「ウラシマンタロウ」の検索結果

「ウラシマンタロウ」に関する情報は見つかりませんでした。
「ウラシ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第11話 裏用語に純反応/一部の国ではそうらしいです/雪と戯れ サンタの末裔
生徒会役員共* 第11話 裏用語に純反応/一部の国ではそうらしいです/雪と戯れ サンタの末裔 共学化されてから新しい校則が追加されているが、あまり知られていないということで、今回の生徒会だよりの記事にすることになった。それは男女間の立場を明確にするというもので、風紀委員の五十嵐カエデは、最近ふしだらな空気が蔓延していることを危惧していた。英稜高校の魚見から、文化祭に誘われた生徒会役員共。他校の文化祭視察ということで、様々な催事を見て回り、魚見から説明を受けるのであった。12月の夜、雪がちらつき始めていた。朝起きると、そこは銀世界が広がっていた。そこで生徒会役員共は、朝から雪の積もった桜才学園の雪かきをすることになったのであった。
第45話 退場目前!?花道ピンチ
スラムダンク 第45話 退場目前!?花道ピンチ 翔陽は4ファウルで積極的なプレーを怖がっている花道にターゲットを移した。その最中、執念でボールを追った三井が勢い余って翔陽ベンチに突っ込み、木暮と交代することに。その間に流川は花道に言う、「らしくねーんじゃねーのか」。それに触発された花道は、コートに頭を叩きつけて自分を取り戻すのだった。
第9話 畑ランコ カマす/OGはチョベリグ/ぐーぜん誤解 いただき中
生徒会役員共* 第9話 畑ランコ カマす/OGはチョベリグ/ぐーぜん誤解 いただき中 いつもと変わらない日常の生徒会室、しかし、屋上には畑ランコが何やら悩んでいるらしく、生徒会役員共はそれを目撃してしまう。実は、新聞部員達が休んでしまっており、畑一人では休刊してしまうらしい。そこで、生徒会として力を貸すことに。ある日、タカトシとスズが生徒会室に入ろうとすると、シノの席で本を読んでいる人間を発見する。それは生徒会OGである古谷であった。先代の桜才学園生徒会長ということもあり、シノやアリアとのやり取りも絶好調(?)であった。古谷の誘いで、通っている大学の学園祭にやってきた生徒会役員共。高校とは違い、様々な催し物で賑わっていたが、古谷が参加している模擬店の珍味を食すこととなり…
第12話 なかま
無料
女子高生の無駄づかい 第12話 なかま 年明け早々にワセダから、今度の期末で相当頑張らないと留年してしまうことを宣告されたバカ。どうやら1教科でも赤点を取ったら本当に留年してしまうらしい。落ち込むこともなく笑いながら、ワセダから留年するかもしれないと言われたことをヲタやロボに話すバカに対して、ヲタは一つも笑えないと返す。さらにマジョからも占いの結果が良くないことを示していたと言われるが、どこ吹く風のバカ。どうやら以前からとっておきの勉強法を実践しているから、何の心配もないと言うのだが……。
#473 のび太のお宝鑑定
ドラえもん #473 のび太のお宝鑑定 新しいマンガを買いたいものの、お金のないのび太は、「これだけはドラえもんも頼りにならないし…」とドラえもんをうまくのせて、『自動質屋機』を出してもらう。この中に品物を入れると、その値打ちの分だけお金を貸してくれるが、3ヶ月以内にお金を返さないと、その品物は未来で売られてしまうらしい。 それを聞き、のび太は部屋の中にあるものを手当たりしだい自動質屋機に入れ、出てきた小銭を手に、さっそくマンガを買いに行く。そしてふと、どんなものなら高い値がつくのか調べてみようと思いつく。 まずはジャイアンにいらないものを出してもらうが、みんなから取り上げたものばかりと知り、逃げ出すのび太。続いて、しずかちゃんの宝物だという人形を勝手に自動質屋機に入れたところ、一万円が出てくるが、しずかちゃんに人形を返してと怒られてしまう。 そんな中、偶然知り合った絵描きのおじさんと再び会ったのび太は、お金に困っているおじさんに自動質屋機を貸してあげるが…!?
#476 ハロウィンとのびガエル
ドラえもん #476 ハロウィンとのびガエル 今日はハロウィン。みんなが思い思いの仮装をする中、シーツをかぶって“おばけ”になったのび太は、みんなに笑われてしまう…。そこで、ドラえもんに『きせかえカメラ』を出してもらって王子様に変身し、大よろこび。 その後、もっと仮装に使えるものはないかと、ドラえもんにナイショで押入れから『スペアポケット』を出して中を探ったところ、杖(つえ)のようなひみつ道具が出てきた。魔女の仮装をしたしずかちゃんが杖を探していたのを思い出したのび太は、その杖をしずかちゃんにプレゼントする。ところが、しずかちゃんと会った人たちが次々と動物に変身してしまったから大変! ドラえもんによると、のび太が持ち出したのは『動物変身ステッキ』で、このステッキを向けられると、動物に変身してしまうらしい。元の姿に戻すには、『解除用リップ』というひみつ道具を使って、動物になった相手にキスをしなければならないという。 しかたなく、大蛇になったジャイアンやコウモリになったスネ夫とキスをするのび太。そんな中、しずかちゃんと会ったドラえもんはネズミに、のび太はカエルに変身してしまい…!?
#481 ボクをけって!サイオー馬
ドラえもん #481 ボクをけって!サイオー馬 ママに頼まれ、おじさんの家にお土産を届けに行ったのび太は、その道中で犬のしっぽを踏んで追いかけられたり、力士にぶつかって転んだり、バスに乗りおくれたりと散々な目にあう。しかも、おじさんは留守で、持って行ったカサまで忘れてきたのび太は、ママに叱られてしまう。 どうして、自分はろくでもない目にばかりあうのだろう…となげくのび太を、ことわざを引用してはげますドラえもん。しかし、またもやママに叱られたのび太は、納得するどころか、さらに落ち込んでしまう…。 そこでドラえもんは『サイオー馬』を取り出す。悪いことがあった時にこの馬にけられると、次に良いことが起きるのだという。しかし、良いことが起きた後にけられると、今度は悪いことが起きてしまうらしい。 さっそくサイオー馬にけられるのび太。すると、しりもちをついた衝撃(しょうげき)で、本棚から本が落下し、のび太が探していたマンガが見つかった! よろこんだのび太は、サイオー馬とマンガを手に出かけていくが…!?
第3話 「必要悪の教会(ネセサリウス)」
無料
とある魔術の禁書目録 第3話 「必要悪の教会(ネセサリウス)」 インデックスの「自動書記(ヨハネのペン)」が発動し、九死に一生を得た上条。再び意識不明になったインデックスの傷をふさぐには魔術による治療が必要だった。しかし、超能力を持つ者はその開発の影響により、魔術を使うと全身から血を吹き出し死んでしまうらしい。そこで上条は、超能力を持たない担任教師を頼って月詠小萌のアパートへ向かう。自分の右手に宿る力は、インデックスを救うはずの回復魔術すら解除(ディスペル)してしまう。小萌のアパートの外で待機する上条は、何もできない自分に憤るのだった。そして、小萌を触媒とし何とか回復魔術を成功させたインデックスは、自分の抱える事情──追っ手の魔術結社と自身の魔道書について語り始めた。
第三章 痛覚残留
劇場版「空の境界」 第三章 痛覚残留 「わたし、人殺しなんかしたくないのに――」 「そうでもないよ、おまえは」 見た瞬間に気が付いた。いや、視えてしまった、と言うべきか。 敵であるという確信と、そうじゃない、という否定。 そこにいるのは自分のいる境界がわからないまま越えてしまった、少女だったモノ。 人知れず繰り返される陵辱に、しかし、彼女は無機質な視線を投げかけるばかり。 仮に人の脳に複数のチャンネルがあるとしよう。 現実に即して生きるための最大公約数のチャンネルがあるとして、 おそらく大多数の人間はそこにあわせて世界を見つめ、認識し、だからこそ共存できる。 けれど、どうしても皆とは異なるチャンネルにしかあわせることしかできない、そんな存在がいたとしたら―― それは、もう人外。 いや「存在不適合者」と呼ぶ。 社会に不適合、ではなく、存在そのものが不適合だという話。 どうやらそれを「超能力者」というらしい。 そしてある晩のこと。 飲み会帰りの雨の夜、どこまでも普通、けれど類い希な探し物の才能を持つ黒桐幹也は 闇にうずくまるひとりの少女を拾ってしまう。 「それ」がいずれ、自身が探すことになる対象とも気付かずに、探す前から見つけていた…… が、その事実を知ることはない。 行方不明になった後輩。 会えなかった妹とその友人。 手足どころか首までもがねじ切られた惨殺死体は、今日もまたひとつ、増える。 てんでに別方向へ手前勝手に進行する出来事は、やがてひとつの結末へと辿り着く――

おすすめの作品