「ウンギョ キムゴウン」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#267 (韓国2019年3月3日放送) 「魔法のような1日」
スーパーマンが帰ってきた #267 (韓国2019年3月3日放送) 「魔法のような1日」 【魔法のような1日】(韓国2019年3月3日放送) 3妹弟&スンジェ&ナウンに謎の手紙が届き、"神秘の魔法学校"へ入学!そして、魔法使いに変身した子供たち!一体どんな試練が待ち受けているのか?また、ボンヨン親子は愛するおじいちゃんのもとへ!涙を流すおじいちゃんの車いすを押してあげるボンヨン!
【PR】オススメ番組「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」
無料
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 【PR】オススメ番組「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」 【韓流ドラマの最高傑作】 キミを見つけた。恋を知った。 究極のオトナ男子と天真爛漫なヒロインのピュアすぎる恋の行方は...!? 最上級のトキメキに包まれる、胸キュン♡ファンタジー・ラブロマンス。
第6話 トッケビと死神の悩み
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第6話 トッケビと死神の悩み 10年後の29歳になったウンタクの姿を見たシンは、ウンタクに剣を抜いてもらおうとする。ところが、剣を抜くことの本当の意味を知らないウンタクは、まずは自分の望みが何かを考えるようシンに言い残してアルバイトに行ってしまう。その頃、ドクファを連れてサニーに会いに行った死神は、職業を聞かれたり名刺を要求されたりして再び困惑する。“何も持っていない”死神と、ウンタクに剣を抜いてもらえないシンはそれぞれ意気消沈し...。
第7話 初恋
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第7話 初恋 全国一斉の大学修学能力試験を終えたウンタクが帰宅すると、シンと死神とドクファがケーキで出迎えてくれた。これに感激したウンタクは、「トッケビさんと映画を観に行きたい」と願い事をし、2人で映画館に行くことに。楽しいデートになるはずだったが、シンの失態で台なしに。後日、ウンタクは推薦入試を受けに行った大学で、偶然にも初恋の相手テヒと再会する。2人が楽しそうに話す姿を目撃したシンは嫉妬し、テヒのもとに乗り込むが...。
第8話 花嫁の証明
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第8話 花嫁の証明 ついにウンタクが剣の柄をつかむが、トッケビは痛みと恐怖からウンタクを突き飛ばしてしまう。驚いて気を失いながらも「トッケビの花嫁だと証明できてよかった」と笑うウンタクに、シンは複雑な表情を浮かべる。一方、シンが大破させた車の映像を見たドクファは、財閥と死神の力を最大限に使って事態を収拾する。剣が動いたことにショックを受けるシンと、古い掛け軸の絵を見て涙を流した死神だが、いつものように言い争う気力はなく...。
第9話 行方不明
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第9話 行方不明 死神から剣の秘密を聞いたウンタクは、シンの前から姿を消すことを決意し家出する。シンは心当たりのある場所を捜し回るが、ウンタクを見つけることができず、最終手段として死神に“処理漏れ”の申請を出すよう頼む。そして申請を出した途端にウンタクの名簿が届き、シンはウンタクを救出しに向かうのだった。一方の死神は、サニーの記憶を消した罪悪感から彼女に連絡ができず、帽子で姿を消してサニーに会いに行くのだが...。
第10話 掛け軸の女性
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第10話 掛け軸の女性 サニーの記憶を消したことを忘れ、うっかり彼女の本名を口走ってしまった死神。なぜ自分の本名を知っているのか、正体は何なのかとサニーは死神に詰め寄り、はぐらかそうとした彼の手をつかむ。手が触れ合ってしまったことでサニーの前世を見た死神は、彼女の前世の顔が掛け軸に描かれていたシンの妹と同じであることに驚き、失われた自分の記憶とサニーの前世、シンとの間には何か因縁があるのかもしれないと思い悩む。
第11話 兄妹の再会
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第11話 兄妹の再会 死神から、サニーの前世が妹のソンだと聞かされたシンはチキン店を訪ねるが、急に前世の話をされたサニーは困惑し、シンと死神を追い返す。その後もシンは店を訪ねては妹が好きだった物をサニーに差し出し、その様子を見たウンタクもまた混乱する。一方で死神はサニーへの思いを断ち切れず、ウンタクの卒業式に行けば会えると考えて花束を持っていく。そしてサニーに花束を渡し、自分が何者か分からないと正直に打ち明けるのだが...。
第12話 神の問い
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第12話 神の問い アルバイト中にこれまでに見たことのない不気味な幽霊に会ったウンタクは、死神の言葉を思い出し不安を感じる。ウンタクとのやり取りで、ドクファに神が憑依していたことに気づいたシンと死神。神はドクファの体を使って、シンには「なぜまだ生きているのか?」と聞き、死神には「なぜ神が記憶を消したと思うのか?」と質問する。その後、ドクファの祖父ユ・シヌ会長の名簿が死神の元に届き、トッケビの家は悲しみに包まれる。
第13話 死神に与えられた罰
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第13話 死神に与えられた罰 死神は、記憶の消去などの特殊能力を私的に使っていたことや、名簿の情報漏えいの事実を冥界の監査チームに知られてしまい、懲戒処分を受ける。その罰として前世の記憶をすべて戻された死神は、自分がキム兄妹を殺したワン・ヨだったことを知り苦しむ。そして苦悩の末に、シンに自分を殺してくれと懇願するのだが、シンもまた、死神と過ごした日々や芽生えた友情を振り返ると、一族のあだ討ちをすべきかどうか迷い、苦悩するのだった。