「ガンチャン」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第25話 恋愛禁止令
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第25話 恋愛禁止令 ウソクはコブク堂で働いていたガンチュンと会う約束をするが、テサンの妨害で実現しない。ドジンとミオが婚姻届を出したことを知ったエンナンは2人を責める。婦人会に悪評を立てられた魔法のベーカリーは売り上げが低迷。投資者のヨンオクは仕事に専念しろと、店の全員に恋愛禁止令を出す。そんな中、スインたちが暴漢から救った女性は婦人会会長の娘だった。一方、テサンはウソクをシンファの奨学生として推薦した人物がエンナンだったと知る。
第26話 僕は君の味方
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第26話 僕は君の味方 コブク堂で働いていたガンチュンとようやく再会したボンニョは、夫ジェソプの婚外子がコブク堂の情報を求めていると聞かされて腹を立てる。見合いが嫌で泥酔したジュヒはウソクに抱きついてしまい、それを目撃したスインは腹を立てる。ヨンオクはプングムらと新たな企画を構想しジュランに近づいていく。そんなある日ウソクはテサンにベトナム支社長になるよう要請され、会社を辞めるべきかスインに相談する。
第27話 尽きぬ疑問
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第27話 尽きぬ疑問 ウソクはシンファを辞めることを決意し、退職願を出す。その後、ガンチュンに会ったウソクは自分の本当の名前はジヌで、母親はボンニョだと知る。だが気持ちの整理がつかないウソクは事実をボンニョに告げられない。そんなウソクにテサンは30年前に彼を救ったのは自分だとウソをつく。スインたちは大家の口利きで、工場にパンの配達をする契約を取りつける。一方ボンニョが30年前に埋めた書類はタンシムの手に渡っていた...。
第16回 妖術師
奇皇后 第16回 妖術師 ヨンチョルはワン・ユが上奏文に紛れ込ませた挑戦状を読み激怒する。血書の在りかをタンギセらと議論するうち、先の皇帝の側近を全員殺したが、高麗(コリョ)出身の宦官(かんがん)チョクホだけが見つからなかったことを思い出す。ワン・ユは上奏文の件をヤンが手伝ったと知って怒り、「二度と私の前に姿を現すな」と突き放す。落ち込むヤンは、タファンに誘われて一緒に酒を飲むことに。一方、ワン・ユは次の作戦を開始する。
血液1滴で精度99%「がん検診」 超早期発見に期待
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 血液1滴で精度99%「がん検診」 超早期発見に期待  血液、尿、唾液、すべて1滴でがんの有無が分かるがん検診の最前線とは。  東芝から、がん検査の技術において衝撃的な発表がありました。たった1滴の血液から13種類のがんのいずれかにかかっているかどうかを判定。しかも、約2時間の検査で費用は2万円以下を想定。そのうえ、精度も99%だといいます。  一体どういう検査なのでしょうか。検査では、血液中に流れる「マイクロRNA」という物質の濃度を測定します。採血した血液からマイクロRNAを抽出。健康な場合と、がんの場合では血液中に含まれるマイクロRNAの濃度が異なることが分かっています。つまり、この性質を利用してがんの有無が分かるわけです。さらに、この検査の画期的なところは、レントゲンや内視鏡検査で見えないものや触診などで気付かないような初期段階のレベルの小さながんでも発見できるということです。今回の研究の発案者は…。  東芝・斉藤史郎執行役専務:「まだまだ検体数としては十分ではない部分もあるが、これから積み重ねながら精度をより上げることによって実際に使えるところに持っていきたい」  ちなみに、例えば肺がんの場合、ステージ0で発見できて治療すれば5年生存率は約97%だそうです。東芝が開発した技術で特定できるがんは、日本人でかかる人が多い胃がん、肺がんなど主要な13種類。13種類に含まれない子宮頸(けい)がんなども今後、発見できる可能性が高いといいます。  実用化されれば、検査はどのような流れになるのでしょうか。まずは、採血した血液からマイ…
第17話
高潔な君 第17話 突然ユンソの前に現れたガンフンの弟ガンジュン。久々に帰国したガンジュンのためにユンソが韓国料理を作ってあげてるところへ帰ってきたガンフンは、別の所で暮らすようガンジュンを説得するがガンジュンは聞く耳を持たない。そしてユンソには弟と目を合わせるなと警告する。兄弟の不仲をうすうす感じ始めるユンソ。ある日ガンジュンは指を切ったとユンソの動物病院に行くのだが...
がん再発診断の精度は9割 血液検査で患者負担軽減
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 がん再発診断の精度は9割 血液検査で患者負担軽減  がんの再発診断で、9割の精度を誇るという最新技術を取材しました。  がんが再発するかどうかが9割の確率で分かるというこの技術。  ナテラ社エグゼクティブチェアマン、マシュー・ラビノウィッツ氏 :「(大腸がんの場合なら)平均で症状が起こる10カ月前には分かります」  一般的に多くのがん手術で再発するのは全体の約3割といわれています。しかし、再発の予防のために手術後には、多くが抗がん剤を投与されているのが現状だそうです。再発するかどうかが早い段階で分かれば抗がん剤の副作用など患者の身体的負担を回避できるうえ、金銭的負担も減ることになります。  一体どんな検査なのでしょうか。手術で取り除いて画像上見えなくても、実はがん細胞が体に残っていた場合に再発が起こります。がん細胞にはctDNAという特殊なDNAがあり、血液中に漏れやすいことが分かっています。ナテラ社は血液中からごく微量な、このctDNAを検出することに成功。がんが再発するかの判断に応用するそうです。  ナテラ社エグゼクティブチェアマン、マシュー・ラビノウィッツ氏 :「10ccほどの血液から1つの変異を見つけるこの技術は、10万個のラグビー場の中から1本の芝を見つけるような精度です。南アフリカ出身ですので『ラグビー』で例えさせてもらいましたが…」  がんの再発を経験した60代の女性は大きな負担があったといいます。  がんが再発した60代の女性:「『これから再発しますよ』って言われていれば、治療というものに対して希望が持てるか…
たった1滴の血液で…超早期がん発見 実証試験へ
最新の経済ニュース【随時更新】 たった1滴の血液で…超早期がん発見 実証試験へ  1滴の血液で超早期のがんが発見できる検査が始まります。  東芝は血液に含まれる「マイクロRNA」と呼ばれる小さな分子を検出する技術を独自に開発し、東京医科大学などと共同でがんかどうかを検査する実証試験を来年から始めます。すでに研究レベルでは胃がんや大腸がんなど13種類のがん患者とそれ以外の人を血液1滴から99%の精度で識別でき、「ステージ0」と呼ばれる超早期のがんを見つけることもできるということです。検査結果は2時間で判明し、費用は2万円以下を想定しています。東芝はいち早く実用化を目指すとしています。
第18話
高潔な君 第18話 ガンジュンの部屋へ荷物を片づけに行ったユンソはある女性とガンフン兄弟が3人で写っている写真を目にする。SNSでジウォンの結婚を知ったガンジュンは、ガンフンもジウォンも幸せなのに自分だけが不幸だと激怒する。ユンソは兄弟を仲直りさせようと一緒に布団を洗わせる。こうして楽しいひと時を過ごしているところへ、ガンフン兄弟の母親が現れ...
第20話
高潔な君 第20話 ガンフンの母親が突き出した婚前契約書によって心が傷ついたユンソ。ガンフンは今回だけ母親に従ってくれと頼むがユンソは自身のプライドを守るためその提案を断る。結局別れることになったガンフンとユンソ。ユンソはガンフンにビデオレターを残して行方をくらます。ガンフンはユンソのビデオレターを見て今までの思い出がよみがえり、ユンソの行き先を捜すのだが...