「イギリス」の検索結果

今すぐ視聴する

「東京五輪を延期すべき」イギリス陸連会長が表明
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「東京五輪を延期すべき」イギリス陸連会長が表明  イギリスの陸上競技連盟の会長が「選手たちは十分に練習できない環境で大きなストレスにさらされている」とし、東京オリンピックを延期すべきと表明しました。  イギリス陸上競技連盟のカワード会長は、イギリスの新聞「テレグラフ」紙のインタビューに答え、「オリンピックとパラリンピックは予定通り開催できないという決断が下されなければならない」と話し、延期すべきという考えを示しました。政府の決定で練習場所の閉鎖が相次ぐなか、選手は非常に大きなストレスを感じているとしています。カワード会長は選手たちの状況をIOC(国際オリンピック委員会)が理解したうえで、速やかに結論を出すように求めています。
「数十年で最大の脅威」イギリスで“外出禁止”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「数十年で最大の脅威」イギリスで“外出禁止”  イギリスでは不要不急の外出を禁止する罰則付きの措置を講じ、事実上の外出禁止に踏み切りました。  イギリス、ジョンソン首相:「今夜から英国民に簡単な指示をします。必ず家にいなければなりません」  ジョンソン首相は23日夜の会見で、新型コロナウイルスの感染拡大が「国にとってこの数十年で最大の脅威」だと訴えました。そのうえで、生活必需品の購入や在宅では対応できない仕事以外での外出を控え、3人以上の集会を避けるよう求めました。これらを守らなかった場合、罰金が科されるなど事実上の外出禁止になります。イギリス政府はこれまで厳しい対策に慎重でしたが、外出自粛の要請があまり守られていない現状を考慮してより厳格な措置を取ります。
英首相が全世帯に書簡配布へ 外出控えるよう訴え
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英首相が全世帯に書簡配布へ 外出控えるよう訴え  イギリスでは新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、外出を控えるよう求めるジョンソン首相の書簡をすべての世帯に配布することになりました。  イギリス政府によりますと、ジョンソン首相の書簡は来週から全国すべての約3000万世帯を対象に配られます。外出を控えるよう求めるとともに、企業や労働者の支援のために政府が講じた措置なども説明するということです。自らも新型コロナウイルスに感染したジョンソン首相は「全員がルールに従えば失われる命は減り、生活はより早く正常に戻ることができる」と政府の指示に従うよう強調しています。一方、イギリス政府のアリスター・ジャックスコットランド相が感染が疑われる症状を訴えていることが分かりました。イギリスでは政権中枢に感染が広がり始めています。
英王室チャールズ皇太子 新型コロナに感染
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英王室チャールズ皇太子 新型コロナに感染  イギリス王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになりました。  イギリス王室は25日、チャールズ皇太子が新型コロナウイルスの検査を受けた結果、「陽性」反応が出たと発表しました。症状は軽く、健康状態は良好だということです。また、カミラ夫人も検査を受けましたが、「陰性」だったということです。現在、2人はスコットランドで自主隔離を行っています。イギリス王室は「チャールズ皇太子はここ数週間、公務で多くの人たちと関わっているため、感染源を特定するのは不可能だ」としています。
英皇太子コロナ感染 エリザベス女王は健康問題なし
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英皇太子コロナ感染 エリザベス女王は健康問題なし  イギリス王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになりました。症状は軽いということです。  イギリス王室は25日、チャールズ皇太子が新型コロナウイルスへの検査を受けた結果、「陽性」反応が出たと発表しました。症状は軽く、健康状態は良好だということです。また、カミラ夫人も検査を受けましたが、「陰性」だったということです。現在2人はスコットランドで自主隔離中です。イギリス王室は「チャールズ皇太子はここ数週間、公務で多くの人たちと関わっているため感染源を特定するのは不可能だ」としています。12日にチャールズ皇太子と面会したエリザベス女王は現在、ロンドン郊外のウィンザー城に滞在していて、健康状態に問題はないということです。
英チャールズ皇太子が新型コロナ感染 英メディア
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英チャールズ皇太子が新型コロナ感染 英メディア  イギリスメディアよりますと、イギリス王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスの検査を受けて陽性反応が出たということです。軽い症状が出ていたということですが、現在は健康状態は良好だということです。
ヘンリー王子夫妻ロス移住 米国「警備費払わない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ヘンリー王子夫妻ロス移住 米国「警備費払わない」  イギリス王室を離れるヘンリー王子夫妻が移住予定だったカナダからアメリカ・ロサンゼルスに引っ越したと報じられました。トランプ大統領は「警備費は払わない」と明言しています。  今月末でイギリス王室を離脱するヘンリー王子とメーガン妃は当初、カナダへ移住するとされていました。しかし、先週、イギリスの新聞「サン」は新型コロナウイルスの感染防止で国境が封鎖される前にカナダからアメリカ・ロサンゼルスへ移り、住居を構えたと報じました。関係者の話として「ハリウッドの代理人やPR会社のほか、メーガン妃の友人や母親もいる」と理由を伝えています。王室の発表はまだありませんが、トランプ大統領は29日に「アメリカは警備費を払わない」とツイッターで明言し、「彼らが支払うべきだ」と釘を刺しました。
荘園領主の邸宅
アンティーク・ハンター 荘園領主の邸宅 今回はウィラルにある荘園領主の邸宅を訪ねる。そこは骨董品店にもなっており、いい物が多くそろっている。ここではフランス製のアールデコの机やマホガニーのイギリス製デスクチェア、地球儀型の照明器具、クロム加工されたペンダントライトなどを見学。一方リバプールでは、教会の彫像を作る会社を訪問。幼少期のイエスの彫像やガラスドーム、天使のろうそく立て、壁飾りなどを見せてもらう。ドリューとティーは神のご加護を得て、希望通りに交渉を進めることができるだろうか。
メキシコ・プエブラ
無料
世界の美味しい旅 メキシコ・プエブラ アーロンはメキシコの町プエブラに来ていた。メキシコを代表する料理が生まれた町だ。イギリスから出たことのなかった彼にとってプエブラの味は斬新だった。しかし、旅行とはいえ、のんびりはしていられない。わずかな滞在期間で郷土料理を学ぶだけでなく、地元のシェフと対戦できるほどの腕を身につけねばならないのだ。とても無茶な挑戦に見えるが、果たして審査員が下した判定は?
「パンチとジュディ」の人形
アンティーク・ハンター 「パンチとジュディ」の人形 まずドリューが訪れたのはアクスブリッジにあるデパートだ。最近、閉館したそうで、彼の購買意欲が刺激される。ここではマホガニーとオークで出来た服飾品のカウンターやマホガニーの棚、クリスティーズの帽子箱、鋼鉄製の仕立てばさみなどを発見。
英首相 事実上の外出禁止措置 上限32万円支給も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英首相 事実上の外出禁止措置 上限32万円支給も  イギリスのジョンソン首相は国内のすべてのレストランやパブなどを閉鎖すると発表しました。事実上の外出禁止措置です。  イギリス、ジョンソン首相:「今夜も出歩きたいと思っている人がいると思いますが、やめて頂きたい」  ジョンソン首相は会見でレストランやパブ、スポーツジムの営業をできる限り早く終了するよう求め、20日の夜以降の閉鎖を決めました。ただ、飲食店からの持ち帰りは引き続き認められます。また、休業に追い込まれている労働者全員を対象に賃金の8割を政府が支給する異例の措置も発表しました。上限は2500ポンド、日本円で約32万円で、職種は問わないということです。
英首相や保健相も…政権中枢で新型コロナ感染拡大か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英首相や保健相も…政権中枢で新型コロナ感染拡大か  イギリスのジョンソン首相は27日、新型コロナウイルスに感染したと自身のツイッターに公表しました。症状は軽いということですが、政権中枢での感染の拡大が懸念されます。  英・ジョンソン首相:「政府の医療責任者のアドバイスで検査を受けた結果、陽性だった」  また、ジョンソン首相とともに新型コロナウイルスの対策を指揮していたハンコック保健相も検査の結果、感染したことが分かりました。さらに、政府の医療責任者も感染が疑われる症状が出ていて、自主的に隔離しています。政権中枢での感染の拡大が懸念され、イギリス政府の危機管理能力が問われることになりそうです。
機密事項流出? 英首相がネット閣僚会議をSNSに…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 機密事項流出? 英首相がネット閣僚会議をSNSに…  新型コロナウイルスに感染したイギリスのボリス・ジョンソン首相が「ネット上の閣僚会議」をSNSに投稿しました。ところが、この画像に機密事項が含まれているのではと波紋を広げています。  ビデオメッセージを送ったのは、新型コロナに感染しているイギリスのジョンソン首相です。SNSには閣僚会議もテレワークで行ったことを報告。ところが、この投稿が思わぬ波紋を広げることに…。  画面上には閣僚のユーザー名が無修正でさらけ出され、「個人情報が守られていないのでは」と海外メディアに指摘されたのです。外出禁止令が敷かれたイギリス国内では、テニスの四大大会「ウィンブルドン」も中止になりました。  自宅のバルコニーを行ったり来たり…。男性は意味もなく走り回っているわけではありません。参加する予定だったハーフマラソン大会が新型コロナの影響で中止になり、代わりにバルコニーで同じ距離を走ることを思い付いたのです。とはいえ、幅はわずか3メートル、21キロ余りを走るには単純計算で約3500往復することになります。そして、3時間42分かけて見事にフィニッシュしました。  南米チリでは街なかで警察官に囲まれる女性の姿が…。と、次の瞬間に突然、猛ダッシュ。水をまき散らして抵抗するものの、すぐさま警察に取り押さえられます。実は、この女性は新型コロナウイルスの感染者で、病院から逃げ出したというのです。この後、女性は病院に連れ戻され、周囲の店は閉鎖されることとなりました。
ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」
無料
潜入!ロイヤル・ネイビー ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」 ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」はイギリス海軍が所有する最大級の軍艦だ。排水量は約2万2000トンで、ヘリコプター18機、攻撃用舟艇4隻、人員1300名を運ぶことができる。ある日、オーシャンは36時間だけ海軍基地に停泊。物資と燃料が補充され、チヌークやアパッチ、コブラなどのヘリコプターが積み込まれる。これから大規模なNATOの合同軍事訓練に参加するのだ。その準備の様子をカメラが追う。
ダンテのフェイスマスク
アンティーク・ハンター ダンテのフェイスマスク まずは自転車の博物館を訪ねるドリュー。そこには「ボーンシェーカー」と呼ばれる初期の自転車など世界的に見ても珍しい品が所蔵されている。ここではチャペルチェアやコルクのヘルメット、消防車のライトなどを購入。その後、彼は右腕のティーと共にエディンバラの骨董品店に向かう。所狭しといいものが並ぶ店で、卓上ライトやのど飴の缶、ダンテのフェイスマスクなどを入手。そして最後に訪ねたのはブリストルにある築750年の家。北極探検のフィギュアのセットやおもちゃの車などを見つけて興奮するのだった。
トーネットのベンチ
アンティーク・ハンター トーネットのベンチ 今回ドリューは新境地を開拓すべく、右腕のティーと共に初めて北アイルランドへ買いつけに向かう。まず彼らが訪ねたのは、世界的に見ても貴重なジョージア王朝時代の大邸宅。ここでは19世紀のマホガニー製サイドテーブルや食器棚、ウイングバックチェアなどを発見。その後、ベルファストの中古品店を訪ね、ミヒャエル・トーネットがデザインした3人掛けベンチなどを購入。そしてパブ用の調度品や家具などを扱う会社を訪問し、カワサキの貴重なバイクに出会うのだった。
古き良きネオンサイン
アンティーク・ハンター 古き良きネオンサイン 今回はデボンにある邸宅を訪ねる。なんとこの邸宅は600年もの間、同じ一族によって受け継がれてきたという。ここでドリューは左官職人の道具や大理石のすり鉢などを発見。次に彼が訪ねたのはボーンマスにある一風変わった骨董品店。フランス製の時計や射撃の標的として使われるポスター、1960年代のネオンサインなどを見つける。そして最後に農業技術に関する会社を訪問。そこにはクロムめっきの施されたデスクチェアや、ダイニングテーブルに使えそうな鋳鉄製の脚などがあった。
ヘディンガム城の骨董品
アンティーク・ハンター ヘディンガム城の骨董品 今回ドリューは非常に保存状態のよい掘り出し物を探すため、ティーと共にエセックスのヘディンガム城を訪問。ここではアンティークのパイン材のテーブルなど見事なアイテムを見る。一方、ハンガーフォードの骨董品店では農業の実習に使われた穀物の見本やアールデコの壁掛け照明、真ちゅうの天井照明、人体解剖模型、昆虫の標本箱などを発見。ランカシャーでは自動車関連グッズを扱う業者を訪問。フォルクスワーゲンの看板や車の点検用ライトなど珍しい品を見つける。
ウォーターマス城の秘蔵品
アンティーク・ハンター ウォーターマス城の秘蔵品 ノースデボンにあるビクトリア朝様式のウォーターマス城を訪問。様々な骨董品が収蔵されており、家族向けのテーマパーク、そして博物館にもなっている。ここでホロフェーン社製のランプシェードやマホガニーのウォールライトなどを見物。ロンドンでは高級な骨董品を扱う店を訪ね、スペイン製の壁掛け棚や木の彫刻に見とれる。リバプールでは有名なパイプオルガン製造会社の工場を訪問。作業員の椅子やダイニングテーブル、ギターメーカー「フェンダー」のロゴ入り時計を気に入る。
英ジョンソン首相が“新型コロナ”感染
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英ジョンソン首相が“新型コロナ”感染  イギリスのボリス・ジョンソン首相が新型コロナウイルスの検査を受け、「陽性」だったことが分かりました。  ジョンソン首相は27日、自身のツイッターで新型コロナウイルスの検査を受けたところ、陽性だったと明かしました。ジョンソン首相は発熱があり、せきが継続的に出るなど軽い症状が出ていたということです。ジョンソン首相は現在、自己隔離中だとしたうえで「テレビ会議を通じてこの国を引っ張り続ける」とコメントしています。イギリスでは26日夜、新型コロナウイルスの治療に立ち向かう医療スタッフに拍手を送ってエールを送る企画が全国一斉に行われていて、ジョンソン首相も首相官邸の前で参加していましたが、特に変わった様子は見られませんでした。
鉄道駅の時計
アンティーク・ハンター 鉄道駅の時計 今回、ドリューはオックスフォードシャーにある邸宅を訪ねる。古典的な外観とは異なり、邸宅の中は変わった骨董品であふれている。ここでは19世紀のしっくいの額や雌ライオンの頭蓋骨、寺院の模型、ミラーボールを購入。その後、ニューキャッスルの近くにあるリサイクル店では、次世代の骨董商となる2人の若者と会う。ドリューは掘り出し物を求め、広大な土地を物色。ユニットシェルフや鉄道駅にあるような時計などを買う。最後はハンプシャーにあるホバークラフトの博物館を訪問。ヘリコプターのブレードが付いたトラックの模型やホバーカーの模型など珍しい品を見つけるのだった。
ドイツの古城
アンティーク・ハンター ドイツの古城 今回はいつもより遠出してドイツへ向かう。1週間かけて、あらゆる掘り出し物を探すのだ。まずは14世紀に建てられた古城を訪問。おとぎ話に出てきそうな城だ。ここではオーク材のセンターテーブルや白鳥の装飾付きの壁掛け時計などを発見する。そして骨董品の収集家として有名なアンティークディーラーの自宅を訪問。ユニークなデザインのバイク「インディアン・スカウト」の初期モデルや医療用キャビネット、アクリル製のユニットシェルフ、映画スタジオの照明、カーニバル用のロバの頭などを見つける。その後、12世紀に建てられたグッテンベルク城を訪問。美しいコーナー用の椅子に心を奪われる。
英チャールズ皇太子が回復 国民に連帯を呼び掛け
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英チャールズ皇太子が回復 国民に連帯を呼び掛け  新型コロナウイルスへの感染を公表して自主隔離を続けてきたイギリスのチャールズ皇太子が自身のインスタグラム上で回復を報告するとともに、国民に連帯を呼び掛けました。  チャールズ皇太子:「いつ終息するのかは誰にも分かりませんが、終わりはやってきます。それまで希望を持ち、お互いを信じて生きていきましょう」  チャールズ皇太子は先週、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出ていました。症状は軽く、スコットランドの自宅で7日間の自主隔離を行い、先月30日に終えました。インスタグラムに投稿したビデオメッセージで、チャールズ皇太子は「私たちは非常に困難な状況に直面している」と訴える一方、患者の治療にあたる医療スタッフを「とても誇りに思う」とたたえました。イギリスではこれまでに約3万人の感染者が確認され、死者も2300人以上に上っています。
アーツ&クラフツ運動の家
無料
アンティーク・ハンター アーツ&クラフツ運動の家 今回、ドリュー・プリチャードはノーフォークにある美しい邸宅を訪ねる。中世の造形芸術への回帰と手工芸の復興を目指す「アーツ・アンド・クラフツ運動」の一環として建てられた家だ。そこで工場の照明やスツール、ラウンジチェアなどを見つけ、家の持ち主と値段交渉して買い付ける。その後、彼は同じくノーフォークにある巨大な風車へ。以前は博物館になっていたが、今は閉鎖されている。貴重なものは何も残っていないように見えたが、ビクトリア調の薬局の棚を発見。無事に購入する。その後自分のショップに戻り、買い付けたものをレストア。さらにエディンバラの骨董品店を訪れ、椅子などを購入。果たして各アイテムに買い手は現れるのか。
メキシコシティ
無料
世界の美味しい旅 メキシコシティ あまり地元から離れたことのないアーロンが今回やって来たのは2000万人以上が暮らすメキシコシティ。まずは紫トウモロコシのケサディージャを食べたり、メキシコの“キャビア”を味見して伝統料理を学ぶ。地元のトップシェフたちと出会い、伝統的な家庭の朝食を楽しんだ後は、いよいよ料理バトルだ。果たしてアーロンは、メキシコ料理で地元の人々をうならせることができるのだろうか。
episode7 ついにビッグチャンス到来?!
Million Dollar Baby ~うちの子がいちばんカワイイ!ステージママの奮闘記~ episode7 ついにビッグチャンス到来?! 最近ネットでのいじめに悩まされていたラティーシャに、仕事でビッグチャンスが到来する。しかも親子で賞にもノミネートされ...。
フリゲート「サザランド」
潜入!ロイヤル・ネイビー フリゲート「サザランド」 フリゲート「サザランド」の艦長アンダーソンは、新人たちが軍艦の武器を扱えるか確かめるため試験を行う。しかし芳しくない結果に、落胆する。基地では潜水艦乗組員のルークが婚約者と結婚の準備を進めている。しかし、結婚直前に婚約者の行方が分からなくなってしまう。一方、原子力潜水艦「トーベイ」の後方支援を担当するデイヴは極秘任務に旅立つ前に、家族にしばしの別れを告げる。
砕氷型巡視船「プロテクター」
潜入!ロイヤル・ネイビー 砕氷型巡視船「プロテクター」 砕氷型巡視船「プロテクター」では、今後2年間にわたり行われる任務に向けて準備が進められている。その間に、将官の洋上訓練FOSTも行われる。この過酷な訓練は同盟国や敵国からも高く評価されており、武器を使った試験やキャビンのチェック、落水者救助訓練などが含まれる。彼らが試験に合格できなければ船を出すことはできない。果たしてプロテクターは無事、任務に向けて出港することができるのだろうか?
エリザベス女王の訪問
潜入!ロイヤル・ネイビー エリザベス女王の訪問 エリザベス女王がヘリコプター揚陸艦「オーシャン」を視察するため4日後にデヴォンポート海軍基地に来ることになった。しかし、オーシャンは海軍基地にはおらず、洋上で戦闘演習中だった。急いで海軍基地に戻ろうとするが、問題が発生し...。一方、上等兵曹のクリス・アイザックは女王の訪問に備え、準備に奔走する。果たして、無事に女王を迎え入れることはできるのだろうか?
ドック型輸送揚陸艦「アルビオン」
潜入!ロイヤル・ネイビー ドック型輸送揚陸艦「アルビオン」 デヴォンポート海軍基地には有名な防波堤があるが、嵐で一部が壊れたため修復することになった。しかし荒波に阻まれ、作業の続行が危ぶまれる。一方、ドック型輸送揚陸艦「アルビオン」では次の任務に向けて準備が進められている。技師たちは時間を短縮するため新しい方法を取り入れるが、それが事態を悪くしてしまう。また、基地では射撃技術を試す試験が行われていた。