「イ・ジョンボン」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第9話【ゲスト:イ・ジョンソク】
三食ごはん-海辺の牧場編 第9話【ゲスト:イ・ジョンソク】 前回、ギュンサンを頼ってやってきた俳優イ・ジョンソク。どっきりカメラのおかげもあってなのか、三食ハウスでの生活にすっかり適応し、エシェフの手料理にも魅了されて食欲が止まらない。大好きなギュンサンと牧場にも行き、ジャクソンファミリーへの餌やりから掃除にまで挑戦する。
第4話 指紋
被告人 第4話 指紋 相変わらず記憶が戻らないジョンウに、同房の囚人たちは気を遣ってくれる。特に年下のソンギュは兄のように慕っている。現場検証の映像に疑問を持ったウネは、担当検事ジュニョクを訪ねる。ジュニョクはジョンウの友人だが、死刑を求刑していた。刑務所長の元を訪れていたミノは、ペンの芯を持ったジョンウに襲われる。
予告編『被告人』
無料
被告人 予告編『被告人』 誰を信じ、誰を疑う一 ソウル地検のエース検事ジョンウ(チソン)は、どんな不正や悪も見逃さない熱血漢。今日も暴力団のボスを逮捕し、華々しく活躍した。その日、愛娘の誕生日を祝ったあと、幸せな気持ちで眠りについたジョンウ。ところが目を覚ますと、そこは監獄。妻と娘を殺した罪で服役していたのだ。まるで状況が理解できないジョンウ。彼は4ヶ月間の記憶を失っていた。いったいなぜ、彼は殺人犯になったのか――? ――4ヶ月前。チャミョングループの副社長ミノ(オム・ギジュン)は殺人未遂の罪でジョンウに追われていた。双子の兄ソノ(オム・ギジュン/2役)に自首をすすめられたミノは、ソノを殺害。自分が自殺したように見せかけ、ソノに成りすましていた。偽装工作を見破ったジョンウは、ミノを逮捕する寸前だったのだが...。
第26話 救いの銃弾
イ・サン 第26話 救いの銃弾 儺礼戯(ナレイ)で兵士たちが射撃を披露した際、何も起きず、サンたちは安心をする。 一方、花火を披露する時にサンを暗殺する計画があることを知ったホン・グギョンは、サンに危険を知らせようと、警備の兵士に言づてをするが、その言づてはキム・ギジュに伝わり...。
第27話 反撃の序曲
イ・サン 第27話 反撃の序曲 テスに会いに義禁府(ウィグムブ)を訪ねたソンヨンだが、テスがいないことを知り、サンに会いに行って、テスが行方不明であることを知らせる。 一方でテスは、何も知らされないまま官吏たちによって別の場所に連行される。そこでは意外な人物がテスを尋問し始める。
第28話 怪しい人影
イ・サン 第28話 怪しい人影 英祖(ヨンジョ)により、サン暗殺未遂事件の調査を任されたホン・グギョンは、黒幕に揺さぶりをかけるため、事件の首謀者である王妃の兄キム・ギジュを拉致する。しかし、事件に関係があると見られた軍器寺(グンギシ)の役人が死体で発見される。
第32話 突然の別れ
イ・サン 第32話 突然の別れ 恵嬪(ヘビン)は、サンから遠ざけるためにソンヨンを清への使節団に同行させ、現地で絵を学ぶように言う。その期間は短くて5年、長ければ10年以上になると聞いたソンヨンは涙を流すが、恵嬪は、今のサンには小さな過ちも許されないとして、清へ行くことを強く請う。
第34話 裏切り
イ・サン 第34話 裏切り 行幸先での政務報告会にただ1人現れたチェ・ソクチュは、サンに対して、儺礼戯(ナレイ)の事件については二度と言及しないこと、老論(ノロン)派に対する調査を中断することを申し入れる。それに対しサンは、条件を受け入れたらどんな見返りがあるのかと尋ねる。
第35話 異変の幕開け
イ・サン 第35話 異変の幕開け チェ・ソクチュがサン側に寝返ったと知ったファワンは、彼に刺客を送るよう、チョン・フギョムに命ずる。しかし刺客たちは、テスをはじめとする兵士たちに制止をされる。 一方、ソンヨンが清へ行ったのは本人の意思ではなかったと知ったサンは、深い衝撃を受ける。
第40話 最後の切り札
イ・サン 第40話 最後の切り札 思悼世子(サドセジャ)が残した絵の秘密を知ったサンは、禁衛営(クミヨン)の兵士たちを動員して、絵に描かれた岩を見つけようとする。 サンの動きを注視していたチョン・フギョムは、禁衛営の中に刺客を送り込む。