「イージス・アショア」の検索結果

今すぐ視聴する

イージス・アショア巡り岩屋大臣が17日に秋田訪問
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 イージス・アショア巡り岩屋大臣が17日に秋田訪問  岩屋防衛大臣は地上型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を巡るずさんな調査を受け、週明けに秋田を訪問して直接、知事らに謝罪をすることが分かりました。  イージス・アショアの陸上自衛隊新屋演習場への配備計画を巡る調査結果が誤っていたことを受け、岩屋大臣は17日に秋田県を訪問して知事や市長らに直接、謝罪するということです。防衛省が地元に説明した調査結果や説明会に出席した職員が居眠りしたことなどを受け、地元からの反発が強まっていたためで、信頼の回復を目指します。防衛省側は「新屋演習場への配備が最適だ」とする調査に変更はなく、今後、秋田県側との調整は難航することが予想されます。
岸田氏 イージス・アショア巡り防衛省の緩みを批判
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 岸田氏 イージス・アショア巡り防衛省の緩みを批判  自民党の岸田政調会長は地上型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を巡るずさんな調査について「憤りを感じる」と述べ、防衛省の緩みを強く批判しました。  自民党・岸田政調会長:「我々自民党としても今の状況で設置の可否、とても判断することはできない。強い憤りを感じている」  岸田政調会長は、さらに「防衛省の真摯な態度、取り組みがどうなるかを見なければならない」と強調しました。イージス・アショアの配備計画を巡っては防衛省の報告書に誤りがあったほか、そのことに関する住民説明会で防衛省の職員が居眠りをするなど、地元の反発が強まっています。岩屋防衛大臣が17日に謝罪のため、秋田県を訪問することにしています。
防衛省「イージス・アショア」新組織 信頼回復へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 防衛省「イージス・アショア」新組織 信頼回復へ  地上型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の秋田県への配備を巡る調査ミスを受けて、防衛省で再発防止のための新組織が発足しました。  岩屋防衛大臣:「省全体がこれまでの進め方を反省し、改めるべきを改め、一から出直すくらいの気持ちでこれからの検討を進める必要がある」  初会合を開催した「イージス・アショア」整備推進本部は、防衛省による調査ミスや、説明会での職員の居眠りなどで地元からの不信感が強まるなか、信頼回復が目的です。会合で岩屋防衛大臣は「深刻な危機感と確固たる責任感を持ってほしい」と強調しました。防衛省は今後、専門家を交えた現地調査や資料の修正を行って、改めて配備に向けた理解を求める方針です。
迎撃システムの説明に誤り 総理「真摯に受け止め」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 迎撃システムの説明に誤り 総理「真摯に受け止め」  地上型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の秋田県への配備を巡り、防衛省が地元に説明した調査結果に誤りがあったことについて、安倍総理大臣は「真摯に受け止める」と述べました。  安倍総理大臣:「イージス・アショアの配備候補地の地元の皆様が様々なご不安やご懸念を持っていることは防衛省から報告を受けており、真摯に受け止めております」  秋田県に関する調査結果では、候補地の地形に関するデータで9カ所の誤りがあったことが判明しています。一方、秋田県と同様にイージス・アショアの配備候補地として調査が行われた山口県の陸上自衛隊「むつみ演習場」について、安倍総理は「データに誤りはないとの報告を受けている」と述べました。岩屋防衛大臣は配備への不信感が高まっていることを受けて、近いうちに秋田・山口の両県を訪問して説明する方針です。
岩屋大臣「信頼回復に全力」“陸上イージス”巡り
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 岩屋大臣「信頼回復に全力」“陸上イージス”巡り  地上型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡るずさんな調査結果を謝罪するため、秋田県を訪問している岩屋防衛大臣は「信頼回復に全力を挙げる」と強調しました。  岩屋防衛大臣:「きょうを機に原点に立ち返って信頼が回復できるように全力を挙げて参りたい」  秋田県の陸上自衛隊新屋演習場に「イージス・アショア」を配備する計画を巡って、岩屋大臣は「信頼回復が最優先で、より正確なデータで説明し直したい」と県側の理解を求めました。そのうえで、新屋演習場が「最適」とする調査結果について、「この段階で変える材料はない」と述べて、計画を変更する考えがない点を強調しました。一方、岩屋大臣との会談で、秋田県の佐竹知事は「防衛省はマイナスのスタートと受け止めてほしい」と抗議し、現段階で受け入れる考えがない点を強調しました。
地上イージス調査のずさんさ露呈 地域住民は猛反発
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 地上イージス調査のずさんさ露呈 地域住民は猛反発  地上型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、秋田市の演習場が適しているとした際の調査データに誤りがあった問題で、防衛省はグーグルアースや定規を使って計算していたことを明らかにしました。  防衛省は先月、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場がイージス・アショアの配備に適しているとする調査結果を県と秋田市に伝えました。しかし、新屋演習場以外の国有地は配備に適していないと示したデータに誤りがあることが分かりました。  住民:「嘘、ごまかしの説明を聞きに来たわけじゃない」「何を考えてるんだ」  防衛省はまたデータの計算にグーグルアースや定規を使うなどしたと話していて、ずさんなデータをもとに報告書を作成したことになります。防衛省は8日から周辺住民を対象とした説明会を開いていますが、住民からは反発の声が上がっています。
陸上イージス説明会 住民「信頼関係なくなってる」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 陸上イージス説明会 住民「信頼関係なくなってる」  地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備を巡り、候補地になっている山口県阿武町で住民説明会が行われました。  説明会では、防衛省の担当者が同じく候補地になっている秋田市の調査データに誤りがあったことなどを謝罪し、山口県のデータにはミスはないとして理解を求めました。住民からは安全性を疑問視する声や説明が信用できないといった意見が出されました。  住民:「説明を聞いていると、(山口県の)むつみ(演習場)ありきの説明に聞こえる」「ほとんどの方が不安、信頼がなくなっていると感じている」  阿武町では有権者の半数以上が配備に反対の意思を示しています。
菅長官「一層緊張感を」“地上型イージス”巡り苦言
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 菅長官「一層緊張感を」“地上型イージス”巡り苦言  地上型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備に向けた防衛省の調査がずさんだった問題などについて、菅官房長官は「一層、緊張感を持って対応すべき」と苦言を呈しました。  菅官房長官:「地元の反対あるないにかかわらず、説明というのは客観的な事実に基づいてしっかり行う。緊張感を持って行う。このことは当然のことだと思っています」  秋田県への配備に向けた調査を巡っては、防衛省の担当者が山の高さについてインターネット上のデジタル地球儀「グーグルアース」のデータを誤った方法で使用していたことが発覚しています。週末、防衛省は秋田県で住民説明会をしましたが、防衛省の職員が居眠りをしていたことで、さらに住民らの反発を買っていました。
岩屋大臣「信頼回復に全力」 陸上イージス問題
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 岩屋大臣「信頼回復に全力」 陸上イージス問題  地上型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡って秋田県の佐竹知事が防衛省との協議を白紙に戻す考えを示したことについて、岩屋防衛大臣は「信頼回復に全力を挙げる」と強調しました。  岩屋防衛大臣:「佐竹知事のご発言をしっかりと受け止め、信頼回復に全力を挙げて参りたいというふうに思っております」  岩屋大臣はまた、秋田県にある陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画について「データを精査して適した場所であることを丁寧に説明したい」と述べ、変更する考えがない点を強調しました。また、候補地の地形に関するデータでグーグルアースを使って計測したことについては「それ自体は問題ないが、縮尺の違いに気付かなかったのは問題だ」と釈明しました。
菅官房長官 参院選に向け野党をけん制
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 菅官房長官 参院選に向け野党をけん制  菅官房長官は秋田市で開かれた自民党の会合で講演し、夏の参議院選挙に向けて野党共闘を強く牽制(けんせい)しました。  菅官房長官:「今、野党の皆さんは『全国で1人区は全部、野党共闘で戦っていく』とこういっています。『安全保障はどうするのでしょうか』って、人のことですから聞いてみたいです」  菅長官は「国民の安全・安心を守るのが政治の役割だ」と強調したうえで、日米安全保障条約や自衛隊に対する立場が異なっているにもかかわらず、野党が参院選の1人区で候補者を一本化していると批判しました。一方で、地上型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の秋田県への配備を巡り、防衛省のずさんな調査が問題となっていますが、菅長官は講演で言及しませんでした。
麻生大臣への不信任案など最終調整 立憲民主党
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 麻生大臣への不信任案など最終調整 立憲民主党  「老後に2000万円が不足する」という金融庁の報告書を麻生財務大臣が受け取らないと決めたことに関し、立憲民主党の枝野幸男代表は不信任決議案などを提出する方向で最終調整していることを明らかにしました。  立憲民主党・枝野幸男代表:「麻生大臣については、直近の“年金2000万円報告書問題”に限らず色んなことが積み重なってきていますので、不信任なり問責なりを出す方向で国対の方で最終的な調整をしてもらっているという状況です」  また、枝野代表は森友学園を巡る公文書改ざん問題にも触れ、「財務大臣の関与あるいは直接の監督等を問われざるを得ない問題が積み重なっている」とも述べました。さらに枝野代表は、地上配備型ミサイル迎撃システムのイージス・アショアに関する説明会でのミスや職員の居眠りの問題で、岩屋防衛大臣の責任について「大臣の任にあらず」と痛烈に批判しました。
ミサイル配備巡る地元説明に誤り 防衛大臣が謝罪
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 ミサイル配備巡る地元説明に誤り 防衛大臣が謝罪  岩屋防衛大臣は地上型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の秋田県への配備を巡り、防衛省が地元に説明した調査結果に誤りがあったことについて国会で謝罪しました。  岩屋防衛大臣:「調査結果あるいは検討結果全体への信頼性・信憑(しんぴょう)性を失墜させかねないものであって大変、申し訳なく思っております」  誤りがあったのは、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備に適しているとした調査です。他の候補地について、レーダーを遮蔽する山があるなどとして「不適」と判定していましたが、山を見上げた時の角度が9カ所で実際より大きく記載されていることが判明しました。岩屋大臣は地図データの縮尺が間違っていることに気付かないまま計算するという人為的ミスによるもので、故意ではないと説明しました。また、データを修正しても「インフラなどの観点から配備候補地にはなり得ない」という認識を示しました。今後、速やかに地元に説明する方針です。
「姿勢問われる」岩屋氏“陸上イージス”問題で謝罪
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「姿勢問われる」岩屋氏“陸上イージス”問題で謝罪  岩屋防衛大臣は、地上型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡るずさんな調査結果を受け、秋田県を訪問して直接、知事らに謝罪しました。  (政治部・野中里紗記者報告)  岩屋大臣は部屋に入るなり、深く頭を下げると終始、硬い表情を崩しませんでした。  岩屋防衛大臣:「防衛省としての姿勢が問われる事態が生じたことにつきまして、誠に申し訳なく思っており、改めて深くおわびを申し上げる」  秋田県・佐竹敬久知事:「これからの防衛省さんの作業というのはマイナスのスタートです。そのように受け止めて頂きたいと思います」  会談で岩屋大臣は調査ミスを踏まえて今後、専門家も加わったうえで現地で測量を実施すると説明して配備への理解を求めました。これに対し、佐竹知事は「丁寧というより、正確な説明をしてほしい」と要望し、現時点では受け入れ難いとの考えを示しました。秋田県側の“不信感”は簡単に払拭できそうになく、防衛省が予定する配備スケジュールには大幅な遅れが生じる可能性が出てきています。
“陸上イージス”でまた…山の標高誤記で岩屋氏陳謝
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 “陸上イージス”でまた…山の標高誤記で岩屋氏陳謝  岩屋防衛大臣は地上型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備を巡る秋田県への説明資料で山の標高にも誤った記載があったと明らかにし、謝罪しました。  岩屋防衛大臣:「誤りがあったことは事実でございまして、このことについてもおわびを申し上げたい。ご指摘の山についても説明資料には712メートルという記載をしたところでございますが、これは正確には715メートルの誤りでございました」  新たに判明した誤りは陸上自衛隊の新屋演習場を「適地」とした防衛省の調査で、レーダーの障壁になるとした秋田県「本山」の標高を実際より3メートル低く表記していたということです。岩屋大臣はインターネット上のデジタル地球儀「グーグルアース」を使用した際の人為的ミスで、すでに修正していると説明しました。そのうえで、「現地調査もしっかり行い、資料も修正して、具体的でより分かりやすい説明ができるようにする」と述べました。