「イ・ソジン 番組」の検索結果

今すぐ視聴する

【三食ごはん 漁村編3】 #1
無料
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #1 農夫イ・ソジンが韓国の端の小さな島、得糧島(トゥクリャンド)で漁夫になる!船舶免許まで取得しキャプテンとなったソジニーの船は、新しいファミリーとともに三食ハウスへ無事到着することができるのか?几帳面な料理長エリックの時間はかかるがおいしい料理たち。そして、意欲も質問もパワーも爆発させる末っ子ユン・ギュンサン。豊かな海を抱く宝物のような島で再び始まった、魅力たっぷりのオーガニックライフ!
【三食ごはん 漁村編3】 #5
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #5 待ちに待ったタコの仕掛けを見に行く日。得糧島の神は、今回も三食ファミリーの晩餐をお許しになるだろうか?その後、風浪注意報が出たため、3人は初めて大きな船に乗る。再びオープンした得糧島の干潟ではタイラギが!食事のクオリティが上がり、キャプテンソジニーは今日もにっこり。ピリ辛の“海鮮煮”、深く濃い海の味“貝のわかめスープ”、そして長兄ソジニーが満足した“タイラギ包み”までがずらりと食卓に並ぶ。
【三食ごはん 漁村編3】 #9
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #9 日進月歩の漁師ライフ。朝は一度食べると病みつきになる“ナスごはん”!三食ハウスの庭で育てたナスと、肉のハーモニー。続いて得糧島の海の香りが漂う“アサリカルグクス”と、100%ハンドメイドのキムチを3種類。そして“中華あんかけ丼”と“ちゃんぽんスープ”も登場。さらに三兄弟はタコを取ることにする。しかし、簡単ではない漁師の道。果たしてイイダコとテナガダコを取ることができるのか?
【三食ごはん 漁村編3】 #2
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #2 ここはカニがざくざくとれる島。漁師三兄弟は大漁を夢見て海に出る。初めて海釣りに挑戦するギュンサンが、釣りの先生エリックを質問攻めに。彼らの大漁の夢はかなうのか?料理の天才エリックと一緒なら食事に困ることはない。韓国料理、西洋料理、中国料理はもちろん、各種キムチまで何でも作る。一方、玉筍峰(オクスンボン)の奴隷生活を忘れてキャプテンソジニーはまた前借りをするが、三兄弟はこれで大丈夫?
【三食ごはん 漁村編3】 #3
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #3 食材に恵まれた島、得糧島!貝だってざくざくとれる。ソジニーを働かせてエリックはボンゴレパスタを作る。口の中で広がる海の香りに魅了された3人は、激しい雨風にも負けず干潟へ。夜空の星のごとく干潟を彩る貝に、ギュンサンの目が輝く。量はたっぷり、味も最高。“エシェフ”特製の晩餐で、三食ハウスは毎日が誕生日パーティー。そしてソジニーが、かまどの前に立った。料理の天才エリックも感嘆したソジニーの料理とは...
【三食ごはん 漁村編3】 #4
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #4 得糧島の沖にソジニー号が出帆!タコを取る仕掛けを沈めるが、浮きをつけるのにも一苦労。果たして、タコを取る夢はかなえられるのか?一方、釣りの天才にレベルアップしたギュンサンは、さおを振るうたびに当たりが来て、彼だけに許された豊漁は続く。プロ感覚で暴走するエリックの献立と、予想外のキャプテンソジニーの思惑で増えすぎたメニュー。寿司やゆで肉と香ばしいみそ味のククスを、彼らは今日のうちに食べられるのか...
【三食ごはん 漁村編3】 #6
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #6 退屈する暇もなく次々と釣れるスズキで、ギュンサンのバケツはいっぱいに。漁師三兄弟の豪華なスズキパーティーを大公開。いつの間にか大きく育った白菜畑からの素晴らしい景色には、思わず感嘆の声が。野外で食べるラーメンは絶対においしい!更にエシェフは、もう長時間待たせないぞとばかりに、31分でカニのしょうゆ漬け作りに挑戦。ソジニーはギュンサンの猫たちと共寝を?ソジンとクンの切ない密談ストーリーも...
【三食ごはん 漁村編3】 #7
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #7 動作はテキパキ、相性バッチリ。もう時間のかかるエリックではない。手早くなった分、おいしさもアップ。前回作ったカニのしょうゆ漬けと、真っ赤なカニの塩焼きのおいしさといったら...。毎日三食を用意して食べるのに忙しかった得糧島の三兄弟に、自由時間が与えられる。ところが彼らの動きが怪しい。額を寄せ合う3人は秘密めいた会話の末に、まさか島を脱出?漁師三兄弟は気分転換を図るが、海の向こうの町を見物できるのか?
【三食ごはん 漁村編3】 #8
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #8 エリックが台所を出て向かった先は無人島?鯛を釣って兄弟に食べさせ、小遣いをもらうことまで夢に見るが...。一方、エリックのいない台所では、ソジニーが初めてのり巻きに挑戦する。台所に座り悲壮感を漂わせてのりを巻く、初心者ソジニーとギュンサン。こののり巻きは次男を笑顔にできるのか?雨でかまどが危機に陥っても続く華やかな料理ショーでは、エリック特製の“練り天スープ”が登場。そして3人の深い話で夜は更ける。
【三食ごはん 漁村編3】 #10
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #10 テナガダコとイイダコをつかまえた三兄弟。淡泊な味が逸品の“天然テナガダコのたたき”と、ピリ辛の“イイダコと三枚肉炒め”が出来上がる。さらに冬の海の贈り物カキをとろうと、明け方から働くエリックとギュンサン。カキ嫌いのソジニーもとりこになった、カキクッパの味とは?“ナスご飯”に続くエリックのおすすめメニューは、とろけるアボカドとはじけるとびっこの組み合わせ。クセになる味“カリフォルニア飯”を披露する。
【三食ごはん 漁村編3】 #11
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #11 最後の晩餐に鯛を釣りたいエリックだったが、鯛は釣れずにイイダコばかり。イイダコは酢みそで!エリックは他の2人の手も借りて、酢豚と麻婆豆腐、ムール貝のスープを完成。その夜はソジニーの願いをかなえるべく、翌朝の豚クッパのためにスープの仕込みも。翌日は収穫した大根と白菜を、今までのお礼に島の人々へ渡す。最後に担々麺とミルフィーユ鍋を味わった3人は記念写真を撮り、ソジンが操縦する船で島を離れる。
【三食ごはん 漁村編3】 #12(終)
無料
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #12(終) 最後のロケから3週間後、ギュンサンの家にソジンとエリックが来て三兄弟が集合。猫のモンやクンも大喜び。3人でパスタやステーキなどを作り食事を楽しむ。ソジンが船舶免許の試験を受けた時のようすやロケ前の食事など、未公開映像を振り返る。スズキの刺身、ギュンサンが大好きなタッカルビ、船上で食べたキス、わかめスープ、ゴマの葉キムチなど、思い出の食べ物の話題に花が咲く。そして最後に3人がもらったプレゼントとは?
ユン食堂#1
無料
ユン食堂 ユン食堂#1 ユン食堂の社長兼、料理長であるユン・ヨジョンのそばには頼もしい人材が2人も。誰よりも一生懸命なイ・ソジン常務。外国人から動物までをも虜にする、ラブリーな調理補助、チョン・ユミ。世界各国の人々の胃袋をつかむために奮闘する、ユンファミリーの渡航前からオープン準備までを大公開。さらに、ユン食堂のメインメニューであるプルコギのレシピも紹介。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第3話
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第3話 フランスの誇り、ヴェルサイユ宮殿を訪れた5人。しかしイルソプにかかると全てが韓国化されてしまう。ドラマではカリスマ会長役が板に付いているグンヒョン。彼の意外な一面にも注目してほしい。そして新たな土地へ移動し、ソジンはパニック状態に。えくぼ美男のソジンの顔からえくぼを消し去る、恐怖のレンタカー。その顛末はいかに?
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第11話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第11話 台北のランドマーク、101ビルに到着したおじいさんたち。まずは台湾の代表料理である点心を存分に楽しむ。しかし出会いがあれば別れがあるもの。おじいさんたちはサニーと別れ、雰囲気は次第に静寂の中へ。ソジンは静寂を打破するため、新北投で温泉に入り、淡水で夕焼けを観賞する計画を立てる。ソジンはガイドとして無事に復帰できるのだろうか?
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第1話
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第1話 スンジェ、シン・グ、グンヒョン、イルソプの4人が初のバックパック旅行へ出る。最初の旅行地はフランス。ときめく心で空港に集まった4人。一方、ソジンは女性アイドル2人との旅番組だと思い込んで空港へやって来るが、空港にいたのは大先輩の4人だった。ソジンは荷物持ちとして4人と旅をすることに。彼は住所だけを頼りにパリの宿まで4人を案内しなければならないが...
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第2話
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第2話 旅行2日目、本格的なパリ旅行がスタート。5人はルーヴル美術館を訪れる。スンジェは熱心に鑑賞するが、イルソプは出口ばかり捜す。その後エッフェル塔の前で番組ポスターを撮影し、韓国料理店で気分良く食事を取る。しかしシャンゼリゼ通りを見物しに行こうと言うスンジェにイルソプが反発し、分裂騒動が勃発。果たして5人はシャンゼリゼ見物をするのだろうか?
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第5話
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第5話 衝撃の告白!ガイド兼会計担当者ソジンの破産危機宣言。旅行5日目にして旅行中断の危機に。旅費を死守するための花札大戦。破産危機から脱出するための緊張の勝負の行方はいかに?そして旅行は6日目。別れと、また新たな始まり。フランスを去り、大自然のスイスでおじいさんたちのヒーリングストーリーが始まる。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第10話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第10話 濃いお香の香りが絶えない場所、台湾で最も古い寺院、龍山寺。おじいさんたちは現地の人と共にお祈りをする。そして、元祖リーダ-・H1のスンジェが合流し、遂にH4は完全形に。ソジンとサニーまで加わり、大家族になった一行が訪れたのは故宮博物館。バラエティ番組では初公開となる博物館の内部。中国5千年の歴史の文化財が遂に姿を現す。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第14話(終)
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第14話(終) 「花よりおじいさん」のディレクターズカット版、第2弾は台湾編。放送では紹介されなかった旅行地、黄金の都市、金瓜石。遂に姿を見せる、ソジンの13番目の職業・鉱員。ヘルメットまで被り、完璧に鉱員に変身したソジン。そして50年のつきあいが物語る、次元の違う、おじいさんたちのおしゃべり。4人のオフレコ用の会話も大公開。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第4話
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第4話 旅行4日目。中世のままの姿を残す都市、ストラスブールで繰り広げられる本格的な旅。ストラスブールの象徴、ノートルダム大聖堂にH4が現れた。厳かに響き渡る鐘の音とともに、おじいさんたちは大聖堂の勇壮さに感嘆する。童話の中のような町ストラスブールで、いつもより気分良く過ごすH4と荷物持ちソジンの幸せな遊覧紀。目と耳を楽しませた1日を大公開。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第6話
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第6話 いつの間にか旅程の半分が過ぎ、スイスで新たに始まった、おじいさんたちのバックパック旅行。一行はスイスへ入るが、ベルンに着くなりパニックに陥るソジン。壊れたナビゲーター・ソジンとおじいさんたちは無事にツェルマットに到着できるのか?スイス2日目、アルプスの女王、マッターホルンと出会うおじいさんたち。大自然の風景に感動するが、予想外の試練がやって来る。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第7話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第7話 ムードメーカーのグンヒョンが帰国し、寂しさに身もだえするスンジェとイルソプ。彼らのむなしい心を慰めてくれる新たな旅行地は、まるで1枚の絵はがきのような、スイスで最も美しい湖畔の都市ルツェルン。ルツェルンの風景のように美しい旅が期待されたが、スンジェのひと言がルツェルンの大災難を招いてしまう。そんな大災難の中で笑う者と泣く者がいた。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第8話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第8話 平均年齢76歳のおじいさんたちによる、2回目のバックパック旅行が始まる。ロマンと情熱あふれるヨーロッパ旅行に終止符を打ち、再集結したH4。天恵の自然が息吹き、最先端の都市が共存する東洋の宝島、台湾にH4が現れた。しかし旅行開始早々、混乱に陥るおじいさんたち。おじいさんたちのパニックパレードが続く。果たして、彼らは無事にパニックから抜け出せるのだろうか?
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第9話
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第9話 スタッフを困らせる43歳のソジン。そして彼をおとなしくさせる唯一の人物、魔性の彼女は少女時代のサニー。ドキドキの出会いを果たした2人は無事に台湾へ到着できるのだろうか。一方、台湾で本格的な航海を準備するシン・グ号の船長と船員たち。ガイドのソジンなしで、真のバックパック旅行が始まる。そして独身のソジンのために国民のお父さんたちが一肌脱ぐが...
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第12話
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第12話 1人、2人と去っていくおじいさんたち。それでもスンジェとシン・グ、ソジンのバックパック旅行は続く。山を越え谷を越え、長旅の末、3人は海抜3千メートルの大理石の絶壁が続く太魯閣峡谷に到着する。おじいさんたちは、その雄大さと自然の驚異に喜ぶが再び別れの時間が訪れる。スンジェが1日先に帰国し、シン・グとソジンは2人きりで最後の1日を送る。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第13話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第13話 「花よりおじいさん」のディレクターズカット版、第1弾。芸術家たちのアジト、パリのモンマルトルの丘。そこでおじいさんたちが触れた芸術魂とは?そして、実はおじいさんたちはドイツとの国境も越えていた。ローマ時代から温泉都市として有名なバーデン・バーデンに到着した5人。今まで隠されていたドイツ旅行記も公開。ヨーロッパ旅行編の未公開映像が盛りだくさん。
第48話 改革の始まり
イ・サン 第48話 改革の始まり ホン・グギョンは、老論(ノロン)派の息のかかっていない者たちで新たな護衛部隊を作ることをサンに提案する。 一方、王妃は、ソンヨンを呼び、側室になる意思があるのかを見極めようとする。
第8話 黒幕の正体
イ・サン 第8話 黒幕の正体 宴に来ていた茶母(タモ)がソンヨンだったと知ったサンは、ソンヨンに会おうとする。そのころ、ソンヨンはイ・チョンの頼みで、良家の奥方の肖像画を描くために出かけたが、帰り道でテスに恨みを持つ者たちにさらわれてしまう。 サンは、ソンヨンを助けるために兵を出す。
第44話 形見の指輪
イ・サン 第44話 形見の指輪 英祖(ヨンジョ)はソンヨンに対し、思悼世子(サドセジャ)の肖像画を描いてくれた礼だといって指輪を授け、サンを見守っていってくれるよう頼む。 一方、サンは、薄情であった自分を許してくれと書かれた英祖の書状を見て、心を痛める。