「イチロー 引退」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#99:脱がせ!平成最後のサイテー野球拳♡
指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙 #99:脱がせ!平成最後のサイテー野球拳♡ ▼平成最後のサイテー男SP!イチロー最後の試合に立ち会った元ホストの京、感動の会場でまさかのナンパ!?エロメン月野がAbemaの◯◯を盗んですいません!『令話に持ち越せないサイテー懺悔』 ▼『平成最後のサイテー野球拳』セクシー女優が着ている31枚のTシャツを脱がせて、新元号まで辿り着け!流行語もセクシーに囁いてくれるよ♡
イチロー選手のお金の面でのすごさについて|Sparkle College -MONEY-
無料
Sparkle Sparkler イチロー選手のお金の面でのすごさについて|Sparkle College -MONEY- 【Sparkle Sparkler 毎週月〜木曜日 13:00 〜 16:00 生放送!】AIR-G Sparkle Sparklerで放送中のコーナー『Sparkle College』。聴くと役立つ!ためになる!情報を、その道のスペシャリストがわかりやすく解説。「MONEY」では、知っていると得するマネー術や気になっているけど実はわからない!という言葉など、ファイナンシャルプランナーが伝授!
#47:大悟が引退会見!ノブ感動…大悟にドッキリも!
チャンスの時間 #47:大悟が引退会見!ノブ感動…大悟にドッキリも! ★引退会見パンチライン王決定戦 将来あるかもしれない引退に備えてカミナリ・ジョイマン・千鳥大悟が引退会見のシュミレーション。ノブにささるパンチラインを決めるのは!? ★タトゥーの絵柄探しBINGO キレツッコミで人気急上昇中のきしたかのが、街角でタトゥー調査ロケ! ★大悟の人間性検証ドッキリ第7弾!
第4話 「引退へのレール」/「プロになれなかった男」
グラゼニ 第4話 「引退へのレール」/「プロになれなかった男」 凡田夏之介の今日の相手は瀬戸内カーナビーツの41歳のスーパースター、年俸4億の土手来。去年、夏之介がデッドボールを当てて手首を骨折させた選手だ。最近やっと復帰したが24打席ノーヒット。今日打たなければ球団は土手来に引退勧告することになっていた。この因縁の対決で、土手来は夏之介を打って引退勧告を白紙撤回させるのか?それとも夏之介が抑えて土手来に引導を渡すイヤな役目を演じてしまうのか?
#48:〝伝説のキャバ嬢〟愛沢えみり引退に密着!
給与明細 #48:〝伝説のキャバ嬢〟愛沢えみり引退に密着! ▼1本1000万超えのシャンパンに乱れ飛ぶ札束、引退イベント2日間の驚愕の売り上げ額は!? ▼愛沢えみり引退後の生活とキャバ嬢たちのセカンドキャリアの実態が明らかに! ▼最近の大きい買い物は6000万!?超高級マンション自宅でプライベートに迫る!
芦澤が笑顔で“引退“宣言!「とりあえずまた会う日までって感じです。」
K-1 WGP 2019.6.30 ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~ 芦澤が笑顔で“引退“宣言!「とりあえずまた会う日までって感じです。」 恒例の試合終わり会見で芦澤が引退について激白!
第14話 「甘チャン」
グラゼニ 第14話 「甘チャン」 夏之介と一緒に一軍にあがった選手がいた。樹六破だ。夏之介と同い年で大卒4年目の外野手。年棒は650万。樹は典型的な草野球のオッサンタイプで、和菓子屋チェーン店の社長のひとり娘と結婚して、引退後は社長を継ぐことが決まっていた。樹の妻は妊娠9ヵ月で、樹は生まれてくる子供のために張り切っているが、試合でいい当たりを連発してもヒットにならない。樹には肝心のプロ意識が欠けていた。
第7話 「二軍なのに一軍」
グラゼニ 第7話 「二軍なのに一軍」 第4の捕手・東光が一軍にあがってきた。32歳。年俸500万。大学時代スター選手として活躍し主将も務めたが、プロ入りしてからこれといった実績がない。この日も代打で結果を残せなかった。大学時代の親友でスポーツ紙のエース記者の北村が引退して就職することを勧めるが、東光はガンとして拒否する。翌日、スタメンで出場した東光の打棒が炸裂した。そしてリリーフで登板した夏之介とバッテリーを組んだ。
【歓喜】3/21後楽園大会に引退間近の長州力が参戦決定!!
DDT LIVE!後楽園 【歓喜】3/21後楽園大会に引退間近の長州力が参戦決定!! 2019年1月27日に東京・後楽園ホールで開催された「DDT Sweet Dreams!2019」 のハイライトシーンをAbemaTVが厳選してお届け!
第15話 「首位浮上」
グラゼニ 第15話 「首位浮上」 樹六破は試合前の練習でホームラン性の当たりを連発するが、試合ではまったく打てない。肝心の勝負どころでボール球に手を出してチャンスを潰し、守備でも足を引っ張って、夏之介が負け投手になってしまう。翌日、大差の負け試合でやっとプロ入り初ヒットを打って樹は大喜びしたが、監督はチャンスに弱い樹の2軍落ちを決意。夏之介は樹を叱咤し、「もっとプロ意識を持て」とカツを入れる。