「コトサカ」の検索結果

「コトサカ」に関する情報は見つかりませんでした。
「コトサ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

ニッサン・240SX
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ ニッサン・240SX ゲーム好きのクォヴェットがTVゲームと同じ車に乗りたくて手に入れた89年式ニッサン・240SX。しかし中途半端な改造で無残な姿に...。資金も底をつき元に戻すことさえ出来ない。取り付け工賃がパーツ代より高いことに後から気付き、両面テープで取り付けたエアロパーツは外れかけ、交換したレーサーシートは高くて頭をぶつけずに乗れない。おカネをかけて修理すればするほど何故かボロくなって行く彼の車は、レースゲームの車のようなカッコいいルックスとスピードを手に入れられるのか!?
フォード・エスコート
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ フォード・エスコート 22歳のキアラが乗る91年式フォード・エスコートに与えられる形容詞は放送禁止用語しか出てこない!スーパーのカートをぶつけられてへこんだボディ、カバーがボロボロに剥げてしまったシート、ひび割れだらけのダッシュボード。中学や高校でダンスを教えている彼女の車は生徒からも馬鹿にされまくり。バンドのボーカルを目指す彼女の人生と愛車に輝くときは訪れるのか?
第9話 「わたパチとうんチョコと…」 「さくら大根とたまごアイスと…」
無料
だがしかし 第9話 「わたパチとうんチョコと…」 「さくら大根とたまごアイスと…」 いつもと違い元気がないほたる。なぜなら口内炎ができてしまったからだ。ちょうど店に来ていたサヤは、口内炎の理由を駄菓子の食べすぎだと指摘するが、ほたるは「ストレス」、「寝不足」と誤魔化し、その上『わたパチ』を食べるという暴挙に出てしまう。
キャデラック・エルドラド
無料
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ キャデラック・エルドラド ダンスとドラムが大好きで母親想いのビッグ・ロンが乗る84年式キャデラック・エルドラドは高級アメ車の威厳が欠片も残っていない。4本バラバラのタイヤ、無くなったグリル、バイナルトップが剥がれ落ちたルーフは無残な状態。インテリアも最悪でシートはボロボロ。ヘッドライナーが剥がれた天井からはスポンジの粉が落ちてきてゴーグル無しでは運転不可能!果たして彼のエルドラドは王者の威厳を取り戻すことが出来るのか!?
ワーゲン・ワーゲン・バス
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ ワーゲン・ワーゲン・バス イケてる愛車があれば混んで、乗り心地の悪いバスに乗る必要など無いが、ライアンは嫌でも最悪な状態の58年式のフォルクス・ワーゲン・バスを運転しなきゃならない...。穴が飽いているだけの窓と鳥のフンだらけのボディ。エンジンスタートはむき出しの配線直結で、地金むき出しの内装はサビだらけ。しかし母親を支えるのに精一杯で改造など到底無理。究極のサーフバンに乗るというサーファーの彼の夢は叶うのか?
シボレー・サバーバン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・サバーバン 85年式シボレー・サバーバン。高級SUVの元祖とも言える車だが、アリスが乗るこの車は大修理が必要なほど疲れきっている。ボディはあちこち腐食し穴が開いていて、おまけに鳥のフンだらけ。曲がったエンブレム、取れかかったアンテナ、ドアはロックも出来ないし、まともに開閉もできない。乗っているだけでだらしない人間と思われそうなポンコツ車だが、他に足がないから仕方ない。ヘアメーク・アーティストを目指す彼女の愛車は、きちんとメーキャップされ生まれ変わるのか?
アキュラ・レジェンド
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ アキュラ・レジェンド ジョシュの乗る88年式アキュラ・レジェンドは忘れ去られた伝説(レジェンド)だ。自分で補修を試みるも途中で資金が尽き、中途半端な修理痕だらけのボディ。ブレーキングとともに外れてしまったバンパーは助手席に積んである。電気系統もいかれ、クラクションを鳴らすと何故かワイパーが動き出す始末...。ゲットーの子供の教育プログラムを立ち上げた彼は、自分がオンボロで悪人が高級車に乗っているのが納得できないと憤る。果たして彼の車に新しい伝説は始まるのか!?
フォード・エコノライン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ フォード・エコノライン 昼間に会計士をしながら夜はバンドに燃えるネイトが乗る85年式フォード・エコノラインはバンドメンバーが移動するのにスペースは十分だが、その外観はサイアクでとにかく汚い落書きだらけ!内装もむき出しで、シートとゴミ以外とにかく何もない。オーディオも一切なく、バンドマンが乗るというのに音楽が聴けない悲しい状態...。今は周りから笑われているこの車だが、彼の音楽に掛ける情熱とともに燃え上がることはできるのだろうか!?
シボレー・カブリス
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・カブリス スケボーに人生をかけるトムが乗る96年式シボレー・カブリスはなんと以前はパトカーとして使用されていた。しかし今では公然わいせつ罪で取り締まられる側になりそうなほどひどい外観だ!パッと見パトカーなので、周りのスケーターから嫌がらせで卵をぶつけられまくったボディ。シートのカバーはあちこち破れ、パトカーには不要なのか、オーディオ関連の機器は全て取り払われている。果たしてこの車はスケーターの彼に似合う、イカした車に変身できるのか!?
シボレー・ブレイザー
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・ブレイザー 22歳エリンが乗る、87年式シボレー・ブレイザーはもう燃え尽きた状態。無残なへこみやこすり傷だらけのボディは修理しようと盛ったパテで余計に汚くなっている。ブレーキを踏めば勝手に倒れるリアシート、ドライバーでしか開かないバックドア。ここまでボロいのに保険を通すための修理費で合計1万ドルもこの車に注ぎ込んでいる。16歳の時自分で買って以来乗り続けている愛車だが、働いて直しての繰り返しで暮らしも、車の状態良くならない。彼女がしてきた努力が報われる日は来るのか!?
フォード・フェアレーン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ フォード・フェアレーン 車が好きで自動車整備の専門に進学予定のウエストだが、簡単に修理できると思って63年式フォード・フェアレーンを手に入れたのが悪夢の始まりだった。100キロ出すと開いてしまうボンネットはガムテープで止めてあるだけ。エンジンもイカれていて長距離走行は不可能。ヘッドライナーもシートもボロボロでまともなところがひとつもない。重症過ぎていくらお金をかけてもまともにならず、もう修理どころじゃない。果たしてこの最悪なポンコツに救いの手は差し伸べられるのか!?
シボレー・S10
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・S10 サラが乗る88年式シボレー・S10はかろうじて走っているポンコツトラック。ボディのいたるところがサビて塗装は剥げまくり。ボンネットに至ってはもう腐食寸前だ。スペアタイヤはゴムやチェーンで無理やり荷台に固定されている状態。アルミクッションを貼っただけのヘッドライナーや色々取れるダッシュボードパーツ等インテリアも悲惨。しかし婚約者との沢山の思い出が詰まったこの車は彼女にとって家族であり人生そのもの。できれば乗り続けたいという彼女の願いは叶うのか!?
シボレー・キャバリエ
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・キャバリエ 22歳のブルックが乗るシボレー・キャバリエは超イケてないコンバーチブル。へこみや擦り傷だらけのボディは歪んでトランクがまともに閉まらない。車上荒らしで切り裂かれた幌は縫いあわせてみたものの、勿論使えない。そのせいで常にむき出しの車内は不潔で友達からゴミ溜めと言われる始末...。修理にお金をかけても状況は全然良くならず、大学院に進学したいがお金が一向に貯まらないと嘆く。貯金して教授を目指す彼女は、修理費のかからない車を手に入れることが出来るのか!?
第7話 採蓮(チェリョン)会
王は愛する 第7話 採蓮(チェリョン)会 元成(ウォンソン)公主が主催する採蓮(チェリョン)会が近づいていた。ジョンに嫁ぐことを決めていたサンは、最後の思い出として採蓮会に参加しようとする。そんなサンに対してリンは、7年前の事件のこと、サンがソファとして暮らしていることなど、すべて知っていると伝え、なんとか婚姻をやめるよう説得を試みる。一方、王宮では元成公主が、息子ウォンのために世子妃選びをしようと動き始めていた。