「イギリス 学園」の検索結果

今すぐ視聴する

第2話 「法の書(ほうのしょ)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第2話 「法の書(ほうのしょ)」 暗号で書かれた魔道書『法の書』と、それを解読できる修道女が、天草式十字凄教によって拉致される。元・天草式の教皇(プリエステス)である神裂と連絡が取れない事態に、魔道書の持ち主であるローマ正教との衝突を危惧するイギリス清教。ことが起こる前に事件を解決するため、学園都市にステイルを派遣する。 一方、秋のイベント攻勢に向けて盛り上がる学園都市。各学校では、最初に開催される能力使用全面解禁の学校対抗運動会--大覇星祭に向けて、着々と準備が行われていた。そんな折、上条の元にインデックスがさらわれたという知らせが舞い込む。犯人の要求通り、学園都市の外にある廃劇場にひとりで向かった上条は……。
第1話 「8月31日(さいごのひ)」
無料
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第1話 「8月31日(さいごのひ)」 夏休みも終わりに近づいた頃。美琴との疑似デートに連れ回されたり、そのついでにアステカの魔術師と戦うハメになったりと、上条の日常は相変わらずにぎやかで忙しかった。当然、山積していた夏休みの課題はまったく手つかず。学生寮の彼の部屋ではインデックスが『超機動少女カナミン』を垂れ流し、スフィンクスがぐったりしている。まったく先の見えない状況の中、上条の孤独な戦いは続いていた。 上条が夏休みの宿題に追われていた頃。学園都市近くの海中から、テトラポッドの上に上陸する者たちの姿があった。金属鎧で全身を包んだ彼ら--イギリス清教の騎士たちの背後で、突然響く鍔鳴りの音。
第12話 「天文台(ベルヴェデーレ)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第12話 「天文台(ベルヴェデーレ)」 かろうじてオリアナの襲撃を退けた土御門。しかし、吹寄に続いて、姫神までがオリアナの手にかかり、重傷を負ってしまう。一般人を巻き込むことも辞さない彼女たちのやり方に、強い怒りを覚える上条。しかしそれは、オリアナにとっても想定外の事故だった。二度と過ちを犯さぬため、『使徒十字』で学園都市を支配する--その目的を果たすべく、再び動き出すオリアナ。一方、上条は彼女のあとを追いながら、その行動の不自然さに思い当たる。イギリス清教の報告から『使徒十字』の使用には星座が関わっていると推測されたが、決定打に欠けるまま、上条はオリアナを追いつづける。その頃、彼女の足跡を追っていた土御門が、あることに気付き……。
第18話 「検体番号(シリアルナンバー)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第18話 「検体番号(シリアルナンバー)」 ここはイギリス、ロンドン。ローラとステイルが愉快な、しかし命がけのドツキ漫才を展開したり、『必要悪の教会(ネセサリウス)』の女子寮に届けられた最新鋭の全自動洗濯機を前に神裂が悪戦苦闘したり、オルソラたちが興味津々だったりしていた頃……。日本の学園都市では、大覇星祭の罰ゲームで美琴の愛玩奴隷と化した上条が大きなため息をついていた。美琴にはゲコ太ストラップ欲しさに携帯電話のペア契約を迫られたり、突然現れたミサカにゴーグルの捜索を手伝わされそうになったり、美琴との姉妹(?)対決に巻き込まれたり、さらにゴーグル盗難犯の打ち止め(ラストオーダー)が混乱に拍車をかけたり……。
第16話 「父親(かみじょうとうや)」
とある魔術の禁書目録 第16話 「父親(かみじょうとうや)」 上条の前に現れた赤いシスターはミーシャ=クロイツェフ。ロシア教会の対幽霊部隊『殲滅白書(Annihilatus)』に所属する彼女は、世界中でおこっている怪現象の大本となった大魔術『御使墜し(エンゼルフォール)』の発生源を探るべく、日本へとやってきたという。時同じくして、『御使墜し(エンゼルフォール)』の人格入れ替えからなんとか難を逃れたイギリス清教『必要悪の教会(ネセサリウス)』のふたりの魔術師も顔を現した。神裂と、そして、上条のクラスメイトでもある土御門。彼は学園都市にスパイとしてもぐりこんでいた魔術師だったのだ。儀式が必要なほどの大きな規模の魔術である『御使墜し(エンゼルフォール)』の術者を探し出すため、上条はミーシャと神裂、土御門の3人と行動を共にすることに。しかし、他の人には違う人間に見える神裂の姿が、とある混乱を巻き起こす――。
第10話 「キライキライ、ダイスキ」
無料
さくら荘のペットな彼女 第10話 「キライキライ、ダイスキ」 文化祭の出し物として「にゃぼろん」の制作を開始したさくら荘の面々。ディレクターとなった空太だが、絵コンテが全くはかどらない。数日後、徐々にスケジュールが遅れ始めているところに、生徒会から参加条件として企画内容をプレゼンするよう要求される。空太は、作業の遅れを取り戻すため、増員を決断し、現状のクオリティに見合う人材として、ましろがイギリスにいた頃のルームメイトであるリタを勧誘しようとするのだが…。
第24話 「さくら荘へようこそ」
さくら荘のペットな彼女 第24話 「さくら荘へようこそ」 千尋に別れの挨拶をし、美咲の車でさくら荘をあとにする一同。イギリスへ帰国するリタ、大阪の大学に向かう仁、声優という夢を追い続けるために両親を説得しに里帰りをする七海、引越しの準備のため一旦実家に帰るという美咲、そして外で打ち合わせがあるとその場を去る龍之介。それぞれを見送った空太とましろは、さくら荘へと帰る。そして誰もいなくなったさくら荘で2人は…。
第11話 「刺突抗剣(スタブソード)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第11話 「刺突抗剣(スタブソード)」 『刺突抗剣』の正体が『使徒十字(クローチェディピエトロ)』であると判明したことで、リドヴィアの本当の目的を知った上条たち。この状況が明るみになり、インデックスが動くことになれば、外部の魔術師の侵入を許すことになる。この事件を彼女に悟らせないよう、上条は、両親とインデックス、そして美琴と彼女の母親・美鈴と昼食の席を囲んだり、多分な誤解による美琴と黒子の理不尽な攻撃を受けたりしていた……。一方、イギリス清教からの報告を受けていたステイルは、緊迫した状況下にもかかわらず小萌先生に喫煙をとがめられ、お小言を受ける羽目に。そんな安息(?)のひとときも、土御門からの連絡で終わりを告げる。
第13話 「使徒十字(クローチェディピエトロ)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第13話 「使徒十字(クローチェディピエトロ)」 イギリス清教からもたらされた追加報告によって、『使徒十字』の使用条件を知った上条たち。オリアナの目的地『天文台』をどうにか特定した彼らは、土御門の「裏技」を使って、その目的地--第二三学区の飛行場へと急行する。彼らの前に立ちはだかるオリアナ。彼女の罠の前に土御門が倒れ、『速記原典』を駆使した変幻自在の攻撃に上条とステイルも苦戦を強いられる。刻一刻と暗くなっていく空。夜になって星座が見えると、『使徒十字』が発動してしまう。連携を無視した攻撃で、かろうじてオリアナの隙を突くことに成功する上条とステイル。何とか形勢逆転まで持ち込もうとするも、満身創痍のオリアナは、自らの戦う理由と求める答え、そして魔法名を口にする。

おすすめの作品

スペインから入国者に隔離義務 急きょ実施で混乱
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 スペインから入国者に隔離義務 急きょ実施で混乱  イギリス政府が感染者数が急増しているスペインからの入国者に2週間の自己隔離を義務付ける措置を急きょ実施したため混乱が起きています。  イギリス政府は26日、スペインからの入国者に対して2週間の自己隔離を義務付けました。スペインでの感染者数が急増していることを受けた措置でしたが、実施の数時間前に急きょ発表されたため、空港では旅行客などを中心に混乱が生じました。予告がなかったため、休暇でスペインを訪れていたイギリスのシャップス運輸相も隔離の対象となるなど影響が広がっています。イギリスメディアによりますと、来月末までに約180万人がイギリスからスペインへの渡航を計画しています。
イギリス南西部で38度に 熱波襲来で記録的暑さ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イギリス南西部で38度に 熱波襲来で記録的暑さ  ヨーロッパでは7日、熱波に見舞われ、イギリスでは8月の気温として17年ぶりの高さとなるなど記録的な暑さとなっています。  イギリスでは7日、南西部で38度に達したほか、ロンドンでは36.4度を記録しました。8月にここまで気温が上がるのは、過去最高を記録した2003年以来です。記録的な暑さに外ではマスクを外す人の姿も目立ちました。イギリスでは週末も引き続き熱波が襲う予想で、混雑を防ぐためビーチなどに行くのを避けるよう地元の自治体などが呼び掛けています。
茂木外務大臣がイギリス訪問へ 帰国後の隔離は免除
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 茂木外務大臣がイギリス訪問へ 帰国後の隔離は免除  新型コロナウイルスの感染拡大以降、初めての閣僚の外遊として、茂木外務大臣は5日からイギリスを訪問します。チャーター機で移動して訪問先を限定するなどの措置を取ることで、帰国後2週間の隔離措置は免除されます。  茂木外務大臣:「国益をかけたまさに難しい交渉、おそらく電話でやるのは無理だと思います。実際に直接会って交渉をする。妥結点を見つけたい、合意に達したいと感じています」  茂木大臣はトラス国際貿易相とイギリスのEU(ヨーロッパ連合)離脱に伴う新たな二国間の通商協定の締結に向けた詰めの協議を行います。また、ラーブ外相とも会談し、国家安全維持法が施行された香港の情勢などを巡って意見交換をする予定です。イギリスからの帰国者には通常、2週間の自宅などでの待機が要請されていますが、茂木大臣は専用機で移動して帰国時にはPCR検査を受けるなどの措置を取ることで、帰国後の隔離はしないということです。政府は当面の間、政府要人の外国訪問において同様の措置を取る方針です。
肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表  肥満がコロナの重症化につながるのでしょうか。新型コロナウイルスに感染したイギリスのジョンソン首相が驚きのコロナ対策に乗り出しました。  イギリス、ジョンソン首相:「私はもうかなり以前から『痩せたい』と思っていました。自分の体重と格闘してきました。増えたり減ったりです」  そんな悩みが生かされるのか。イギリスのジョンソン首相がこの度、発表した政策は「肥満対策」。27日から「ジャンクフード」の「テレビでの広告」などを禁止します。その狙いの一つは「コロナ対策」。感染して重症化したジョンソン首相は、その原因が肥満にあったと考えたといいます。  そんな首相の「側近」が新型コロナウイルスでピンチです。シャップス運輸相が休暇でスペインを訪れていたところ「隔離対象」になったといいます。これはスペインで感染が拡大しているためで、イギリス政府はスペインからの入国者に2週間の自己隔離を義務付けました。問題はこの発表が実施の数時間前だったという点。  ホワイトハウスでは「側近」が感染しました。オブライエン大統領補佐官はイギリスやドイツなどを訪問後に感染が判明しました。周辺はピリピリムード、かと思いきや…。  トランプ大統領:「最近…あいつ見てないな。後で電話してみるか」  そんな大統領は27日、アメリカ・ノースカロライナ州にある富士フイルムの子会社を視察しました。ここではワクチンの原薬を開発中。選挙を意識しているのか、大統領は距離を取ってマスクを着用。その後、こう訴えました。  トランプ大統領:「…
茂木大臣が英外相と会談 経済連携協定の妥結が焦点
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 茂木大臣が英外相と会談 経済連携協定の妥結が焦点  茂木外務大臣がイギリスに到着し、ラーブ外相と会談しました。閣僚による海外訪問は半年ぶりで、EU(ヨーロッパ連合)を離脱したイギリスとの経済連携協定の妥結が焦点となっています。  茂木大臣とラーブ外相との会談は予定より延びて2時間ほど行われました。新型コロナウイルス対策や国家安全維持法が施行された香港の情勢などを巡って意見交換しました。EUを離脱したイギリスとは新たな通商協定の締結に向けた協議が大詰めを迎えています。茂木大臣は6日から2日間、トラス国際貿易相との交渉に臨む予定です。
英ジョンソン首相 コロナ初動対応の“誤り”認める
最新の国際ニュース【随時更新】 英ジョンソン首相 コロナ初動対応の“誤り”認める  イギリスのジョンソン首相が新型コロナウイルスへの初動の対応について「理解していなかった」と誤りを認めました。  イギリス、ジョンソン首相:「最初の数週間、数カ月は理解していませんでした。どの程度、無症状で人から人へと感染するかも分かっていなかったです」  ジョンソン首相は24日、新型コロナの対応について「違う方法があったかもしれない」と反省を口にしました。イギリスの死者はヨーロッパで最多となっていますが、これまでは「正しい決定を下した」と強気の姿勢を示していました。また、自らも感染して重症化したことについて「肥満」が要因の一つだったと認め、早急に国民の肥満対策を打ち出すと表明しました。
日英通商交渉 今月末の大筋合意目指す
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日英通商交渉 今月末の大筋合意目指す  イギリスとの経済連携協定の交渉で茂木外務大臣は主要な論点で一致したとし、今月末までの大筋合意を目指すと表明しました。  茂木外務大臣:「大半の分野で実質合意し、主要論点について認識の一致に至り、8月末までの大筋合意を目指す」  茂木大臣は、2日にわたりイギリスのトラス国際貿易相と経済連携協定の交渉に臨みました。茂木大臣は「実質合意した」としつつも、最後の詰めが残るとして今月末の大筋合意を目指すと強調しました。この協定はイギリスのEU(ヨーロッパ連合)離脱後の貿易の枠組みとなり、交渉では自動車関税の撤廃時期などが焦点でしたが、詳細は明かされていません。
メーガン妃が39歳に 王室メンバーがSNSで祝福
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 メーガン妃が39歳に 王室メンバーがSNSで祝福  イギリス王室を離脱したヘンリー王子の妻・メーガン妃が4日に39歳の誕生日を迎え、王室メンバーがSNS上で祝福のコメントを寄せています。  イギリス王室の公式ツイッターでは、おととしに撮影されたエリザベス女王と隣り合って笑顔を見せるメーガン妃の写真を掲載しました。また、ヘンリー王子の兄・ウィリアム王子とキャサリン妃も公式ツイッターにメーガン妃の写真を載せて祝福しています。ヘンリー王子とメーガン妃を巡っては、王室ジャーナリストが王室離脱の舞台裏を描いた本が来週に出版される予定です。発売を前にイギリスメディアがウィリアム王子夫妻との確執があったなどと内容の一部を伝えていて、注目が集まっています。
英 肥満対策を発表 新型コロナの重症化防止で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英 肥満対策を発表 新型コロナの重症化防止で  イギリスのジョンソン首相は自身が新型コロナウイルスに感染した後、重症化した一因は肥満にあったとしてジャンクフードの広告を禁止するなどの肥満対策を発表しました。  女性:「もっと前からやるべきだったと思います」  男性:「簡単に手に入るジャンクフードが減っても皆、他の場所できっと買うんじゃないかな」  イギリス政府が27日に発表した肥満対策では、午後9時までテレビやインターネットで脂肪や塩分、砂糖を多く含む「ジャンクフード」の広告を禁止します。さらに大規模なレストランなどではメニューにカロリー数の表示が求められます。この背景には新型コロナに感染したジョンソン首相自身が肥満によって重症化したと考えていることにあります。イギリスでは国民の6割以上が標準体重を超え、その半数が肥満とされています。
香港警察が海外の民主活動家6人を指名手配 
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港警察が海外の民主活動家6人を指名手配   香港警察がイギリスに渡った民主活動家の羅冠聡さんら6人を国家安全維持法違反の疑いで指名手配したと香港メディアが報じました。  香港メディアによりますと、指名手配されたのは元立法会議員で民主活動家の羅さんや在香港イギリス領事館の元職員、サイモン・チェンさんら6人です。国家安全維持法は海外での活動も取り締まりの対象としていますが、海外に住む活動家への適用は初めてです。6人は国家分裂を扇動したり外国勢力と結託したりした疑いが持たれています。現在はイギリスやアメリカなどに滞在していますが、香港に戻れば逮捕されるということです。羅さんは指名手配の一報を受け、自身のSNSに「穏健派の私たちすら香港に居場所がなくなり、中国共産主義支配の不条理さが表れている」と投稿しています。