「イギリス 刑事」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

「トランプ氏は無能」と酷評 イギリス大使が辞任
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「トランプ氏は無能」と酷評 イギリス大使が辞任  「トランプ大統領は無能」と酷評していたアメリカ駐在のイギリス大使が辞任しました。  イギリス、メイ首相:「『あなたが大使の座を去る必要があると感じたことはとても無念だ』とダロック大使に伝えた。内閣全体がダロック大使を全面的に支持しています」  イギリスのダロック大使は「現在の状況では、私の役割を果たすことは不可能だ」と辞任を表明しました。大使は、トランプ大統領について「愚かで安定性に欠け、無能」と酷評する報告を本国に送っていたことがイギリスの新聞に報じられていました。これに対し、トランプ大統領が「イギリスがアメリカに押し付けた大使は愚かなやつだ」と反論するなど騒動が拡大していました。
報復合戦か…英がイランの船長逮捕 米はイラン非難
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 報復合戦か…英がイランの船長逮捕 米はイラン非難  イギリスの石油タンカーがイランの船に進路を妨害されて緊張が高まるなか、イギリス領ジブラルタルの地元警察は先週に拿捕(だほ)したイランの石油タンカーの船長らを逮捕しました。  イギリス領ジブラルタル自治政府は4日にイランのタンカーを拿捕し、11日になって地元警察がタンカーの船長らをシリアに対するEU(ヨーロッパ連合)の制裁に違反した疑いで逮捕しました。イギリス政府はホルムズ海峡の付近でイギリスのタンカーがイランの船に進路を妨害されたとしてイランを非難したばかりで、報復合戦の様相を呈しています。アメリカ国務省は「イギリスの船を違法に妨げようとした」とイランを非難しています。
トランプ氏は「無能で機能不全」駐米英国大使が報告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏は「無能で機能不全」駐米英国大使が報告  アメリカに駐在するイギリスの大使がトランプ大統領について「無能で機能していない」と酷評する報告を本国に送っていたとイギリスの新聞が伝えました。  メールオンサンデーによりますと、イギリスの大使は2017年以降、「今後、トランプ政権の機能不全や無能さが改善されるとはまず考えられない」などとする報告をイギリス政府に送っていました。トランプ大統領についても「愚かで安定性に欠け、無能」と指摘していました。イギリス外務省は「大使の仕事は率直な意見を本国に伝えることであるが、政府の見解とは必ずしも一致しない」という声明を出し、報道内容を否定しませんでした。  トランプ大統領:「イギリスとその大使はしっかりした仕事をしていない」  トランプ大統領は不快感を示しました。
英とイラン報復合戦か 拿捕したタンカー船長逮捕
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英とイラン報復合戦か 拿捕したタンカー船長逮捕  イギリスの石油タンカーがイランの船に航路を妨害されるなど緊張が高まるなか、イギリス領ジブラルタルの地元警察は、先週に拿捕(だほ)したイランの石油タンカーの船長らを逮捕しました。  イギリス領のジブラルタル自治政府は4日、イギリスの海兵隊とともにジブラルタル沖でイランの大型タンカーを拿捕しました。ジブラルタルの地元警察は11日、このタンカーの船長ら2人をシリアに対するEU(ヨーロッパ連合)の制裁に違反した疑いで逮捕しました。地元メディアによりますと、逮捕された2人はインド国籍で、シリアに原油を運んでいたとみられています。イギリス政府は、中東のホルムズ海峡で10日にイギリスのタンカーがイランの船舶に航路を妨害されたと発表し、イラン政府は「いかなる外国船との接触もなかった」と否定していました。今回、イランのタンカーの船長を逮捕したことで、報復合戦の様相を呈してきています。
EU制裁に違反し輸送か イランの原油タンカーを拿捕
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 EU制裁に違反し輸送か イランの原油タンカーを拿捕  EU(ヨーロッパ連合)の制裁に違反して、シリアに向けて原油を輸送していた疑いでイランの大型タンカーがイギリスの海兵隊らに拿捕(だほ)されました。  イギリス領のジブラルタル自治政府は、イベリア半島の南の沖合でイギリスの海兵隊とともに、イランの大型タンカーを拿捕しました。タンカーはシリアにあるEUの制裁対象の製油所にイラン産の原油を運んでいたとみられています。イラン外務省は、「今回の拿捕は海賊行為だ。イギリスの行動は敵対的なアメリカの方針に従っていることを示していて、受け入れられない」と強く非難し、首都テヘランにいるイギリス大使を呼び出して抗議しました。
「英大使はとても愚か」トランプ氏メイ首相にも矛先
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「英大使はとても愚か」トランプ氏メイ首相にも矛先  アメリカのトランプ政権を酷評する報告をしていたアメリカに駐在するイギリス大使について、トランプ大統領は「とても愚かだ」と酷評しました。批判の矛先はイギリスのメイ首相にも向けられました。  アメリカに駐在するイギリスのダロック大使がトランプ政権を“無能だ”などと本国に報告していたことを受けて、トランプ大統領は「イギリスがアメリカに押し付けた大使はとても愚かなやつだ」とツイッターに投稿しました。矛先はイギリスのメイ首相にも向けられ、「EU(ヨーロッパ連合)からの離脱交渉でメイ首相に対処の仕方を指南したのに、馬鹿なやり方をして失敗した。アメリカは世界一の経済と軍隊を持ち、成長し続けている」と批判しています。
イランタンカー拿捕 “シリアに行かなければ解放”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランタンカー拿捕 “シリアに行かなければ解放”  シリアに原油を運んでいたとしてイランのタンカーが拿捕(だほ)された事件で、イギリスの外相はシリアに行かない保証が得られればタンカーを解放する方針を示しました。  イギリスのハント外相は13日、電話会談でイランのザリフ外相に「拿捕はタンカーがイランから来たからではなく、原油の行き先が問題だったからだ」と説明しました。そのうえで、シリアに行かないという保証が得られればタンカーを拿捕したイギリス領のジブラルタル自治政府に解放を働き掛けると話したということです。一方、ザリフ外相は「イランはどんな状況でも原油を輸出し続ける」としてタンカーの即時解放を求めました。双方とも事態の悪化は避けたい意向ですが、主張は平行線のままです。10日にはホルムズ海峡付近でイギリスのタンカーがイラン船に進路妨害されたとイギリスは主張するなど緊張が高まっています。
イラン革命防衛隊が英タンカーの拿捕図る 報復か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン革命防衛隊が英タンカーの拿捕図る 報復か  イランの精鋭部隊「革命防衛隊」の船舶が中東のホルムズ海峡付近でイギリスの石油タンカーを拿捕(だほ)しようとしたとアメリカのメディアが報じました。  複数のメディアによりますと、アメリカ政府当局者の話としてイランの革命防衛隊の船舶5隻が10日、ホルムズ海峡を通過していたイギリスの石油タンカー1隻に停止するよう求めましたが、警護にあたっていたイギリス軍の戦艦がこれを阻止したということです。イギリスは先週、シリアに原油を輸送したとしてイランのタンカーを拿捕した経緯があり、イラン側が報復行為に出た可能性があります。  一方、イランと対立するアメリカのトランプ大統領はツイッターで「イランは長い間、秘密裏に濃縮を進め、核合意に違反してきた」と改めて批判し、「制裁をまもなく大幅に強化する」と牽制(けんせい)しました。
荘園領主の邸宅
アンティーク・ハンター 荘園領主の邸宅 今回はウィラルにある荘園領主の邸宅を訪ねる。そこは骨董品店にもなっており、いい物が多くそろっている。ここではフランス製のアールデコの机やマホガニーのイギリス製デスクチェア、地球儀型の照明器具、クロム加工されたペンダントライトなどを見学。一方リバプールでは、教会の彫像を作る会社を訪問。幼少期のイエスの彫像やガラスドーム、天使のろうそく立て、壁飾りなどを見せてもらう。ドリューとティーは神のご加護を得て、希望通りに交渉を進めることができるだろうか。
「パンチとジュディ」の人形
アンティーク・ハンター 「パンチとジュディ」の人形 まずドリューが訪れたのはアクスブリッジにあるデパートだ。最近、閉館したそうで、彼の購買意欲が刺激される。ここではマホガニーとオークで出来た服飾品のカウンターやマホガニーの棚、クリスティーズの帽子箱、鋼鉄製の仕立てばさみなどを発見。