「インモラル 動画」の検索結果

「インモラル 動画」に関する情報は見つかりませんでした。
「インモラ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第三章 『冬のできごと』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第三章 『冬のできごと』 冬。雪に閉ざされる中、マインは本作りの第一歩としてパピルスもどきを作ることに。一方、姉のトゥーリは夏に洗礼式を控え、母・エーファから様々な仕事を教わっていた。マインも見習い仕事について考えるよう言われるが、相変わらず本のことしか頭にない。 そんなマインと家族との距離は冬を過ごす間に徐々に縮まっていき、マインはトゥーリの洗礼式のためにある物をプレゼントしたいと思いつく。
第18話 目指せ、初勝利!
メジャー 第1シリーズ 第18話 目指せ、初勝利! 本牧リトルとの試合、4回の表、吾郎は岡村三兄弟の作戦で1点を失ってしまう。ドルフィンズナインもいい当たりはするのだが、“ブラックトライアングル”の守備に阻まれ、どうしてもランナーが出ない。 「もうだめだ」と切れかかるナインの気持ちを救ったのは、清水のファインプレーだった。「しっかりするのはお前だよ」と励まされた吾郎は完全に立ち直る。そして早くも最終回ツーアウト、清水に最後の打席が回ってきた…。
第2話
キツネちゃん、何しているの? 第2話 地下鉄4号線に乗ったビョンヒは、子宮模型ボックスを抱いてドアの前で泣いているところに、自分のことを社長だととんでもない呼び方をするチョルスの電話を受ける。席を取って座ったビョンヒは、うとうとしながら目が覚めると、終点の烏耳島駅に降りる。舞台から降りてきたジュニは、メインモデルと言い争って髪の毛を掴んで戦い、遅れてきたピョンガクはジュニを引っ叩く。ビョンヒは占い師に愛嬌がないと言われ失望し、焼き貝屋で焼酎を飲みながらスンヘと通話する。あたふたと烏耳島駅へ走って行ったビョンヒは、ちょうど終電が出発したところだと聞いて、スンヘに電話して迎えに来るよう頼む。スンへは倉庫で塗装しているチョルスに鍵を投げ、烏耳島に行ってこいと言う。嫌々烏耳島に行ったチョルスは、酒を飲んで居眠りしているビョンヒを見つけて背負っていく。地面に座り込んでいたビョンヒがお尻の下にあった車のキーを海に投げてしまうと、チョルスは絶叫する。仕方なくチョルスはビョンヒを背負って近くのモーテルに向かう。
第二章 『生活改善と石板』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二章 『生活改善と石板』 本が貴重なこの世界で、マインは自ら本を作ろうと決意する。だが、体が弱いマイン。姉のトゥーリと一緒に、父親・ギュンターの忘れ物を届けるため門へ行こうとするが、少し歩いただけで息が上がってしまう。そんなマインの前に、ルッツが現れる。マインと同い年のご近所さんだ。転んだマインに手を差し伸べてくれるルッツにマインは感激する。そして、門へ着いたマインはそこで古い石板をもらい、字を書ける喜びをかみしめる。
第十章 『二度目の冬に向けて』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十章 『二度目の冬に向けて』 すっかりフリーダに気に入られたマイン。フリーダの話から、マインは身食いという病気だったことが分かる。治すためには、多額のお金がかかるらしい。そのことに気づいていたベンノは、商品についてのマインの情報を買ってくれる。さらに髪飾りの注文を受け、新しい商品のアイデアも次々と考えていくマイン。だが、そんな最中にも身食いの熱はマインを蝕んでいき……。
第七章 『不信感の芽生え』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第七章 『不信感の芽生え』 いよいよ紙作りをすることになり、わくわくするマイン。そんなマインとルッツに、ベンノから呼び出しがかかる。紙作りに必要な材料を、ベンノが調達してくれると言うのだ。マインは、材料の担保や今後の援助についてベンノと交渉。そして不思議なインクを使い、契約魔術を結ぶ。だがその帰り道、いつもは快活なルッツの態度がよそよそしいことが気になるマイン。ルッツは、ベンノと平気で難しい話をするマインに違和感を覚えていた。
お得すぎるポイント還元 「レジ袋NO」で100円分
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 お得すぎるポイント還元 「レジ袋NO」で100円分  買い物の際、ある方法によって毎回100円分のポイントがもらえるアプリが「大盤振る舞い」と話題になっています。  東京・大手町のドラッグストア。番組スタッフはドラッグストアで95円のお菓子を買いました。そして、会計を済ませると100円分が戻ってきました。実質、5円がプラスになったことになります。菓子代はタダ。さらに差額の5円分をもらったことに。  これは一体どういうことなのかというと、会計時に秘密がありました。実は、レジ袋を受け取らないだけで100円相当のポイントが戻ってきて、買い物で使えます。  実はこれ、期間限定で行われている東京都の実証実験。プラごみ削減など環境問題への意識を高めるために始まりました。専用アプリをダウンロードしてキャッシュレスで決済できます。たまったポイントはコンビニエンスストアなどで交換もできます。東京駅周辺の対象店舗で活用できますが、レジ袋以外にも環境問題に関わるポイント獲得方法があります。480円のカフェラテで100ポイント、食べ終わったお弁当の容器の返却でも400ポイント、アンケート回答で500ポイントもらえました。  このポイントの財源は東京都の税金ですが、すでに大量にポイントをためている人もいます。1人でためられるポイントの上限は7500円相当のポイントです。実験は2月末まで行われる予定です。
第十二章 『洗礼式と神の楽園』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十二章 『洗礼式と神の楽園』 それぞれの進む道が決まったマインとルッツ。そして、二人の洗礼式の日がやってきた。初めて神殿に入ったマインは、神殿長が読む聖典に目を奪われる。その洗礼式の最中、ひょんなことからマインは神殿の中で迷子になり、偶然、図書室を見つける。転生してからはじめて目にする図書室に感激するマイン。しかし、中に入ろうとしても入れない。図書室には神殿関係者しか入れないのだ。その話を聞いたマインは……。
第八章 『ルッツのマイン』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第八章 『ルッツのマイン』 本格的に紙作りの作業が始まった。マインとルッツは作業用の倉庫を借り、必要な道具を揃えていく。さらに二人は森へ行き、木の枝を蒸して紙を作ることに。だが、慣れた様子で紙作りを進めていくマインに、ルッツはさらに違和感を募らせる。紙ができたら話をしたいと言うルッツ。そして最初の紙が完成した時、ルッツはマインに、これまでの疑念をぶつけるのだった。
第十四章 『決着』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十四章 『決着』 神殿に呼び出されるマインと両親。交渉次第では、貴族に近い扱いの青色巫女見習いになれるかもしれないと聞き、ギュンターはマインを守る覚悟を決める。そして、交渉の日。神殿長は、マインの両親の貧しい身なりを見たとたん、これまでの温和な態度を一変。両親の言葉には聞く耳をもたず、マインを差し出すよう命じる。断固として断るギュンター。そんなギュンターに神殿長が牙を剥く!