクなどを入手。そして最後に訪ねたのはブリストルにある築750年の家。北極探検のフィギュアのセットやおもちゃの車などを見つけて興奮するのだった。
トーネットのベンチ
アンティーク・ハンター トーネットのベンチ 今回ドリューは新境地を開拓すべく、右腕のティーと共に初めて北アイルランドへ買いつけに向かう。まず彼らが訪ねたのは、世界的に見ても貴重なジョージア王朝時代の大邸宅。ここでは19世紀のマホガニー製サイドテーブルや食器棚、ウイングバックチェアなどを発見。その後、ベルファストの中古品店を訪ね、ミヒャエル・トーネットがデザインした3人掛けベンチなどを購入。そしてパブ用の調度品や家具などを扱う会社を訪問し、カワサキの貴重なバイクに出会うのだった。
古き良きネオンサイン
アンティーク・ハンター 古き良きネオンサイン 今回はデボンにある邸宅を訪ねる。なんとこの邸宅は600年もの間、同じ一族によって受け継がれてきたという。ここでドリューは左官職人の道具や大理石のすり鉢などを発見。次に彼が訪ねたのはボーンマスにある一風変わった骨董品店。フランス製の時計や射撃の標的として使われるポスター、1960年代のネオンサインなどを見つける。そして最後に農業技術に関する会社を訪問。そこにはクロムめっきの施されたデスクチェアや、ダイニングテーブルに使えそうな鋳鉄製の脚などがあった。
ヘディンガム城の骨董品
アンティーク・ハンター ヘディンガム城の骨董品 今回ドリューは非常に保存状態のよい掘り出し物を探すため、ティーと共にエセックスのヘディンガム城を訪問。ここではアンティークのパイン材のテーブルなど見事なアイテムを見る。一方、ハンガーフォードの骨董品店では農業の実習に使われた穀物の見本やアールデコの壁掛け照明、真ちゅうの天井照明、人体解剖模型、昆虫の標本箱などを発見。ランカシャーでは自動車関連グッズを扱う業者を訪問。フォルクスワーゲンの看板や車の点検用ライトなど珍しい品を見つける。
ウォーターマス城の秘蔵品
アンティーク・ハンター ウォーターマス城の秘蔵品 ノースデボンにあるビクトリア朝様式のウォーターマス城を訪問。様々な骨董品が収蔵されており、家族向けのテーマパーク、そして博物館にもなっている。ここでホロフェーン社製のランプシェードやマホガニーのウォールライトなどを見物。ロンドンでは高級な骨董品を扱う店を訪ね、スペイン製の壁掛け棚や木の彫刻に見とれる。リバプールでは有名なパイプオルガン製造会社の工場を訪問。作業員の椅子やダイニングテーブル、ギターメーカー「フェンダー」のロゴ入り時計を気に入る。
寄付金40億円超集める 英の100歳男性「ナイト」に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 寄付金40億円超集める 英の100歳男性「ナイト」に  イギリスで医療従事者のために40億円を超える寄付金を集めた100歳の退役軍人、トム・ムーアさんに「ナイト」の爵位が授与されます。  トム・ムーアさん:「ナイトとなることで『サー』の敬称で呼ばれるのは素晴らしいですが、私は何も変わりませんよ」  イギリス政府はムーアさんに「ナイト」の爵位を贈ることを決めました。ムーアさんは先月、100歳の誕生日までに自宅の庭を100周することを目標に立て、医療従事者への40億円以上の寄付金を集めました。ジョンソン首相が個人的にエリザベス女王にムーアさんを推薦したということで、「私たちに光をもたらした」とたたえました。また、自伝も出版される予定で、その活躍が大きく注目されています。
小説「ハリー・ポッター」誕生の地 初めて明らかに
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 小説「ハリー・ポッター」誕生の地 初めて明らかに  世界中でベストセラーとなったイギリスのファンタジー小説「ハリー・ポッター」が誕生した場所が初めて明らかになりました。  ハリー・ポッターの作者でイギリス人のJ・K・ローリングさんは、21日に「ハリー・ポッターが生まれた本当の場所はここです」と写真付きでツイッターに投稿しました。ロンドンのアパートは1990年に最初のアイデアを思いついた時、ローリングさんが住んでいた場所で、ここで作品を書き始めたということです。これまでファンの間ではスコットランドの首都エジンバラにあるカフェが誕生の地とされてきました。ハリー・ポッターシリーズは1997年から2007年までに7作品が出版され、販売部数は世界で5億冊以上となっています。
WHO幹部「秋には第2波」 規制緩和進む欧州に警鐘
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 WHO幹部「秋には第2波」 規制緩和進む欧州に警鐘  WHO(世界保健機関)の幹部が外出制限の緩和が相次ぐヨーロッパについて、「秋には第2波が来る」と警鐘を鳴らしました。  WHOのヨーロッパ地域事務局のハンス・クルーゲ局長はイギリスの新聞「テレグラフ」のインタビューに応じ、「新型コロナウイルスの感染拡大の第2波に備え、引き締めを図るべきだ」と指摘しました。また、ドイツやフランス、イギリスなどで段階的に外出制限措置の緩和が始まっていることについて、「祝福の時間ではなく準備のための時間だ」と釘を刺し、「この時間を賢く使い、病院や集中治療室の収容能力を増やすべきだ」と訴えました。そのうえで「この秋には新型コロナウイルスの第2波と季節性インフルエンザやはしかの流行が同時に襲ってくることを危惧している」と警告しました。
咳を浴びせ警察官挑発 感染拡大のイギリスで相次ぐ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 咳を浴びせ警察官挑発 感染拡大のイギリスで相次ぐ  イギリス中部のマンチェスターで、男がせきを浴びせて警察官を挑発する映像が公開されました。新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、同様の事件が170件以上も起きています。  今年3月に撮影された映像です。男は取り押さえる警察官に向けてせきを浴びせ、その後に逮捕され、暴行の罪で禁錮20週間の刑を言い渡されました。マンチェスターの警察当局によりますと、新型コロナウイルスが感染拡大が始まった3月下旬から今月13日までの間に「自分はコロナウイルスを持っている」などと主張し、警察官などにせきをしたり唾を吐いたりする事件が170件以上も起きているということです。ロンドンでも先日、「自分はコロナにかかっている」という男に唾を吐かれた駅員が感染して死亡するなど卑劣な犯罪が続いています。
「これでお前もコロナ」唾吐かれタクシー運転手死亡
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「これでお前もコロナ」唾吐かれタクシー運転手死亡  イギリスでタクシーの乗客に「これでお前もコロナだ」と言われてつばを吐かれた運転手の男性が死亡していたことが分かりました。  ロンドンで3月下旬、タクシー運転手の61歳の男性が乗客から「自分は新型コロナに感染している。これでお前も新型コロナに感染した」と言い掛かりを付けられ、つばを吐かれました。乗客は1200円ほどの運賃の支払いを拒んで逃走しました。数日後、男性運転手は呼吸困難などの症状が出たため入院して新型コロナウイルスの検査を受けたところ、陽性反応が出ました。男性運転手は先月18日に死亡したということです。新型コロナの流行以来、イギリスでは「自分はコロナだ」と主張したうえで警察官らにつばやせきを浴びせる事件が週に200件ほど起きているということです。
アーツ&クラフツ運動の家
アンティーク・ハンター アーツ&クラフツ運動の家 今回、ドリュー・プリチャードはノーフォークにある美しい邸宅を訪ねる。中世の造形芸術への回帰と手工芸の復興を目指す「アーツ・アンド・クラフツ運動」の一環として建てられた家だ。そこで工場の照明やスツール、ラウンジチェアなどを見つけ、家の持ち主と値段交渉して買い付ける。その後、彼は同じくノーフォークにある巨大な風車へ。以前は博物館になっていたが、今は閉鎖されている。貴重なものは何も残っていないように見えたが、ビクトリア調の薬局の棚を発見。無事に購入する。その後自分のショップに戻り、買い付けたものをレストア。さらにエディンバラの骨董品店を訪れ、椅子などを購入。果たして各アイテムに買い手は現れるのか。
鉄道駅の時計
アンティーク・ハンター 鉄道駅の時計 今回、ドリューはオックスフォードシャーにある邸宅を訪ねる。古典的な外観とは異なり、邸宅の中は変わった骨董品であふれている。ここでは19世紀のしっくいの額や雌ライオンの頭蓋骨、寺院の模型、ミラーボールを購入。その後、ニューキャッスルの近くにあるリサイクル店では、次世代の骨董商となる2人の若者と会う。ドリューは掘り出し物を求め、広大な土地を物色。ユニットシェルフや鉄道駅にあるような時計などを買う。最後はハンプシャーにあるホバークラフトの博物館を訪問。ヘリコプターのブレードが付いたトラックの模型やホバーカーの模型など珍しい品を見つけるのだった。
ドイツの古城
アンティーク・ハンター ドイツの古城 今回はいつもより遠出してドイツへ向かう。1週間かけて、あらゆる掘り出し物を探すのだ。まずは14世紀に建てられた古城を訪問。おとぎ話に出てきそうな城だ。ここではオーク材のセンターテーブルや白鳥の装飾付きの壁掛け時計などを発見する。そして骨董品の収集家として有名なアンティークディーラーの自宅を訪問。ユニークなデザインのバイク「インディアン・スカウト」の初期モデルや医療用キャビネット、アクリル製のユニットシェルフ、映画スタジオの照明、カーニバル用のロバの頭などを見つける。その後、12世紀に建てられたグッテンベルク城を訪問。美しいコーナー用の椅子に心を奪われる。