「ウーマン 村本」の検索結果

「ウーマン 村本」に関する情報は見つかりませんでした。
「ウーマン」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第12話
シークレットガーデン 第12話 ジュウォンは、ライムの代わりに自分がライムの目の前から去ると言う。冗談半分に聞き流そうとするライム。しかしジュウォンはいたってまじめだ。やさしくライムの頭をなでながら、よく考えて答えてほしいと言うジュウォンだが...
第16話
棚ぼたのあなた 第16話 グィナムは祖父の法事で完璧な料理の腕前を披露。さらに亡き祖父にユニを紹介する感動的な手紙を読み、ますます株を上げる。その頃ラジオのど自慢に応募したスネは美声で評判を呼ぶが...。
第3話
シークレットガーデン 第3話 ライムのためレストランを予約したジュウォン。ライムの前で懸命に格好をつけてみるものの、ライムはまったく興味を示さない。それどころか、アクションスクールにも二度と来なでほしいと言い捨て、その場を去ってしまう。しかし、ジュウォンは懲りずにライムを追いかける。そんなジュウォンにライムは...
第11話
シークレットガーデン 第11話 ジュウォンは、ブノンにライムとの仲を何があっても反対してほしいと訴える。ブノンは、許すのではなく反対してほしいとのジュウォンの発言に困惑している。その様子を見ていたライムはあきれ、息子が自分に絶対に近づけないよう監視してほしいとブノンに告げ、出て行こうとするが...
第14話
シークレットガーデン 第14話 映画のヒロインのようにシックな装いでオスカーにエスコートされ、パーティーに出席したライムを目にしたジュウォンだが、冷ややかなまなざしでライムを見つめている。ライムもそんなジュウォンから視線をそらさず、会わないでつらいより会ってつらい方がましだ、人魚姫にはならないとジュウォンに告げる...
第16話
シークレットガーデン 第16話 ジュウォンは、自分のせいでオーディションを受けられなかったライムに申し訳ない気持ちでいっぱいだ。一方のライムは、深い喪失感に包まれている。そんなライムを、ジュウォンは抱きしめながらまたオーディションを受けられるようにしてやると慰める。何とか笑顔で応えるライムだが、目には光るものが...
第17話
シークレットガーデン 第17話 ライムの家を訪れたジュウォンは果物を買って来るよう言ってライムを外出させ、アヨンにライムの様子がおかしい理由について尋ねる。アヨンは、今日が父親の命日であり、そのせいでライムの気分も沈んでいるのでは?と言うが...。店先で泣きながら果物を選ぶライムの姿を見たジュウォンはいたたまれず...
第18話
シークレットガーデン 第18話 ジュウォンに電話をかけたオスカーは、漠然とした不安を感じる。そして、一瞬何かがひらめいたかと思うと不吉な予感をぬぐえず、急ぎどこかに向かうのだった。ブノンは、ジュウォンとジョンスが会っているのを目にし、警備員にジュウォンをどこへも出られないよう監視することを命じるが...
第20話(終)
シークレットガーデン 第20話(終) パク常務は緊張した面持ちでジュウォンを見つめ、ジュウォンは社長を除いた最高の権力と引き換えに助力を求める。サンに厳しいトレーニングを受けていたオスカーに、スルがスケジュールを渡す。するとサンは、オスカーに用を言い渡して席を外させる。オスカーがいなくなると、さっそくサンとスルは口げんかを始め...
第15話
棚ぼたのあなた 第15話 マルスクは、セグァンに思惑があるとも知らず、キスされ有頂天になる。そんな時、ユニの家に来たチョンエが化粧品の瓶を踏んで転び、腰を痛めて泊まっていくことに。しかも祖父の命日と結婚記念日が同じ日だと知ったユニとグィナムはお祝いを諦める。
第17話
棚ぼたのあなた 第17話 マンレから金を騙し取った偽グィナムは、ヤンシルの弱みを嗅ぎつけて再び姿を現す。グィナムは、ユニとイルスク、イスク、マルスクの小姑トリオとの不仲を心配してカラオケ大会を企画。初めて腹を割って話し、わだかまりを解消する。
第18話
棚ぼたのあなた 第18話 5歳の頃の記憶を断片的に思い出したグィナムは、地下室の秘密の場所から宝箱を見つけ出す。グィナムの記憶が戻るのではないかと動揺するヤンシル。一方、本社からレストランに左遷されたジェヨンは,イスクを雇うが、共に働くうちにイスクのことが気になっていく。
第19話
棚ぼたのあなた 第19話 ユニを呼び出して金遣いが荒いと説教したチョンエだが、グィナムはユニの味方で、すっかり傷つき自信喪失してしまう。その後、親戚のいる田舎に挨拶に行ったユニとグィナムは、「早く子供を」とプレッシャーをかけてくる家族や親戚にげんなりする。
第20話
棚ぼたのあなた 第20話 脅迫されて、30年前に5歳のグィナムをバスに乗せて遠くへ置き去りにした暗い過去を思い出すヤンシル。ユニはグィナムに、やはり仕事と子育ての両立は自信がないと告白する。一方、イルスクはミンジの養育費の件でナムグと会うが・・・
第21話
棚ぼたのあなた 第21話 食事会で気分が悪くなったユニをみて、マンレとチョンエは、つわりだとよろこぶが、ストレス性の胃炎だった。一方マルスクは、ユニの服を返さないことを家族に責められてかっとなり家出する。
第32話
棚ぼたのあなた 第32話 「30年前の行方不明事件は誰かの意図だったのかも」と疑いを抱き、独自の調査を始めるグィナム。ジョンベは再婚して裕福に暮らすオクの母親に会いに行くが、手酷く追い返される。ギュヒョンからパーティーに招待されたイスクは髪も服も女の子らしく大変身する。
第33話
棚ぼたのあなた 第33話 ついにヤンシルと対決したグィナムは、30年前の事実を認めながらも「私のほうが地獄だった」と言うヤンシルに、これまでの苦しみを涙で激白。その姿を偶然見てしまったユニは、その夜グィナムを「あなたには私がいる」と優しく励ます。
第34話
棚ぼたのあなた 第34話 グィナムが「もう誰も傷つけたくないからここで終わりにする」と言うのを聞いたものの、家族に告げるべきか悩むユニ。 久しぶりにテレビに出たユンビンは、番組の策略で発言を勝手に編集され、傲慢なヤツだとバッシングされてしまう。
第35話
棚ぼたのあなた 第35話 チョンエの誕生祝いの会で、初めて自分たちが姻戚だと知ったセグァンとマルスクは、とっさに初対面のふりをしてしまう。会の最中に自分の罪が暴かれたらと動揺するヤンシルをジョンフンは密かにたしなめていた。
第36話
棚ぼたのあなた 第36話 プレゼントで1週間の休暇をもらったチョンエは、ボエ、スネと一緒に旅行に出かけ、海の見えるホテルで贅沢な時間を過ごす。その頃イルスクはユンビンへの謝罪会見を開くように、番組のプロデューサーにかけあっていた。
第37話
棚ぼたのあなた 第37話 セグァンとマルスクは路地でキスしているところをユニに見つかり、顔を隠して走って逃げる。別人のようにユニに親切になったマルスクを不審がる家族たち。ジェヨンははずみでイスクに好きだと言ってしまうが、イスクは冗談だと思って受け流す。
第38話
棚ぼたのあなた 第38話 心に傷を負った少年ジファンに過去の自分をだぶらせたグィナムは養子にしたいと言い出す。告白以来、自分を避けるようになったイスクに忘れてくれと言うジェヨン。ユンビンの記者会見の報道がどこにも出ていないことに怒ったイルスクは、ユニに相談する。
第39話
棚ぼたのあなた 第39話 セグァンと別れて自暴自棄になったマルスクは、ユニに「大嫌い」と暴言を吐く。それを叱ろうとしたグィナムは、逆に妹への無関心を責められる。ジェヨンはイスクがギュヒョンにプロポーズされるのを阻止しようと、衝動的に車に乗せて地方へ。
第40話
棚ぼたのあなた 第40話 ヤンシルの家で、グィナムがなくしたはずの子供時代の写真を見つけて戸惑うマンレ。山道を走っているうちにガス欠になったジェヨンは、仕方なくイスクと車で一泊することになり、ジャンスとグィナムは一睡もせずにイスクの帰りを待つ。
第41話
棚ぼたのあなた 第41話 ジェヨンは高熱が出たふりをしてイスクが家に看病に来てくれるのを待つ一方、スネからイルスクが離婚していたことを知らされたチョンエはショックで寝込んでしまう。ユンビンはスター復活番組で順調に勝ち進み、イルスクは意気揚々と家に帰るが・・・。
第42話
棚ぼたのあなた 第42話 イルスクの離婚がナムグの一方的な理由だと知ったチョンエは怒り心頭。ナムグを呼び出し、イスク、マルスク、スネ、ボエ、ユニとともに取り囲んでとっちめビンタを食らわせる。合コンに行ったマルスクは長身でスタイルのいいイケメンから交際を申し込まれる。
第43話
棚ぼたのあなた 第43話 グィナムとジャンスは険悪な状態のチョンエとユニを仲直りさせようと和解の席を設け る。ユニはマルスクとセグァンが交際していると知って激怒し、はずみでマルスクを殴ってしまう。ユンビンが初めての給料を手にイルスクを訪ねて来た。
第44話
棚ぼたのあなた 第44話 夜の公園でブランコに乗っているイスクを見つけたジェヨンは、愛しさがこみ上げて思 わずキス。ビックリしたイスクは呆然とタクシーに乗って帰ってしまう。一方、マンレはついにヤンシルを呼び出し「30年前にグィナムを捨てたのか?」と問いただす。
第45話
棚ぼたのあなた 第45話 すべてを打ち明ける覚悟を決めたヤンシルは喫茶店にチョンエを呼び出す。一方で、ユニはマルスクにセグァンを諦めさせるための厳しい"結婚の条件"を突きつけるが、それはマルスクがユニに要求したことだった。
第46話
棚ぼたのあなた 第46話 夜中に酔っ払ったマルスクが「死ぬほど好きな彼氏はセグァンさん」と玄関の前でわめき、仰天した家族は大反対。ジェヨンとイスクは交際を始めるが、ジェヨンは自分が会長の息子であることを言い出せずにいた。