「イギリス 歴史」の検索結果

今すぐ視聴する

第10話 独立戦争とリッテンハウス
タイムレス(吹替) 第10話 独立戦争とリッテンハウス ベネディクト・アーノルド将軍は、アメリカ独立戦争で功績を上げつつも、独立を目指す軍を裏切り、イギリス側へ寝返った人物だ。フリンが、アーノルドがイギリス側へ逃亡した1780年9月にタイムトラベルしたことから、ジョージ・ワシントンを殺そうとしているのでは、とルーシーらは考え、後を追う。アーノルドの屋敷に着くと、フリンはすでにワシントンのスパイ組織の一員になりすましていた。
第10話 独立戦争とリッテンハウス
タイムレス(字幕) 第10話 独立戦争とリッテンハウス ベネディクト・アーノルド将軍は、アメリカ独立戦争で功績を上げつつも、独立を目指す軍を裏切り、イギリス側へ寝返った人物だ。フリンが、アーノルドがイギリス側へ逃亡した1780年9月にタイムトラベルしたことから、ジョージ・ワシントンを殺そうとしているのでは、とルーシーらは考え、後を追う。アーノルドの屋敷に着くと、フリンはすでにワシントンのスパイ組織の一員になりすましていた。
第4話 ネバー・セイ・ネバー
タイムレス(吹替) 第4話 ネバー・セイ・ネバー ジヤが現在の母船の位置を突き止め、ワイアットを含む警察隊が踏み込むが、アンソニーはプルトニウムのピットに細工をして母船に乗せ、フリンと共に過去へ消える。行き先は1944年9月のドイツ北西部。ルーシーの、記憶を頼りに、母船の後を追う3人。ワイアットとルーシーがバーへ入ると、あるドイツ兵がやってきて裏口から出ろと言う。彼はナチスに潜入していたイギリスMI6のイアン・フレミングだった。
第7話 デス ミレニアム
タイムレス(吹替) 第7話 デス ミレニアム ルーシー、ワイアット、ルーファスの3人は1754年9月15日のピッツバーグ郊外にタイムトリップし、3日間森の中を歩き続けるがフリンは見つからない。ワイアットは、隠し事をしていたルーシーとルーファスを許せずにいた。当時のアメリカはイギリスの植民地で、フレンチ・インディアン戦争のさ中であった。3人はフランス兵クーロン中尉に捕らえられる。一方、フリンの仲間が救命艇に爆薬を仕掛け、救命艇に穴が開いてしまう。
第4話 ネバー・セイ・ネバー
タイムレス(字幕) 第4話 ネバー・セイ・ネバー ジヤが現在の母船の位置を突き止め、ワイアットを含む警察隊が踏み込むが、アンソニーはプルトニウムのピットに細工をして母船に乗せ、フリンと共に過去へ消える。行き先は1944年9月のドイツ北西部。ルーシーの、記憶を頼りに、母船の後を追う3人。ワイアットとルーシーがバーへ入ると、あるドイツ兵がやってきて裏口から出ろと言う。彼はナチスに潜入していたイギリスMI6のイアン・フレミングだった。
第7話 デス ミレニアム
タイムレス(字幕) 第7話 デス ミレニアム ルーシー、ワイアット、ルーファスの3人は1754年9月15日のピッツバーグ郊外にタイムトリップし、3日間森の中を歩き続けるがフリンは見つからない。ワイアットは、隠し事をしていたルーシーとルーファスを許せずにいた。当時のアメリカはイギリスの植民地で、フレンチ・インディアン戦争のさ中であった。3人はフランス兵クーロン中尉に捕らえられる。一方、フリンの仲間が救命艇に爆薬を仕掛け、救命艇に穴が開いてしまう。
北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 ABEMA News×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。
ジョージ・ワシントン暗殺計画
ミステリー・ミュージアム ジョージ・ワシントン暗殺計画 イギリスによる、ジョージ・ワシントン暗殺計画とは。実際におんどりは卵を産んだのか。アメリカで最も悪名高いお家騒動とは。ドン・ワイルドマンが、博物館の展示品の謎に迫る。
奇怪な食べ物
倒錯の心理 奇怪な食べ物 信じられないほどまずそうな食事でも、人によっては最高のごちそうになる場合がある。今回は禁断の食べ物を紹介する。ニュージーランドでは羊の睾丸を食べる祭り。日本では土を使った料理。イギリスでは道路脇で死んでいる動物を食べる一家まで。人の味覚はそれぞれだが、彼らの食事は本当に禁断とされるべきなのか?
二重生活
倒錯の心理 二重生活 禁断の二重生活を送る人々の秘密の生活をのぞく。アメリカではセールスマンとミイラの二重生活を送る男性。12時間もミイラになりきって生活するとか。オーストラリアではIT専門家とポニーの2つの顔を持つ女性。イギリスでは自分がいにしえの王だと信じている男性。メキシコではフワフワの動物になりきるシャイな男性。なぜ彼らの生活は禁断とされるのだろう?
行き過ぎた動物愛
倒錯の心理 行き過ぎた動物愛 人間は食物連鎖の頂点にいると考えがちだが、動物と人間の区別をつけない人々もいる。ニュージーランドには犬に車の運転をさせる男性。イギリスには農場で豚やポニーになりきる人々。そしてブラジルには"娘"である犬に結婚式を挙げさせる女性まで。動物を愛することは素晴らしいが、彼らの行動は禁断とされるべきなのか?
変身願望
倒錯の心理 変身願望 変身願望をもつ人々を紹介する。科学の発達により、人間は外見も中身も変身することが可能となった。変身願望をもつ人は多いが、その願望が大きすぎる人々がいる。アメリカでは妊娠しようとする男性がいる。イギリスにはゾンビに変身する人々。デンマークではライブRPGの世界に浸っている女性。彼らは自分以外の何者かになろうとしている。それは禁断の行為なのか?
風変わりな男
倒錯の心理 風変わりな男 男らしさに関する固定観念から逸脱した風変わりな男たちに迫る。オーストラリアではぬいぐるみと食事に出かける大学教授。アメリカでは人魚の格好で泳ぐ夫。イギリスでは体の半分だけライオンの格好をして通りを練り歩く失業中の役者。イタリアではマッチョな女性が好きな男性まで。彼らの行為は確かに男性には珍しいが、禁断とされるべきなのか?
恐怖を求めて
倒錯の心理 恐怖を求めて 世界には恐怖を楽しいと感じる禁断の人々がいる。スウェーデンでは世界でも有数のクサい食べ物にチャレンジする観光客が。恐怖に打ち勝ちのみ込めるのか?イングランドでは墓場好きの男性が自宅を死のイメージで飾り付ける。さらにポーランドでは虫料理のシェフ、イギリスでは警官になった危険好きの歯医者まで。彼らの行動は本当に禁断とされるべきなのか。