「エバーグリーン」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

フロリダ
ザ・マンハント シーズン2 フロリダ 今回ジョエルはフロリダ半島南端に広がる湿地帯、エバーグレーズを訪問。対戦相手は兵役経験のあるサバイバリストのチーム。フロリダの森林や湿地帯を熟知した彼らは、荒れ果てた地で動物を追跡したり狩ったりしているが、海軍特殊部隊の出身者を追跡するのは初めてだ。辺りにはアリゲーターやニシキヘビ、ヒョウが出没するため、鬼ごっこの危険度は増す。常に凶暴な肉食動物に気をつけねばならないのだ。 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
#497 ぼく、マリちゃんだよ
ドラえもん #497 ぼく、マリちゃんだよ 大好きなアイドル・丸井マリが、家の近くで映画の撮影をしていると聞いたドラえもんは大急ぎで見に行くが、マリは撮影現場から姿を消してしまっていた…。マリと会えずにガッカリした直後、なんと空き地の土管の中で寝ているマリを見つけてビックリ! 「眠いなら、うちで休めば」というのび太にさそわれ、野比家にやって来たマリ。彼女は仕事に追われ、何もかもイヤになってコッソリ逃げだしたのだという。「あなたたちがうらやましい。できることなら変わりたいくらい」というマリのつぶやきを聞いたドラえもんは、入れ替わることができるひみつ道具『トッカエ・バー』を取り出し、のび太とマリの姿を入れ替えてあげる。 マリの姿になって外に出たのび太は、ジャイアンとスネ夫にサインをあげたり、雑誌のインタビューを受けたりと、アイドル気分を満喫(まんきつ)。ところが、インタビューでメチャクチャな返答をくり返すのび太にあわてたドラえもんは、トッカエ・バーを使って自分がマリの姿になるが…!?
チラ見せ!1分で笑えるフルハウス「ミツバチの儀式」
無料
【特別公開】チラ見せ!フルハウス シーズン5 チラ見せ!1分で笑えるフルハウス「ミツバチの儀式」 ミツバチの仲間入りをするミシェルに、ステフは自慢が止まらない。~シーズン5/第25話「フォーエバー再び(前編)」から超笑えるシーンをチラ見せ~▶︎▶︎▶︎もっとフルハウスを観たい方は、ドラマチャンネルで毎日ご覧いただけますヽ(・∀・)ノ▶︎▶︎
チラ見せ!1分で笑えるフルハウス「商売上手なミシェル」
無料
【特別公開】チラ見せ!フルハウス シーズン5 チラ見せ!1分で笑えるフルハウス「商売上手なミシェル」 レモネードを売るミシェルのもとに、お客さんダニーがやってきた。~シーズン5/第26話「フォーエバー再び(後編)」から超笑えるシーンをチラ見せ~▶︎▶︎▶︎もっとフルハウスを観たい方は、ドラマチャンネルで毎日ご覧いただけますヽ(・∀・)ノ▶︎▶︎
第1話 追憶の呼び声
無料
魔術士オーフェンはぐれ旅 第1話 追憶の呼び声 かつてはドラゴン種族が棲息し、現在は人間種族が繁栄する地、キエサルヒマ大陸。 魔術士養成機関≪牙の塔≫で暮らしていた少年・キリランシェロは、異形の姿となって失踪した義姉・アザリーを探すために旅に出る。 それから五年。男はオーフェンと名乗り、モグリの金貸し業を営んでいた。 ある日オーフェンは、地人種族のボルカン・ドーチンとともに、エバーラスティン家の令嬢への結婚詐欺をするはめになる。
第112話 フォーエバー!幽☆遊☆白書/魔界トーナメント編
幽☆遊☆白書 第112話 フォーエバー!幽☆遊☆白書/魔界トーナメント編 久しぶりに幻海の寺に仲間が集まった。だが、その中に幽助と飛影の姿はない。幽助はまだ戻らず、飛影は魔界に残ることにしたのだ。集まったみんなに幻海は「もしも自分が死んだら」と切り出し…。
映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城
映画ドラえもん 映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 のび太たちは、ドラえもんの提案で、太平洋の海底でキャンプをすることになった。テキオー灯を使えば、海の中でも陸上と同じように過ごせるし、真っ暗なはずの海底でも明るく見えるんだ。水中バギーに乗って、いざ出発。大海底には、大きな山脈もあるし、まるで山にキャンプにきたような気分に浸るのび太たちだったが・・・。
#32:【山本ロケット】ロケット開発を行う山本製作所のピンチを救え!
おはようロバート #32:【山本ロケット】ロケット開発を行う山本製作所のピンチを救え! お笑いトリオ・ロバートがAbemaTV初の子ども向け!?番組に挑戦!ロバートの遊び心が詰まったクセの強いキャラクターが続々登場する“最も高カロリー”な朝のバラエティ番組
「この程度なら会社に行っても…」という意識はダメ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「この程度なら会社に行っても…」という意識はダメ  日本人は人にうつさないという意識が足りない。新型コロナウイルスの感染が広がるなか、何に注意するべきか公衆衛生の専門家に聞きました。  国際医療福祉大学・和田耕治教授:「欧米の広報的な書類を見ると『うつさない、うつらない』と書かれていることが多いが、日本は『うつらない、うつさない』ということで、内容が同じなのに順番が逆。コロナウイルスに関しては『うつさない』ようにするために家にいて頂く。家の中でも他の方に『うつさない』ことが重要。最も厳密にやるとすれば、その病気の方がなるべく部屋を出てこないようにするのが大事。小さなお子さんだとできないので、例えば中高生、成人の方はなるべく部屋から出てこない。例えばトイレなどももし2つあれば、片方を使ってもらう。タオルは共用しない。外に出る機会ではなるべく食事も分けて頂く。『このくらいなら今まで会社を休まなかった』という方もこういう時期は少し休むことが大事。多少、鼻水、喉が痛いといったことで今までは多分、行っていらっしゃったと思うが、そのぐらいでも病院に行くのを控えて数日、家の中で様子を見てもらうのが大切。会社も『診断書を出せ』などとあるが、今回は非常に大きな事態なので、会社としても配慮をしてもらいたい」
大袈裟なほどの接触回避…中国の現状が日本でも?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 大袈裟なほどの接触回避…中国の現状が日本でも?  新型コロナウイルスの終息が見えない中国。感染者は14日に6万人を超え、日を追うごとに人と人との交流も失われています。  中国本土の状況もひとごとではなくなってきました。武漢では地元当局ががん専門病院から15人の末期がん患者を追い出し、少なくとも1人の患者が数日後に死亡したと中国メディアが報じています。目的は新型ウイルス感染者を隔離するための病室確保でした。  隔離。そう、物理的に距離を取ること以外に感染拡大を防ぐ有効な手段が見当たらないということです。例えば、バレンタインデーの14日、北京の花市場は本来、この時期は書き入れ時ですが、多くの店が閉まっています。中国では男性から花を贈るのがこの日の習慣。しかし、愛をささやく日に人々は他人との接触を回避しようとしています。むしろ、必要なのは花よりマスクでしょうか。  しかしこれ、あすの日本の姿かもしれません。これまで大げさに見えていた中国の人々の行動。例えば、宇宙服を着て飛行機に乗る。厳重なマスクをかぶる。エレベーターのボタンをつまようじで押す。極端に距離を開けて並ぶ。極端に距離を開けて食べる。商品を渡す際も距離を確保する。これら中国の人々の切迫感を私たちも実感する日がくるのかもしれないのです。