「イ・ジェウン」の検索結果

「イ・ジェウン」に関する情報は見つかりませんでした。
「イ・ジェ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

PRODUCE X 101 最終回直後のダイジェスト特番!
無料
PRODUCE X 101 最終回直後のダイジェスト特番! PRODUCE X 101 最終回直後のダイジェスト特番! 2019年7月19日、韓国大型サバイバルプログラム「PRODUCE X 101」の最終回でついに新しいボーイズグループ『X1』が誕生! そこで、次世代を担う彼らが誕生するまでの軌跡を「PRODUCE X 101」が大好きなゴールデンボンバー歌広場 淳をゲストに迎え、もう一度見たい名シーンを振り返ります! さらに、まだ見てない人のために【PRODUCEシリーズ】とは?という初歩的なことから、「PRODUCE X 101」で導入された独自のルール"X"についても徹底解説します。 そして「PRODUCE X 101」の魅力をより知ってもらうために、れいぽよ、ゆあてぃーの参戦も決定!お見逃しなく!
建築学概論
建築学概論 建築学概論 建築学科に通う大学1年のスンミン(イ・ジェフン)は、“建築学概論”の授業で音楽学科の女子学生ソヨン(スジ)に出会い、一目で恋に落ちた。しかし、恋に奥手なスンミンはなかなか告白できないまま、小さな誤解からソヨンと遠ざかってしまう。それから15年後、建築士になったスンミン(オム・テウン)の前に、ソヨン(ハン・ガイン)が突然現れ、家を建てて欲しいと言う。その建築の過程で次第に明らかになるソヨンの素性。そして、よみがえる記憶と新たに生まれる温かな感情。しかしスンミンには婚約者がいた-。
藤井聡太 歴代連勝記録 単独トップ記念ダイジェスト
藤井聡太四段 炎の七番勝負 藤井聡太 歴代連勝記録 単独トップ記念ダイジェスト 天才中学生棋士・藤井聡太四段の歴代連勝記録単独トップを記念して、藤井聡太四段 炎の七番勝負特別ダイジェストをお届けします。藤井聡太四段 炎の七番勝負は全対局Abemaビデオで無料でご視聴いただけます。
第1話
無料
シグナル 第1話 プロファイラー、パク・ヘヨンはある晩、廃棄処分寸前の無線機から自分を呼ぶ声を聞く。相手はイ・ジェハンと名乗る刑事で、突然15年前の未解決事件の犯人とされていた男の白骨死体の場所を言い始める。ジェハンの部下だったチャ・スヒョン刑事はヘヨンが死体を発見したことに不審を抱き、真犯人逮捕のために動き始める。
第3話 バカンスは夢の彼方に
私はラブ・リーガル(吹替) 第3話 バカンスは夢の彼方に 元恋人グレイソンに自分がデビーであることを明かせないジェーン。仕事にも疲れ毎日見る夢は悪夢ばかり...。親友ステイシーに「休養が必要だ!」と助言を受けたジェーンはバカンスに行くことに♪ しかし、以前ジェーンが担当したケースが再審となり、バカンスはお預け...。そんな中、同僚のキムがグレイソンに急接近!?
第5話
無料
re-feel 第5話 バイトに来るはずのジノがいつもの時間に現れない。たったそれだけで仕事が全く手に付かないジェヒ。急きょバイトのシフト交代を頼まれジノの代わりに出勤してきたテゴンは、彼女が来られない理由を知らないようだ。病気で出てこられないのか、それとも彼氏とデート中なのか。気になってしかたないジェヒは口実を見つけてジノに電話するが、結局何も聞き出せない。夜になって来たジノは突然ジェヒを飲みに誘う。
第2話 負けるゲームはしない
無料
1%の奇跡~運命を変える恋~ 第2話 負けるゲームはしない 遺言状にはジェインの名前の他に、いとこであるテハの名前も書かれていた。テハに会社を奪われたくないジェインはギュチョルを説得し、条件である結婚を“6ヶ月間の交際”に変更する。どうにかしてダヒョンを説得し契約交際を始めようとするジェインだったが・・・。
第4話【ゲスト:イ・ジェフン】
三食ごはん-海辺の牧場編 第4話【ゲスト:イ・ジェフン】 まだまた終わらない夏の暑さを吹き飛ばすために、俳優イ・ジェフンがソジンの好きなピーナッツを手土産に持って現れる。しかし、このピーナッツが悪夢を呼ぶことに...。一方エシェフは、香ばしい納豆鍋と麦飯ビビンバ、かぼちゃのチヂミなどヘルシーな韓国料理を披露する。そして新たなサマーアイテム“マーガレット”を連れて海へと繰り出した4兄弟は大はしゃぎ。
#298 (韓国2019年10月6日放送) 「君と一緒ならできる」
スーパーマンが帰ってきた #298 (韓国2019年10月6日放送) 「君と一緒ならできる」 【君と一緒ならできる】(韓国2019年10月6日放送)愛すべき5姉弟の最終回。1534日間の記録、忘れられない思い出を大公開。また、パパのために5姉弟が協力しサプライズイベントを披露!そして、ごっこ遊びが好きなナウンのために、パパが用意した本物のレストランでナウンとゴヌが接客に挑戦!さらに、スペシャルゲストが登場し、ハミントンズと特別な時間を過ごす。
#62 「地底人ラジオ」"神回”ダイジェストSP!!
無料
福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 #62 「地底人ラジオ」"神回”ダイジェストSP!! 【福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 毎週日曜日 22:00 〜 23:30 放送!】 今週の「地底人ラジオ」は… 今回は番組初の試み!これまでの"神回"ダイジェストSPでお届けします! 2017年の春、渋谷のラジオでの特番がきっかけで放送開始した「地底人ラジオ」。 大変ありがたいことに、昨年より番組をネットして下さる地域が増えてきたことを受け、 改めてコミュニティーFM時代からの厳選された名トーク・名場面を振り返るプログラム! 番組の後半では、来たる2月6日の学長50歳バースデーに向けての特別企画のお知らせも! 今週も聴き逃し無く!! 番組メールアドレス chiteijin@shiburadi.com
第10話
シグナル 第10話 山で見つかった死体は1997年にジェハンが捜査していた「ホンウォン洞連続殺人事件」の被害者だった。ヘヨンと交信したジェハンは、半人前だったスヒョンがチーム長になったと知って驚きながらも喜ぶ。再捜査を始めたスヒョンの脳裏には、ショックを受けた自分を慰めてくれたジェハンとの思い出が甦ってきた。
第11話
シグナル 第11話 犯人がコンビニ店員ジヌだと突き止めたヘヨンとスヒョンは、自殺を図ろうとした彼を制止し逮捕。その後、ヘヨンは1999年に、兄ソヌの級友ヘスンが被害者となった「インジュ市女子高生集団暴行事件」についてジェハンに尋ねる。チスは、ヘヨンがソヌの弟と知った局長ボムジュから叱責され、病院にヘヨンを呼び出す。
第12話
シグナル 第12話 何者かに刺されたチスはヘヨンの前で息を引き取り、彼はチス殺しの容疑者と目されるはめに。インジュ事件を調べるジェハンはチャン議員の甥テジンが女子高生ヘスンを襲った主犯だと気付くが、ボムジュによりヘヨンの兄ソヌが犯人にされてしまう。スヒョンは当時ボムジュの下で動いていた金融業者ソンボムの家を捜索し...。
第13話
シグナル 第13話 ソンボムの家の敷地から見つかった遺体がジェハンと認定され、悲しみに沈むスヒョンたち。遺品の中にあった名刺の店を訪ねたヘヨンは、ジェハンが自分を見守ってくれていたと知る。ジェハンを案じるヘヨンは、事件を諦めるよう言うが彼は聞かない。事件を秘かに再捜査するスヒョンはヘヨンと共に被害者ヘスンを見つけ出す。
第14話
シグナル 第14話 ヘスンから真犯人が兄ではないと聞かされたヘヨンは、ソヌが自殺ではなく殺された可能性があると気付く。少年院を出たソヌは無実の証拠となるマフラーを入手し、ジェハンに連絡するも、ジェハンは捜査中に刺されてしまう。救急車の中でスヒョンは彼への想いを告げる。現代ではスヒョンが無線機についてヘヨンに尋ねると...。
第15話
シグナル 第15話 凶器が見つかりヘヨンはチス殺害犯として逮捕されることに。ジェハンはソヌが殺されるのを防げずヘヨンに謝罪するが、そのとき無線機を手にしていたのはスヒョンだった。ヘヨンは、ボムジュに狙われ潜伏するソンボムに会うため、スヒョンの助けで逃走。ソンボムは2人に、ジェハンがボムジュに監禁された顛末を話す。
最終話
シグナル 最終話 ソンボムと会っているところを銃撃され危篤となるヘヨンだが、目覚めると過去は変わっておりヘヨンは交番勤務のままだった。そして、ソヌの冤罪は晴らされ、警察には彼を知る者はいなかった。失踪中のジェハンはヘヨンに、チャン議員の汚職を暴くフロッピーディスクを送っていた。ヘヨンは消印を頼りに海辺の町を訪れる。
第1話
無料
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第1話 ボクジュはハノル体育大学重量挙げ部の期待の星。一方、同じ大学の水泳部に所属するジュニョンは常に練習では好タイムを出すが本番に弱い。ある日、校内を歩いていたボクジュにジュニョンが乗った自転車がぶつかり、ジュニョンは女物のハンカチを落としていく。そして新体操部のタイツとボクジュが大切にしている大会用のTシャツが無くなる騒ぎが起き、ボクジュはジュニョンを下着泥棒だと勘違いする。
第2話
無料
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第2話 プールに落ちたボクジュはジュニョンに助けられ、そのはずみでお互いに小学生の頃の幼なじみだったことを思い出す。ジュニョンはボクジュをデブだと言ってからかうのだが、それがボクジュは気に食わない。ジュニョンはからかいながらも、ボクジュとの距離が近づいていくのを楽しんでいた。ある日、ボクジュの父親が経営するチキン店から出前を頼んだジュニョンは、ボクジュが重量挙げをやりながら店の手伝いもしていることを知り、心を打たれる。
第3話
無料
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第3話 ボクジュはジェイの肥満クリニックを訪れるが、思ったよりも費用が高く、銀行の残高も足りなくて悩んでしまう。重量挙げ用の靴を買うことにしてお金をもらおうと考え、父の店へ行くが、おんぼろのバイクをガムテープで補修している姿を見て、何も言い出せなくなってしまう。そんな折、登山で1位になった人には賞金30万ウォンが出るという話を聞き、ボクジュは何としてでも1位を取ろうと頑張るのだが、ジュニョンに邪魔されてしまう。
第4話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第4話 無事に肥満クリニックの費用を払うことができたボクジュ。さっそく検査を受けるのだが、健康的な体重だから無理な減量はしないようにと言われる。ボクジュはジェイから傘を借りていたことを思い出し、お礼に手作りの物をプレゼントしようと考える。帰りに偶然ジュニョンと会ったボクジュは、友人の話を装ってお礼をすべきか相談するが、心のこもった手作りの物など送ったら男はどん引きすると聞かされたボクジュは...
第5話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第5話 ジェイに会いに来たジュニョンは、診察に来ていたボクジュと肥満クリニックでばったり会う。ボクジュの施術着姿を見て驚くジュニョン。ジェイに音大生だとうそをついていたため、ジュニョンと同じ大学に通っているとも言えず、2人は小学校の同級生だと説明する。10年ぶりに再会したふうを装うボクジュに合わせてジュニョンも芝居をする。ジュニョンに弱みを握られたボクジュは、大学でもジュニョンにこき使われ...
第6話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第6話 公演を見たあと、ジェイの車に乗せてもらったボクジュは夢見心地になる。ドキドキするあまり、しゃっくりが止まらなくなってしまう。ジェイに温かい飲み物を買ってきてもらい、やっとしゃっくりが止まるのだが、ジェイが自分の上着を脱いで着せてくれたため、また出てしまう。一方、ジュニョンはカウンセリングを受けながら、10歳の時に伯母の家に預けられ、11歳で水泳を始めたこと、最初に症状が出た日のことを話す。
第7話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第7話 ボクジュが肥満クリニックに通っていることを知った監督とコーチは、チャンゴルに会いに行く。朝から店に呼びつけられたボクジュは、クリニックの手帳が練習室に落ちていたため、ばれてしまったことを知る。激怒したチャンゴルは透析を受けにも行かない。心配したボクジュは謝りに行くが、チャンゴルを更に怒らせる結果に。クリニックへ抗議しに行こうとしたチャンゴルは倒れてしまう。一方、ジュニョンはジェイの誕生日を教えるため、ボクジュにメールを送るのだが...
第8話
無料
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第8話 ジュニョンと通話中、シホに電話を切られてしまうボクジュ。ジュニョンに接近していることが気に食わず、肥満クリニックの手帳を自分が重量挙げ部に落としたとシホに告げられる。ボクジュはそんなシホに激怒し、ソノクとナニの部屋で寝ることに。自分だけがボクジュの秘密を知らなかったとソノクはすねていて、なかなか機嫌が直らない。なぜ秘密にしていたのかとボクジュを責めるソノク。ボクジュは泣いて謝り、3人の友情はいっそう深まるのだった。
第9話
無料
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第9話 大学に忘れ物を取りに戻ったジェイは、偶然ボクジュを見かける。ジュニョンはボクジュをかばおうとするが、ボクジュは正直に、チェロ専攻だというのも留学をするというのもうそで、重量挙げの選手であることを告白する。ジェイと2人きりになったジュニョンは、肥満クリニックでボクジュと会った時に、秘密にしてほしいと頼まれたことを話す。重量挙げ選手がなぜ肥満クリニックに通ったのか不思議がるジェイ。ジュニョンは、ボクジュに好きな男が出来たためだと言うのだが...
第10話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第10話 重量挙げの大会があると知ったジェイは、ボクジュの応援に行く。競技中の姿を好きな男に見られたくないとボクジュが言っていたのを思い出したジュニョンは、なぜ応援に来たのかとジェイを責める。ボクジュが好きなのはジェイなのだと。大会で1位を取ったボクジュは一躍スターになる。企業スポンサーの話も舞い込み、お祭りムードの重量挙げ部だが、ボクジュだけは浮かない顔をしている。そんなボクジュを見て、ジュニョンはあれこれ元気づけようとする。
第11話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第11話 チェコーチが解雇されショックを受けたボクジュは、スポンサー企業とのミーティングにも参加しないまま姿を消してしまう。皆が捜す中、父親の前に現れたボクジュはもう重量挙げをしたくないと言いだす。意欲をなくしたボクジュにチャンゴルは、自由に好きなことをしろと言う。やりたいことをリストに書き出したボクジュは、まずピアノを習おうとするが、高い月謝を払うためアルバイトを始めることに。一方、ジュニョンはジェイに会い、ボクジュが好きだと話すのだが...
第12話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第12話 冷蔵庫の前でシホが暴食している姿を見たボクジュは仰天する。翌日シホに問いただすのだが、シホは寝ぼけていただけだと言う。ボクジュは、シホの様子が変だとジュニョンに告げようとするが、余計なお世話だと考え、言いかけてやめる。スポーツ部全体が冬季練習に入る前の特別休暇が始まる。ジュニョンはバイトが休みのボクジュを遊園地に誘う。結局、ナニやソノク、テグォンと一緒に遊園地で遊ぶことに。ジュニョンはボクジュの気を引くため、あれこれ試すのだった。
第13話
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第13話 互いの気持ちを確認し合い、晴れて恋人同士となったジュニョンとボクジュ。朝、ジュニョンに呼び出されたボクジュは、髪にピンを着けてヒキガエルの家へと向かう。ボクジュのピンを見たジュニョンは、ジェイに会う時に着けていた物だと気付いて外させる。ボクジュを連れてピンを買いに行くが、ボクジュに嫉妬など幼稚だと非難される。そんな中、ジュニョンの携帯電話にシホから電話が来るが、ジュニョンは気付かず...