「オダギリジョー」の検索結果

今すぐ視聴する

第二話
時効警察 第二話 ある日、三日月(麻生久美子)と熊本(岩松了)がラブホテルから出てくる現場を連写した写真を、蜂須賀(緋田康人)が持ってきた。不倫発覚か!? と盛り上がる時効管理課の面々。そんな中、霧山(オダギリ ジョー)は、オリンピック代表候補だった水泳選手・藤山一子(塩山みさこ)とコーチ・小原安雄(田中要次)の心中事件に興味を持つ。
第八話
時効警察 第八話 霧山(オダギリ ジョー)は、女子高生・立花律子(真木よう子)がセーラー服のスカーフで絞殺された時効事件を調べることに。律子は朝日ヶ丘大学合格発表の日の夜、当時痴漢被害が続発していた森へ自ら赴き、そこで殺されたらしい。霧山は三日月(麻生久美子)と共に、朝日ヶ丘大学卒業後に同大学数理学部の助教授をしている律子の親友・関ヶ原弥生(櫻井淳子)を訪ね、話を聞くことに。
第一話
時効警察 第一話 総武署管轄内では、全裸で逃げる空き巣の被害が続出していた。その頃、事件の捜査とは無関係の時効管理課に勤める霧山(オダギリ ジョー)は、たわいもない会話の中で“どうやら趣味がないとまずいらしい”と気付いてしまう。無趣味の霧山は、時効事件の捜査を趣味にしようと決意。そんな霧山の目に止まったのが、15年前に起こった『西総武市における料理学校理事長殺人事件』だった。
第七話
時効警察 第七話 昭和43年の三億円事件に酷似した手口で行われた“平成三億円事件”。十文字(豊原功補)が刑事課で初めて担当したこの事件が時効となった日、総武署に不審な女・秋津聡子( 葉月里緒奈)から電話が...。「事件について話したいことがある」という。応対した霧山(オダギリ ジョー)は聡子と指定場所で会うことに。彼女は自分が犯人だと言い張り、警察の手ぬるい捜査を告発する手記執筆のために、遺留品が必要だという。
第五話
時効警察 第五話 霧山(オダギリ ジョー)は、時効管理課の面々や十文字(豊原功補)にも多大なる影響を与えた超人気歌手・本郷高志(乃木涼介)の変死事件を調べることに。男の生き様をアツく歌い続けて人々を魅了した本郷は、15年前に王様ゲームでキスした直後、「オッス」と言い残し、謎の死を遂げた。体内から毒物も見付からず、キスの相手・夏川リナ(飯沢もも)は容疑者から外され、その代わり妻で医学的知識も豊富な女医・雪絵(奥菜恵)が最も重要な容疑者として浮上。当時、本郷は数々の浮気現場をスクープされていたからだ。
第三話
時効警察 第三話 三日月(麻生久美子)は時効管理課に花を飾ってみるが、霧山(オダギリ ジョー)をはじめ時効管理課の人間は誰も気付いてくれなくてガッカリ。そんな中、霧山はまた時効事件を捜査し始める。政治家への不正献金問題でマスコミの攻撃を受けていた会社の社員・町田拓二(大西武志)が、駅のホームから転落死した事件である。同じホームで電車待ちしていた藤沢郁也(田中哲司)も不正に関与していた疑いがあり、それに感づいた町田を藤沢が殺したという説も出てきたが、現在は藤沢の妻である道子(緒川たまき)が事故死だと証言。殺人の疑いは消えたまま現在に至った。
第四話
時効警察 第四話 霧山(オダギリ ジョー)がグッとくる時効事件を探していると、蜂須賀(緋田康人)が俳句を詠み始めた。2時間ドラマ・シリーズ『THEアネゴ探偵・寂水先生が行く!!』で、アヤメ旅子(永作博美)演じる寂水が事件解決後に崖の上で詠んだ句だ。 実は熊本(岩松了)も常に選りすぐりの寂水シリーズのVHSを携帯し、ある時効事件のために撮影中止となった回に登場した崖のミニチュアまで持っているほどのマニアぶり。その事件とは、当時寂水を演じていた白河湯舟(広田レオナ)が、犯人と揉み合う場面の撮影中に崖から転落死したもので、事故か他殺か謎のまま時効に...。
最終回
時効警察 最終回 時効管理課の温泉旅行の幹事になった霧山(オダギリ ジョー)は、行き先を考えている最中、新しい時効事件を発見。日本のモーツァルト的存在だった天才作曲家・雨田潮(ROLLY)が殺された本件の捜査は、被害者の残した「サリエリ」というメッセージにかく乱され、時効を迎えていた。現場は秘境の塩砦温泉。自腹で時効捜査を続けたため金欠気味の霧山は「最後の捜査になるかもしれない」と覚悟し、定期預金を解約。費用を捻出し、事件の起こった町の派出所へ。警官・林田(笹野高史)の話では、雨田は現在作曲家として活躍する冴島翠(りょう)と、風俗で働いていたアンズ(つぐみ)と三角関係にあったという。
第六話
時効警察 第六話 15年前の2月14日に夫を殺し、現在も整形しながら逃亡を続ける茗荷谷かよ子。事件は時効成立まで残すところ3日となり、総武署内でも容疑者逮捕に全力を注ぐよう通達が出るが、みんな半ば諦め気味。一方、霧山(オダギリ ジョー)はニュース番組の中で、時効を迎えた別件の被害者の母親が「時効」そのものに対する疑問を訴える姿を見て心が痛み、趣味の時効事件捜査に嫌気がさしてしまう。そんな折、友人と一緒に万引きしようとした女子高生・真弓(吉高由里子)と遭遇。説教した後に彼女らが盗んだ品をそっと返そうとした霧山は、店主から万引き犯と間違われるが、三日月(麻生久美子)や十文字(豊原功補)も巻き込み、どうにか誤解を解く。
第二話
帰ってきた時効警察 第二話 総武警察管轄内で、そこかしこの女子トイレにオッサンが現れるという痴漢事件が発生。問題のオッサンを捕まえられないまま、十文字(豊原功補)は頭を悩ます日々を送っていた。そんな中、霧山(オダギリ ジョー)は、裏社会を牛耳っていた“闇の帝王”権現三郎(赤星昇一郎)が刺殺された時効事件を捜査することに。当時、犯人と目されたのは権現の内妻でナンバーワンホステスだった吉良深雪(銀粉蝶)。ところが、彼女は事件直後から行方不明になっていた。
第四話
帰ってきた時効警察 第四話 引っ越してからというもの不眠に悩まされている三日月(麻生久美子)は、タクシーにあったパンフレットで見付けた催眠療法師・スリープ玲子(ともさかりえ)のクリニックへ。なんとスリープ玲子は、三日月と中学で同級生だった卯月玲子だった! まさかの再会に喜ぶ2人。するとそこへ、霧山(オダギリ ジョー)が突然訪ねてきた。霧山が趣味で捜査し始めた時効事件は、玲子の父で小説家だった卯月善(矢崎滋)の不倫相手・七海奈美(村岡希美)が完全密室で殺された事件だったからだ。
第五話
帰ってきた時効警察 第五話 平成のホラークイーンと呼ばれる女優・黒井桃子(鶴田真由)の新作ホラー映画の話で盛り上がったついでに、熊本(岩松了)が霧山(オダギリ ジョー)にある時効事件のファイルを差し出した。事件は、桃子と一緒に女優デビューした双子の姉・桜子(鶴田真由・二役)に関するものだ。当時、黒井姉妹と同じ映画に出演していたアイドル歌手・白鳥その子(りりィ)が楽屋で、死んでいる桜子と凶器らしきものを持った桃子を目撃。ところがその後、死体は忽然と消え、桃子にもアリバイがあることが判明したという。
最終回
帰ってきた時効警察 最終回 三日月(麻生久美子)のもとへ、昔付き合っていた刑事・九門竜(神保悟志)から電話がかかってきた。5年前に三日月は、ニューヨークのインターポールへの派遣が決まった九門竜からの「一緒に来ないか」という誘いを断り、現在に至っている。一時帰国したため会いたいという九門竜の言葉に戸惑う三日月。一方の霧山(オダギリ ジョー)は、スパニッシュギターの名手・熱賀しおり(室井滋)がコンサートを開いていたホールの屋上から、コスプレ楽屋泥棒・鳥山清助(岡元次郎)が突き落とされて死んだ時効事件を捜査し始める。
第一話
帰ってきた時効警察 第一話 三日月(麻生久美子)たちに惜しまれつつ、霧山(オダギリジョー)が金欠を理由に趣味である“時効事件の捜査”をやめてから1年。それ以外は特に変化のない総武警察署随一のヒマな部署・時効管理課に、新卒の真加出(小出早織)が配属された。そんな中、熊本(岩松了)から、時効になったばかりの国会議員・福原健一(あべかつのり)撲殺事件のファイルを見せられた霧山は興味津々。さらに何かに後押しされるかのように、霧山はある日ひょんなことから大金を手に入れる!霧山はさっそく趣味を再開。三日月を連れ、事件当時は駆け出しキャスターだった榎田美紗子(麻木久仁子)のもとへ。
第三話
帰ってきた時効警察 第三話 身もふたもないストーリーと頬をプクーと膨らませた愛らしい容姿で人気爆発中のキャラクター・プクーちゃんが、総武警察でも大流行。その作者・尾沢ミツコ(杉本彩)にまつわる時効事件があると聞かされた霧山(オダギリ ジョー)は、趣味の捜査に乗り出すことに。15年前にミツコと共に大ヒット・キャラ“沈みがち人形”を作った清原ミツヨ(満島ひかり)が、自宅で謎の転落死を遂げたというこの事件。裏表さかさまに服を着た死体の手には「私の」と書かれた卵の殻、階段には生のタコ、やや開いた裏窓には「明日午前中には」というメモがささったバラの鉢植えが置いてあったという。
第七話
帰ってきた時効警察 第七話 霧山(オダギリ ジョー)は、「イノシシ主婦見間違い事故 それとも殺人事件なのか?」という、どっちつかずの名称がついた時効事件を捜査することに。イノシシの里とよばれる“大間下(おおまか)村”で、村の猟友会メンバーがイノシシと間違って、イノシシの毛皮をまとった村の主婦・一宮理恵子(宮地真緒)を射殺してしまった事件だ。当初は痛ましい事故と考えられていたが、事件当日に理恵子の夫・一路(山中崇)が猟銃で自殺しているのが自宅で発見されたため、殺人事件の可能性も浮上したという。霧山と三日月(麻生久美子)は、さっそく大間下村へ行き、一路の姉・御厨まさへ(国生さゆり)を訪ねることに。
第八話
帰ってきた時効警察 第八話 霧山(オダギリ ジョー)は、総武市のビバリーヒルズと呼ばれる高級住宅街・甲府町で起きた、悪徳不動産会社社長・東吉田真一(二階堂智)の殺害事件を捜査することに。事件当時、室内が荒らされていたため強盗目的の殺人との線も浮上したが、被害者に恨みを持つ人間が多すぎて捜査は難航。焦った捜査班が第一発見者のメイド・佐伯多美子(松田美由紀)に自白を無理強いしたことで、社会的問題にもなった事件だ。霧山はさっそく三日月(麻生久美子)を連れて、事件現場となった東吉田家へ。しかし、霧山は被害者の妻・美幸(麻生久美子・二役)の母・八重(加藤治子)から事件当日の話を聞いている最中、とんでもないアクシデントが起こり、入院するハメになってしまう。
第六話
帰ってきた時効警察 第六話 とうの昔に過ぎ去った青春時代を取り戻したいと切望する熊本(岩松了)は、みんなで若さを取り戻すため「温泉旅行に行こう」と提案。そんな折、「青春温泉旅館殺人事件」が時効を迎えた。青春温泉旅館の温泉水には若返り効果があると言われ、その源泉水を使った化粧水「ドリアングレイ」は今や大人気。実際に、旅館の女将・寺島マユミ(西田尚美)は54歳とは思えない美貌と若さを保ち続けている。しかし現在では絶好調のマユミも、15年前は「青春温泉旅館殺人事件」の容疑者に挙げられた人物だった。
鑑識課・又来康知 前編「隣の弁当は青く見える?息子の不幸はおふくろの味」
無料
時効警察はじめました 鑑識課・又来康知 前編「隣の弁当は青く見える?息子の不幸はおふくろの味」 本編では見ることができない、日常にスポットを当てた特別ドラマ『時効警察とくべつへん』。 変幻自在の演技派俳優・磯村勇斗が主演をつとめる「又来康知編」では、自称“シンデレラおじさん”として人気急上昇中の小手伸也も出演し、村上大樹が監督をつとめます。 前編あらすじ:鑑識課の康知(磯村勇斗)のもとにいたずらの出前が大量に届いた。犯人は下柳田喜一郎(小手伸也)というお笑い芸人を名乗る男。喜一郎の顔を見た康知は驚いた様子を見せる...。
鑑識課・又来康知 後編「笑いの道をゆけばどうなるものか、迷わず行けよ!行けばわかるさ」
無料
時効警察はじめました 鑑識課・又来康知 後編「笑いの道をゆけばどうなるものか、迷わず行けよ!行けばわかるさ」 本編では見ることができない、日常にスポットを当てた特別ドラマ『時効警察とくべつへん』。 変幻自在の演技派俳優・磯村勇斗が主演をつとめる「又来康知編」では、自称“シンデレラおじさん”として人気急上昇中の小手伸也も出演し、村上大樹が監督をつとめます。 後編あらすじ:学生時代に組んでいたお笑いコンビの相方である喜一郎から、もう一度お笑いをやろうと誘われた康知。 喜一郎を追って彼の妹まで現れ、総武署の人々を次々に巻き込み始める...。 康知は、嫌がる素振りをみせるも、ついに喜一郎の父の前でネタを披露することに!
刑事課・彩雲真空 前編「バリカタマシマシ、ラーメンの好みは千差万別といえども秘密のレシピは罪の味」
無料
時効警察はじめました 刑事課・彩雲真空 前編「バリカタマシマシ、ラーメンの好みは千差万別といえども秘密のレシピは罪の味」 本編では見ることができない、日常にスポットを当てた特別ドラマ『時効警察とくべつへん』。 「彩雲真空編」は体当たりの演技で注目を集める新進気鋭の女優・吉岡里帆を主演に、私生活も話題のピン芸人・岡野陽一らが脇をかため、監督には数々の賞を受賞している注目の監督・大九明子がメガホンをとります。 前編あらすじ:彩雲(吉岡里帆)は、ラーメン巨匠の店主・瀬尾(岡野陽一)の取り調べを行っていたが、逆に瀬尾から質問攻めに合い、反論できなくなってしまう。 彩雲の曇りなき眼差しが導き出した真相とは...!?
刑事課・彩雲真空 後編「彩雲真空この世にただ一人といえどもひとたびメガネが割れれば刑事を志す」
無料
時効警察はじめました 刑事課・彩雲真空 後編「彩雲真空この世にただ一人といえどもひとたびメガネが割れれば刑事を志す」 本編では見ることができない、日常にスポットを当てた特別ドラマ『時効警察とくべつへん』。 「彩雲真空編」は体当たりの演技で注目を集める新進気鋭の女優・吉岡里帆を主演に、私生活も話題のピン芸人・岡野陽一らが脇をかため、監督には数々の賞を受賞している注目の監督・大九明子がメガホンをとります。 後編あらすじ:居眠りをしていた彩雲。そんな彩雲を横目に、熊本は彩雲が警察官の道に進んだ理由を妄想で推理しはじめる。目覚めた彩雲は、学生時代にひったくり犯に出会ったことを思い出し...。