「グッド ドクター 5 話」の検索結果

「グッド ドクター 5 話」に関する情報は見つかりませんでした。
「グッド 5 話」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第5話 「2番目でもないならサヨウナラ」
グッド・バイ 第5話 「2番目でもないならサヨウナラ」 今回の相手は3番目の愛人、ストリートミュージシャンの静(三浦透子)。田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)の嘘の結婚話を祝福しつつも、田島毛と別れるつもりのない静に、別所が一人で会いに行く。話がかみ合わないまま、今度は田島毛を含めて三人で対決することに。田島からはっきりと別れを告げられた静は、いきなり田島毛の手を掴み、屋上に連れて行く。「別れるなら飛び降りる!」という静を、田島毛はなんとか説得しようとするが、うまくいかない。これからも月1回は会ってという静に、流されそうになる田島毛。そこで別所が思いがけない行動をとる...。
第1話 「僕、グッドバイします!」
グッド・バイ 第1話 「僕、グッドバイします!」 WEBデザイナーの別所文代(夏帆)は仕事で外出中に、高校時代の部活の後輩・田島毛収(大野拓朗)と偶然再会する。別所の馴染みのバーで二人が再会を祝していると、酔っぱらった常連客の美春が別所に絡んできた。美春の失恋話につきあう別所を、感動のまなざしで見つめる田島毛。自分の話も聞いてほしそうな様子に気づいた別所が促すと、意を決して、田島毛が悩みを打ち明け始める。田島毛は現在単身赴任中で、秋には家族を呼ぶつもりだが、田島毛には愛人がいるという。それも4人。田島毛のモテ男ぶりを実感した別所は、ふと、この状況が太宰治の小説「グッド・バイ」にそっくりだと気付く。「太宰を見習って、グッドバイしなさい!」という別所のアドバイスに田島毛は...。
第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」
グッド・バイ 第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」 既婚者なのに複数の彼女がいるダメ男の田島毛(大野拓朗)に、「彼女たちとグッドバイしたら?」と思わずアドバイスをしてしまった別所(夏帆)。すっかりその気になった田島毛は、太宰治の小説「グッド・バイ」に登場する妻役を演じる女性の役を、別所にお願いしたいという。結婚指輪まで用意してきた田島毛に引きずられるように、別所は妻のフリをして、しぶしぶ彼女に会いに行く。最初に別れを切り出す恋人は、小説と同じく美容師のりりこ(佐津川愛美)にしたという田島毛。りりこが働く美容院に着くと、田島毛は別所を女房だと紹介してさっさと出て行ってしまう。後に残された別所は「いつも主人がお世話になっております」と声を絞りだすのだが...。
最終話 「嘘は本当で本当は罪で!?~これぞホントのForever Love~」
グッド・バイ 最終話 「嘘は本当で本当は罪で!?~これぞホントのForever Love~」 別所(夏帆)への愛の告白も実らず、引きこもりがちな田島毛(大野拓朗)。その頃、別所は休暇を取り、地元へ帰っていた。笠原(奥菜恵)から思いを貫き通すよう背中を押された田島毛は、再び別所の会社へと向かう。別所の長期休暇を知り、後を追うように地元へ戻った田島毛。別所の実家に着くや否や、そこに現れたのは・・・。果たして田島毛にハッピーエンドは訪れるのか?太宰治も描けなかった衝撃の結末とは!?
第4話 「大事なあの子とモーニングコーヒー」
グッド・バイ 第4話 「大事なあの子とモーニングコーヒー」 2番目の恋人・遥は、逆上して一触即発となったが、田島毛(大野拓朗)の涙で、なんとか別れてくれた。別所に嫌な思いをさせたと意気消沈する田島毛だが、すっかりやる気になった別所は、3番目の恋人・ストリートミュージシャンの静(三浦透子)に会いに行く。別所と結婚して転勤するという田島毛の嘘に、静は笑顔で祝福するのだが...。静とあっさり別れられた田島毛と別所は、別所の部屋で祝勝会をしていた。すると突然、田島毛が別所を押し倒そうとする。未遂に終わったものの動揺を隠しきれない別所。そんな中、静から別所のスマホに田島毛と別所の写真を見ながら大熱唱する静の映像が送られてきて...。
第3話 「女心は、もっとやわらかいもの」
グッド・バイ 第3話 「女心は、もっとやわらかいもの」 1番目の恋人・りりこ(佐津川愛美)と、別れるのに成功した田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)は、別所の会社の会議室で次の作戦を練る。今回も太宰治の小説「グッド・バイ」を参考に別れようと思っていた田島毛。しかし、小説が2番目の対決を前に終わっているのを知ってうろたえる。「自力で考えるしかない」という別所に背中を押され、2番目の恋人・キャバクラ嬢の遥(佐藤玲)の店に向かう。一人で遥に別れを切り出す田島毛だが、遥の「会いたい時に会えばよくない?セフレでよくない?」という都合のいい言葉に、断りきれなくなってしまう。別所を引き連れて、再び遥に話に行くが、妻役の別所を見た途端、遥の態度が急変する。
第6話 特別編「恋はいつでも不均衡」
グッド・バイ 第6話 特別編「恋はいつでも不均衡」 愛人を清算すると言いながらも、新たな彼女を増やしてしまった田島毛(大野拓朗)に激怒した別所(夏帆)は、自分の幸せだけを考えて生きると決意する。第6話は特別編。田島毛と別所の人生を振り返り、モテる人がモテて、モテない人がモテないわけを考える。現代に生きる男女に送る、恋の手引き。田島毛は愛人を増やしてしまったことを、心から反省していると別所に訴えるが、別所はもう協力できないと告げる。別所は田島毛の大きな裏切りに刺激され、久しぶりに自分の恋に目を向け始める。果たしてグッド・バイプロジェクトは終わりを告げるのか・・・。
第10話 「おんどりゃーどういうこっちゃ」
グッド・バイ 第10話 「おんどりゃーどういうこっちゃ」 田島毛(大野拓朗)が実は結婚しておらず、妻も子もいないという思わぬ事実を打ち明けられた別所(夏帆)。とんでもない嘘をつかれていたことにショックを受け、涙が止まらない。職場に戻ってきた別所は、黒沼(米村亮太朗)に全てを話す。別所は、自分が愛人たちに“田島毛の妻”だと嘘をついていたことを謝り、グッド・バイプロジェクトに終止符を打とうと心に決める。一人ひとりに謝って回っていると愛人たちから、事前に田島毛が妻と一緒に別れを切り出しに来ても揉めないでほしいと愛人たちに根回ししていた事実を知る・・・。
第11話 「良縁は口に苦し」
グッド・バイ 第11話 「良縁は口に苦し」 遥(佐藤玲)に話があると呼び出された田島毛(大野拓朗)。なんとそこには、別所(夏帆)に協力してもらい別れたはずの愛人たちが勢ぞろいしていた。慌てる田島毛に、別所はどうして未婚の田島毛が“奥さんを大事にしたいから別れたい”などと嘘をついたのか、真相が知りたいと詰め寄る。しかし笠原(奥菜恵)は、田島毛はもともと嘘をつくつもりなど無く、別所からの誘導で嘘をついてしまったのではないか、また田島毛の優しさを愛人たちも利用していたのではないかと問いかける。納得できず絶叫する別所、紛糾する愛人たち。追い込まれる気弱な男、田島毛・・・。そして、ついに巧妙に練られた「グッド・バイ」プロジェクト、その驚きの全貌が明かされる!
第9話 「最後のバトルは君次第」
グッド・バイ 第9話 「最後のバトルは君次第」 長らく続いたグッド・バイプロジェクトも、終盤を迎えた田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)。最後の彼女、心療内科医の笠原(奥菜恵)と対峙する。別所一人では歯が立たず、再び田島毛と笠原のもとへ向かう。笠原を説得しようと意気込む別所の前に、田島毛の家族写真に写っていた親子が現れる。突然の出来事に、事態は思わぬ展開に・・・。田島毛はこれまで隠していた、ある真相を打ち明ける。
第7話 「世界で一番必要なあなたへ」
グッド・バイ 第7話 「世界で一番必要なあなたへ」 新たに愛人を増やしてしまったことで別所(夏帆)に愛想を尽かされ、落ち込んでいる田島毛(大野拓朗)。片や自身の恋愛に踏み出そうとはしたものの、海津(清水優)とのデートにどうにも乗れない別所。帰り道に1人でバーへ向かうと、マスターの遠藤(マツモトクラブ)から直前まで田島毛が元カノを連れて飲みに来ていたと打ち明けられる。やっとの思いで別れさせた愛人たちと、よりを戻すことに憤りを隠せない別所は、マスターに諭され、田島毛に会いに行く。会社の前で待ち伏せしていた田島毛に、別所が事の真相を問いただすと・・・。
第8話 「あなたの嘘、知っています」
グッド・バイ 第8話 「あなたの嘘、知っています」 再び愛人の清算に向けて動き出す、田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)。次なる相手は、学習塾の先生をしている桃子(田中千絵)。これまでを鑑みて、夫婦関係を自然に振る舞うことで別れを告げようと作戦を立てる二人。桃子が勤める学習塾に子供の相談と言って訪れた田島毛と別所。そこで偶然、別所の大学時代の友人・千恵子(上地春奈)と出会ってしまう。田島毛と別所の夫婦のフリに、笑いが止まらない桃子。夫婦のフリを見抜かれてしまった別所は逃げ出すように学習塾を去るが、そこで思わぬ光景を目にすることに・・・。
化学賞グッドイナフ氏はノーベル賞最高齢の97歳
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 化学賞グッドイナフ氏はノーベル賞最高齢の97歳  吉野彰さんとともにノーベル化学賞に決まったジョン・グッドイナフ氏は97歳で、これまでで最も高齢のノーベル賞受賞者となります。  アメリカ人でテキサス大学教授のグッドイナフ氏はリチウムイオン電池のプラスの電極としてコバルト酸リチウムを使用し、強力なバッテリーが生まれる基礎を作りました。吉野さんはこの研究に注目し、マイナスの電極に炭素を使うことで安全性が高くなることを発見するなど、リチウムイオン電池の実用化につなげました。吉野さんはグッドイナフ氏と親しく、毎年、テキサス大学を訪ねていたということです。吉野さんはグッドイナフ氏について「彼からすると私は息子のような位置付け。可愛がってもらっている」と話し、高齢にもかかわらず、研究を続けていることを称賛しています。グッドイナフ氏は「97歳まで生きてきた。人は何でもできる。ノーベル賞の受賞は光栄だ。生涯を通じて支援してくれたすべての友人に感謝している」とコメントしています。  また、同じく受賞が決まったイギリス人のスタンリー・ウィッティンガム氏は1970年代に化石燃料を用いない電池の開発に取り組み、リチウムイオン電池の原型を発明しました。
episode5
"ex-エックス"オン・ザ・ビーチ~戦慄のバカンス episode5 [ 海外MTV の人気番組 ] 6人目に現れたのは、タリサの元カレ、ジョスだった。ファラはジョスに一目惚れし、さっそく2人はデートへ。アシュリーとの復縁を望むタリサだったが、ジョスと昔キスしたことを話せずにいた。エミリーとリアムはタブレットの指令で2度目のデートへ。最初のデートで散々な目にあったエミリー。2度目は何も期待していなかったが、初回を上回る最悪のデートになってしまうのだった...
episode4
"ex-エックス"オン・ザ・ビーチ~戦慄のバカンス episode4 [ 海外MTV の人気番組 ] 5人目の参加者としてヴィッキーの元恋人、ダンが登場。再び会う約束をしていた2人は一気に恋愛モードに。女性陣は、八方美人でいつも男に色目を使うクロエに嫌悪感を抱いていた。タリサは元カレのアシュリーとクロエがイチャつく様子を見て嫉妬する。ファラは次々と男を乗り換えるクロエに対し怒りをブチまけ、またもや女同士のバトルに発展してしまう。
第一話 グッドモーニング SAGA
無料
ゾンビランドサガ 第一話 グッドモーニング SAGA その生きる屍は、ある洋館でひっそりと目覚めた。 それはただ、自分が誰かも、その場所がどこかも、何もわからぬまま、徘徊するのみ。 やがて生きる屍は、恐るべき現実を目の当たりにし、自らの運命を告げられる。 偽りの仮面をかぶり、闇の中を歩き続けるしかないのだと。 そして、生きる屍に天からの光が差した時、人々は聞くだろう。 狂乱の中に響き渡る叫びを。 その、破滅の叫びを。                             ―――――《巽幸太郎》の日記より