「カプリス」の検索結果

今すぐ視聴する

4話「カプリスの繭Ⅳ」
グリザイアの楽園 4話「カプリスの繭Ⅳ」 「大事な女」──麻子を護るために進んだ、戦士としての道。しかし、雄二の成長を待たずして、麻子は彼の許を去ろうとしていた。再び無力感にさいなまれる雄二だったが、別れ際、麻子に託された言葉に救われ、再び自分自身の足で歩き始められるようになる。そして、その言葉は彼を美浜学園へ導くことにもなるのだった。過去をたどる長い旅を終え、天音たちが待つ三嶋崎へと帰還する雄二。しかし、彼が再び学園に姿を見せることはなかった。
3話「カプリスの繭Ⅲ」
グリザイアの楽園 3話「カプリスの繭Ⅲ」 麻子と同じ道へと進むため米国に渡った雄二は、過酷な軍隊生活の中で、苦楽を共にする戦友たちと出会い、彼らとの絆を深めていった。やがて、実戦へと配備された雄二は、絶望的な戦局の中、落ちこぼれたちの寄せ集め部隊──「ヤブイヌ小隊」と出会い、部隊の一員として戦火をくぐり抜けることになる。何が正義で何が勝利かすらも分からなくなる地獄の中、ただ生き残ることを目的に駆け抜ける雄二たちヤブイヌ小隊。誰もが正気を失い、目を覆いたくなるような極限状態の中でも、彼らは仲間のために戦い続ける。
第三話 星の輝く夜に
サクラ大戦 ニューヨーク・紐育 第三話 星の輝く夜に 今日も舞台『クレオパトラ』の稽古は続いていた。しかしなかなか結果が出せない新次郎に、昴は厳しい言葉を浴びせる。「ある人のために演じたい」と想う新次郎と、「その感情は芝居に無用だ」と言い切る昴。二人の意見は完全に決裂してしまう。 翌日、フェイの子供のお祝いのためチャイナタウンを訪れた星組メンバー。音楽や芸で活気に溢れる町。だがそこに昴の姿はなかった…。
第四話 マザー、アイウォントゥシング!
サクラ大戦 ニューヨーク・紐育 第四話 マザー、アイウォントゥシング! 紐育港に降り立った、ひとりの日本人女性。凛々しい面立ちをしたその女性が訪れたのは、舞台『クレオパトラ』の稽古中の『リトルリップ・シアター』。ジェミニやリカ、サジータが三人がかりで挑んでも、軽く受け流す腕前を持つ女性の構えは、どこかで見たことのある二刀流…。 「か、母さんっっ!!」―その正体は新次郎の母親、大河双葉であった。
2話「カプリスの繭Ⅱ」
グリザイアの楽園 2話「カプリスの繭Ⅱ」 体調の不調から、自らの「仕事」に支障をきたすようになった麻子。彼女の異変を肌で感じていた雄二は、彼女の負担を肩代わりすることで、自分の生きる意味を見いだせるのではないかと考え始めていた。雄二の意思を尊重しようとする麻子。しかし、ふたりを身近で見守ってきたJBは、自ら進んで暴力の世界に戻ろうとする雄二に、危うさを感じていた。雄二の身を案じて強く反対するJBだったが、そんな彼女を説得したのも他ならぬ雄二自身であった。そして、本格的な訓練を受けるため、麻子とともに渡米することとなる。初めて自らの意思で歩みはじめた新天地。しかしその道もまた、厳しく険しいものだった。
第一話 ミー&マイガール
サクラ大戦 ニューヨーク・紐育 第一話 ミー&マイガール 1920年代後半、紐育。信長との壮絶な戦いを終え、街はかつての平和な姿を取り戻しつつあった。そんなある日、大劇場『リトルリップ・シアター』のオーナーであるサニーサイドが新次郎に告げる――――「今度の公演の主役は・・・キミだ!」。舞台『クレオパトラ』の主役を、新次郎扮する“女優・プチミント”に演じさせようというのだ。嫌がる新次郎と、それを説得しようとする星組メンバー。紐育の街を股に掛けた追いかけっこが始まった。
第ニ話 X…and The City
サクラ大戦 ニューヨーク・紐育 第ニ話 X…and The City クレオパトラ役を“プチミント”として演じることになった新次郎。星組メンバーの応援を受け、戸惑いながらもやる気を出した新次郎のためにダイアナが選んだ練習方法は、“プチミント”姿での外出だった!しかし、クレオパトラの国・エジプトの文化に触れるのが目的で訪れたはずのメトロポリタン美術館は、様子のおかしいダイアナ、突然現われた白いスーツの男…と、なにやら落ち着かない雰囲気だった…。
第五話 禁断の楽園
サクラ大戦 ニューヨーク・紐育 第五話 禁断の楽園 紐育の街からは、徐々に活気が消えつつあった。人々は感情を失い始め、『クレオパトラ』のチケット売上も『リトルリップ・シアター』始まって以来の低迷を見せている。そして、紐育の人々から様々な“心”を奪っていった褐色の青年―ツタンカーメンの理想と目的を知った、新次郎の心も揺れていた。正義とは何か、人々の本当の幸せとは…?しかし、ひとり悩む新次郎が振り返ると、そこには星組メンバーの笑顔があった。
第六話 紐育(ここ)より永遠(とわ)に
サクラ大戦 ニューヨーク・紐育 第六話 紐育(ここ)より永遠(とわ)に 全てが白い光に包まれた紐育。その上空には神々しい光を放つ、逆ピラミッドが浮かんでいる。次々とピラミッドへ吸い込まれていく人々、紐育全土を飲み込もうとする大津波。今、街はまさに壊滅状態にあった。かろうじて無事だった『リトルリップ・シアター』の中で、紐育華撃団・星組は最後の決断を迫られる。津波から街を守るか、ピラミッドへ突入し人々を救出するか…選択肢は二つ。はたして、彼らが選ぶ道は―?
第一話 夜明けの花
サクラ大戦 エコール・ド・巴里 第一話 夜明けの花 1920年代、花の巴里。美しく華やかなこの大都市にも、帝都東京と同じように魔の手がしのびよっていた。テアトル・シャノワールの支配人グラン・マは、巴里守るべく敬虔なシスター見習いであるエリカを最初のメンバーに迎え、在仏日本大使館の迫水とともに巴里華撃団の結成に動き出す…。彼女たちの見た都市崩壊の悪夢が現実となる日がやってきた。果たして結成まもない巴里華撃団は、巴里の街を救えるのか!?
第ニ話 黒猫と悪女
サクラ大戦 エコール・ド・巴里 第ニ話 黒猫と悪女 巴里華撃団・花組の隊長として、帝国華撃団・花組隊長である大神一郎が日本より迎えられ、エリカ、グリシーヌに続いてコクリコが隊員になった。闇のものたちの襲撃に備え、結成後間もなく戦力不足をいなめない巴里華撃団を、さらに強化しようとグラン・マと迫水が動き出す。新メンバーの候補となったロベリアに仕掛けられる罠…。巴里はじまって以来の大悪党と巴里華撃団の戦いが幕を開ける!!大悪党の本来の姿と迫水の切り札とは…!?
第三話 恋する都市(まち)
サクラ大戦 エコール・ド・巴里 第三話 恋する都市(まち) 大神が赴任して3ヶ月。花火が加わり、巴里花組の戦力不足も解消されたかに見えた。しかし、個性溢れる隊員たちを、大神は隊長としてまとめきることができず、巴里防衛の任務遂行に一抹の不安を感じていた。一方、グラン・マも、隊員たちに何かが足りないと感じながらも、それが何であるのかつかみきれずにいた。そんなある日、アクシデントが発生。演習用の人造ポーンの制御が利かなくなってしまったのだ!
1話「カプリスの繭Ⅰ」
無料
グリザイアの楽園 1話「カプリスの繭Ⅰ」 ある任務で、少年だった雄二をテロリストの手から救いだした日下部麻子。兵士として数々の死地をくぐり抜けてきた彼女は、何の気まぐれか保護者として雄二を引き取ることにする。同僚のJBの心配を他所に、半ば強引に一つ屋根の下で暮らし始めた不器用な女戦士と少年──。まるで家族の真似事のような奇妙な共同生活の中で、雄二は徐々に人間らしさを取り戻していく。母親でもあり、また師匠でもある麻子の厳しくも愛ある「教育」の賜物か、やがて自分の生きる意味についても考えられるようになるまで成長した雄二は、麻子にある「願い」を切り出すのだった。
第一話 一夜限りのサーカス
サクラ大戦 ル・ヌーヴォー・巴里 第一話 一夜限りのサーカス クリスマスも近い巴里。大神が日本に帰国してしまい、隊長不在ながらも穏やかな日々を過ごしている巴里花組。そんな巴里に墓荒らしの被害が続出。そのパトロールのため、夜の墓場を訪れた花火とコクリコの前に、突然、花火の父・正道が姿を現した。巴里華撃団の任務は機密事項。肉親といえども話すわけにはいかない。花火をかばうためにとっさにコクリコが「巴里華撃団というのはサーカスなんだよ!!」と言ってしまい、巴里花組が一夜だけのサーカスを演じることに。しかしそのサーカス会場には怪しい影が忍び寄っていた…。
第ニ話 メル・シー・スパイ
サクラ大戦 ル・ヌーヴォー・巴里 第ニ話 メル・シー・スパイ グラン・マの留守中にシャノワールで盗難事件発生!英国貴族の家宝「ロイヤル・クロック」がメル&シーの管理するクロークから盗まれてしまったのだ。警察の強制捜査を主張する英国貴族。そんなことをされては巴里華撃団の秘密がバレてしまう!何とかしなくてはと焦るメル&シー。盗難事件の際に見かけた怪しい男を街で発見すると、そのまま追跡を始める。ところがなんと、男は巴里華撃団の正体を探る諜報部員だった。そうとは知らないメル&シーは、彼らのアジトに忍び込むのだが…。果たして、メル&シーの運命は!?
第三話 雷の尖塔
サクラ大戦 ル・ヌーヴォー・巴里 第三話 雷の尖塔 ある日、日本から届いた一通の手紙。『…隊長を中心に、一丸となって、巴里の平和を守ってくれ』。それは日本に帰国した大神一郎からの手紙だった。大神の後任の決まらない巴里華撃団では、これをきっかけに「隊長問題」が再燃してしまう。一方、錬金術を操り謎の怪物を創り出したトゥールネル伯爵は、巴里の街を壊滅させる為、闇の力をエッフェル塔へと注ぐ。恐るべき怪物と化したエッフェル塔が巴里の街に破壊の雨を撒き散らす。隊長なき巴里華撃団は、巴里の街を守ることができるのか?