「イサン 1」の検索結果

今すぐ視聴する

第74話 最後の肖像画
イ・サン 第74話 最後の肖像画 重病にかかったソンヨンを助けるため、サンは西洋の医術を使う決心をし、医師を連れて来させるためにテスを清へと送る。 一方、病気の身を押して外へと出たソンヨンは、サンの肖像画を描くという長年の夢をかなえさせてほしいとサンに願い出る。
第1話 三人の約束
無料
イ・サン 第1話 三人の約束 朝廷は権力争いの中にあった。英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を刑罰で米びつに閉じ込めた。夜になり、思悼世子の息子イ・サンは、閉じ込められた父の元へ向かう。 父が絵師だったソンヨンは、親戚の力で女官見習いとなる。ある夜、ちゅう房までお使いを頼まれた彼女は宮中で迷子になった...。
第68話 別れ そして再起
イ・サン 第68話 別れ そして再起 ホン・グギョンが危篤だという知らせを受けたサンは、馬を飛ばして流刑地に向かい、見捨てたことを許してくれと涙ながらに謝罪をする。ホン・グギョンもまた、サンに対する忠誠心だけは偽りでなかったと訴える。 一方、親蚕礼(チンジャムネ)の儀式に出席したソンヨンは、婦人たちから難しい質問を投げかけられる。
第69話 清国との対立
イ・サン 第69話 清国との対立 科挙に首席で合格したチョン・ヤギョンに対しサンは、必要な書物はいくらでも提供することを約束し、才能を国と民のために使ってくれと請う。 一方、テスたちは、人身売買の犯人たちを捕まえるが、その中には清の商人も含まれていた。清の使節は清の商人を放免するように要求し、朝鮮で裁くことを主張するサンと対立する。
第71話 命がけの出産
イ・サン 第71話 命がけの出産 サンが思悼世子(サドセジャ)の墓を訪れたと知った大妃や老論(ノロン)派は、何かあるに違いないとして不安を覚える。 一方、懐妊して“昭容(ソヨン)”という位を授かったソンヨンだが、出産予定日を過ぎても陣痛が来ない。主治医は、このまま陣痛が来ないと、ソンヨンの命も危険であると診断する。
第76話 決戦の時
無料
イ・サン 第76話 決戦の時 夜間の軍事訓練で明かりが消えた時にサンが狙われることを知ったテスたちは、すぐに警告の信号弾を撃とうするが失敗する。 明かりが消えると、刺客たちがサンに忍び寄って来た。テスはすぐにサンの元へ駆けつけ、サンを守る。サンは事なきを得、チェ・ソクチュや大妃らは捕らえられる。
第72話 王位の継承
イ・サン 第72話 王位の継承 サンは、漢陽(ハニャン)に代わる新たな都を水原(スウォン)に築く計画を発表するが、チョン・ヤギョンらは、強力な反発を招くことを憂慮する。 サンとソンヨンの間に生まれたヒャンを、サンは世子に冊立しようとするが、恵慶宮(ヘギョングン)は反対する。
第73話 悲劇再び
イ・サン 第73話 悲劇再び 世子になったばかりのヒャンは、はしかにかかってしまう。医官や内官たちの必死の治療と看病にもかかわらず、結局は命を落としてしまう。 そのような中で新たな命を宿したソンヨンだが、主治医の診察をかたくなに拒み、町医者を連れて来るようテスに頼む。
第61話 王の告白
イ・サン 第61話 王の告白 逆賊をかくまった容疑で捕らえられたソンヨンの元を訪れたサンは、ソンヨンに事情を尋ねるが、ソンヨンは理由を話さず、処罰してくれと訴える。 また、サンは、逆賊と疑われる者たちの居所から出て来た銃が彼らの物なら、なぜ刀しか持っていなかった兵士たちに簡単に捕まったのかと、ホン・グギョンに疑問を投げかける。
第70話 王族と認められて
イ・サン 第70話 王族と認められて 清の使節団は武力を動員する。ソンヨンは旧知の仲でもある大使の元を訪れ、なぜそのような行動を取るのか質問し、大使は絵を贈ることでそれに答える。 一方、清が戦を起こそうとしているというチョン・ヤギョンの分析と、ソンヨンが読み取った大使の本心について熟考したサンは、清の使節団の元へ兵を送る。
第75話 華城(ファソン)への行幸(ぎょうこう)
イ・サン 第75話 華城(ファソン)への行幸(ぎょうこう) チェ・ソクチュは、華城(ファソン)への行幸の際にサンを暗殺するよう、ミン・ジュシクに指示を出す。しかし刺客たちは、壮勇営(チャンヨンヨン)の兵士たちに発見され、ミン・ジュシクともども捕らえられる。 しかし、チェ・ソクチュの狙いは、ミン・ジュシクを犠牲にしたあと、サンを暗殺することであった。
第77話 愛よ永遠(とわ)に
無料
イ・サン 第77話 愛よ永遠(とわ)に 時は流れ、サンがもうけた世継ぎは、すくすくと育っていた。サンは、かつて自分が英祖から問われたように、聖君になるために大事なことは何かと世継ぎに問う。 一方、壮勇営(チャンヨンヨン)の大将となったテスは、武芸書をサンに献上し、武芸を実演する。サンは、こうした成果に満足をする。
第62話 夢 叶う
イ・サン 第62話 夢 叶う サンはソンヨンを寝所へ迎え入れる。そのことを知った恵慶宮(ヘギョングン)は、身分の低い者が王の子を産んでも、その子はつらい思いをするだけだと言って、サンをいさめる。しかし、サンは、ソンヨンを側室に迎える意思を翻さない。
第63話 世継ぎの擁立
イ・サン 第63話 世継ぎの擁立 ソンヨンは、サンの側室としての教育を受け始めるが、ソンヨンを側室に迎えることを拒む恵慶宮(ヘギョングン)は、ソンヨンが挨拶に来ても追い返す。 一方、ホン・グギョンは、チャン・テウの屋敷を訪れ、彼や一緒にいた重臣たちを捕らえる。
第64話 権力の光と影
イ・サン 第64話 権力の光と影 宮中での生活がつらそうなソンヨンを見て、王妃は、チョビを女官として付けてやる。ソンヨンは王妃の心遣いに深く感謝し、チョビもまたソンヨンとの再会を喜ぶ。 一方、サンは、ホン・グギョンが専売商人を捕らえ拷問しているのを知り、大いに驚く。
第65話 悲しき暗殺者
イ・サン 第65話 悲しき暗殺者 ホン・グギョンが大妃と内通していると知った王妃は、自分からその事実を王に述べて罪を償うよう、ホン・グギョンをいさめる。 一方、サンの行幸につき従ったソンヨンは、行幸先でめまいを起こし倒れてしまう。
第66話 絶望の涙
イ・サン 第66話 絶望の涙 ホン・グギョンは、王妃の口を封じるために、行幸先の宴で料理に毒を盛ろうとするが、計画は失敗する。武官の助けで、事件に関わった女官が逃げようとしたところをテスが見つけ、ホン・グギョンが事件に関わっていることを突き止める。
第60話 姉と弟
イ・サン 第60話 姉と弟 ホン・グギョンは、元嬪(ウォンビン)の無念を晴らすために、サンの弟である恩彦君(ウノングン)の子を元嬪の養子にしてくれるよう申し出る。 一方、ソンヨンは、自分を助けてくれた若者が、死んだと思っていた弟のソンウクであることを知る。しかし、ソンウクは逆賊として追われる身であった。
第67話 最後の慈悲
イ・サン 第67話 最後の慈悲 サンは、ホン・グギョンを流刑に処することに決める。流刑地へと護送されるホン・グギョンに向かって民たちは石を投げ、テスたちはそれを必死に止めようとする。 一方、精神的に疲れたサンは、和嬪(ファビン)の寝所へ行けという恵慶宮(ヘギョングン)の言葉を無視し、ソンヨンの元へと向かう。
第11話 罪なき忠義
イ・サン 第11話 罪なき忠義 文科の試験の答案に、英祖(ヨンジョ)を非難する文章が見つかり、科挙は中止される。 武科を受験していたテスが、試験問題についてホン・グギョンに尋ねると、ホン・グギョンはサンが危機に陥るであろうと警告する。 サンも謀反を疑われるなか、夜に逆賊が侵入する。英祖は事なきを得たが、真相の究明をサンに命ずる。
第17話 決死の身代わり
イ・サン 第17話 決死の身代わり 行幸中に疫病にかかった英祖(ヨンジョ)は、サンに都に戻り朝廷を守るように命ずる。英祖が倒れたと聞いた王妃は、吏曹判書(イジョパンソ)チェ・ソクチュに、サンを殺すように指示を出す。 ホン・グギョンは、安全に都に戻るために一行を2隊に分けて1隊をおとりにすることを提案するが、サンはその意見を拒絶する。
第19話 大いなる野心
イ・サン 第19話 大いなる野心 ファワンが用意した薬を飲んだ英祖(ヨンジョ)の容体が悪化したため、サンは薬の処方をやめさせようとする。そこへ現れたファワンは、薬の効き目が出ているためだと説明し、1日だけ様子を見てくれと訴える。 一方、王妃は、万一の事態に備えて私兵を集めるようチョン・フギョムに指示を出す。
第12話 三日の猶予
イ・サン 第12話 三日の猶予 謀反の罪で捕らえられた思悼世子(サドセジャ)の元護衛官たちの取り調べを命じられたサンだが、取り調べを中止し、英祖(ヨンジョ)に彼らの無実を明らかにするための時間をくれるように頼む。これに対し、英祖は怒り、世孫を廃位すると告げる。
第15話 護衛官への道
イ・サン 第15話 護衛官への道 煎じ薬を持ってサンの元を訪れた嬪宮(ピングン)は、たまたま居合わせたソンヨンと再会し、彼女がサンと縁があったことを知る。 一方で、ソンヨンの素性を探っていたキム尚宮は、ソンヨンがチョン・フギョムと会っていたという事実を嬪宮に報告する。
第18話 握りつぶされた王命
イ・サン 第18話 握りつぶされた王命 サンと敵対する老論(ノロン)派は、サンが宮中で権力を掌握することを恐れ、英祖(ヨンジョ)を都に戻す。 病気の身で宮殿に戻った英祖を見たサンは、医官を追及する。しかし王妃は、国王が都に戻ったことを喜びもしないのかとサンを問い詰める。
第32話 突然の別れ
イ・サン 第32話 突然の別れ 恵嬪(ヘビン)は、サンから遠ざけるためにソンヨンを清への使節団に同行させ、現地で絵を学ぶように言う。その期間は短くて5年、長ければ10年以上になると聞いたソンヨンは涙を流すが、恵嬪は、今のサンには小さな過ちも許されないとして、清へ行くことを強く請う。
第34話 裏切り
イ・サン 第34話 裏切り 行幸先での政務報告会にただ1人現れたチェ・ソクチュは、サンに対して、儺礼戯(ナレイ)の事件については二度と言及しないこと、老論(ノロン)派に対する調査を中断することを申し入れる。それに対しサンは、条件を受け入れたらどんな見返りがあるのかと尋ねる。
第10話 武官の墓場
イ・サン 第10話 武官の墓場 図画署(トファソ)で絵を描いていたソンヨンは、彼女に会いに来たサンに再会する。2人の様子を見ていたテスも目頭を熱くし、武科に合格する決意を固くする。 英祖(ヨンジョ)は、サンや大臣たちの前で玉印を偽造する方法を見せて、問題となった通達の真偽を確認しようとする。
第13話 倉庫に埋もれた証拠
イ・サン 第13話 倉庫に埋もれた証拠 サンはテスから、陰謀の背後に兵曹判書(ピョンジョパンソ)ハン・ジュノがいると聞かされ、ナム内官らとともに敵の根拠地を急襲しようとする。その際、武官を引き連れたチョン・フギョムが同行を申し出る。 テスの案内で捕盗庁(ポドチョン)の兵士たちも到着し、いざ敵の根拠地に侵入したが、もぬけの殻になっていた。
第14話 静かなる口封じ
イ・サン 第14話 静かなる口封じ サンは、陰謀に加担していた兵曹判書(ピョンジョパンソ)ハン・ジュノの背後には、サンの叔母ファワンがいることを突き止めた。この事実にサンは衝撃を受けるが、犯人を断罪することを決意する。 サンは、それまでの経緯と陰謀の背後関係を英祖(ヨンジョ)に報告するが、英祖もまた衝撃と怒りを禁じえなかった。