「オーブン料理」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第10話 鮭は踊る
食戟のソーマ 餐ノ皿 第10話 鮭は踊る アリスが主将を務める最先端技術料理研究会の存続を賭け、 黒木場と中枢美食機関(ルビ:セントラル)・楠連太郎の食戟が始まった!  お題は鮭料理。鮭を黒木場同等に高い技術で捌いた楠連太郎が続いて持ち出したのは、スチームコンベクションオーブン! 楠も最先端技術の扱いを得意としていたのだ! 黒木場はどう対抗するのか…!?
ローストポーク
ファイア・フードの世界 ローストポーク ロジャーは驚きの装置で野外料理を実践するシェフに出会う。マイアミではアーロン・ブルックスが作ったユニークな十字架の台を使い、開いた豚肉をローストしながらシーフードのパエリアも作ってラテン料理を堪能する。バーミンガムでは薪火料理で有名なクリス・ヘイスティングスのレストランを訪ね、クリスお手製の他では見られない移動式のオーブンで旬の野菜を添えた豪華な肉料理を作る。
第2話 キネオーブがこんなに
バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜 第2話 キネオーブがこんなに 偶然発見した古びた映画館で、目の前に広がる映像に心を奪われる少女たち。アルディに立ち入りを禁止されてしまうが、映画館を諦めきれない5人は作戦を開始する。
第4話 大胆に思い切って
バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜 第4話 大胆に思い切って 映画の入ったキネオーブは見つかるが、再生されるのはお化け屋敷のような音声のみ。映写機の資料を求めて図書館に向かう途中、セレナはちびっこ3人組に遭遇する。
第10話 防御特化と出撃。
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 第10話 防御特化と出撃。 スキルや能力がバレる前に、先行逃げ切りを図るメイプルたち。少数精鋭での奇襲により、次々とオーブが集められる。だがやはりギルド対抗戦、一筋縄ではいかない。カスミの前には『炎帝ノ国』のシンが、サリーの前には『集う聖剣』のフレデリカが立ちはだかる。そして拠点を守るユイとマイたちにも、侵略者の影が近付いてくるのだった。
第11話 ウオール教室
魔術士オーフェンはぐれ旅 第11話 ウオール教室 チャイルドマン邸での戦闘で負傷したオーフェンは、レティシャ邸で休んでいた。その夜、屋敷に侵入してきた暗殺者《スタッパー》に襲われる。 翌日、少しでもオーフェンの力になりたいと願うマジクと魔術士学校へ向かう道中で、過去、オーフェンと因縁があった最高執行部ハイドラントが現れる。 さらに、オーフェンの≪牙の塔≫でのかつての師であり、≪牙の塔≫の実権を握ろうと目論むウオール・カーレンが現れる…。
第13話 我が塔に来たれ後継者
魔術士オーフェンはぐれ旅 第13話 我が塔に来たれ後継者 ≪牙の塔≫に潜入したオーフェン達は、待ち構えていたウオール・カーレンの部下達と戦闘になる。敵を制したオーフェンは、ウオール・カーレンと対峙する。そこにフォルテとアザリーの加勢により、ウオール一派を捕らえ、罪を糾弾することに成功した。 アザリーはチャイルドマンが持っていたはずの「世界書」を手に入れ、次はキムラック教の総本山であるキムラック市に行くとオーフェンに告げる…。
第8話 唐突の暗殺者
魔術士オーフェンはぐれ旅 第8話 唐突の暗殺者 ディープ・ドラゴンの子供であるレキを加えたオーフェン一行。道中、一行は謎の暗殺者に襲われる。暗殺者の顔は昔のオーフェン、キリランシェロにそっくりだった。オーフェンは義姉レティシャと再会し、一行は≪牙の塔≫のある街タフレム市に着く。街では≪牙の塔≫の長老達が暗殺される事件が起きていた。オーフェン達がレティシャ邸に泊まったその晩、オーフェンの前に現れた暗殺者は、自らをキリランシェロと名乗る。
第12話 死の絶叫
魔術士オーフェンはぐれ旅 第12話 死の絶叫 マジクは≪牙の塔≫への入門申請を済ませる。オーフェン達がレティシャ邸に戻ると、クリーオウが何者かに襲われていた。襲撃者を追ったレティシャは返り討ちに遭ってしまう。 その夜、オーフェンの前にアザリーが現れ、ウオール一派はチャイルドマンが持っているはずの「世界書」を探しており、チャイルドマン教室の者達を狙っていると伝える。それを知ったオーフェンは自らウオール・カーレン達のいる≪牙の塔≫に向かう。
第3話 我が呼び声に応えよ獣
魔術士オーフェンはぐれ旅 第3話 我が呼び声に応えよ獣 チャイルドマン率いるアザリー討伐隊とオーフェンは、異形の姿のアザリーを見つけ出す。 襲い来るアザリーにオーフェンの声は届かず、討伐隊は次々に殺されてゆく。対決するチャイルドマンとアザリー、その双方の魔術を防ぎながら、アザリーを救うために説得を続けるオーフェン。しかし、チャイルドマンはとうとうアザリーを倒す。死にゆく怪物を見取るオーフェンは、ある違和感を覚えて……。